人気ブログランキング |


North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

特別価格でのご提供:MB79..
at 2020-03-20 09:23
極少量ですが
at 2020-03-19 16:26
ブランク入荷のお知らせ
at 2020-03-11 18:16
ブランク入荷のお知らせ
at 2020-03-05 17:18
ブランク入荷のお知らせ
at 2020-01-29 10:50
フェルール
at 2020-01-24 17:29
ショーティー始めました
at 2020-01-23 18:09
リールグローブ入荷しました!
at 2020-01-23 17:55
2020 US NFCメッシ..
at 2020-01-23 17:45
年末年始休業のお知らせ
at 2019-12-24 14:34

以前の記事

2020年 03月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
アクセサリー
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

タグ:その他 ( 211 ) タグの人気記事

因みに・・・

先日の「ブランクの違いって伝わっているんだろうか?」の話ですけど、

このブランク、

クライアントのご指定でペイントして出荷してます。

だから、パッと見では絶対にノースフォークコンポジット製ってわかりません。

なので、ことさら関心した次第です。


by bluepeaks | 2019-10-07 10:42 | ブランク

ブランクの違いって伝わっているんだろうか・・・

個人的に大好きなゲイリーのブランク

その良さを一人でも多くの釣り人に伝える、

この想いから始めた今の仕事

なんだかんだとそれなりに色々ありましたけど、

お陰様で勢いだけで飛び込んだ業界で10年も仕事を続けることが出来ました。

それもこれもゲイリーの作り出すブランクがあってのこと。

でも、ふと考えることがあります。

ゲイリーの作るブランクはいい、

ノースフォークコンポジットのブランクはいい、

と言ってるけど、

果たしてお客さんにちゃんと伝わっているんだろうか?

と、

そもそもお客さんはブランクの違いとか、感じ取とれているのだろうか?

と、

先日、そんな疑問を吹き飛ばしてくれる出来事があったので、今回はその話題を
ブランクの違いって伝わっているんだろうか・・・_a0183304_17123249.jpg
ブランクメーカーとして10年もやっていると、いろんなところから話が来ます。

アメリカでのことですが、トランプ政権による対中追加関税の煽りを受け、

多くのロッドメーカーやチェーンが、今までの中国一択から、まずはアメリカ国内で作れないか、と考えるようになり、

全部を移行するのは無理だけど、一部、それもハイエンドモデルであれば、アメリカ国内で作っても何とかイケるじゃん、

ってことに気付き、

それにMade In USAって刻印すると、時流に乗れるじゃん

って考えたか、どうかまではわかりませんけど、

アメリカ国内でも十分生産出来ることに気付きはじめて、

結果、ノースフォークコンポジット社にはブランク製造の注文が集まるようになり、

あれよあれよという間に、

従来の生産キャパを大きく上回る注文が入るようになり、

そんな注文がリピートされるようになり、

じゃあ、って言うので、

現在、11月に向けて工場の増床を進めている訳です。

そんな中、とあるOEM先のロッドをウェブでチェックしている時、気付いたんです。

そのロッドに対するユーザーの評価が異常なレベルで高いことを

そう、あのウェブショップとかで見かける、星を使ったレイティングです。

それがもう、他のモデルと比較して異常に高い、

飛び抜けてるんです。

その飛び抜けっぷりがスゴイ

ブランクがどこのメーカーかなんて、その商品には書いてありません。

だからお客さんから見たら完全なるブラックボックス状態

でも、評価が異常に高い。

ってことはですよ、

言わずとも、お客さんにはちゃんと伝わっている、ってことです。

注文を入れても一向にモノが出てこなかったり、

注文したものと違うものが送られて来たり、

あれだけ繰り返し念押ししたのに全然直ってなかったり、

価格がいつの間に変わっていたり、

まぁまぁ色々ありますけど、

そのウェブのレイティングを見て、ちょっとだけ安心しました。

つまり、お客さんにはちゃんと違いはわかって貰えている、と、

であれば、

続けていくことに意義も見いだせるし、多少、シンドイことがあっても頑張っていける、と。

届ければ喜んでくれる人がいる

そんなこんなを感じた次第です。



頂きました、星5つです!

