人気ブログランキング |


North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

特別価格でのご提供:MB79..
at 2020-03-20 09:23
極少量ですが
at 2020-03-19 16:26
ブランク入荷のお知らせ
at 2020-03-11 18:16
ブランク入荷のお知らせ
at 2020-03-05 17:18
ブランク入荷のお知らせ
at 2020-01-29 10:50
フェルール
at 2020-01-24 17:29
ショーティー始めました
at 2020-01-23 18:09
リールグローブ入荷しました!
at 2020-01-23 17:55
2020 US NFCメッシ..
at 2020-01-23 17:45
年末年始休業のお知らせ
at 2019-12-24 14:34

以前の記事

2020年 03月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
アクセサリー
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

タグ:バス ( 178 ) タグの人気記事

生産再開しました!NFX

質実剛健で、ハイコスパフォーマンスなバスロッドNFX

未だかつてないレベルで長きに渡って欠品中であったNFXですが、先だって漸くブランクが入荷し、消費税ストームが通り過ぎた本日より生産に着手したことをお知らせ致します。

既に何回か取り上げてきた通り、今年は、対中追加関税を背景に、ノースフォークコンポジット社に注文が殺到した関係で、春から全くと言っていいほど注文したブランクが入荷せず

なが〜い、なが〜い待ち行列の末に、ここに来て漸く順番が回ってきた模様で、先日のスイムベイトブランクに続き、NFX用のブランクもやっと入荷しました。そして、現在、全ての生産能力をNFXに向け、現在、進行中です。

生産再開しました!NFX_a0183304_16212652.jpeg

因みに生産を予定しているのはNFXファミリーの全て

NFX S66ML
NFX S70MH
NFX C66M
NFX C66MH
NFX C70M
NFX C70MH
NFX C70H

モデルにより仕上がり時期が異なりますので、詳細についてはお知らせ出来る段階になりましたら追って告知するつもりですが、早ければ一部については11月初旬から出荷可能となる見込みです。

長い間、お待ち頂きまして、誠にありがとうございました。あともう少しだけ時間を下さい。


by bluepeaks | 2019-10-01 16:44 | NFX

リミテッドリリースモード:JC2.1 TCR/PCR

ゲイリールーミスが作り出す良質のアメリカンブランクを、日本の釣りに最適化させる!

このコンセプトのもと2012年より提供してきましたオリジナルバスロッドJapan Custom 2.Xですが、当製品を構成する主要部品の販売中止に伴い、提供形態を、従来までの見込み生産方式から、部品在庫数に応じて、都度注文をお受けする受注生産方式(リミテッドリリースモード)へとモデル単位で切り替えさせて頂きたく、ここにお知らせしております。

この第一弾となるモデルは以下となります。
リミテッドリリースモード:JC2.1 TCR/PCR_a0183304_16384720.jpg
TCR610L
TCR610ML
TCR610M
PCR71MH
PCR71MH Extra Power

今後は、部品状況に応じて、順次リミテッドリリースモードへと移行させて頂きますので、ご承知置き下さい。


by bluepeaks | 2019-09-11 16:45 | Jカスタム

コッシー的ロッドの選び方(その4)

ということで、グリップを延長したUTR68Hがコンパクトフロッグ用のロッドとして落ち着いたので、フルサイズフロッグ用ロッドについては、当然の成り行きとしてパワーを上げたUTR68XHで行こう!ということになり、前回同様、UTR68XHをカスタムしてみたのですが、コレがなんと思った程スキップが伸びないという結果に・・・背負うルアーが重くなった分、ロッドに掛かる負荷も上がって、曲がり込みも深くなり、ルアーを弾き出す初速も上がっているはず・・・

なんですが、テストでは、多少の伸びが感じられる程度で、今まで使ってきた改造ロッドと大きな差がないという結果に
コッシー的ロッドの選び方(その4)_a0183304_17084377.jpg
原因としては、いくつか考えられますが、一番大きいのはアクションだと思っています。HからXHに変えたことによって、より厚巻きになった分、初期曲がりのポイントがより手前に、つまり、バット側に移行し(一般論でなく、このモデルがそういう設計なので)、竿全体に負荷が分散するようになり、さらに、巻きによって重くなったため、負荷がかかってから元の状態に戻るまでの時間、つまり、竿としてのレスポンスが遅くなった、と考えています(つまり、Hに比べてXHの方が「スロー」ということ)。

