人気ブログランキング |


North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

特別価格でのご提供:MB79..
at 2020-03-20 09:23
極少量ですが
at 2020-03-19 16:26
ブランク入荷のお知らせ
at 2020-03-11 18:16
ブランク入荷のお知らせ
at 2020-03-05 17:18
ブランク入荷のお知らせ
at 2020-01-29 10:50
フェルール
at 2020-01-24 17:29
ショーティー始めました
at 2020-01-23 18:09
リールグローブ入荷しました!
at 2020-01-23 17:55
2020 US NFCメッシ..
at 2020-01-23 17:45
年末年始休業のお知らせ
at 2019-12-24 14:34

以前の記事

2020年 03月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
アクセサリー
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

タグ:スチールヘッド ( 7 ) タグの人気記事

アグレッション・バイト

昨日に引き続き「ザ・ウィグラー」ことウィグルワートの話。今日はその興味深い使い方について取り上げてみたいと思います。

サーモンやスチールヘッド・フィッシングにおいて、プラッギングの代表格としてストームのウィグルワートが広く使われている、と紹介しました。メジャーな使い方は二つです。一つは、皆さんが想像する、流れに対してクロスに投げて、サーモンやスチールの目の前を横切らせてバイトを得るというもの。基本、日本で行われている本流のトラウトやサクラマスと同じアプローチです。

で、今回、「へぇ~」といたく感心したのが2つ目のアプローチ。まずロケーションは川、そして、プール。そこで、ボートを使って(早くもこの時点で日本では応用不可なんですけど)、両舷からダウンクロスにウィグルワートを投げます。出来れば二人同時に投げるといいとか。流れが強ければドラッギングもありです。で、キャスト開始に合わせてボートポジションを少しずつ下流に下げて行きます。すると、基本、喰いっ気のない、やる気のない魚達は、ルアーの存在を嫌がって、ボートと一定の距離を保ちながら、ズルズルとポジションを下げて行きます。当然の事ながら渕尻に近づくにつれ、水深は徐々に浅くなって行きます。で、気がつけば、魚達は、一箇所に追い込まれてしまうのです・・・

そうやって渕尻に追い込まれた魚に残された選択肢は2つ。

逃げるか?戦うか?

ここで、魚の群れの中に始めてルアーをキャストし、選択を迫ります。このプレゼンテーションをより効果的なものにするために、ガラガラと大きな音をたて、周囲の水を大きくかき回す、魚に思いっきり嫌がられる存在が必要で、ウィグルワートな訳です。アプローチの根本は、バスのサイトフィッシングと同じだと思います。ただ、地形をも利用して、精神的に魚を追い込んでいくアプローチにひたすら感心。こうして得られるバイトは、攻撃的なバイト、という意味合いで、「アグレッション・バイト」などと呼ばれています。

魚の習性、地形、ルアーの特性を見事にマッチさせた攻め方だと思いませんか。大雑把でガサツに見えるんですけど、釣りにかけるアメリカ人の情熱はやっぱり侮れません。

ところで、中央よりちょい右にある赤目のウィグルワートってケロロ軍曹に似てないですか?

アグレッション・バイト_a0183304_845457.jpg

by bluepeaks | 2013-10-03 08:46 | ルアー

ザ・ウィグラー

サーモン・フィッシングの一つのアプローチとしてルアーフィッシングがあって、その一つとしてハードベイトを使った「プラッギング」あると昨日取り上げましたが、このプラッギングで最も有名なルアーが何を隠そうストームの「ウィグルワート」。毎年春先に行われるアメリカのトーナメントでは、必ずと言っていいほど、優勝に絡んでくるキーベイト。そうそう先日NHK BSで放送されていた今年のB.A.S.S.マスタークラシックでもブランドン・パラニュークが最終日に辿り着いたパターンとしても紹介されていましたね。それだけインパクトのあるベイトなので、周りが放っておく訳がなく、未だに多くのフォロワーを排出し、そして、未だにウィグルワートを超えることが出来ていない、ってところかと。

このように多くのフォロワーが存在する訳ですが、そんな中でも特に有名なのが、Brad's Wiggler。オレゴン州とか、ワシントン州では、ガソリンスタンドからグロッサリーストア(日用品を売っている個人経営の「コンビニ」みたいなもんです)まで、至るところで目にするルアーで、殊、西海岸のこの地域に限っては、本家本元のストームよりも店頭で目にする機会は多いんじゃないか?と思える程です。それくらいメジャーな存在な訳です。

