人気ブログランキング |


North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

新製品のご案内:ZS71MH..
at 2020-07-31 16:58
新製品のご案内:ZS71MH..
at 2020-07-29 18:37
新製品のご案内:ZC73XH
at 2020-07-28 17:37
ZFX新モデル追加のお知らせ
at 2020-07-23 15:23
2周目のアメリカンロッドとの..
at 2020-07-22 11:15
製品化キャンセルのお知らせ:..
at 2020-07-21 14:40
初めてのカスタム
at 2020-07-20 18:40
販売終了のお知らせ:JC2...
at 2020-07-09 15:58
リニュアール準備中:フライブ..
at 2020-07-07 16:29
ブランク&EFXカーボンテッ..
at 2020-07-07 12:00

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
アクセサリー
ロッドグローブ
NFX PRO
ZFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

<   2020年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

新製品のご案内:ZS71MH POWER SPIN(その2)

ZFX初のスピニングモデル、ZS71MH POWER SPINの詳細、その2です。

ブランク本来が持つ絶対的な感度と、パワーとトルクのアドバンテージを引き出すこと、この点を重視し、キャスティングモデルのみならずスピニングモデルにおいても各パーツをブランク本体に直接接着するブランクスルー構造とし、その構造を活かしつつ、高負荷時におけるリールシート周辺部の歪みと「うまく付き合っていく」ため、物理形状として長いリールシートである富士工業のTVSを採用した件については、昨日触れた通りです。

そこで、今回は、ZS71MHPSのグリップデザインについて、紹介させて頂きたいと思います。

新製品のご案内:ZS71MH POWER SPIN(その2)_a0183304_16075990.png
スピニングロッドの握り方には、ワンフィンガー、ツーフィンガー、スリーフィンガー、そして、フォーフィンガーとありますが、ZS71MHPSのグリップをデザインする際、重視したのは、そのどの握り方であっても快適に握ることが出来ること、そして、伝わって来る振動が捉えやすいこと、この2点です。

自分自身の話をすれば、ティップを上げてリグを縦にサバく場合はスリーフィンガーで、ティップを横に水平にサバく場合はツーフィンガーで、強風下など、水面ギリギリを水平にサバく場合はワンフィンガーで、と使っているリグと、その時の状況、主に風によって、握りを変えています。これは別に誰かに聞いたことでもなければ、意識して修正したことでもなく、釣りをしているうちに、無意識に辿り着いた形。なので、恐らく多くの皆さんも同じように、リグと状況に応じて、握りを変えていることと思います。さらに言えば、ソフトベイトか、ハードベイトかによっても変わるかも知れません。この仮説が正しければ、スピニングロッドのグリップをデザインする時、大事なことは、どの握り方でも握りやすくすることではないか、と考えました。

では、実際にご覧頂きしょう。

まず、ワンフィンガーで持った時、
新製品のご案内:ZS71MH POWER SPIN(その2)_a0183304_15190220.jpeg
成人男性としては自分はかなり手が小さい部類ですが、相当手の大きな釣り人だとしても、これだけ前後にスペースがあれば十分対応可能なはずです。

続いてツーフィンガー、
新製品のご案内:ZS71MH POWER SPIN(その2)_a0183304_15185704.jpeg
恐らく世の中で一番メジャーな握りだと思いますが、95%以上のシチュエーションで、何の問題なく握って頂けるはずです。

続いてスリーフィンガー、
新製品のご案内:ZS71MH POWER SPIN(その2)_a0183304_15190431.jpeg
これも例え手が大きな人でも、何の問題なく、快適に握って頂けるはずです。

そして、フォーフィンガー、
新製品のご案内:ZS71MH POWER SPIN(その2)_a0183304_15190740.jpeg
キャストの度に一々持ち変える必要があるもののティップを上げやすく、リールのフットから振動が伝わって来るので、実はアタリも取りやすいフォーフィンガー。このフォーフィンガーでも前方部にさらにスペースがあるので、個人個人で違う手の大きさにも十分対応出来ます。

という様に、ワンフィンガー、ツーフィンガー、スリーフィンガー、さらには、日本では最もマイナーなフォーフィンガーでさえ、どの持ち方であっても、誰でも、違和感なく快適に握って頂けるよう、デザインしました。

