人気ブログランキング |


North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

新製品のご案内:ZS71MH..
at 2020-07-31 16:58
新製品のご案内:ZS71MH..
at 2020-07-29 18:37
新製品のご案内:ZC73XH
at 2020-07-28 17:37
ZFX新モデル追加のお知らせ
at 2020-07-23 15:23
2周目のアメリカンロッドとの..
at 2020-07-22 11:15
製品化キャンセルのお知らせ:..
at 2020-07-21 14:40
初めてのカスタム
at 2020-07-20 18:40
販売終了のお知らせ:JC2...
at 2020-07-09 15:58
リニュアール準備中:フライブ..
at 2020-07-07 16:29
ブランク&EFXカーボンテッ..
at 2020-07-07 12:00

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
アクセサリー
ロッドグローブ
NFX PRO
ZFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

タグ:トーナメント ( 13 ) タグの人気記事

結論は使用禁止

B.A.S.S.エリート・シリーズならびにクラシックにおけるアラバマリグの使用は、禁止という結論で落ち着いた様です。予想通りと言えば予想通りの結論と言えるのではないでしょうか。

魚が激しく傷つくなど理由は様々あるようですが、なんと言っても1ファンとして言うならば、100名近くの超がつく釣りウマさん達が一斉にアラバマリグをキャストし続けるトーナメントなんてハッキリ言って「見たくない」し、「ツマラナイ」と思うのです。だから、今後もずっと永続的に禁止となるかどうかはさておき、まずは、一度使用禁止にして2012年をスタートさせるしかなかったのではと思っています。

・・・でもです、アラバマリグには、とても良い面もあると思うのです。兎角、フィッシング・プレッシャーが高くなるとフィネスに走る傾向がある中で、何でも闇雲に小さくすれば良い、ナチュラルにすれば良い、のではなく、本能を効果的に刺激出来れば、今まで捕れなかった魚もバイトさせることが出来る、という事を改めて全てのアングラーに気付かせてくれたリグだと思うのです。今後、そんな本能を刺激する新ジャンルのルアーが生まれるキッカケになるかも、と期待しています。
by bluepeaks | 2012-01-19 15:15 | B.A.S.S.

アラバマリグの歩む道

凄かったですね、アラバマリグ旋風。なんとFLWツアーオープンの上位10名全員が使っていたとか。今回の情報の発信元の一つである桐山孝太郎さんのブログには、既に実釣レポートもアップ済みで、これを見る限り、本当に凄そうです。でも、余りにも凄過ぎるため、トーナメントにおいては、レギュレーションを設ける方向にあるのだとか・・・

きっと、賛否両論いろいろあることと思います。でも、個人的には、トーナメントのベースが釣ってなんぼのコンペティションの世界にあるが故に、複雑過ぎる規制は、トーナメントそのものの面白さを損ないかねない、と思うので、是非とも、競技の本質を踏み外さない方向で検討してくれるよう、望んでいます。

しかし、釣りそのものは、とても大味です。なので、それを見ていて楽しいか?って聞かれると、「うーん」と言わざるを得ません。ただ、誰しも1回はその破壊的とも言える釣果を味わってみたいはずです。えぇ、僕も勿論その一人です。
by bluepeaks | 2011-10-27 00:01 | ルアー

フォレスト・ウッド・カップ

FLWフォレスト・ウッド・カップでキスラーと契約するスコット・マーチンが優勝、そして、同じくキスラーと契約するマーク・ローズが3位と、社長のTrey Kistlerにはたまらない最高の結果となったようです。日本ではあまりに知られていないとは思いますが、今回優勝したスコット・マーチン、あの「帝王」ローランド・マーチンの息子。言ってみればバス・フィッシング・トーナメント界のサラブレッドです。

スコットのウイニング・パターンは、水深7mから8mに沈むブラッシュ・パイルに付くシャッドに付いたバスを狙ったディープな釣り。メインで使ったルアーは3種類。フィッシュヘッドスピンにリグったゲイリー・ヤマモトのスイムベイト、10インチのリボンテールワームのテキサスリグ、そして、ドロップショット(日本風に言えばヘビダン)。

ディープ攻略が主軸となる日本では当たり前の感もありますが、今回、スコットは、リグごとにロッドとラインを変えて臨んだとのこと。ロッドは、全てノース・フォーク・コンポジットのブランクを使ったZ Boneシリーズ。スイムベイトには、7'10"のロッドに10lb.フロロ、10インチ・テキサスには7'6"のロッドに12lb.フロロ、ドロップショットには7'のロッドにPE10lb。勿論、場所や戦略ありきなんですが、深さとリグに合わせたタックルバランスを勝因の一つとして上げています。

オフショアのディープの釣りだけに、こうした信頼出来るタックルがあってこその集中力だと思うのです。

ウイニングルアーの写真がこちらに載っていますので、ご参考を
by bluepeaks | 2011-08-18 12:29 | トーナメント