そんなブラッズ・ウィグラーを一躍有名にしたのは、このマーケティング・バズ。

「偶然見つかったストームのウィグルワートのオリジナルモールドを使っている」

これが本当かどうか、既に各所で散々取り上げられているので、ご存じない方は調べてみて下さい。

僕もブラッズウィグラーと、30年前の「オリジナル」と言われているウィグルワートを数個持っています。一番左がブラッズ・ウィグラーで右二つがウィグルワートです。

ザ・ウィグラー_a0183304_856306.jpg


ちょっとわかりにくいので、アップしてみるとこうなります。

ザ・ウィグラー_a0183304_8574070.jpg


若干、ブラッズ・ウィグラーの方が大きく見えるかもしれませんが、たぶん目の錯覚でも、気のせいでもないと思います。一回り、ホント、薄皮一枚分だけ大きい様に見えます・・・

・・・たぶん、そういうことです。

でも、もはや西海岸のあの地域のアングラーに限っては、オリジナルとか、フォロワーとか、全く気にしてません。つまり、それだけ安定して釣れるからで、さらには、何処でも売っているので、トータルな意味でアングラーにとって、「使い易い」存在。そういう意味でこの地域では立ち位置を確立した?と言えるかと。ただ、いい機会なんで、是非、Brad'sのHPを見て下さい。驚きますよ〜。いくらなんでもやり過ぎだろ、って感じです。

まぁウィグルワートに関しては、このようにいろいろある訳ですが、まとめると「ウィグルワートは、ウィグルワートのフォロワーでさえも安定した釣果を、いろんな魚種でもたらす」って事だと思います。それだけ抜きん出た存在かと。ウィグルワートは、もはやクランクベイトの一つ、というよりも「ザ・ウィグラー」なのかも知れません。

明日はこのウィグラーの面白い使い方について、取り上げてみたいと思います。
by bluepeaks | 2013-10-02 09:26 | ルアー

フィールドテスト

写真は工場スタッフによるフィールドテストの一コマです(なので、ボートの後ろに立てかけてあるロッドが簡素極まりないこと・・・)。

フィールドテスト_a0183304_15432348.jpg


ボートを使っているとは言え、こうした20ポンドクラスのスチールヘッドを6ポンドラインで釣ります。この釣りにおける釣果アップのキーは、なんと言ってもナチュラルなドリフトです。で、そのために糸の抵抗を出来るだけ抑えたく、6ポンドな訳です。季節が進行するとこのクラスの魚にも4ポンドで臨むのだそうです。だから、彼らに、日本のスモールマウスバスフィッシャーは、2ポンドだよ、と言っても、普通に「ふーん」と納得するんです。

どんな竿でも細糸を使うことは出来ると思います。でも、それが有効なのはフッキングまで。釣りは、ランディングしてこそ釣りな訳で、スチールヘッダーでもあるゲイリーがプログレッシブ・テーパーに拘り続ける理由の一つがこれなんだと思います。

イイ魚を釣って来たお客様から聞く感想の一つ、「同じリールなのに、ドラグの出方が違った・・・」
by bluepeaks | 2012-04-16 16:25 | ブランク

SSPの遠投性能

本国アメリカでは「サーモン&スチールヘッド・プラッギング・シリーズ」として販売されているSSPシリーズですが、殊、日本では、バスの陸っぱりにはじまり、本流のサクラマス、河口域のシーバス、サーフのヒラメ&マゴチ、ショアジギングと幅広くご利用頂いています。その特徴は、何と言ってもエクストラ・ファーストなテーパーと、幅広いルアーウェイト設計。例えば、SSP881-2(IM)の場合、1パワー、つまり、ULなのですが、適合ルアーウェイトは3/8オンスから4オンスです。

ノース・フォーク・コンポジットのブランクは、各カテゴリの中で、相対的にパワー表示されているので、同じULでもマグバス(MB)のULと、フレッシュウォーター(FW)のULと、さらにはサーモン&スチールヘッド(SSP)のULでは実際のリフティングパワーが全く異なります。ですので、SSPの1パワーは、多くの人が経験的に想像するULとは大きく異なります。まぁそもそも、時に50ポンドを超えるキングサーモンを本気で狙っている人達向けのものですから・・・

そんなSSPシリーズのティップは、本来、淡水域で捕食行動を止めた遡上魚を、リアクションで釣るためにデザインされたもの。しかし、その極端とも言えるティップ・アクションの恩恵により、キャスタビリティも高く、低弾道キャスト向きに仕上がっています。

空気抵抗が小さく、比重の高いメタルジグなどの場合、どんなアクションのロッドでも、飛距離に差は出にくいものですが、殊、空気抵抗の大きいミノーとなると話は別。

ルアーの弾道は、ティップの軌道を追いかけるもの。ティップが直線的に動けば、ラインの先に結ばれたルアーも直線的に飛んでいきます。つまり、ティップアクションのロッドの方が胴調子のロッドよりも直線軌道を描きやすく、低弾道キャストがしやすいということです。