因みに、Jカスタム2.Xで採用していた既存のグリップでも同じようなプロトを組みましたが、
新製品のご案内:ZS71MH POWER SPIN(その2)_a0183304_15192728.jpeg
ご覧の通り、リールシートそのものがコンパクトに作られているため、ワンフィンガーにした場合、ミドルセクションのグリップ(小指が当たる部分)を大きく作る必要があり、昨日触れたリールシート単体での剛性含め、一次候補から除外した次第です。

こうした試作と実釣を繰り返し、ゼロベースで作り上げた独自形状のグリップがこちらになります。


新製品のご案内:ZS71MH POWER SPIN(その2)_a0183304_15261229.png
前回、大事なことを書き忘れていました。

既に商品紹介ページを公開しておりますので、こちらも合わせてご覧下さい。

https://northforkcomposites.jp/zfx/zs71mhps/


by bluepeaks | 2020-07-31 16:58 | ZFX

新製品のご案内:ZS71MH POWER SPIN(その1)

今回は、同じく来月から出荷を開始するZFX初のスピニングモデル、ZS71MH POWER SPINについて紹介させて頂きます。
新製品のご案内:ZS71MH POWER SPIN(その1)_a0183304_15335635.jpg
ZS71MH PSは繊細なティップセクションを有する7フィート1インチ、ファーストアクション、ミディアムヘビーパワーのスピニングロッドです。スペックだけ見ると2年前にリリースしたNFXのS70MHと同じ様に見えるかと思いますが、ZS71MHPSは、NFXのS70MHに比べるとティップがずっと繊細なロッドとなっています。この違いは想定する釣りの違いによるものです。

NFXのS70MHがスモラバのチョウチン釣り、つまり、シャローカバーの釣りを起源にしているのに対して、ZFXのZS71MHPSは新次元のスーパーディープ攻略を起源にしているロッドです。7フィート1インチ、ファーストアクション、ミディアムヘビーパワーと言えば、従来の常識で言えばキャスティングロッドの領域、それも「ど真ん中」と言えます。しかし、こうした普通のキャスティングロッドで展開出来る普通の釣りでは、バスからの反応を得ることが年々難しくなっていることも事実。そして、そんな学習を重ねたバスが日本中でますます増えていることも、しかし、そんなスレたバスであってもディープにいる時は比較的気を緩める瞬間があることも。こうした現実を捉え、ディープウォーターを今までにない方法で攻めていくために生まれたロッドがZS71MH PSです。

10mのディープをノーシンカーで釣ることはもはや珍しいことではなくなりました(誰もが出来るかっていうことではなくて)。つまり、昨日まで1/2オンスのスイムベイトで攻めていたストラクチャーも、近い将来、1/4オンス、さらには1/8オンスで攻める必要に迫られるということです。フットボールジグも然り。フットボールジグと言えばイコール、キャスティングロッドで投げるもの、とされていますが、状況に応じては、より水の抵抗が少ないPEラインで、もっとスピーディーに落として、より強いリアクションを引き出す必要にも迫られることでしょう。そして、これはヘビキャロやネコリグにも同じことが言えるはずです。こうした従来とはちょっと違った釣りを展開する時、今までのスピニングロッドの枠を飛び越える必要がある、と考えています。

軽いリグであっても無理なくキャストが出来ること、また、ヘビーなリグであっても同じように無理なくキャストが出来ること、より水の抵抗が少ない細いPEラインが使えること、でも、ひとたびフッキングすれば、キャスティングロッドにも引けを取らないマッシブなバットパワーで一気に魚を浮かせられること、今ある釣りをさらに先鋭化させ、その日の魚に辿り着くためのロッドと言えます。
新製品のご案内:ZS71MH POWER SPIN(その1)_a0183304_18102047.jpg
構造はブランクスルーです。スピニングロッドの場合、構造上、リールがロッドの下側に配置されるため、ロッドが曲がれば曲がるほどリールのフットとブランクの間に歪みが出る傾向にあります。これを避けるため、多くの場合、カーボンパイプにリールシートを接着し、そのカーボンパイプに対してブランクを接着することで、手元の剛性感を高めるようとしていますが、これではトップガイド経由でブランクに伝わった湖底からの振動も、アタリも、カーボンパイプとの接合面で減衰することになるので、ZFXでは、より直接的にブランクにパーツを固定するブランクスルー方式を敢えて選択しています。それ故に、リールシートも既存のVSSやIPSではなく、物理形状的に全長の長いTVSを採用することで、長さによって、負荷を分散させることを狙っています(写真右がIPS、中央がVSS、右がTVSです。それぞれのリールシートにはそれぞれの良さがあると思いますが、ブランクスルー構造のスピニングロッドの場合、リールシートにはある程度の長さが必要、と考えています。これはDPSが教えてくれたことかも知れません。余談)。
また、感度だけでなく、ブランクスルーとすることで、ブランク全体でルアーの重みを受け止め、ルアーを弾き出し、ブランク全体で魚の走りを受け止めることが出来るので、ブランク本来の素材が持つアドバンテージを活かすことが出来る、とも考えています。
新製品のご案内:ZS71MH POWER SPIN(その1)_a0183304_17520876.jpeg
しかしながら、それでもモンスタークラスがヒットした場合には、リールシート周辺部には少なからず歪みが生じるので(ロッドが曲がる以上不可避な現象)、その歪みにより、ファイト中にリールがグラついたりしないよう、素材そのものに一定の弾性があり、加圧により変形し、歪みを吸収する樹脂製のフードナット(リールと止めるパーツ)を採用している次第です。

