人気ブログランキング |


North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

新製品のご案内:ZS71MH..
at 2020-07-31 16:58
新製品のご案内:ZS71MH..
at 2020-07-29 18:37
新製品のご案内:ZC73XH
at 2020-07-28 17:37
ZFX新モデル追加のお知らせ
at 2020-07-23 15:23
2周目のアメリカンロッドとの..
at 2020-07-22 11:15
製品化キャンセルのお知らせ:..
at 2020-07-21 14:40
初めてのカスタム
at 2020-07-20 18:40
販売終了のお知らせ:JC2...
at 2020-07-09 15:58
リニュアール準備中:フライブ..
at 2020-07-07 16:29
ブランク&EFXカーボンテッ..
at 2020-07-07 12:00

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
アクセサリー
ロッドグローブ
NFX PRO
ZFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

タグ:ルアー ( 86 ) タグの人気記事

クリアであることが第一条件

ラパラのオリジナルフローターを起源として、進歩してきたミノー、というか、現代風に言えばジャークベイト。「寒い時に効く」と言われている訳なんですが、あまりにも当たり前過ぎるのか、肝心な部分がスッポリと抜け落ちているような・・・。そんな折、おーっ、と思わさせる記事に出会ったので取り上げてみたいと思います(西根さん、ありがとうございます)。

クリアであることが第一条件_a0183304_94846.png


このマトリックスの出処はwired to fishにアップされている季節別、水温別「効く」ルアーのリストなのですが、やっぱりここでもジャークベイトは、冬と春に効くとされています。

でもですよ・・・

有効とされているのは、そう「クリア・ウォーター」だけです。つまり、視覚に訴えるベイトであるが故なんですが、これって非常に大事なことだと思うんです、ジャーキングを理解する上で。ただ単に寒い時に効く訳じゃないんです。寒い時のクリアウォーターで効くってことです。だから、基本マッディな霞水系ではいわゆるシャッド(ここで言うクランクベイト)が寒い時期に活躍する訳ですね。

じゃあ、彼らアメリカのアングラーが言うところの、このクリアとマッディの定義ってなんだ?って話になるんですが、その話はまた。
by bluepeaks | 2014-10-17 10:06 | ルアー

価格差4倍を超える

テストやら、サンプル作りやら、なんやかんやで更新から遠ざかって早1週間。いやいや月日が経つのは早いもんです・・・と言い訳からスタートなんですが、ジャークベイトの名作と言えばご存じサスペンドログ。そのフラフラとした頼りない泳ぎっぷりがたまらんのですが、もう少しキャスタビリティが良かったならなぁ、と思うことも多いはず。特に風が吹くこれからの季節とかね。

でも、飛ばないからって単に重くしてしまうと、あの頼りなさが消えてしまうだろうし、ジャークした時の移動距離も変わってしまうだろうし、何よりも止めた時ギラッと反転するロールがなくなってしまうのだと思うのです。まさに、あちらを立てれば、こちらが立たず、みたいな。ルアー作りに限った話じゃないですけど、そこにはちゃんとした物理的な理由がある訳で、常にトレードオフが発生。なので、最後はどっちに振るか、って言う話になるんですよね。

でもやっぱり「みんな同じ様なことを感じていたんだな」と思わせるのは、メガバスの名作ワンテンのアメリカ市場でのウケっぷり。だってですよ、アメリカのタックルウェアハウスでログが5.59ドルです。日本円で600円くらい。一方のワンテンが24.99ドル。だいたい2,700円くらい。その差なんと4倍もあるんです。でもですよ、ワンテンがあれだけ売れる訳です。つまり、アメリカのアングラーもそう思っていた、ってことなんですよね。

重さなんて、これしか変わらないのにね。

価格差4倍を超える_a0183304_10555212.jpg


価格差4倍を超える_a0183304_1056816.jpg


まぁどっちも外せないんですけどね。
by bluepeaks | 2014-10-15 11:02 | Jカスタム

最近ジャーキングしてます?

「続けていればたまにいいことがある」程度に考えておいた方がいいと思っているのがジャーキング。

それでなくともバイトが少ない低水温期に、いつ来るかわからないバイトを求め、キャストを繰り返し、ただただロッドをあおり続ける。そこに魚がいると信じ、ポーズを入れ、その時を待つ・・・

アングラーとしての器の大きさが試される釣りと言ったら大袈裟か。

最近ジャーキングしてます?_a0183304_9255258.jpg


しかも、市場にこれだけ多くのジャークベイトがあるにも関わらず、湖でジャーキングしている釣り人をとんと見かけない不思議さもあり・・・

釣れないから続けられないのではなくて、続けられないから釣れないのかも知れない・・・

であるならば、続けられることこそが一番大事なことではないか・・・

どうも、こういう風に禅問答になってしまうのがジャーキングなのでした。
by bluepeaks | 2014-10-06 09:26 | Jカスタム

バンディットがプラドコの傘下へ

これも時代の流れなんでしょうけど、1976年創業のバンディットがプラドコの傘下になったとか。
これで今後もバンディットルアーが安定して買える・・・、と喜ぶべきか、それとも、どうなるかわからない・・・、と心配するべきか、現段階では知る由もないのですが、いずれにしても一時代を築いてきたルアーカンパニーがここでまた1社消えたことになります・・・

不朽の名作と言われるフットルースも素晴らしいルアーですが、個人的に気に入っているのはバンディット200。

ポストスポーンから先、登板機会が増えるルアーで、丁度、ミブロのバレットヘッドDDとか、ウィグルワートとかと同じレンジをトレース出来るルアー。でも、それらのルアーがハードボトム向きなのに対して、200は、赤土の岬とか、浚渫とか、ソフトボトム系で使う機会が多かった・・・のが自分流の使い分け。

