North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

ブランクも展示します
at 2019-03-06 18:15
リリース前ですが・・・
at 2019-03-06 09:12
ZETA(開発コードネーム)
at 2019-03-05 19:13
キープキャスト2019に出展..
at 2019-03-04 18:06
お知らせ:edgerods...
at 2019-02-28 08:45
ブランク入荷のお知らせ
at 2019-02-25 14:45
ご投稿ありがとうございました..
at 2019-02-20 13:49
訂正:10年目でした・・・
at 2019-02-19 10:16
SOW:コールドウォータージ..
at 2019-02-19 09:12
10年目を迎えました(こんな..
at 2019-02-18 09:55

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

カテゴリ:SOW( 69 )

ご投稿ありがとうございました(SOW休止のお知らせ)

水辺で微笑むアングラーを増やすこと、これをブランク作りのモチベーションとするゲイリー・ルーミスの考えに則り、2017年にスタートしましたSOW(スマイル・オン・ザ・ウォーター)ですが、一度、このタイミングで一区切りとさせて頂くことにしました

春夏秋冬、日本各地から最高の笑顔の写真をお送り頂いたことに感謝しております

改めてお礼申し上げます

ありがとうございました

a0183304_13445541.jpg
SOWという形での写真投稿は一旦ここで区切らさせて頂きますが、以降もナイスフィッシュの写真は紹介させて頂きますので、どうぞお気軽にご投稿下さい。ただし、インスタ含め、運用については、再検討させて頂く予定です

繰り返しになりますが、ご投稿頂きました皆様、ありがとうございました!

なお、2018年の投稿に対する粗品進呈は近日発送させて頂きます


by bluepeaks | 2019-02-20 13:49 | SOW

SOW:コールドウォータージャーキング

徳島県のぶぅ様から初バス投稿頂きました

a0183304_09033584.jpeg
早速コメントを紹介させて頂きます

「久しぶりの投稿デス(^^;;
旧吉野川で今年の初バス…シビれました!
JPR65Lで3/4ozのリレンジ130SPで弾かずにシッカリ絡め取りました。
ファイト中にフロントが外れた時はドキドキしましたね。
曲がり込んで追従するからバレずに獲れたんだと思います、ぃい竿ですね(^^;;」

ぶぅ様はこれまで何回となくSOW投稿を頂きました常連さんの一人

厳冬期にサスペンドするニュートラルな状態のバスをジャークベイトでリアクションバイトさせるコールドウォータージャーキング

JPR65Lがいい仕事しています

素晴らしい魚ですね

これは今年も幸先良さそうです

ご投稿ありがとうございました!


by bluepeaks | 2019-02-19 09:12 | SOW

SOW:ラストスパート

ちょっと間隔が空いてしまいましたが、茨城の"G-tetsu"さんからSOWを頂きました。
a0183304_09191181.jpg

a0183304_09191055.jpg
コメントも紹介させて頂きます。

「3.5gシンカーのダウンショット、PE+スモラバを使ったパワーフィネス、5gシンカーのキャロ、これらで使う少し強めのスピニングロッドが欲しくて、千葉県の印旛木工さんでロッドをカスタムしてもらいました。上記のリグの操作性を重視して、ブランクスはEXファーストテーパーのDS6102-IMを選択しました。出来上がったロッドは、IMブランクス特有の粘りと軽さに操作性が加わり、理想のロッドに仕上がりました。北浦にて、PE1.2号+6lbフロロリーダーのキャロで入魂。すでに所有しているNFX-C66Mとともに、溺愛の一本になりました」

NFXでノースフォークコンポジットのブランクの特性をまずは理解して頂き、その経験をベースに従来のご自分の釣りをより最適化させるため、カスタムロッドを製作頂いた、とのこと

誠にありがとうございます!