新製品のご案内:ZS71MH POWER SPIN(その1)_a0183304_16075990.png

少々長くなって来たので、続きは次回にしたいと思います。

次は、特徴的な独自形状のグリップについて狙いを紹介したいと思います。


by bluepeaks | 2020-07-29 18:37 | ZFX

新製品のご案内:ZC73XH

今回は、来月から出荷を開始するZFXのニューモデルZC73XHについて紹介させて頂きます。
新製品のご案内:ZC73XH_a0183304_16061569.jpg
ZC73XH JWは張りのあるティップセクションが特徴的な全長7フィート3インチ、エクストラヘビーパワー、モデレイトファーストアクションのジグロッドです。採用しているマテリアルはノースフォークコンポジットが誇る第三世代の⾼弾性カーボンHM G3。パワーとトルクが軽さの中で共存するロッドです。

パワーとトルクの比較なきところで、軽さだけを取り上げてもフィッシングロッドの比較としては全く意味がない、と思うものの、それでは話が前に進まないので、念のため、質量だけでも
新製品のご案内:ZC73XH_a0183304_16162661.jpeg
写真のロッドで117gです(ブランクの段階から既に個体差がありますので、ロッドとしての質量は必ず上記のものから前後しますので、この点、予めご了承下さい)。

位置づけ的にはオールラウンドジグロッドと分類出来るもので、用途は、シャローのカバー撃ちからパンチング、オフショアのヘビキャロ、リアクションフットボール、3/4オンス超のスイムジグ、ソフトスイムベイト、さらには、ハードスイムベイトにも適合するパワーとアクションに仕上がっています。

他のモデル同様、ガイドは富士工業のチタンフレームSiCリングガイドをセミマイクロセッティングで構成しています。これも他のモデル同様、HM G3ブランクそのものの軽量感を損なわないよう、スレッドの巻き幅は必要にして最小限に留め、スレッドを固定するためのエポキシ樹脂の使用量も耐久性が保てる範囲内で、必要にして最小限に留めています。

話が少々逸れますが、ガイドを固定するエポキシの量を抑える、ということは、同じものをまとめて作る量産においてはリスクにも繋がり兼ねないチャレンジです。なぜならば、ロッドをビルドする作業は全て人の手による作業となるので、万が一エポキシ樹脂の使用量が足りなかった場合など、最終的に出来上がったロッドで、十分な強度が出ず、最悪の場合、フィールドでガイドが飛ぶ・・・なんてことにも繋がり兼ねないからです。そこで、ZFXでは、硬化までの時間は長くなるものの、より追従性に富んだエポキシ樹脂を採用すること、そして、その樹脂の扱いに慣れた特定の職人の手に委ねることによって、ZFXらしさを実現しています。非常に地味で、しかも、わかる人にしかわからないことではありますが、これもブランク本来の良さを引き出すため、と思い日々作業に勤しんでいる訳です。因みに、ZFX全モデルとも今日までガイドが飛んだことは一件もありません。
新製品のご案内:ZC73XH_a0183304_16342055.jpeg
そして、ジグ&ワーム用のロッドであるため、これも他のモデル同様、耐食性に優れたチタン製のフックキーパーを採用しています。
新製品のご案内:ZC73XH_a0183304_16342437.jpeg