177.png177.png177.png177.png177.png



by bluepeaks | 2019-10-04 17:32 | 四方山

ブレインショット

ブレインショット

直訳すると「脳撃ち」

これ、ハンターとか、狙撃手が使う言葉で、一撃で獲物の脳を射抜き、即死させるショット

まったくもって恐ろしいと言うか、何というか・・・
ブレインショット_a0183304_15401898.jpg
この壁に掛けられたワニの皮

これはゲイリーがアフリカで仕留めたワニで、一生に1回出来るか出来ないかの記憶に残るブレインショットで仕留めたものだとか

なんでもワニの脳は耳の後ろにあって、その大きさはテニスボールくらい

そのワニを揺れるボートの上で一晩中待ち、月明かりを頼りに深夜の2時にブレインショットで仕留めたトロフィー

「人生で最高のショットの一つだった」とは本人談

魚の剥製は会社とロッジ、自宅は動物だらけなのです
ブレインショット_a0183304_15552108.jpg

by bluepeaks | 2019-06-21 15:57 | 四方山

レジェンド

ゲイリーの自宅で見かけたプレイク

IGFAから今日までのフィッシング業界への貢献、そして、釣り場環境の保全活動に対する功績に対して贈られたもの
レジェンド_a0183304_13482371.jpg
個人的に幸せなのはIGFAのみならず過去に一緒に仕事をした数々のレジェンドとの話が聞けること

例えば、

ルー・チルドレはこんな人物だったとか、

ラリー・ハワードとのビジネスはこんな風だったとか、

ジム・バグリーとのフロリダ旅行は楽しかったとか、

伝記も書けそうなくらい(いや間違いなく書ける)

尤もそうした過去のストーリーの大半をちゃんと覚えているのはゲイリーじゃなくて奥さんのスージー

日本の昭和のおとーさんじゃないけれど、ゲイリーが「ハニー、あのジムと釣りに行ったのはフロリダだったけか?」などと聞くと

「そうよダーリン、展示会の後にフロリダに立ち寄ったじゃないの」

みたいな会話

一代で大きなことを成し遂げる人って、古今東西関係なく、やっぱり奥さんの力が大きいものなのだと再認識した次第


by bluepeaks | 2019-06-20 14:05 | 四方山

牛久沼?

ノースフォークコンポジットの工場があるのはアメリカ合衆国ワシントン州

よくホワイトハウスのあるワシントンDCと間違える人がいますが、ワシントンDCとワシントン州は全くの別モノ

首都ワシントンDCは東海岸で、ワシントン州は真逆の西海岸

それもカナダとの国境に面する一番北に位置するところ

そんな場所柄ワシントン州と言えばサーモンやスティールヘッドが有名なのですが、実はバスだってそこら中にいるんです

それもスモールだけじゃなくてラージもたくさん

そんな一例がココ
牛久沼?_a0183304_10121731.jpg
まるで牛久沼?って感じのフラットレイクです

バックには6月になってもなお多くの雪を蓄えている山、マウントへレンズが
牛久沼?_a0183304_10123628.jpg
リップラップもあり、延々と続く杭もあり、アレもコレも撃ち放題な訳です

週末の夕方には桟橋で釣りを楽しむファミリーもたくさん
牛久沼?_a0183304_10124987.jpg
南部のバスカントリーに比べたら数は決して多くはありませんが、サーモンとスティールヘッドとばかり思われているワシントン州だって、なかなかイケてますって話です

しかも、隅々まで教育が行き届いていないので、ラージもスモールもほぼ教科書通りの釣りが展開出来るという

次回は、ここらで2週間くらいたっぷりテストをするつもり

テストして、工場で修正して、またテスト・・・

サイコーですね


by bluepeaks | 2019-06-18 10:31 | 四方山

オスプレイ(ミサゴ)