ビジネス的には無理をしているNFXではありますが、こうしてノースフォークコンポジットのブランクの良さを、実際のフィールドで体感頂くことを目的としたロッドでもあります

ブランク専業メーカーが作るブランクの実力を是非!


by bluepeaks | 2019-02-18 09:38 | SOW

SOW:トリック or トリート

ホームフィールドが遠賀川のトラッカーさまからハロウィーンSOW頂きました

a0183304_09025986.jpg
おっ!そのクランクベイトはもしかして・・・

a0183304_09030487.jpg
コメントも紹介させて頂きます

「ホームフィールド遠賀川にてノースフォークロッドのNFXで少し前になりますが...50upの釣果です!状況がコロコロ変わる遠賀川では、汎用性に優れたNFXが最高のパフォーマンスを発揮してくれます。特にショアラインを正確にアプローチしたいが為に66M、66MHを愛用してます。軽くてよく曲がって、引きの強い川バスでもトルクフルなNFXはこれからも自分の相棒です!」


まさにNFXコンセプトそのもの

機動力こそが釣果アップのキーとなるオカッパリ

だからこそ汎用性の高いNFXブランクが大活躍

先日のバサクラでも「試しに1本と思い買ってみたらもはや手離せなくなりました」と嬉しい一言

ただ、もう少しソフトなモデル、具体的にはMLパワーのシャッドが出来て、ノーシンカー、ドロップショットも出来るロッドが欲しい・・・

という声も頂いており、考えを巡らせているところ

トラッカーさま、SOWありがとうございました

トリート差し上げないと!



by bluepeaks | 2018-10-31 09:13 | SOW

SOW:初ものづくし

東京都のKUMAさまから初ものづくしのSOWを頂きました

まず、今年初のバス釣り、初カスミ、初ボートで写真の一発
a0183304_08413662.jpeg
初釣りって言う割に周囲が随分とアオアオしちゃってますが、8月16日だったそうです

まぁまぁシーズンも中盤な訳ですけど、日々仕事に、家庭に忙しい世の中のおとーさんとしては決して珍しくない光景じゃないでしょうか

毎週釣りに行ける人って実は世の中にそんなに多くないはず

ちょっと前までの自分がまさにそうでした

子供の部活に始まって、冠婚葬祭、用事や行事、試験とか、通院とか・・・

なんて調子で家族四人分の諸々をこなそうと思ったら、そりゃおとーさんは忙しいのです

なんせ週に2日しか休みがないのですから

だから初釣りがお盆休み・・・なんてことも

それゆえ釣りを楽しみたいものですよね

因みにKUMAさまはロッドビルダーでこの日使われたのはご自身でビルドされたMB705-1(HM)

その初日に無事入魂終了!

MB705-1(HM)
ダイワジリオンSV TW 1016SV-XXHL
G7 トーナメントジーン MARK1 ベイト 20lb
ボトムアップ ハリーシュリンプ グリパンチャート(直リグ5g)

そして、もう一つお客様が

a0183304_08414540.jpeg
こちらもご自身でビルドされたS2ハイブリッドのCB703-1(HS2)で、魚種こそ違うものの入魂完了!

CB703-1(HS2)
アブ REVO LC6
Berkley Trilene Big Game 20lb
Luck-E-Strike RC2(Rattler) Copper Perch

a0183304_08415404.jpeg
と言う具合に、お盆に、今年ビルドされたニューロッドで、初バスを釣られた、と言う初ものづくしのSOWでした

で、KUMAさまから最後に一言

「NFCブランクのポテンシャルを知るには、Lake Fork再訪したいですね!」


ですね〜



ご投稿ありがとうございました!


by bluepeaks | 2018-09-27 09:12 | SOW

SOW:パワースピンフィッシュ

岐阜県のnobさんから新旧パワースピンフィッシュのSOWを頂きました。

まずはNFXのS70MHで
a0183304_15551009.jpg
さらにJC2のPSR610MLでも

a0183304_15552011.jpg
PE 0.6号で4インチのセンコーでキャッチされたとか!