既に製品紹介ページを公開しておりますので、こちらも合わせて参照下さい。


当初の予定から大幅に遅れてしまいましたが、いよいよ来月初旬より出荷を開始させて頂きます。


by bluepeaks | 2020-07-28 17:37 | ZFX

ZFX新モデル追加のお知らせ

高弾性マテリアルHM G3を使用したZFXシリーズのニューモデルとして、近日、以下2モデルの提供を開始します。
ZFX新モデル追加のお知らせ_a0183304_14473258.jpg
ZC73XH JW
ZS71MH POWER SPIN

ZC73XH JWは、張りのあるティップセクションが特徴的なロッドであり、7フィート3インチ、しかも、エクストラヘビーというパワーでありながら自重はアンダー120gという驚異的な軽さを誇る、パワーとトルク、そして、軽さが共存したジグロッドです。位置付け的には、オールラウンド型ジグロッドZC73H JWのオールドブラザーと位置づけられるもので、ZC73H JWのアクションは変えず、ロッド全体にわたりさらにもう一段張りを強くし、パワーを上げたロッドです。

一方のZS71MH POWER SPINは、今回新たにゼロベースからデザインしたHM G3のミディアムヘビーブランクを採用したロッドであり、7フィート1インチという長さと、3/4オンスまで安心感を持って背負えるパワーを持ちながら自重はアンダー110gという軽さを誇るスピニングロッドになります。想定する用途こそNFX S70MHと同じカテゴリになりますが、ZS71MHのティップセクションは、NFX S70MHのそれよりも物理的にも細く、アクション的にもより繊細なものとなっており、HM G3本来の素材感が全面に出た仕上がりとなっています。

出荷は両モデルともに8月初旬を予定しております。

準備が整い次第、順次製品情報を開示していきますので、お待ち下さい。


by bluepeaks | 2020-07-23 15:23 | ZFX

2周目のアメリカンロッドとの出会い

最初のカスタムがグリップ改造だった、という話からの流れで、今日は、どうしてアメリカンロッドを使い始めたか、という超個人的な話について触れたいと思います。

きっかけは・・・

格好がいいから
誰かに薦められたから
アメリカ好きだから
好きなプロが使っているから
通っぽく見えるから

ではなく、もの凄く単純な話で、使いたいルアーとやりたい釣りがあったから

そのルアーというのがコレ
2周目のアメリカンロッドとの出会い_a0183304_10291562.jpeg
元祖ホッグベイト、ズームのブラッシュホグ

もうね、コレを初めてみた時の衝撃と言ったら・・・

「・・・なんだコレ???」ですよ

こんなSF映画に出てくる宇宙船みたいなベイトで釣れるんかいな???

と多くの人が思ったと思うのですが、自分もその一人

でもコレを、ポストスポーン以降のリザーバーの岩盤で、ピューっと落とした時の威力と言ったら・・・

あーもう、それはそれは当時ツレツレだった訳です。

で、最初は当然の如くその釣りをキャスティングリールでやってた訳ですけど、そのうちピラピラよりもフォールスピードがキーなんじゃないか、って気付き始める訳です。

そうなると、あのキャスティングリールのレベルワインダーの小さな穴が気になって気になってしょうがなくなってきて、もっとフリーに落とせば、もっと釣れるはずだ?と、妄想に取り憑かれる訳です。

で、それをやるならスピニングだ!

ってことことになって、早速、手持ちのスピニングで試すんですが、当時のスピニングの釣りと言えば、ノーシンカーかスプリットショット、それにドロップショット(ダウンショット)くらいしかない訳で、完全にパワー不足

オリジナルのブラッシュホグを使ったことがある人ならわかると思いますが、そこそこの重さと、そこそこの抵抗があるので、シンカーは最低でも5gから7gは欲しくなるんです。でないと、ピューっと感が出せません。

で、手を出したのが、アメリカ製の強いスピニングロッド

某F社から最新素材という謳い文句で大々的に売り出されていた金の翼を使ってみたり、某A社の40トンカーボンを使った超高弾性ロッドを使ってみたりする中、最終的に一番しっくり来たのがゲイリーが当時作っていたロッドだったという流れ

なので、個人的なアメリカンロッドとの出会いはスピニングロッドだった、という話です(正確に言えば、スピードスティックで始まって一周回ってスピニングで再び戻ってきた、というべきかも)

そんなところから始まったアメリカンロッドとのお付き合いですが、高弾性マテリアルHM G3を使ったミディアムヘビーパワーのスピニングロッドを、ZFXの1モデルとして近々リリースする予定です。