もちろん、キャスティング動作を調整すれば修正出来ると思います(少なくともコッシーには出来ます)。しかし、目的は、動作を変えることなく、道具の力でスキップの距離を伸ばすことなので、このアプローチの方向性は違うな、と。同じ素材でパワーを上げても結果が得られなかったので、次に試したのが素材の変更。当初は扱い易さから中弾性素材をベースに考えてきたのですが、

スキップの距離を伸ばすためには、初速を上げる必要がある

初速を上げるためにはティップのリカバリースピードを上げる必要がある

と、ここまで要件が整理出来たので、より早いティップの戻りが期待出来る高弾性カーボンHMを試してみることに。ちょうどその頃、今春リリースする予定だった高弾性カーボンロッドZFXの試作を行なっていたので、手元にあったサンプルから適当なものを選んで渡してみたところ、コレが見事にハマるという。設計上のパワーは6パワーでUTR68Hとほぼ同じなのですが、軽くて硬い分、より早く戻るという高弾性素材ならではの特性が見事にハマり、スキップの距離がかつてなく伸びました。

さらに嬉しい副産物はフッキング率がアップしたこと。高弾性カーボンというと硬くて、脆くて、バイトを「弾く」と思われがちですが、フロッグに関して言えば、ルアーとアングラーの間には常に一定のラインスラックがあるため、常にラインを張った状態のリトリーブ系の釣りに見られるような「弾き」の問題はなく、むしろそれよりもスラックを利用してバスを反転させておいてから、クイックに反応するティップでシャープなフッキングを決めた方がずっと乗る、とはコッシー談。そんなコッシーが昨年12月8日に高弾性モデルのテストでランディングした貴重なウィンターフロッグフィッシュ
コッシー的ロッドの選び方(その4)_a0183304_17084204.jpg
コッシー的ロッドの選び方(その4)_a0183304_17084311.jpg
以下はコッシーからもらったインプレッション

バックハンドでのスキップ距離が伸びた
バックだけじゃなく全体的にキャストの距離が伸びた
キャストの精度が上がった
フッキング率が上がった
そして、さらに釣りが楽しくなった

そんなこんなで一般的にはジグとかワームとか、底物系、打撃系に使用されることが多い高弾性カーボンのブランク、それもファーストアクションで、ミディアムヘビーからヘビークラスのブランクが9年がかりのフロッグロッド探しの答えとなった訳でした。
コッシー的ロッドの選び方(その4)_a0183304_17084316.jpg


コッシー的ロッドの選び方(その4)_a0183304_17084358.jpg
釣りってこれという答えのない、非常にパーソナルな遊びだと思うので、全ての人にとって参考になるとは考えていませんが、今回のフロッグのように、一つの釣りを探求していく中で、道具の選択によってアプローチの質を変えることが出来、結果、今まで以上の釣果を得ることも出来る訳です。そんな釣りをさらに楽しむための一例として今回はコッシーによるフロッグロッドのカスタム日記を紹介させて頂きました。

今後の参考として頂ければ幸いです。



by bluepeaks | 2019-07-11 17:12 | カスタムロッド

コッシー的ロッドの選び方(その3)

ということでフルサイズフロッグのバックハンドの件は一旦おいといて、コンパクトフロッグ用のロッド作りに着手したコッシー。試し投げのために訪れた牛久沼から「投げ感もバッチリだし、スパスパ入って超気持ちイイ、ルアーが伸びる〜」と電話が掛かってきたところまでは良かったのですが、その数時間後、起きたプチ事件というのがコレ
コッシー的ロッドの選び方(その3)_a0183304_17120478.jpg
不慮の事故で折れるという・・・

ガーーーン

ロッドメーカー的には折れ竿の写真は、理由が何であれ、まぁまぁネガティブなインパクト盛り盛りなんですが、完成直後の試し投げで折ってしまうという、コレが何ともコッシーらしいエピソードなので、リアルコッシーワールドに近づくためにも公開。でも、どうせなので、公開序でに見て頂きたいのは、ブランクの破断面。その厚みからとてもしっかりと巻かれていることが見て取れると思います。こういう風に厚く巻かれた竿の方がフロッグのような静から動に一気に転じる釣りには向いている、と思っています。

