North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

ビルド完了のご案内:ACRと..
at 2018-07-03 16:17
SOW:オルモンヘビダン(番..
at 2018-07-02 17:56
ブランク入荷のお知らせ
at 2018-06-26 17:52
SOW:ナイスなキャップにナ..
at 2018-06-26 17:37
重要:宅配送料変更のお知らせ
at 2018-06-26 17:14
フィッシングマシーン
at 2018-06-25 09:18
SOW:ダブルウィロー
at 2018-06-20 09:17
SOW:4000オーバー
at 2018-06-19 09:14
ナナマル対応
at 2018-06-15 12:35
フレックスプロファイル
at 2018-06-14 08:57

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

ユーザー・インプレッション

今日はユーザー・インプレッションを紹介します。

MB709-1(HM)をお使いのお客様から

「3/8oz-2ozのスペックの割には軽量です。ピッチングが気持ちよく決まります。アドバイス通り、キャスタビリティは申し分ないです。気持ちよくキャストできます。9パワー(マグナム・ヘビー)ですが、比較的しなやかなティップのお陰か、沖目でフッキングしたにも関わらずフッキングもバッチリ。その後は懐の深いトルクでグイグイと魚を寄せることが出来ました。正直コレには驚きでした。まさにランディングも楽しむという感じです。巻物にも使用しましたが、やはりしなやかなティップのおかげか問題なく使用出来ますね。とにかく、JIG好きの私にとっては手放せないRODになりました。次回はビックベイトにも挑戦しようかと思ってます」

MB664-1(IM)をお使いのお客様から

「ロッドとしてキャパの広さにまず驚かされました。3/8ozのスピナベからシャロークランク、ミノーまでが、単にキャストが出来るというレベルではなく、ルアーに関わらずしっかりウェイトがブランクに乗り、今まで以上の飛距離が出ます。50はまだ釣っていませんが、45程度なら10本以上釣ってます。難なくあっさりと抜けますよ」

MB662-1(IM)をお使いのお客様から

「ベイトフィネス用に組みました。スモラバとノーシンカーを中心に使っています。レギュラー寄りのファーストテーパーが絶妙です。とにかくキャストしやすい。これを可変テーパーというのか、魚の走りをバットで止めて、ためて、寄せる竿ですね。週末が楽しみです」

MB709-1(IM)をお使いのお客様から

「スピナベ用に組みました。これ、ヤバイです」

FW701-1(IM)をお使い(ビルディング中です)のお客様から

「振ってみるとスペック通りのソフトティップなFastテーパー、両手を拡げて曲げてみるとティップ~ベリー~バットまで淀みなくス ムースな曲がりとパワーの立ち上がりで、これがプログレッシブテーパーかと、言われてる通りの綺麗な曲りでニヤけてきます。ティップのテンションもイイ感じなソフトさ。しなやかなティップ~ベリー、それを不安無く支えるバットが絶妙な感じで、ULで高次元にバランスしていて、いかにも良いモノになりそうな感触です。メーカーの説明通り、皆さんの言っている通りですね。言葉にするのは難しいです。自分としては、ヤバい、かなり良さそう!!といった感じです」
# by bluepeaks | 2011-06-11 15:44 | ブランク

Jカスタム1.0の竿袋

現在鋭意ビルド中のJカスタム1.0には、以下の竿袋を添付する予定です。個人的にはあまり使わない竿袋も完成品にはマストなアイテム。期待に応えましょう!