この秋もしっかりバイトをもたらしてくれた大好きなルアーだけに個人的にとても気になる話題。あの大きさで、2mちょいをきっちりトレース出来るルアーって、多いようで以外に少ないんですよね。

バンディットがプラドコの傘下へ_a0183304_12185262.jpg

by bluepeaks | 2014-09-30 12:22 | ルアー

インディーズクランク特集

既にチェック済みの方も多いことか思いますが、今月の「Rod & Reel」の特集記事「インディーズクランク徹底解説」につき紹介です。

インディーズクランク特集_a0183304_9112057.jpg


塚本謙太郎さんが2回にわけて「インディーズクランク」の生い立ちから、現在の立ち位置、使い方のキモを解説する企画。実は、この取材の後、皆で集まって、デジオ虫の声を収録したり、房総のダム湖で釣りをしていたりして、あーでもない、こーでもない、を繰り広げていたのでした・・・

楽しかった夏の思い出

インディーズクランク特集_a0183304_9191012.jpg

by bluepeaks | 2014-09-30 09:21 | Jカスタム

スナブノーズS5

スーパームーンの日に写真のナイスフィッシュをもたらしたスナブノーズS5がまもなく完成するそうです。

スナブノーズS5_a0183304_11402929.jpg


塚本謙太郎さんのブログによればなんと過去に1度しか作ったことがなかったとか・・・

それにしてもイイ色揃いです。

スナブノーズS5_a0183304_1143168.jpg


ブラックチャートも、プレモンスも、どれもこれも欲しいのですが、個人的にはこのブリームがツボ。

スナブノーズS5_a0183304_1145576.jpg


アイの位置から想像するに、恐らくはカバーにまとわりつく様なリトリーブが得意そう。
そんなカバーを抜けた瞬間にボフッってところでしょうか。
あぁ、楽しそう!
タグ:
by bluepeaks | 2014-09-25 12:02 | ルアー

ロストルアー

先日波間に浮かぶルアーを発見。近づき拾い上げてみると、そこには何処かで見たことのあるロゴが・・・

ロストルアー_a0183304_13191838.jpg


そういえばロストルアーって最近ではとんと見かけなくなった気がします。釣りを初めて日の浅い人が少ないからとか、ルアーリトリーバーをフツーに使うようになったとか、理由は様々だと思いますが、以前と比べて確実に減っているかと。

僕がルアーフィッシングを始めた頃なんか、それこそ減水期に入ったダム湖に行けば、結構な数のルアーをゲット出来たものです。そうやって手に入れたルアーって思い切って使えるので、これが結構釣れちゃったりします。なので、実は、以外にもそうやって手に入れたロストルアーがステップアップのキッカケになっていたりするのは良くある話。

今回の場合は製作者に渡すかな・・・
タグ:
by bluepeaks | 2014-09-22 13:50 | 四方山

カナダからの手紙(その3)

夏期休業を兼ねたアメリカ出張から帰って来ると、ポストにカナダからの手紙が・・・(尼崎経由ですけど)

カナダからの手紙(その3)_a0183304_115269.jpg


ムムム・・・

この厚み・・・

この重さは・・・

これはもしかして例のアレか?

と、期待に胸を膨らませ、開けてみると・・・

そこには、

カナダからの手紙(その3)_a0183304_1165281.jpg


ダダーン

着弾!(正しいっすか?この使い方?)

ありがとうございます!西根さん

でも、実はここには単に喜んでばっかりいられない「含み」があったりします。

それはこれ、

カナダからの手紙(その3)_a0183304_1184970.jpg


軽めのフットボールジグをボトムでバンプするならUTR68M。

ファーストフォールさせるならPSR610ML。

じゃ、このくらいのウェイトの、ちょっと潜る系のジャークベイトは・・・

TCR610Mでもいけないことないけど、喫水の高いボートか、身長が高くないと、水面叩きまくりなはず・・・

UTR68Mでもイケるけど、ちょっとウェイト的に、引き抵抗的に、若干強過ぎるかも・・・

と、言うことで、夏休みの宿題を頂戴した次第です。

(ブログ的お作法にならって書いてみました!)
by bluepeaks | 2014-08-20 11:31 | ルアー

フットボール

夏と言えばフットボール・・・って訳じゃありませんけど、まぁとにかくこの時期のオフショアの釣りには今も昔も欠かせない攻め手の一つ、それがフットボールジグ。フットボールに始まり、ジグには、キャスティング、フリッピング、スイム、フィネス、フェザーといろいろある訳ですが、今更ですけど、僕ら日本人って、偏りがちというか、流行り廃りに左右され過ぎる傾向が強くて、フットボールジグが脚光を浴びると、シャローであろうが、カバーがあろうが、フットボール一辺倒に。で、ブームが沈静化すると、「フットボールはもう古い」なんて言われちゃったり・・・最近じゃ探さないと買えなかったりするので、困っています。

ヒュンヒュンと煽って、スーと落として、ガツガツガツガツって昔と変わらずチョー楽しいんですけど。

フットボール_a0183304_168296.jpg

by bluepeaks | 2014-07-30 16:15 | ルアー

ファットストレート

何を今更・・・と言われかねないですけど、ロボワームのファットストレートってやっぱり使い易いですね。質感もそうですが、何よりも他にはないあの軽いマテリアルがナイスです。高比重ワームとはまさに真逆の存在なんですけど、止めれば浮き上がってきますので、これからの季節、キャロでは外せません。

ファットストレート_a0183304_22361715.jpg

by bluepeaks | 2014-07-11 22:37 | ルアー