念のために記載しておきますが、本件、製造上の責任にはまーったく該当せず、本人も納得の上、免責で交換対応し、作り直し、と相成ったのでした。因みに、この事件以降は一本も折れていませんので、ご安心を。ただ、以降、コッシーから電話が掛かってくる度に心臓がキューッと縮むようになりました・・・orz

ということで、UTR68Hに260mmのグリップを付けたものがコンパクトフロッグ用のロッドに落ち着いた訳ですが、じゃあ、本来の目的であるフルサイズフロッグのロッドはどうするか?UTR68Hが答えになったのだから一番手上のUTR68XHでいいだろう、と考えるかと思います。はい、僕もコッシーも最初はそう思ってました。でも、答えはそうじゃなかった

ということで、つづく


by bluepeaks | 2019-07-09 16:46 | カスタムロッド

コッシー的ロッドの選び方(その2)

ということで「フルサイズのフロッグをバックハンドで投げた時、スキップがイマイチ伸びない」という、言い換えれば「もっと奥に入れられれば、もっと釣れるのに」という、釣り人としては至極真っ当な動機からスタートしたコッシープロジェクト(話の流れがわからない人は前回のエントリーから)

でもこの時、フルサイズのバックハンドとは別に、コッシー的には他にも物足りなさを感じていたものがあって、それがコンパクトフロッグ用の竿。フルサイズ用に改造しまくったコッシースペシャルで投げようと思えば投げられる。でも、やっぱりロッドが強過ぎて、曲がり込まない分、右に出たり、左に出たり安定しない。なので、スキップの距離を伸ばす以上に、そもそもスキップすらことにすら無理があったり。そこで、市販されているロッドをいくつか試してみたけど、これまたコッシー的には強過ぎたり、弱過ぎたり、或いは、曲がる支点が前過ぎたり、後ろ過ぎたりしてイマイチしっくり来ない(実はNFXのC66MHもお買い上げ頂きましたが、落選。まぁもともとソフトベイト用に作ったロッドだし)。なので、手元にあるフルサイズ用はひとまず置いといて、まずはコンパクト用の竿から、ということに(ここまで来るのにだいたい3年から4年くらい?)

で、そのコンパクトフロッグ用ロッドの叩き台となったのがUTR68H。これはもう痴虫が沼海馬用として愛用しているロッドで、常に複数本船に乗せるほどの溺愛っぷり。そんな痴虫のUTR68Hを実際にフィールドで使ったこともあったし、友人でもある前ノースフォークのテスターSさんがUTR68Hをフロッグロッドとして愛用していたことも知ってたので、まずはUTR68Hからスタートしてみようと
コッシー的ロッドの選び方(その2)_a0183304_17153728.jpg
ここでコッシーの体格とキャスティングの特徴について

身長は180センチ超。まぁまぁ普通に街を歩いていても大きい方です。で、体だけじゃなく手も大きくて、リストも強い。このリストの強さは剣道仕込みだそうで、この強いリストを使ったコンパクトで振りの早いキャストがコッシーの特徴。百聞は一見にしかずなので、コッシーが登場してるテッケルさんの動画を拝借(ただし、ロッドは製作途中であったため、一部だけです)


そんなコッシーにとって、UTR68のグリップ220mmはさすがに短かい。そこで、PFR71で使っている260mmのグリップに変えたい、ということになり「じゃあ、いい機会なので、自分でやってみます」とスタートしたのがコッシーカスタムの始まり。因みにUTR68Hのブランクは6パワー、アクションは国産ロッドに比べたらかなりマイルドな部類のファースト(個人的にはモデレイト・ファーストと言ってもイイくらい)、マックスルアーウェイトは1オンス。丁度、痴虫の沼海馬が26gなので、まさに沼海馬がど真ん中。なので、普通のスイングスピードの人なら前ノースフォークテスターさんのようにフルサイズのフロッグであってもUTR68Hでまぁまぁ事足りるはずですが、そこはスイングの早いコッシー。あくまでもUTR68Hベースのカスタムロッドはコンパクトフロッグ用ということで、UTR68H改がデビュー。正確には測ったことがないけど、グリップが40mm伸びているので、ロッド長はきっと6'10"くらいだと思います

