North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

怖くて電源入れられません・・・
at 2018-10-19 18:08
プラクティスプラグ
at 2018-10-18 10:27
at 2018-10-17 14:22
出荷遅延のお知らせ:SWBブ..
at 2018-10-16 16:16
今年も出展します:バサーオー..
at 2018-10-10 18:36
提供開始のお知らせ:X-Ra..
at 2018-10-09 16:42
新ブランク提供開始のお知らせ..
at 2018-10-06 11:36
アメリカっぽい魚探
at 2018-10-05 09:24
提供開始のお知らせ:SMPブ..
at 2018-10-03 18:04
新製品のお知らせ:ソルト&ス..
at 2018-10-02 18:33

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

タグ:Jカスタム ( 337 ) タグの人気記事

SOW:パワースピンフィッシュ

岐阜県のnobさんから新旧パワースピンフィッシュのSOWを頂きました。

まずはNFXのS70MHで
a0183304_15551009.jpg
さらにJC2のPSR610MLでも

a0183304_15552011.jpg
PE 0.6号で4インチのセンコーでキャッチされたとか!

ノーシンカーセンコーからラバージグまで1本で何でもこなせるミディアムヘビーパワーのS70MHなら機動力こそが命のオカッパリに最適

ユッサユッサと大荷物を揺らせながら水辺に近づくのではなく、持ち物の数は出来るだけ減らして、サクッと、静かーに釣り場に近づくのが釣る人の特徴

そのためのパワースピン

オカッパリSOW投稿、ありがとうございます

またの投稿をお待ちしております


by bluepeaks | 2018-09-26 16:04 | SOW

SOW:霞探フィッシュ

霞ヶ浦近辺を中心に活動しているオカッパリトーナメント団体「霞探(カスタン)」さまからSOW投稿を頂きました!
a0183304_14003564.jpg
a0183304_14003600.jpg
ロッドって店頭で、天井に押し当てて曲げてみても、わかるようでわからないものじゃないかと思います

ロッドは曲がってこそ機能するもの

ならば曲げればだいたいのところはわかるはず、

と誰もが思うところ

でも実際には、イマイチわかるようで、わからない

天井に押し当てればパワー感は何となくわかる

アクションもどの位置から曲がり始めるのか見ればわかる

でも、ロッドとしてのフィーリングは、実際にルアーを投げてみないとわからないし、ルアーを引っ張ってみないとわからない

これって本音じゃないかと思うのです

でも、どうしてわからないのか?

この問いに対する自分の答えはこう

ロッドのフィーリングは曲がったロッドが元の状態に戻ろうとする時に発生する「復元力」によって決まるから

だから逆に言えば、ルアーを投げればわかるし、フッキングすればわかるし、魚を寄せればわかる、のだと思っています

そんなロッドにまつわるあーでもない、こーでもないを皆でワイワイガヤガヤ、お互いのロッドを貸し借りしながら確認が出来るのが霞探(カスタン)のような「大人の部活」。SNSに蔓延しているスポンサー付きのテスターからのインプットじゃなくて、自分の感覚でロッドの見極めが出来る。しかも、フィールドで。これって大きいですよね

兎角、釣りってディープな個人の世界に埋没しがちですけど、釣りそのもののスキルアップをはじめとし、こうしたタックルの比較含め、団体に所属しながら楽しむ良さと言うものを気付かせてくれます


by bluepeaks | 2018-09-11 11:24 | SOW

お知らせ:ロゴ入りロッドチューブについて

Jカスタムブランドで販売するロッドに標準添付品として添付しているNFCのロゴ入りロッドチューブですが、今日までACRを除く全てのキャスティングモデルにはブルースパイダーを、ACRにはグリーンスパイダーを、そして、スピニングモデルにはレッドスパイダーを添付して出荷してまいりましたが、9月出荷分より、特にモデル別には色を固定せず、時期に応じて、弊社都合に応じて、ロッドグローブ社の都合に応じて、都度都度色を変更し、出荷させて頂きたく、お知らせ致します。
a0183304_11484857.jpg