でも、ただティップがしなやかであれば良いか、と言うと、勿論、そうではなく、空気抵抗の大きいものをより遠くに飛ばすためには、初速も高める必要があります。初速は、ブランクに溜め込まれたエネルギーの大きさに依存します。アングラーは、ルアーウェイトをティップで捉え、直線運動で加速させることにより、エネルギーを作り出し、ブランクがそのエネルギーをティップからベリー、ベリーからバットへと伝達させます。こうして溜め込まれたエネルギーが一気にリリースされる瞬間、初速が最速化されます。つまり、ティップ、ベリー、バットへのエネルギーのスムースな伝導があってこその初速であり、ここでもプログレッシブ・テーパーが大きな仕事をしています。

横風の中、空気抵抗の大きいミノーをより遠くにキャストする・・・
アングラーにとって都合の悪いシチュエーションこそ、魚の活性が高かったりするもの。
ここぞ、という時にきっちり仕事をしてくれる頼もしいMade in U.S.A.です。
by bluepeaks | 2012-04-01 14:42 | ブランク

スチールヘッダー

今回経験した新しい事の一つがスチールヘッド・フィッシング。スチールヘッドは、降海型のニジマスのことで、どうして「鉄の頭」と呼ばれているのかは不明。年がら年中スチールヘッドを追いかけているスチールヘッダーでさえ由来を知らないほど。その最大の魅力は、引きの強さで、ロケットの如くダッシュするのだとか。えぇ、そうなんです、これらは全て聞いた話で、今回、チャレンジしたもののスチールをキャッチすることは出来ませんでした・・・

ウェーディングからラフトと呼ばれるゴムボート、そして、エンジン付きのドリフトボートまでと様々なフィッシング・スタイルがある中で、今回は、ラフトで釣りをしました。写真にあるようなラフト(ゴムボート)を上流に運び、以降は流れに任せ下流へと。ここぞ、というポイントではオールを使ってステイしたり、アンカーを打ったりしながら1日かけて約10キロ程を釣り下って来るというスタイルです。途中、コーヒー・ブレイクやランチ・ブレイクなどもありなんですが、そこは釣り人。一度、始めたら止まらない訳で、トイレ休憩を除き、竿を振り続けるのです。

スチールヘッダー_a0183304_16431690.jpg


日本ではあまり知られていないスチールヘッド・フィッシングですが、その釣り方は実に多彩です。スプーンからスピナー、フェザージグ、フライ、イクラを模したハードベイト、ソフトベイト、ジャークベイト、クランクベイト、そして、イクラ、シュリンプと行ったライブベイトまで使います。まさに手段は選ばすと言った感。スチールヘッドに限らず、アメリカ人の釣りを見ていると、「合理的」というか、「効率重視」というか、目的のためには手段を選ばない、と強く感じます。

スチールヘッダー_a0183304_16443134.jpg


で、それぞれの釣り方に応じたロッド要件があり、様々な調子の、様々なパワーの竿がデザインされている訳です。その中でも今回「これイケてる」と思ったのが、スチールヘッドをハードベイトで釣るためにデザインされたスチールヘッド・プラッギング用ロッド。ここで言うプラグとは、模倣品も含めたウィグルワートとフラットフィッシュで、NFCのパーツナンバーで言うと"SSP"シリーズです。8フィート台のロングブランクで、テーパーはエクストラ・ファースト、パワーはミディアム・ヘビー(5)とか、マグナム・ミディアム(8)とか。仕様だけ見ると、日本の魚にはちょっと強すぎるんじゃないの?だいたいあんなブリブリ動くウィグルワートなんて川では投げないし・・・と、思っていたのですが、他モデルの8パワーと比べ、ティップは超しなやか。なぜならば、こうした食い込みの良いティップなくしては、スチール・ヘッドをフッキングに持ち込む事が出来ないのだとか。

スチールヘッダー_a0183304_1653255.jpg


日本のフィールド向けには、正攻法なら間違いなくサクラマス用、変化球で勝負するならバス用の8フィート超ロング・ヘビダン・ロッドとして、ソルトならさらなる可能性が見込めると思います。仕様はこちらで確認出来ます。この2ピースモデル、日本でも是非扱いたいと思います。
by bluepeaks | 2011-09-19 17:04 | ブランク

sweetなブランク

以前このブログでお伝えした様に、国内で標準品として取り扱っていないブランクでも、取り寄せリクエストをお受けしています。とにかく品点数が多いので、一度に全てを揃えることも出来ず、主力から順次拡充しているのですが、そんな中でも個別に頂いたリクエストには出来る限り応えたい、という思いから、受けさせて頂いています。そんな個別リクエストの一つとして今回日本に上陸させたのが、このSt1302-2(HM)です。

sweetなブランク_a0183304_11164194.jpg


St1302-2(HM)は、日本では馴染みの薄いスチールヘッド用ブランクのハイエンドモデル。全長13フィート、ファースト・テーパー、Lightパワー、適合ルアーウェイトは、1/8~1/2オンス、ラインは6~10ポンド。実測値でティップ径が1.4mm、バッド径が12.6mm、自重が70.5g。2ピースで、継ぎはスリップド・オーバー

sweetなブランク_a0183304_11171642.jpg


アメリカ西海岸では、こうしたロングロッドでスチールヘッドを狙うのですが、その釣りでは、スプーンでもなく、プラグでもなく、マラブーを巻いたジグヘッドで使います。これにフロート、つまりウキを付けて、川底付近をドリフトさせながらスチールを誘うのです。