で、最初の釣行日に「投げ感もバッチリだし、スパスパ入って超気持ちイイ、ルアーが伸びる」と牛久沼から早速電話が掛かってきて、第一ステップ終了!と思いきや、その数時間後にプチ事件発生

ということで、次回につづく


by bluepeaks | 2019-07-08 17:06 | カスタムロッド

コッシー的ロッドの選び方(その1)

ハードベイトだけで関東のタフレイクに臨む、ある意味ドSであり、またドMでもあるトーナメント、H1グランプリの牛久沼戦(2019/6/30)でノースフォークコンポジットユーザである越川さん(以下「コッシー」)が優勝しました
コッシー的ロッドの選び方(その1)_a0183304_14570644.jpg
*写真はコッシーのFacebookから本人の許可を得て使用

コッシーのことを知らない人のために簡単に紹介すると、コッシーの本業はサラリーマン、職種的には営業、業界的はIT系。なので、多くの皆さんと同じサンデーアングラーです。そんなコッシーですが、ある日突然、何の理由もなくいきなりノースフォークコンポジットのユーザーになってくれた訳じゃなくて、かれこれ7年以上、あーでもない、こーでもないの試行錯誤を繰り返す中、結果としてユーザーさんになってくれた一人。別にお付き合いのあるチーム痴虫の一員だからと、流れからスポンサードありきでスタートした訳じゃなくて、コッシーがコッシー自身の釣りを追求する中でユーザーになってくれた貴重な釣り人の一人(コッシーは痴虫のルアーのテストも担っていて、飲みに行ったり、イベント会場で会ったりするとおしゃべりしたりする仲だけど、ブランク(ロッド)に関しては今日までフツーにお買い上げ頂いてたユーザーさんの一人)。今回は、きっと多くの皆さんの参考になるであろう今日までのコッシーのロッドとの向き合い方について紹介したいと思います


コッシー的ロッドの選び方(その1)_a0183304_14571229.jpg
コッシーに初めて会ったのはたしか2011年(まぁまぁテキトー)。H1の打ち合わせかだったのか、何かの後片付けの後だったのか、それとも何かの打ち合わせだったのか、開発クランクの開発学さんの紹介で、H1のトーナメントディレクターである鈴木美津雄さんとコッシーと食事をしたのがキッカケ。その時、コッシーから「フロッグ用の竿を探しているんだけど、なかなかコレと思えるものに出会えなくて・・・」と聞いたことがはじまり

今でこそフロッグ用の竿と言えば、6フィート6インチ前後のミディアムヘビーからヘビーパワーのロッド、とされているけれど、当時はフッキング率の低さと、ベジテーション周りで使うことが多いことからやたらと硬いこん棒のようなエクストラヘビーパワーのロッドが良いかも、とされていた時代。いち早くフロッグの釣りをトーナメントに持ち込んだB.A.S.S.ツアープロのディーン・ロハスがクオンタムからティップがキュッと入るエクストラファーストアクションで、ミディアムヘビーパワーのロッドを出していたことも影響してか、何となく今までの竿とは違う、ラディカルな調子のロッドが良い、と思われていた時代。まぁ要するにみんながフロッグロッドのあるべき姿を模索していた時代(今では考えられないですが、当時は9パワーのブランクがホント良く売れていました)

でも、その後、フロッグの釣りが一般化していくに従い「そこまでガチガチの竿は必要ないよね」ってことに皆が気付き出して、今、市場にあるようなファーストからモデレイトファーストアクションの、ミディアムヘビーからヘビーパワーの、至ってフツーのロッドに落ち着いてきたと言うのが自分の解釈。実際、フロッグロッドと称して製品化されている竿で、普通にハードベイトだって使えるし、スピナーベイトだって、チャターベイトだって、ジグだって使える訳です。と言うか、むしろパワーがある分、フツーのミディアムヘビーとして売られているロッドよりもずっと使い易い、と個人的には思っています。でも、実は、ここがポイントだと思っていて、ミディアムヘビーパワーだったら何でもいいか?と言うとそんなことはなくて、テーパーでアクションを出しているような薄巻きのミディアムヘビーパワーのロッドではなくて、中弾性素材をしっかりと巻いたカッティングパターンでアクションを出している肉厚のミディアムヘビーパワーのロッドの方が向いている、と思っています。理由は嗜好の問題じゃなくて、ロッドとして無理が効くから

