North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新の記事

フリッピングの誕生(その1)
at 2018-02-23 14:41
SOW:北の国から(番外編)
at 2018-02-22 11:31
マッチング
at 2018-02-21 16:22
次の世代に残していくために
at 2018-02-20 09:32
お陰様で8年目になりました
at 2018-02-19 15:24
WEB限定ブランク特価セール..
at 2018-02-14 14:10
今年も出展します!Keep ..
at 2018-02-13 16:34
SOW:間違い探し
at 2018-02-10 11:14
SOW:ほぼ答えは出ました(..
at 2018-02-05 17:04
アメリカ流(契約更改)
at 2018-01-31 09:09

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

フロッグ元年

日本でも多くのブログなどでレポートされているので、ご存じの事と思いますが、今週、ラスベガスで世界最大のスポーツ・フィッシング見本市ICAST(アイキャスト)が開催されています。そのICASTをレポートするBASSmasterによれば、今年は、"Year of the frog"、つまり、フロッグ元年だとか。ちょっと古い言い方かも知れませんが、フロッグ2.0ってところでしょうか?

昨年までは、SPROやLIVE Targetでしか見られなかったカエルも、今やStrike Kingを初めとするあらゆるメーカーからリリースされ、玉石混交状態に突入。

フロッグと言えばその風貌もあり、また、歴史的な紹介のされ方もあり、=リリーパッドと思われていたものを、見事、スナッグレス性能に優れたトップウォーター・ベイトへと昇華させたのがご存じB.A.S.S.エリート・プロ、ディーン・ロハス。混戦状態の蛙天国にあって、ディーン先生は、「開発に費やして時間が他社とは全然違う。だいたい誰も俺たち以上にフロッグをキャストした奴なんていない。センコーが流行った時も、センコーライクなベイトが沢山リリースされたけど、結局最後に残ったのはオリジナルのセンコーだけ」と、自信満々なコメントを残しています。格好イイです。

そんな蛙先駆者の一つLive Targetは、既に次のフェーズに移行していて、「フィールド・マウス」なるネズミ型フロッグ?をリリースしています。別にネズミでなくもいいのかも知れませんが、尻尾で水を掴んで思わぬ動きをするのかも?と期待してしまいます。でも、こうなるとそのうち何でも良くなって来るような気がしています。アニメのキャラとか、思わぬ方向に進んで行かないだろうな・・・まさか、ミッキーマウスとか?
# by bluepeaks | 2011-07-15 11:05 | ルアー

フロッグゲームに

最近何かと話題のフロッグゲーム。今日は、琵琶湖でフロッグゲームを楽しまれているお客様からのインプレッションを紹介したいと思います。編集なしの原文引用です。

「なかなか時間がない中、先日友人から頼まれたフロッグロッドをMB668(IM)を使って組み上げ、テストで琵琶湖南湖釣行をしてまいりました。少しエクステンションして6.9ftとして使用しましたが、これが最高でフロッグマスターの友人も目から鱗といった感じです。僕の友人はかなりのフロッグマスターで数本のフロッグ用ロッドを所有しているのですが、まず、ロッド自体が軽いおかげで(マイクロガイド+でセッティング)トゥイッチしていてもまったく疲れない!また、独特の粘っこいティップのおかげでバイトをはじかないのでミスバイト、ミスフッキングが極端に減少しました。そして何よりも強いバットのおかげでカバーからバスを引き出すまでの動作に無駄がない。という具合に本当にフロッグ釣りには最高でした。 友人からの御礼です」

と嬉しいお知らせ。MB668は、このIMに限らず、HM、SMにおいてもとてもバランスが良く、強さと軽さがうまくブレンドされた中に、しっかりとした1本芯の通った強力なトルクを備えたブランク。藻穴打ちにもいけそうです。
# by bluepeaks | 2011-07-13 18:46 | ブランク

インディビジュアル・ビルダーズ・ウィーク

いきなりですが、定期在庫補充のため、週明けに工場へ注文を出すことにしました。これに合わせ、個人ビルダー様からの個別少量注文もお受けしたく、この場を借りてご案内致します。以前このブログで触れた受注ウィーク、改めインディビジュアル・ビルダーズ・ウィーク、略してIBウィーク(何処まで浸透するか?)。

要求にお応え出来ない場合もあるかとは思いますが、「気になるブランクの入荷予定を確認したい」というお問い合わせから、「是非、◯◯を△本欲しい」とか、「日本未発表の◯◯が欲しい」といった具体的なリクエストまで、個人ビルダーの皆様からの隙間をついたマニアックな個別少量注文に出来る限り対応してみたいと思っています。

お問い合わせならびにリクエストは、以下のアドレスまで!

2011summer@bluepeaks.co.jp

なお、現在、スタンダード・プロダクトとしてアメリカで製品化されているもののみを対象とさせて頂きます。
次回は10月を予定しています。
# by bluepeaks | 2011-07-12 18:01 | ブランク

月齢カレンダー

月齢と生物の行動との関連性については、今や至るところで語られているので、なんら珍しい話ではありませんが、かつてはそのメカニズムを解読すべく、海外を含め、本を読んだり、インターネットで調べたりしたものです。月と太陽が一緒に出ている時間帯は釣れる、とか、上弦の三日月から◯日間は釣れる、とか、真剣に自分がその法則の第一発見者になるんだ!くらいの勢いで考えていた時期もあった程です。アホですねぇ・・・
でも、残念な事にスポーンに絡む誰にでもわかる春先の大ーきな動きを除いては、未だに良くわからない、というか、そもそもそんなにバコバコに釣れること自体が少ないので、法則を導きだすには事象が足りなさ過ぎる、というのが本当のところ。

昨晩、写真撮影が趣味のウェブデザイナーさんに頂いた月の写真を見ながら、そんな事を思い出していました。さすが綺麗に撮れています。

a0183304_11564997.jpg

# by bluepeaks | 2011-07-12 11:59 | 自然

サンプルロッドを展示します!

明日の午後から連休最終日(7/18)まで、福島県の岸波/北福島店さんにおいて、ベイトフィネスモデルMB662 IM J+を除く、Jカスタム1.0全モデルのサンプルロッドを展示させて頂くこととなりました。
金属的な張りと軽さばかりが強調されてきた従来の日本製ロッドとは一線を画す、「曲がる強い竿」の意味を、是非ともこの機会に体感頂きたいと思います。東北のフィールドが豊かであるからこそ、Jカスタムもより一層、輝けるものと信じています。
# by bluepeaks | 2011-07-11 22:38 | Jカスタム