アメリカ軍の軍用機の名前としても、大手ルアーメーカーの名前としても有名なオスプレイ

もちろんおわかりかと思いますが、オスプレイとは、別名「魚鷹(うおたか)」とも呼ばれる魚を捕食する鳥

ゲイリーの家の近くにもオスプレイの巣があって、ゲイリーの作ったロッドの一人のファンとして、ほぼ丸腰で初めてゲイリーの家を訪ねた10年前から同じところにあります

で、今回もその生存を確認

ちょっと引いたところから撮った写真がコレで
オスプレイ(ミサゴ)_a0183304_08414726.jpg
ズームインすると・・・・
オスプレイ(ミサゴ)_a0183304_08415129.jpg
ほら!

電柱のように見えると思いますが、コレ、電柱じゃなくて、もうオスプレイのための柱

代々使われている年季の入った巣なので、よく見ると寝床がミルフィーユのように積み重なっているのがわかるかと思います

特にウッドランドのこの辺にはオスプレイが多くて、ゲイリーの家から歩いて5分のボートランプのサインボードもこんな感じ
オスプレイ(ミサゴ)_a0183304_08413641.jpg
オスプレイ(ミサゴ)_a0183304_08414262.jpg
アメリカでは釣り人にとってオスプレイはある意味とても近い存在

なんと言っても周辺に魚が多いことを表している「インディケーター」みたいなもんです

コレみただけで、釣り人ウキウキですよ

ほんのちょっとした小さなことなんだけど、わざわざ手間暇かけて、こういうところに時間をかけるアメリカ

やっぱ悪くない


by bluepeaks | 2019-06-15 09:04 | 四方山

いよいよ第3フェーズへ

ブログには特に具体的に記載していなかったのですが、先週6/7から6/12まで、ほぼ弾丸ではありますが、アメリカ合衆国ワシントン州ウッドランドのノースフォークコンポジットの工場へ行って来ました。目的はもちろん昨今の課題を議論するため。中でも特に確認したかったのは、以前この場でもお伝えした生産キャパ増強のための年末にかけたフロア増床プラン。一体、ビッグピクチャーをどう描いているのか、そして、それで何がどう解決出来るのか、などなどなどを、実際に現地に赴き、この目で確認するためのかなり気合の入ったビジネストリップ

とは言ってもちゃんと丸2日間、釣りもしまくりましたけどね

百聞は一見に如かずな訳で、まぁ実際に言って見てみれば、もう納得で、現在の工場のキャパシティではどう考えても無理な訳です。

因みに、2009年12月にノースフォークコンポジットを創業した時、最初は、ゲイリーの家の敷地の中にあるガレージからスタートしました(正面に見える建物)
いよいよ第3フェーズへ_a0183304_10565975.jpg
その後、手狭になったガレージをクローズして、ウッドランドの街の中に出て来たのが2017年のこと

今いるのがここです。
いよいよ第3フェーズへ_a0183304_10551460.jpg
いよいよ第3フェーズへ_a0183304_10551715.jpg
いよいよ第3フェーズへ_a0183304_11213510.jpg
因みに同じブロックにはゲイリーが作ったかつての会社もあったりします!
いよいよ第3フェーズへ_a0183304_10552575.jpg
で、手狭になった今の工場はそのままにして、それとは別に新たに工場を建てるのだとか!
その予定地がココ
いよいよ第3フェーズへ_a0183304_10554186.jpg
この雑草ボーボーの土地に新社屋を建てるのだそうです!
フィッシングブランクメーカーで新社屋ですよ!?
改めてスゲぇな、ゲイリー
いよいよ第3フェーズへ_a0183304_10554549.jpg
外観図を前に誇らしげなのはあらゆる業務を取り仕切っているCEOのアレックス