フロッグの釣りってとても極端な釣り。基本的には常にスラックを出していて、スラックを操作する釣り。だから、フロッグを動かしている限り、ロッドに負荷は掛かっていない。しかし、一度バイトがあると、フッキングによって一気に最大負荷へと移行。スラックを巻き取ってからフッキング・・・なんて時間もない訳で、しかも、使っているラインはほぼ100%全く伸びないPEライン。ルアーとロッドの間には、一切、サスペンションとして働くものがなくて、距離も超近い。なので、これでもかっ!って言うくらい、ロッド的には負荷のかかる釣り。が故に、何かと無理が効くしっかりとしたロッドである必要がある訳です。

で、話をコッシーに戻すと、そんなコッシーに出会った時、コッシーには既に愛用のフロッグロッドがありました。ただ、フロッグロッドと言っても、それはフロッグ用にデザインされた竿じゃなくてコッシーが色々探す中、これがいいかも?と閃いた某社のミディアムヘビーパワーのロッド、それをフロッグ用に改造したものでした。そのロッド自身、軽さよりは釣り味とか、キャストフィーリングとかを重視して作られた、しっかりと巻かれたロッド。で、そのロッド長を調整してみたり、グリップ長を変えてみたり、ガイドを変えてみたりといろいろ最適化を試みたものの、唯一、どうしても満足出来ない点があると・・・

それは「フルサイズのフロッグをバックハンドで投げた時、スキップがイマイチ伸びない」ということ。

これがキッカケで「じゃあ、ブランク探しから始めてみるか」ということなったのでした。

と言うことで長くなってきたので、今日はこの辺にしておきます

つづく



by bluepeaks | 2019-07-06 15:01 | カスタムロッド

USスイムベイトブランク始めます

バスにシーバスに大人気なベストセラーブランクの一つ、スイムベイトブランクSWBシリーズ

当初は日本発のオリジナルブランクとしてスタートしたものの、その後の世界的規模のスイムベイト人気に後押しされてUSでも製品化されたブランク

既に何回かこの場でも書きましたが、日本のSWBブランクがファーストアクションであるのに対して、USのSWBブランクはブランク全体が曲がるモデレイトアクション

でもなぜ日本のSWBブランクはファーストで、USはモデレイトなのか?

理由は想定するラインです

日本でのスイムベイトフィッシングで今日まで主に使われてきたのはフロロか、ナイロン

伸びが少ないと言われているフロロだって、そこそこの距離を出せば伸びを感じるかと思います

距離を出した中で、あのデカいフックで上顎をガッチリ貫くためには、強靭なバッドパワーが必要

ということで、日本版のSWBブランクはファーストアクションで設計しました

に対して、USではほとんどのアングラーがブレイドライン(日本で言うPEライン)を使用

つまり、伸度ゼロな訳です

が故に、ルアーの動きを引き出すためにも、ヘビーウェイトのキャスティングを繰り返すためにも、フッキングからのランディングまでの動作をよりスムースにするためにも、そして、何よりキャッチ率を高めるためにも、モデレイトアクションが選ばれたのです

誤って送られてきたUS版SWBブランクを機に、皆様から多くのお問い合わせを頂き、そんなにもモデレイトアクションのSWBブランクに対する要望があるのであれば通常在庫品としてやりましょう!と言うことになり、近日、もう一つの選択肢としてUSバージョンのSWBブランクの取り扱いを開始することとしました

SWB 806-1 (IM)
SWB 807-1(IM)
SWB 808-1(IM)
SWB 809-1(Psi LMX)

*Psi LMXはIMの新ネーム。弾性率は既存のIMと同一水準。今後IMからPsi LMXへ順次移行予定

とは言っても工場の生産キャパシティが急に回復することなどあり得ないので、皆様にはさらにご迷惑をお掛けしてしまうかもしれませんが、想定通りに物事が進めば、来年には工場のキャパも上がりますので、ご期待頂ければと思います


by bluepeaks | 2019-06-20 16:00 | ブランク

皮イチ

昨日に引き続き福岡の軍曹さんから50アップの入魂写真を頂きました(ってか、もう十分過ぎるほど魂入っていると思いますけど!)

皮イチ_a0183304_09543752.jpg
で、添付されてた写真の一枚がコレ
皮イチ_a0183304_09544940.jpg
以外に筋って切れないもんですが、まぁまぁギリギリの線

コレがグラスコンポジットの力とでも申しましょうか!?