ブランクそのものは、長ーいフライロッドと言った雰囲気です。余談ですが、スチールヘッドの釣りは、実に多様で、このFloat'n Jigから、ウィグルワートやフラットフィッシュを使ったプラグの釣り、スプーンの釣り、フライフィッシング、イクラを使ったライブベイトの釣りと多岐にわたっています。

日本には残念ながらメインターゲットになりうる程、スチールヘッドは生息していないので、Float'n Jigは、そのままではメソッドとして成立しないのですが、これをある釣りに応用してみたい、というのが今回頂いたリクエスト。聞けば納得の使い方です。詳細はおいおいレポートにまとめ公開していきたいと思います。

NFCのスチールヘッド狂に言わせれば、「こいつはまさに絶品。これ以上sweetなブランクにはお目にかかれないぜ」と。トロフィーフィッシュがPiggy(子ブタちゃん)で、絶品ブランクがsweet。こんなの日本で使ったら間違いなく煙たがられますね。
by bluepeaks | 2011-08-24 11:51 | ブランク

2ポンドライン用

昨日工場から「2ポンドライン用にデザインしたトラウト&スチールヘッド用ブランクがあるんだけど、日本で欲しい人いる?」との連絡を受けました。日本のトラウト・フィッシングと言えば、主流は、ミノーイング。故に、張りのあるブランクがマストだと思うので、とりあえず「ちょっと思いつかないなー」と、回答したものの、もしかしたら凄いアイディアを持った人がいるかもしれない・・・と思い、本日のブログで取り上げた次第です。

パーツナンバーは、日本未発表のFW701-1とStN 1161。FW701-1は、Fresh Waterシリーズの一つで、7フィート、Ultra Lightパワー、ルアーウェイトは、1/32-1/8、テーパーは、Fastです。1ピースです(長っ!)。StN 1161は、Steel Head Noodle(スチールヘッド・ヌードル)シリーズの一つで、11フィート6インチ(長っ!)、Ultra Lightパワー、ルアーウェイトは、1/16-1/8、テーパーは、Slowです。安心して下さい2ピースです。

初耳の方が多いと思うので、「ヌードル・ロッド」についてちょっと解説します。「ヌードル・ロッド」とは、Float and Jigメソッドに使われるロッドで、ちょうど1/16から1/8程度のラウンドタイプのジグヘッドを使うためのものです。ジグヘッドには、ソフトベイトではなく、ピンクや赤のマラブーなどを巻きます。つまり、フェザージグです。これにFloat、つまり、「ウキ」を付けて、川底を舐めるように転がしながらスチール・ヘッドを誘う、アメリカ西海岸では超メジャーな釣り方。丁度、フライフィッシングで言う「ルースニング」みたいなものです。

2ポンドラインである必要性は、ドリフトの質を高めるためです。糸が細ければ細いほど、フェザージグは、よりナチュラルに川底をドリフトすることになります。特に、水位が下がった状態では、魚の警戒心が高まりますので、このドリフトの質が釣果を大きく左右するのです。

2ポンドラインにより、ドリフトはナチュラルになるのですが、ラインが細くなった分、ランディングに苦労することになります。スチールヘッドは、フッキング後、ダッシュやら、ジャンプやら、首振りやらを繰り返すので、それらをかわして無事ランディングするためには、ショック吸収力に優れたプログレッシブで、スローなテーパーが求められます。結果、この釣りのためにデザインされたロッドは、長くて、そして、とても柔らかなまるで麺のようなロッドとなり、それを「ヌードル・ロッド」と呼んでいるのです。

ゲイリーの7つのエピソードでも取り上げましたが、この「ヌードル・ロッド」の有効性にいち早く気付き、製品化したのが何を隠そうGary Loomis。最近では、2ポンドラインが標準?なんだとか。こんなブランクに興味がある方、いらっしゃいましたら、以下までお知らせ下さい。今なら1本から取り寄せ可能です。

info@bluepeaks.co.jp

でも、この何とかして釣ってやろうという釣り人の欲って日本もアメリカも一緒ですね。これがあるから道具も進化する訳ですね。
by bluepeaks | 2011-05-07 19:26 | ブランク