North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

ブランクも展示します
at 2019-03-06 18:15
リリース前ですが・・・
at 2019-03-06 09:12
ZETA(開発コードネーム)
at 2019-03-05 19:13
キープキャスト2019に出展..
at 2019-03-04 18:06
お知らせ:edgerods...
at 2019-02-28 08:45
ブランク入荷のお知らせ
at 2019-02-25 14:45
ご投稿ありがとうございました..
at 2019-02-20 13:49
訂正:10年目でした・・・
at 2019-02-19 10:16
SOW:コールドウォータージ..
at 2019-02-19 09:12
10年目を迎えました(こんな..
at 2019-02-18 09:55

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

なんでもあり!

以前ブログで紹介した怪魚ハンター武石憲貴さんプロデュースの"VALE TUDE(バーリトゥード)"。格闘技オンチな自分の場合、聞いても「ピン」とは来なかったのですが、なるほどポルトガル語で「なんでもあり!」という意味なのだそうです。「ロッド1本でどんな奴とも戦っちゃいましょう」というコンセプト。

そのコンセプトの如く、鯉から草魚、ナマズにニゴイ、雷魚にバスと、自宅周辺で釣れるありとあらゆる淡水魚でテストを繰り返されているようです。百聞は一見にしかず、まずは武石さんのブログをご覧下さい。

我がノース・フォーク・コンポジットのブランクも期待通りのイイ仕事をしているようで、

『激流の中、「ノース・フォーク・コンポジット」ブランクを思いっきり堪能する。一見張りがあるブランクだが、魚が掛かったらよく曲がって気持のイイブランクだ』とか、『ノース・フォーク・コンポジット」のブランクは綺麗に曲がりつつ、なおかつ余力を残している』とか、

デザインゴールそのものを文字にしたかの様なコメント頂き超感激です。BOMBER FACTORYさんによれば、テストもこれから第二フェーズに入るとか。ますます楽しみです。

魚種や釣法にこだわらず、シンプルに釣りを楽しむ!ということは、こういう事なんだ、と武石さんのブログを見ていると改めて感じますね。
# by bluepeaks | 2011-05-19 14:19 | ブランク

ご予約頂きました皆様、ありがとうございました!

10年振りに現場復帰した伝説ロッド・デザイナーGary Loomisが作り出すブランクの魅力を、より多くの皆様に知って頂くため、始めたJカスタム。

お陰様で、ベイトフィネスモデルMB662 IM J+、マグナムモデルMB717 IM J+、MB718 IM J+、フリッピングモデル77FLIP IM J+の初回リリース分については、ここでご予約を締め切らさせて頂きます。

ご予約頂きました皆様、誠にありがとうございました!
納品までもう少々お待ちください。
# by bluepeaks | 2011-05-18 11:38 | Jカスタム

新たにJカスタム・パートナーが増えました!

今回、新たにJカスタムをお取り扱い頂けるようになったのは、埼玉県越谷の「越谷タックルアイランド様」、東京都御徒町の「キーポン様」、そして、広島県広島市の「フィード様」の3店です。いずれもバス・フィッシングにフォーカスしたプロショップ。

皆様のお問い合わせを心よりお待ちしております!
# by bluepeaks | 2011-05-17 08:56 | パートナー

職人が作るブランク

古き良きアメリカのクラフトマンシップと、近代的な大量生産がちょうどクロスオーバーしたのが、1920年から30年の間、と言われています。以降、工場で生産されるマスプロダクション品が市場を席巻することになるのですが、このクラフトマップシップとせめぎ合っていた頃に生産されたマスプロダクション品には、いずれも独特の風合いがあり、今見ても完成度が高いのだとか。

ジーンズがこの典型なのだと思います。15オンスとか、16オンスといった非常に分厚い生地で縫われたジーンズ。真新しい状態では、支えなしでも立てておく事が出来る程、ゴワゴワしています。裁断するにも、縫製するにもそれはそれは手間暇がかかった事と思います。まさに砂金掘りや、炭鉱夫のためのもの。でも、履き込んで行くうちに、次第に体に馴染んで来る・・・。言ってみれば、育てるジーンズです。

こうしたかつてのジーンズに備わっていた独特の味わいや風合いを楽しむために、千円ジーンズが珍しくない今であっても、実にその10倍以上もする金額を出し、多くの人が復刻版やレプリカなどを買い求めている訳です。

「風合い」とは、手触りや見た感じのこと。つまり、それは、数字は勿論のこと、文字や言葉でも表現し辛いもの。生産に手間暇がかかる上、その良さを伝えることが難しい・・・となれば、企業経営的には☓。なぜなら人によって受け止めた方が違うような、そんな抽象的なものに投資は出来ない、と判断されてしまうからです。結局、こうして、多くの企業は、外部との競争だけでなく、実は自らの手で、自らが作り出してきた味わい深い商品を葬り去って来たのでは?と思います。

しかし、周りを見渡せば、味わいや風合いを大事にした商品を求める人達が沢山います。こうしたユーザの声に応えていくためには、企業ではなく、出資者が経営者であり、事業責任者でもある、小さな組織でないと続けて行くことが難しいはず。

この点、ノース・フォーク・コンポジットには、条件が揃っています。Gary Loomis自ら出資し、自ら立ち上げ、自ら働く会社。企業ではなく職人がブランクを作っている会社です。まさに、味わいや風合いを大切に育てることが出来ます。ただその反面、皆、とても頑固です。だから、調整には時間がかかります・・・(ボヤキであり、ちょっと言い訳でもあったりします)。
# by bluepeaks | 2011-05-16 22:07 | ブランク

またまた心強いパートナーが加わりました!

千葉県市原市八幡にあるオンリーワンさんがノース・フォーク・コンポジットのブランク販売パートナーとなって頂けることとなりました。亀山ダム、高滝ダムなど、関東屈指のバスフィールドに精通するオンリーワンさんのノウハウにより、ノース・フォーク・コンポジットのブランクがどの様な形で活かされ、どの様にアレンジされるのか、今後の展開が楽しみです。ご期待下さい。
# by bluepeaks | 2011-05-13 15:29 | パートナー