North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

ブランク入荷のお知らせ
at 2018-04-17 14:43
SOW:サンデーアングラー道..
at 2018-04-16 14:46
SOW:霞のスペシャルゲスト
at 2018-04-09 11:28
SOW:パワーフィッシャー誕生
at 2018-04-07 09:07
SOW:残雪のミドストフィッシュ
at 2018-04-05 08:51
運動方程式
at 2018-04-04 15:59
これがグラスコンポジットの力
at 2018-04-03 16:17
SOW:サクラサク
at 2018-04-03 09:57
SOW:七転び八起き
at 2018-03-31 11:06
今年もやってますSOW
at 2018-03-30 18:08

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

タグ:フィニッシュ ( 2 ) タグの人気記事

ハイブリッドS2のフィニッシュ

最も硬いグラスファイバー素材であるS2と、張りと粘りが絶妙なバランスで調和した中弾性カーボンIMとを重ね合わせ結合させたコンポジットブランク、ハイブリッドS2ブランク。
a0183304_18102338.jpg

写真の通り、表面がツルっとしているので、中には「クリアペイントを吹いている?」と思われている方がいるようですが、何も吹いていません。これがいわゆる「アンサンドフィニッシュ」と呼ばれる「仕上げ」で、焼き上がったままの状態。「アンサンド」とは削っていない、ってこと。通常、HM/IM/SMとして販売しているカーボンブランクの場合、この状態からさらにひと手間かけて、表面の凸凹を削って出荷しているのですが、グラスコンポジットの場合は、その工程を省き、アンサンドフィニッシュで出荷しています。

じゃあ、なぜグラスコンポジットだけアンサンドフィニッシュなのか?

その理由は、グラスコンポジットの場合、グラスシートとカーボンシートを折り重ねて作っているため、表面を削ると予期せぬ形でグラスとカーボンの積層面が露出し、それが縞々模様となって見え、意匠的に非常に感性に訴えるものとなってしまうから。言ってみればコントロールしがたい木目のようなもので、同じ工程で同じにように作っても縞々が時にきつかったり、ゆるかったり、まっすぐだったり、曲がっていたり、間隔が空いてたり、空いていなかったりと、パッと見の差が大きくなってしまいます。そこで、製品としての意匠性を均一化するため、グラスコンポジットでは削らない選択をした次第。

そんな訳でのアンサンドフィニッシュです。


by bluepeaks | 2017-12-07 18:48 | ブランク

フィニッシュの違いがもたらすもの

当初は「毎日更新する!?」などと幻想も抱いていたのですが、現実は厳しく、営業に出たり、何だかんだと外出が重なると落ち着いてPCの前に座る時間も確保出来ず(座ることは出来ますが、考えをまとめられず)、今ではすっかり不定期エントリーが定着してしまいました(えぇ、言い訳です)。「ユルイ」とお叱りを受けるかも知れませんが、毎日更新を課してしまうと、思わぬ方向へ進んでしまう可能性があるので、今のような感じで、当面は、不定期エントリーで回していきたいと思っています。ご承知置き下さい。

さて、以前このブログでアンサンド・フィニッシュについて触れました。その際は、フィニッシュについて取り上げたというよりも、ブランクの製造プロセスを説明する中で、結果として現れるブランク表面の凸凹のワケについて説明した、という流れだったと思います。そこで、今日は、ブランクのフィニッシュ、つまり「仕上げ」について取り上げてみたいと思います。

「アンサンド・フィニッシュ」とは、前回触れたように、加熱により膨張するカーボン・ペーパーを、加熱により収縮するセロファンで抑え込んだ結果として生まれる凸凹、それを削らずに(サンドせずに)残したもの、と説明しました。

a0183304_9185510.jpg


表面の凸凹を研磨していないため、「アンサンド・フィニッシュ」は、「ローカーボン・フィニッシュ」に比べると必ず重くなります。結果、ロッドは、慣性の影響をより受けやすくなります。ロッドを操作する釣り人の意識としては、ロッドを「止めた」と思っていても、自重により、ロッドはなお動き続けようとします。これを釣り人は、いわゆる「ダル」と感じるのです。

因みに、ダルは英語の"dull"から来ていると思うのですが(「ダルい」じゃないですよねぇ?)、コレ、決して良い意味ではありません。切れ味が悪いとか、飲み込みが悪いとか、つまらないとか、面白くないとか、そんな散々な意味で使われる言葉です。要注意です。

話が逸れましたが、この自重の増加によりもたらされる慣性の影響を逆手にとろうとするのが近距離のキャスティングに特化したフライ・ロッド。ラインが出せない近距離のキャスティングにおいても、自重でロッドを曲げて、コントロールする、という具合です。

そして、この表面の凸凹を研磨するとノース・フォーク・コンポジットで採用している仕上げ「ローカーボン・フィニッシュ」になります。

a0183304_9275247.jpg


さらに、「ローカーボン・フィニッシュ」にペイントを施したのが「ペインテッド・フィニッシュ」。市販されているほとんどのロッドで採用されている仕上げになります。

a0183304_9375979.jpg


実際それがどの程度の効力を持つものなのかわかりませんが、機能的には「ペインテッド・フィニッシュ」により耐衝撃性が増すと言われています。しかし、耐衝撃性と引き換えに、ペイントにより、ブランクの重量は確実に増えます。たかがペンキと思うなかれ!ブランク本体の重さに対するペンキの重さの割合を考えれば、アングラーとして、それは決して無視出来るものではなくなるはずです。

マテリアルにも依りますが、平均的な6フィートのブランクの重さが40g前後。このブランクに2回塗りした時のペンキの量は10g前後となるはず。美しく仕上げるためには粘度を上げることになりますので、実際にはもっと多いかもしれません。この仮定が正しければ、なんとブランクの総重量(50g)に占めるペンキの割合は20%。ブランクそのものが軽ければ軽いほど、ペンキの影響は大きくなることになります。

ということは・・・本来感度が良いとされる高弾性マテリアルを使っていたとしても、その良さの2割り近くは、ペンキの重さで打ち消されていることになります。

ノース・フォーク・コンポジットのミッションは、全てのアングラーに釣りの楽しさを提供すること。一見無骨にさえ見えるローカーボン・フィニッシュは、実は、Garyのブランク哲学を最もわかりやすい形で表しているものなのです。
by bluepeaks | 2011-05-10 11:52 | ブランク