ノーシンカーセンコーからラバージグまで1本で何でもこなせるミディアムヘビーパワーのS70MHなら機動力こそが命のオカッパリに最適

ユッサユッサと大荷物を揺らせながら水辺に近づくのではなく、持ち物の数は出来るだけ減らして、サクッと、静かーに釣り場に近づくのが釣る人の特徴

そのためのパワースピン

オカッパリSOW投稿、ありがとうございます

またの投稿をお待ちしております


by bluepeaks | 2018-09-26 16:04 | SOW

SOW:霞探フィッシュ

霞ヶ浦近辺を中心に活動しているオカッパリトーナメント団体「霞探(カスタン)」さまからSOW投稿を頂きました!
a0183304_14003564.jpg
a0183304_14003600.jpg
ロッドって店頭で、天井に押し当てて曲げてみても、わかるようでわからないものじゃないかと思います

ロッドは曲がってこそ機能するもの

ならば曲げればだいたいのところはわかるはず、

と誰もが思うところ

でも実際には、イマイチわかるようで、わからない

天井に押し当てればパワー感は何となくわかる

アクションもどの位置から曲がり始めるのか見ればわかる

でも、ロッドとしてのフィーリングは、実際にルアーを投げてみないとわからないし、ルアーを引っ張ってみないとわからない

これって本音じゃないかと思うのです

でも、どうしてわからないのか?

この問いに対する自分の答えはこう

ロッドのフィーリングは曲がったロッドが元の状態に戻ろうとする時に発生する「復元力」によって決まるから

だから逆に言えば、ルアーを投げればわかるし、フッキングすればわかるし、魚を寄せればわかる、のだと思っています

そんなロッドにまつわるあーでもない、こーでもないを皆でワイワイガヤガヤ、お互いのロッドを貸し借りしながら確認が出来るのが霞探(カスタン)のような「大人の部活」。SNSに蔓延しているスポンサー付きのテスターからのインプットじゃなくて、自分の感覚でロッドの見極めが出来る。しかも、フィールドで。これって大きいですよね

兎角、釣りってディープな個人の世界に埋没しがちですけど、釣りそのもののスキルアップをはじめとし、こうしたタックルの比較含め、団体に所属しながら楽しむ良さと言うものを気付かせてくれます


by bluepeaks | 2018-09-11 11:24 | SOW

SOW:ハッピーフライデー

ロッドビルダー井岡さまからレコードフィッシュレポートを頂きました。

サイコーの笑顔です!
a0183304_09190556.jpg
a0183304_09191229.jpg
サイズは59cm、5100g

春ならまだしもこの季節にこのサイズは琵琶湖と言えどもド級です

コメントも紹介させて頂きます

「デザインは気に入ってるけど、もう少しこうだったらなぁ・・・こういうロッドがあったらなぁ・・・

そんな想いからビルディングを始めノースフォークコンポジットと出会い、使い込む程にパフォーマンスの高さに魅了されてきました
ロッドビルディングもノースフォークユーザーとしても日が浅いですが、こんなにも嬉しい瞬間が来るとは思いもしませんでした

ウエイトの自己ベストとなる59cm、5100gをキャッチできました

強烈な突っ込みにもスムーズにベンディングを深め、どこまでも曲がるフィーリングはファイト中のコントロール性が非常に高くロッドにはまだまだ余裕があり終始落ち着いてやり取りができ、キャッチした後に改めてブランクの凄さに感動しました!

その良さを表現する事が難しく使ってみないと分からない、使った人にしか分からない、タックルの中でも一番重要だと思うロッドですがそんなベストな1本にノースフォークを選択される方が増えると良いなと思います」

> その良さを表現する事が難しく、使ってみないと分からない、使った人にしか分からない、

いやまさにそうなんです

見た目にも「いかにも!」といった感じの綾織りとか、平織りのカーボンシートを表面に使っている訳でもなく、カーボン以外に特に補強材を使っている訳でもない。外見はほんと無垢のカーボン。アイキャッチ的な要素もほぼなし。だから、実際にフィールドで使ってもらえるようになるまで、まぁまぁ時間がかかる訳ですけど、キャストしてもらえれば、魚を掛けてもらえれば、その良さは絶対わかってもらえるはず、と信じているんですけど、こうして改めてビッグフィッシュを仕留めた瞬間に評価頂けると超嬉しいっス