ロッドグローブ社にはまだまだ色んなバリエーションがありますので、それらを順次、使用していきます。例えば、阪神ファンが喜びそうなイエロースパイダーとか、ロッテファンが喜びそうなホワイトスパイダーとか、ジャイアンツファンが喜びそうなオレンジスパイダーとか、

なお、NFC WEB SHOPではそんな各色のチューブをオプションとしてご購入出来るよう、取り揃えていく予定です。

以上ご承知置き下さい。



by bluepeaks | 2018-08-22 11:59 | Jカスタム

SOW:10インチロングカーリー

浪速の浅居さまからロクマルレポートを頂きました。
a0183304_11335835.jpg

コメントも紹介させて頂きます。

「8月の琵琶湖でしとめたロクマル。PFR71MHで10インチロングカーリーのライトパンチショットを使用。ウィードの上を這わせて落としてしているとステイ中にバイト。水深4mウィードトップから水面まで2mほど。これでもかというくらいロッドが曲がりましたが、ウィードに潜られることなく一気に勝負できました」

今年の8月は特に雨が少なくて琵琶湖の南湖はほぼ全域アオコだらけといった状況。そんな中、釣ってくる人はほんの一握り。にも関わらずロクマルを仕留められとか。素晴らしい!

パンチショットってウィードの生えてるところにテキトーに落とせばそのうち交通事故的に釣れるんだろう?、なんて考えているアナタ!

それは間違ってます

パンチショットの釣りってシャローのカバーの釣りとほぼ一緒でほとんどピン打ち

つまり、そのピンが、写真の背後にあるような3メートルから4メートルの広大なフラットの中のピンが分かっている人だけが釣れる釣りなんですね

素晴らしいっス


by bluepeaks | 2018-08-22 11:41 | SOW

SOW:年に一度の琵琶湖遠征!

福島県の影山さまから夏の思い出をシェア頂きました。
a0183304_16163728.jpg
傷ひとつない美しい魚体の59cm、3810g

タックルはコレ!

a0183304_16163466.jpg
釣り方といい、釣れた魚といい、シビれますwwwww


ここでコメントを紹介させて頂きます。


「年に一度の琵琶湖遠征に行って来ました。地元福島にいる頃から舞木君(フィッシングマシーンの舞木ガイド)は自分の釣り師匠で彼が琵琶湖に移り住んでからは年に一度お金を貯めて遠征しています。

今回、自己記録をTCR610Mで釣ることが出来ました。2.5mダイバーのクランクを使用し釣れました、サイズは59cmの3810gです。TCRのしなやかさと粘りで、キャッチすることが出来ました。Mなのに余裕がありびっくりです。その他、PFR71MHでのカバーネコ、PCR71MHEPでのチャター、DSR68Lでのダウンショットなどで釣れて最高の遠征でした。
これからもノースフォークのロッドで楽しく釣りしていきます。

これからも素晴らしい竿を楽しみにしてます」

ご投稿ありがとうございます

年に一度の琵琶湖遠征をとても充実した時間にすることが出来た様でロッドメーカーとして大変光栄でございます。

こうやって見ると琵琶湖ってクオリティフィッシュがガンガン釣れる湖に見えるかも知れませんが、実際はそんなこと全然ありません。少なくとも地元の湖でフツーに経験値をアップしてきた、そうですね、例えば5年とか、10年とか、そんなサンデーアングラーさんに、1日や2日でツレツレポイントを見つけられるほどの大らかさは、今の琵琶湖にありません。仮に最新の魚探とバスボートがあったとしてもです。

多くの皆さんにとってフィッシングガイドって気軽に利用出来るものじゃないと思います。でも、限られた時間の中で思う存分楽しもうと思ったらやっぱりガイドサービスは検討する価値ありなのだと思います。バスフィッシャーマンであるならば、理想は自らの力で魚を見つけ出すこと。でも、それを一般のサンデーアングラーがするには琵琶湖は広すぎるし、魚の絶対数が少な過ぎる、と思う今日この頃です

何故って?