コメントも紹介させて頂きます

「福岡の軍曹です。記念すべき令和初バスが、HS2三兄弟の末っ子703での50アップ入魂記念バスとなりました!10連休ということもあり、釣り人が多く、いつもなら貸し切り状態で釣りができますが、今日は思うように目当てのポイントに入れません。先行者に声をかけ、風の当たる岬のポイントに入らせてもらいました。先日よりも水温が下がっておりタフな状況を予想していました。この岬はインレットも絡んでおり、タイミング次第でフィーディングバスが狙えます。クランクを数投するとバスがヒット。ファイトしますがリアフックしか掛かっていません。ロッドの曲がりを維持しつつ慎重にやりとりしていると、運良くフロントフックも掛かりなんとかランディング出来ました。良く見るとリアフックは薄皮一枚に一本だけ引っ掛かっているだけでした。703HS2でないと捕れていなかったかもしれません。タフな状況でもしっかり結果に繋げることが出来たので、更にHS2ブランクへの信頼が深まりました。HS2三兄弟の長男705と三男703での50アップ入魂完了となりましたので、残すは二男704の入魂のみとなりました。704でも50アップを入魂出来るように頑張ります!また良い釣果が出れば報告します」

2019年5月2日 15:30〜19:30 50.5cm福岡県某リザーバー水温16.9℃
ロッド:NFC CB703-HS2ブランク 自作カスタム7ftクランキングロッド
ガイド:T-KWSG10101
リールシート:ECSトリガーレス
グリップ:EVAストレート リアグリップ長寸220mm
リール:ジリオンSVTWXXHL
ライン:フロロカーボン14lb
クランク:アスカ60



by bluepeaks | 2019-05-16 10:00 | ブランク

祝春爆

SOW(スマイル・オン・ザ・ウォーター)の休止以降も、手間暇かけてわざわざ写真を送って下さるお客様がおりまして、福岡の軍曹さんもそんなお一人

今回は「春爆」というタイトルのメールを頂きました

祝春爆_a0183304_14022096.jpg
祝春爆_a0183304_14022166.jpg

祝春爆_a0183304_14021943.jpg
なんかやたらと綺麗な魚体

鱗の一つ一つが凛としているよう見えます。

コメントも紹介させて頂きます。

「お久しぶりです。福岡の軍曹です。今年は福岡のリザーバーに通っています。HS2三兄弟の末っ子703でリザーバーの春爆クランキングを味わいました。ここ数日の陽気で水温上昇。前日から温かい雨で程よい濁りと増水。南からの強風でベイトがバックウォーターに吹き溜まり。様々な条件が重なったようです。バイトは数え切れずバラシも4〜5本ありましたが、16時〜19時で9本キャッチ。内45cmアップが4本釣れました!50アップも期待しましたがキャッチには至りませんでした。

過去に一度、春爆を経験したことがありましたが、クランキングで捉えたのは初めての経験でした!これもHS2のお陰だと思います!
HS2三兄弟の長男705では50アップを釣ったことがありますので、二男704と三男703でも50アップを入魂出来るように頑張ります。
また良い釣果が出れば報告します。

2019年4月24日 16:00〜19:00 福岡県某リザーバー 水温18.0℃
ロッド:NFC CB703-HS2ブランク 自作カスタム7ftクランキングロッド
ガイド:T-KWSG10101
リールシート:ECSトリガーレス
グリップ:EVAストレート リアグリップ長寸220mm
リール:ジリオンSVTWXXHL
ライン:フロロカーボン14lb
クランク:RTO1.5 アスカ60 イヴォーク1.2…


いやいや羨ましい・・・

春爆って言ってもホント一瞬の出来事なんでその瞬間を捕らえられたなんて・・・いやいやお見事でございます


by bluepeaks | 2019-05-15 14:07 | SOW

重さとアクションの違い

前回のロッドバランスの比較に続き、今回は、ZFXの売れ線モデルである7フィートの各モデルの重さの違い、そして、その重さの違いを生み出しているアクションの違いについて説明しています。

物理形状であるテーパーデザインを変えれば、結果、アクションが変わり、ロッドのキャラクターも変わる、という話です。

是非ご覧下さい。


by bluepeaks | 2019-04-18 11:24 | Jカスタム