しかも、井岡さまは自身のイメージを具体化する手段としてビルディングも始められたお客様

頂きましたハッピーフライデーSOW

ありがとうございます!


by bluepeaks | 2018-08-24 09:48 | SOW

SOW:10インチロングカーリー

浪速の浅居さまからロクマルレポートを頂きました。
a0183304_11335835.jpg

コメントも紹介させて頂きます。

「8月の琵琶湖でしとめたロクマル。PFR71MHで10インチロングカーリーのライトパンチショットを使用。ウィードの上を這わせて落としてしているとステイ中にバイト。水深4mウィードトップから水面まで2mほど。これでもかというくらいロッドが曲がりましたが、ウィードに潜られることなく一気に勝負できました」

今年の8月は特に雨が少なくて琵琶湖の南湖はほぼ全域アオコだらけといった状況。そんな中、釣ってくる人はほんの一握り。にも関わらずロクマルを仕留められとか。素晴らしい!

パンチショットってウィードの生えてるところにテキトーに落とせばそのうち交通事故的に釣れるんだろう?、なんて考えているアナタ!

それは間違ってます

パンチショットの釣りってシャローのカバーの釣りとほぼ一緒でほとんどピン打ち

つまり、そのピンが、写真の背後にあるような3メートルから4メートルの広大なフラットの中のピンが分かっている人だけが釣れる釣りなんですね

素晴らしいっス


by bluepeaks | 2018-08-22 11:41 | SOW

SOW:年に一度の琵琶湖遠征!

福島県の影山さまから夏の思い出をシェア頂きました。
a0183304_16163728.jpg
傷ひとつない美しい魚体の59cm、3810g

タックルはコレ!

a0183304_16163466.jpg
釣り方といい、釣れた魚といい、シビれますwwwww


ここでコメントを紹介させて頂きます。


「年に一度の琵琶湖遠征に行って来ました。地元福島にいる頃から舞木君(フィッシングマシーンの舞木ガイド)は自分の釣り師匠で彼が琵琶湖に移り住んでからは年に一度お金を貯めて遠征しています。

今回、自己記録をTCR610Mで釣ることが出来ました。2.5mダイバーのクランクを使用し釣れました、サイズは59cmの3810gです。TCRのしなやかさと粘りで、キャッチすることが出来ました。Mなのに余裕がありびっくりです。その他、PFR71MHでのカバーネコ、PCR71MHEPでのチャター、DSR68Lでのダウンショットなどで釣れて最高の遠征でした。
これからもノースフォークのロッドで楽しく釣りしていきます。

これからも素晴らしい竿を楽しみにしてます」

ご投稿ありがとうございます

年に一度の琵琶湖遠征をとても充実した時間にすることが出来た様でロッドメーカーとして大変光栄でございます。

こうやって見ると琵琶湖ってクオリティフィッシュがガンガン釣れる湖に見えるかも知れませんが、実際はそんなこと全然ありません。少なくとも地元の湖でフツーに経験値をアップしてきた、そうですね、例えば5年とか、10年とか、そんなサンデーアングラーさんに、1日や2日でツレツレポイントを見つけられるほどの大らかさは、今の琵琶湖にありません。仮に最新の魚探とバスボートがあったとしてもです。

多くの皆さんにとってフィッシングガイドって気軽に利用出来るものじゃないと思います。でも、限られた時間の中で思う存分楽しもうと思ったらやっぱりガイドサービスは検討する価値ありなのだと思います。バスフィッシャーマンであるならば、理想は自らの力で魚を見つけ出すこと。でも、それを一般のサンデーアングラーがするには琵琶湖は広すぎるし、魚の絶対数が少な過ぎる、と思う今日この頃です

何故って?

えぇ、毎回痛感しておりますので・・・


by bluepeaks | 2018-08-02 17:22 | SOW