因みに新社屋は生産工場として利用し、今の施設は新しいマテリアルの実験や新しい生産設備の開発など、主にR&Dセンターとして今後も利用していくのだとか

もちろん新社屋を建てたからと言って、直ぐに立ち上がってくる訳ではありませんが、それでもこうして少しでも生産能力を高めるため、また、デザインサイクルを早めるため、アメリカーンではありますが、彼らなりに必死こいて邁進しておりますので、今暫く大らかさを持って、お待ち頂ければと思います。

ガレージからスタートして10年

ブランクビジネスを中心にここまで成長して来ました

そして、いよいよ第3フェーズに入ります


by bluepeaks | 2019-06-14 11:46 | 四方山

キャリアメールをお使いの皆さまへ

docomo.ne.jpとか、ezweb.ne.jpとか、softbank.ne.jpなどのいわゆる通信事業者が提供するメール(通称キャリアメール)で、弊社ネットショップをご利用頂いているお客様へのお知らせです。

キャリアメールでご注文頂いても、まあまあの確率で弊社が返信する「受注確認」、「入金確認」、「出荷案内」などの大切なお知らせがお客様に届いていません。インターネットのルールでは、本来、指定した宛先に届かなったメールは、差出人に「不達」として通知されるべきものなのですが、日本国内で独自に進化を遂げてきた日本のキャリアメールというものは全くの別物で、それが届いているのか、届いていないのか、差出人側には何も知らせれません(そのアドレスが存在することすら知らせない、という考え方なのだと思います)。で、これが故に、長い間放置されてしまったり、さらにはそんな放置の末に、個別の確認作業が発生したり、様々な行き違いを引き起こしたりします。

コレはキャリアメールに付随している「迷惑メールフィルター」によるもので、今までの様々な社会的な問題を背景に、デフォルト(何もしていない最初の状態)の状態では超が付くほど過敏で過剰なフィルター設定になっています。

言ってみれば、年頃のムスメ宛に男子の声で電話が掛かってきたら、それが学校の先生であれ、部活の先輩であれ、即切っちゃう、誰も取り次がない、そんな昭和のおトーさんと同じ。

ですので、極力キャリアメール以外のメールアドレスをご利用頂くか、もしくは、設定を変えるか、お願いします。

自分はキャリアメールを使っていないので、推測の範囲内ですが、恐らくガチガチに作り込まれた設定を変える方がきっと面倒なはずですので、個人的にはキャリアメール以外のアドレスの利用をオススメします。

その点gmailは良く出来ていて、まず問題なく、スムースにコミニュケーション出来ます。


by bluepeaks | 2019-05-24 16:58 | 四方山

営業所止めについて

ネットショップにてロッド、ブランクの発送オプションとして設けている「営業所止め」についてお知らせがあります。

「営業所止め」の場合、営業所によっては、伝票記載のお名前、電話番号へ着荷の旨を適宜連絡してくれるところもありますが、そうでない営業所もあり、対応は、見ている限りマチマチです。コレ、別に営業所側が忘れている訳でも、手を抜いている訳でもありません。自宅まで荷物を届けてくれるいわゆる「宅配」をベースとした物流会社の場合、例えばヤマト運輸とか、着荷の旨を連絡することは全国で徹底されているようですが、現在弊社で契約している物流会社はあくまでもB to Bをベースとした商業物流の会社。従いしまして、そうした宅配の延長線上にあるようなきめ細やかな対応は本来想定外なのです。こうした状況を考慮し、お客様については、弊社より商品の出荷後、送信する出荷案内記載の伝票番号を頼りに、まずはウェブで着荷の確認後、商品を引き取るよう対応頂きたく、お願い致します。

何かとお手間をお掛けしますが、長くて壊れやすいものを今後も低コストでお届けしていくため、是非とも皆様のお力をお借りしたく、お願いする次第です。


by bluepeaks | 2019-05-24 14:49 | お知らせ

訂正:10年目でした・・・

先日、創業9年と記しましたが、よく考えてみたら10年目・・・

こんな大切なことを間違えるなんて・・・トホホです

ウチらしいと言えばウチらしい

ということで、10年目スタート


by bluepeaks | 2019-02-19 10:16 | 四方山