えぇ、毎回痛感しておりますので・・・


by bluepeaks | 2018-08-02 17:22 | SOW

SOW:琵琶湖チャレンジ#46

岐阜の高木さまから臨場感溢れるSOWを頂きました。
a0183304_16161015.jpg
おぉ〜ーー
美しいベンディングカーブ!
しっかりと残ったバットが魚をコントロールし、
ベリーで魚をいなす様子が見て取れます

これでこそ竿
って絵です
スバラシイ

a0183304_16162593.jpg
そして、無事にランディング

ドドーン

ここでコメントを紹介させて頂きます。

「初めてスピニングタックルで60over釣りました。かけた瞬間から一方的に出ていくライン。しばらくの間 巻くことを諦め、DSR68Lの強靭なトルクとリールのドラグ性能に身をゆだねる。北湖と言えどもウィードが豊富なエリア。エレキで追随しながら徐々に追い詰めていく。最後の最後に強烈な突っ込みと同時にスプラッシュを浴びせされ三分弱のファイトに終止符をうつ。

さすがのノースフォークコンポジット
スピニングでも圧巻のトルクです!

62cm 3600g
JHスイミング」

とても臨場感溢れる一枚

ご投稿ありがとうございました


by bluepeaks | 2018-08-02 16:31 | SOW

ビルド完了のご案内:ACRとNFX各モデル

長らく完売しておりました以下のロッドが完成致しました。お探しの方は是非この機会にお求め下さい。

ACR66ML
ACR69M
ACR70MH
NFX C66M
NFX C66MH
NFX S66ML
NFX S70MH

a0183304_16174878.png



by bluepeaks | 2018-07-03 16:17 | Jカスタム

SOW:オルモンヘビダン(番外編)

「オルモンヘビダン」と書かれたメッセージがテスターコンドーからありまして、恐る恐る開けてみると、こんな写真がペロっと入っておりました。
a0183304_17460592.jpg
なんでも強風でまともに釣りが出来ず、困り果て、試行錯誤の末、同船者に写真の1本が釣れたとか

で、テスターコンドー本人は数年振りにデコったそうです(なんか感じワルーーー)

毎週のように琵琶湖で釣りしてても

いくら経験値あげても

そんな時もありますよ

それが釣りですから

備忘録という意味で写真、上げておきました

デッキの上の水がその日の風の強さを物語ってますな〜

a0183304_17461068.jpg
タックルはテスターコンドーがテスターになる前から個人的に使っているMB668-1(HM)をベースにしたヘビダンスペシャルロッド

リグはズームのオールドモンスター(通称オルモン)、1/2オンスのダウンショット(ヘビダン)


by bluepeaks | 2018-07-02 17:56 | SOW

フィッシングマシーン

ガイドセッティングからグリップ形状、各メタルパーツまで、機能と耐久性のテストならこの人に任せておけばほぼ大丈夫!

ご存じフィッシングマシーン舞木(別名:飛び出せ釣り仲間A)
a0183304_09111750.jpg

a0183304_09112155.jpg

a0183304_09120862.jpg
a0183304_09112637.jpg
因みにブログで取り上げている写真はほんの一部

なぜ?って

あまりにも同じアングルの写真があまりにも沢山なので、ほぼ間違い探し状態

一体何匹釣っているんだか???


by bluepeaks | 2018-06-25 09:18 | Jカスタム

SOW:ダブルウィロー

名古屋の鈴木さまからナイスなスピナーベイトフィッシュを頂きました。
a0183304_09073911.jpg
普段からパワーフィッシングで琵琶湖のビッグバスに挑んでいる鈴木さま

ノースフォークコンポジットの粘りのあるブランクが気に入り、今回、NFX C70MHをご購入

で、得意のスピナーベイトで早速の入魂

評価ポイントは強い竿であるにも関わらずとても軽快であること

改めて魚をかけてから寄せる楽しさを感じたとか

まさにスマイル・オン・ザ・ウォーターな笑顔

ナイスフィッシュです!


by bluepeaks | 2018-06-20 09:17 | SOW