ZFX ZS71MH POWER SPIN

詳細は順次準備が整い次第、お知らせします。


by bluepeaks | 2020-07-22 11:15 | タックル

製品化キャンセルのお知らせ:ZC76XH FLIP

ZFXの1モデルとして製品化を予定しておりましたZC76XH FLIPですが、ブランクの設計と製造にさらに時間を要する見込みとのことで、当該モデルについては、一旦、製品化を保留させて頂きたく、ここにお知らせ致します。現時点において、既にご注文を頂いておりますお客様には多大なるご迷惑をお掛け致しますが、今般の混乱した状況を鑑み、ご理解賜りたく、ここにお願い申し上げます。

by bluepeaks | 2020-07-21 14:40 | Jカスタム

初めてのカスタム

先日EFXカーボンテックスグリップをお買い上げ頂いたお客様から写真付きのメールを頂きました。

それがコレ
初めてのカスタム_a0183304_17350570.jpeg
初めてのカスタム_a0183304_17353633.jpeg
聞くところによると、初めてのカスタムだとか!

にも関わらず、素晴らしい出来栄え!

実は、初めてのカスタムであるが故、このお客様からは事前にご相談を頂いておりました。

こんな感じの会話だったと思います・・・

「某アメリカンロッドを愛用しているのですが、グリップがちょっと太過ぎて、イマイチしっくり来ないので、今回リリースされたカーボングリップを使って、自分でカスタムしてみようかと思いまして。その場合、エンド側から部品を入れても大丈夫ですか?」

なんて会話をさせて頂いていたと思います


実は私も初めてのカスタムはグリップ交換でした。

これまた全く同じ動機で、お気に入りのロッドのグリップが太過ぎて、これを何とかしたかったことがきっかけ

ブランクはとてもいいのに、どうにもグリップがしっくりこない

まさに今も変わらぬアメリカンロッドあるあるかと

でも、コレ、しょうがないんです。

なぜなら、そもそも想定している手の大きさが全然違うから

因みにこのお客様には、

「どうせカスタムするならガイドも全部取って、ティップ側から部品を入れた方がいいです。その方が全ての部品がキッチリとブランクに接着されますので、機能的にも万全です。面倒かも知れませんが、ガイドを取ることをお薦めします」

とアドバイスさせて頂きました。


そこで、こんなことを思い出しました。

かつて自分は横着して・・・

初めてのカスタム_a0183304_18235495.jpeg
初めてのカスタム_a0183304_18211745.jpeg
部品代含めて二度手間を踏んだ・・・

そんなトホホな出来事があったなぁ、と



by bluepeaks | 2020-07-20 18:40 | カスタムロッド

販売終了のお知らせ:JC2.1 TCR, PCR, CQR, SPIN

ご愛顧頂いておりました以下Jカスタム2.1の販売を終了させて頂きます。

TCR610L
TCR610ML
TCR610M
PCR71MH
PCR71MH EP
PSR610ML
DSR68L
SSR64UL
CQR60M

今後はNFX、NFX PRO、ならびにZFXをご利用頂きたく、お願い致します。


by bluepeaks | 2020-07-09 15:58 | Jカスタム

リニュアール準備中:フライブランク

高弾性マテリアルHM X-Rayベースのマルチピースフライブランク「LMXフライ」および、最も硬いグラスファイバーS2ゼントロンをベースとしたマルチピースグラスフライブランク「ICONOグラス」のリリースに合わせ、国内においてもこれらフライブランクを通常在庫品として取り扱うよう、現在、リニューアル準備中です。

今暫くお時間を頂きたく、お願い致します。
リニュアール準備中:フライブランク_a0183304_16265294.jpg
リニュアール準備中:フライブランク_a0183304_16265293.jpg
リニュアール準備中:フライブランク_a0183304_16265161.jpg

by bluepeaks | 2020-07-07 16:29 | ブランク

ブランク&EFXカーボンテックスグリップ入荷のお知らせ

大変お待たせ致しました、ブランクおよび欠品中であったEFXカーボンテックスグリップ入荷のお知らせです。

FW661-1(IM)
MB807-1(HM)
MB805-1(IM)
MB736-1(HM X-Ray)
SMP702-2(IM)
SWB807-1(IM)

1KEFX3.75-2.0(1Kカーボン3.75インチのセパレートグリップ)
3KEFX3.75-2.0(3Kカーボン3.75インチのセパレートグリップ)
1KEFX14.5(1Kカーボン13インチのストレートグリップ)


by bluepeaks | 2020-07-07 12:00 | ブランク