人気ブログランキング |


North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

特別価格でのご提供:MB79..
at 2020-03-20 09:23
極少量ですが
at 2020-03-19 16:26
ブランク入荷のお知らせ
at 2020-03-11 18:16
ブランク入荷のお知らせ
at 2020-03-05 17:18
ブランク入荷のお知らせ
at 2020-01-29 10:50
フェルール
at 2020-01-24 17:29
ショーティー始めました
at 2020-01-23 18:09
リールグローブ入荷しました!
at 2020-01-23 17:55
2020 US NFCメッシ..
at 2020-01-23 17:45
年末年始休業のお知らせ
at 2019-12-24 14:34

以前の記事

2020年 03月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
アクセサリー
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

タグ:ローリング・マシン ( 2 ) タグの人気記事

自重わずか53gのフリッピング・ブランク

長さとパワーが求められるため、フリッピング・ロッドというと、「重くて当たり前」とか、「重くても仕方が無い」とか、「そもそもフリッピング・ロッドは重いもの」と、捉えられているものと思います。しかし、フィッシング・パターン的には、フリップしか成立しないという状況も多々あり、結果として、一日中フリップし続けることも良くあるのではないかと思います。

「一日中フリップする」と言っても、実際には、フリップしている時間よりもジグやワームを操作している時間の方が長いはずです。また、表現こそ「フリップ」としていますが、昨今のプレッシャーのかかったフィールドでは、ディスタンスを確保するため、ピッチングを併用/多用するケースが殆どと思います。となると、必然的にティップは、下を向いている時間よりも、上を向いている時間の方が長くなるはず。であれば、ロッドは少しでも軽い方が良い。

でも、単に長くて軽い竿が必要なのではありません。基本、フリッピングは、カバーの釣りですから、長さと軽さの中に強靭なトルクがなくてはいけないのです。そこで、お奨めしたいのが、タイトルにもなっているノースフォークコンポジットが誇るハイエンド・マテリアルNext HMを使用したFlip 766-1(HM)

フリッピング用にデザインされた7フィート6インチのブランクであるにも関わらず自重はわずか53g。これは6フィート台のブランクに匹敵するものです。そんな軽さを誇るブランクではありますが、アシ奥でフッキングしたバスを一気に引き寄せる頼もしいパワーを備えています。まさに、これこそが超高圧巻きがもたらすメリットと言えます。

自重わずか53gのフリッピング・ブランク_a0183304_22531266.jpg

by bluepeaks | 2011-06-26 23:13 | ブランク

ローリング・マシン(その2)

ノース・フォーク・コンポジットのコア・コンピテンス(価値を創り出している源泉)は、カーボン・ペーパーを鉄製の芯であるマンドレルに巻きつけるための「ローリング・マシン」に依るところが大きい、差別化のポイントは大きく2つ、1つは、その巻きつけ圧力、最高で450psiまでの圧力で、カーボン・ペーパーを巻きつけることが出来る、と昨日はここまで説明しました。

さて、今日は、2つ目の差別化ポイントにつき、紹介したいと思います。その前に、「そもそもローリング・マシンって何だ?」という方が大多数だと思いますので、まずは、この写真をご覧頂きたいと思います。
ローリング・マシン(その2)_a0183304_96311.jpg

全景を公開することが出来ないので、部分写真となりますが、これがノース・フォーク・コンポジットで使用しているローリング・マシンです。この写真には巻きつけ途中のカーボン・ペーパーが写っていませんが、下に見える濃いグレーのテーブルと、シルバーのプレス台との間に、カーボン・ペーパーを巻いたマンドレルを置いて、画面中央に見えている圧力ゲージで圧力を確認しながら、職人が1本、1本、ロールしているのです。

ノース・フォーク・コンポジットが誇るローリング・マシンの特筆すべき2つ目の機能は、実はこの写真に既に写っています。それは、プレス台の最下部にある横に連なり配置されている小さな四角形の接地面です。これは、わずかな接地角度の調整も可能な接地面で、細かく角度を調整するからこそ、テーパーの付いたマンドレルに対して、均一に同じ力をかけることが出来るのです。

想像してみてください。言ってみれば「お箸」のような傾きの付いたマンドレルに対して、真上から接地面の角度調節なしに力をかけた時のことを。力は接地している部分にのみ強く加わり、大半はテーパーの傾きに沿って逃げて行くはずです。結果、圧力の偏りにより、マンドレルは勝手に転がっていくはずです。転がるということは、垂直方向に力が働いていない、ということです。

ノース・フォーク・コンポジットでは、デザイン・パターンに沿って、職人が、この小さな接地面の角度を一つ一つ調整しながら、ブランク全体に偏りなく圧力が加わるよう、1本、1本、生産しているのです。

ところで、なぜここまでして圧力を均一にかける必要があるのでしょうか?それはブランクの仕上がりに大きく影響を及ぼす、「密度」を高めたいからです。密度を高めることにより、ブランクは、よりしなやかで、よりシャープなフィーリングを釣り人にもたらします。釣り味だけではありません。強度も格段にアップします。他のメーカーさんがアピールする「低レジン」も、この密度を高めるための1手段なのです。

ブランク全体に、均一に力をかけ、密度を高める、結果、よりしなやかで、よりシャープなフィーリングと、懐のの深い粘りが得られる、このためのローリング・マシンなのです。

ちょっと脱線しそうな展開になりつつあるので、この辺でストップさせて頂きます。

今回、皆様にお伝えしたかったことは、釣り人が楽しい、と感じるフィーリングを高めるために、Gary Loomisはここまで製造プロセスと、その生産機械にこだわっている、ということです。
by bluepeaks | 2011-04-08 10:30 | ブランク