既成のナイロン生地の竿袋も選択肢としてはあったものの、どうせやるならもうちょっと面白いことを・・・、という事で、これも完全なオリジナル・デザイン。ローカーボンフィニッシュを彷彿とさせる黒い生地に、1.0において採用したトリムスレッドと同じ赤(エンジ)の縁取りを施し、リボンのロゴでさりげなく主張。

限定受注生産ならではのメリットを前面に打ち出したしつらえで行きます!

a0183304_2365756.jpg


a0183304_2373550.jpg

# by bluepeaks | 2011-06-10 23:11 | Jカスタム

カーボン製ラケット

ゴルフクラブのシャフト、スキーのストック、競技挺のオール、ヨットのマストなど、細くて長いものであれば、ブランクの製造ノウハウを応用することにより、カーボンで作り出すことが出来ます。事実、Garyは、今日まで実に様々なモノを作って来たようで、先に上げたモノはその一例。ゴルフクラブのシャフトなどは、全米市場の9割近くを生産していた時代もあったとか・・・。なるほど、マンドレルさえ用意出来れば作れそうな気がします(それはそれで、各々に固有のノウハウがあるのでしょうが)。

以前から気になっていたのは、カーボン製ラケット。先の「細くて長い」という枠から完全にはみ出しています。あの形状をどうやってカーボンで作るのだろうか?と、ずっと思っていました。まさか削り出しじゃなかろうに・・・

そんな中、先日偶然知り合った某テニス・ラケット・メーカーのサービスマンにこの疑問を投げ掛けたところ、なんとブランク作りとほぼ同じであることが判明。ただ、カーボン・ペーパーではなく、カーボン・テープを使うのだそうです。鉄製の型にカーボン・テープを巻きつけ、その上からセロファンを巻きつけ、釜で焼きを入れて、出来上がったものの表面を研磨して、ペイントして、出荷しているだとか。グリップを引き抜き、その内部をチラリと見れば、その一端を垣間見ることが出来るのだそうです。

そんな様々なモノがカーボンで作られている時代にあって、どうしてGaryが今もなおフィッシング・ロッドにこだわり、中でもテーパーにこだわるのか、わかるような気がします。やはり職人として、綺麗なプログレッシブ・テーパーというのはまさに腕の見せどころであって、芸術性というか、職人としての高度な熟練度がそこには求められるからなのだと思います。そんなボクシングが大好きなクラフトマンも今年で70歳になりました。
# by bluepeaks | 2011-06-09 15:26 | ブランク

反乱軍による加勢

ワールドレコードをリアルに追い求める琵琶湖のインディーズ・カスタムロッド・サプライヤー"DIVISION rebel tackles(ディビジョン・レーベル・タックル)さん"において、FRICTIONシリーズのブランクとしてノース・フォーク・コンポジットを採用頂けることとなりました。

FRICTION=摩擦、いさかい、とか、REBEL=反乱軍、とか、物々しい雰囲気を醸しだしていますが、陸っぱりでモンスター級のバスだけを追う、バーサタイルの対極に位置する、ターゲットに特化したロッドのみを提供しているビルダーさんです。

世界中のデカバスハンターに愛され続けてきたGary Loomisのブランクが、もしかしたら、次のワールド・レコードを仕留めるのか!?、と早くも夢が膨らんでいます。

新たなる西のパートナー"DIVISION rebel tackles(ディビジョン・レーベル・タックル)さん"の今後の展開にご期待下さい。
# by bluepeaks | 2011-06-08 22:02 | パートナー

100匹達成

怪魚ハンター武石憲貴さんが自らプロデュースするエクストリームなバーサタイル・フィッシング・ロッド"VALE TUDE(バーリトゥード)"のテストを精力的に展開中、と以前お伝えしましたが、先日100匹目のナマズをゲットしたとのこと(いつの間にか数値目標を掲げていた様です)。おめでとうございます。

a0183304_920081.jpg


ブランクは、ノース・フォーク・コンポジットのMag Bassシリーズ8パワーのブランク。ビルディングは、福島のプロフェショナル・カスタム・ロッド・ビルダー"BOMBER FACTORYさん"。

テストもいよいよ終盤に入り、8パワーに加え、よりパワフルな9パワーも近々実戦投入。そして、いよいよ"VALE TUDE"のロゴも完成した模様です。コンセプト通りのハードな仕上り。ちょっとでも腰が引けてたりすると、使い手が竿に負けてしまうような、まるで使い手を選ぶかのような存在感がexcellent。突き抜けています。
# by bluepeaks | 2011-06-06 09:25 | ブランク