North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

SOW:ダブルウィロー
at 2018-06-20 09:17
SOW:4000オーバー
at 2018-06-19 09:14
ナナマル対応
at 2018-06-15 12:35
フレックスプロファイル
at 2018-06-14 08:57
SOW:ポストスポーンフィッシュ
at 2018-06-09 09:24
イジリースティック95特注N..
at 2018-06-08 16:37
2018 US NFC メッ..
at 2018-06-08 16:16
ビルド完了のご案内:ACR6..
at 2018-06-05 16:18
入荷のご案内:ロッドグローブ
at 2018-06-04 18:10
カバーボーイ
at 2018-05-31 16:49

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

カテゴリ:ブランク( 229 )

フレックスプロファイル

ブランクに負荷をかけ、曲げた状態のベンディングカーブを一枚にまとめたフレックスプロファイル
a0183304_16180969.jpeg
弊社では実際にブランクにトップガイドを付けて、その先に100g、200g、300gと100g単位で場合によっては1000gまで重りを吊るし、その様子を写真に撮って、最後に編集ソフトで一枚の画像として重ね合わせています。

ブランクを固定する器具は創業時から使用しているもので、固定方法も固定位置もいつも一緒。極めてアナログな方法ですが、ブレがちな物理的な条件はこうして一定になるよう努めています。ただし、ブランクの長さが5フィートから8フィートと幅広く、かつ、ウルトラライトから10オンス超のエクストラヘビーまで多岐にわたるため、撮影時、カメラと被写体の距離、レンズと被写体の角度、レンズとズームについては常に調整する必要に迫られます。このため、特定のブランクについては、同一条件で撮影されているので、本来の目的である「曲がりの見える化」は十分目的を果たしていると言えますが、異なる二つのブランクの比較には適しておりません。なぜなら、撮影時期が異なれば使っているカメラもレンズも違い、距離も角度も違うからです。

お客様中には大変研究熱心な方がいて、ウェブで公開するイメージデータをダウンロードして、それを画像編集ソフトで重ねあわせて、ベンディングカーブの比較を試みる方がいらっしゃいます。しかしながら、この説明の通り、撮影時期が異なれば撮影条件(カメラ、レンズ、距離、角度)が違っていますので、残念ながら比較資料としての精度は保証出来ないのです。

従いまして、ウェブで公開する弊社のフレックスプロファイルはあくまでも「特定ブランクのベンディング特性を視認するもの」とお考え下さい。

常に専用の撮影環境をキープ出来るのであれば不特定多数のブランクの比較にも使えるようになるかと思うのですが(要するにイチイチ片付けしないで、ずーっと放っておける専用のスタジオがあればって話です)、現実的にこれは難しく、用途を「特定ブランクの見える化」に限定している次第でございます。

因みに上のハイブリッドS2のフレックスプロファイルは比較目的に撮影したものなので、3本を同条件で撮ったものです。


by bluepeaks | 2018-06-14 08:57 | ブランク

復元力

曲がる竿の話です

曲がる竿と曲がらない竿、同じ人がキャストしたらどっちが遠くにルアーを飛ばせると思いますか?

答えは簡単、曲がる竿

曲がらない竿の場合は、釣り人がスイングした分だけルアーが飛びます

ところが

曲がる竿なら釣り人がスイングしたエネルギーに、竿が元の状態に戻ろうとする復元力がプラスされます

だから、曲がる竿の方が飛ぶんです



スイングによるエネルギー < スイングによるエネルギー + 竿の復元力



曲がったものが元の状態に戻ろうとする時に発生する復元力

これをうまく利用すればルアーはもっと飛ぶし、魚はもっと楽に寄せられる

竿は曲がってこそ機能するもの

でも、ただ曲がればいい訳じゃなくて、曲がったら曲がった分だけの復元力を発生させなきゃダメ

より少ない素材の量でより強い復元力を得ようとする時、作り手として何が出来るのか?

高圧で巻く

これに尽きるのです

a0183304_09051254.jpg




by bluepeaks | 2018-05-19 09:10 | ブランク

ブランク入荷のお知らせ

欠品しておりました以下のブランクが入荷しました。お求めは弊社ブランクパートナーもしくはNFC WEB SHOP

SWB806-1(IM)
SWB807-1(IM)
MB709-1(HM)
MB808-1(HM)
MB709-1(SM)
SJ706-1(IM)
SJ804-1(IM)
CB7111-1(HM)
SB602-1(IM)
C605-1(IM)


by bluepeaks | 2018-04-17 14:43 | ブランク

運動方程式

f=ma

言わずと知れた「運動方程式」です

高校の物理で最初に習うアレ

fはforce(フォース)で
力、
mは
mass(マス)で質量、
aがacceleration(アクセラレーション)で
加速度

偉大なるニュートン先生が体系化したこの超シンプルな公式によって、実は、ブランクの特性の話だって、いろいろ説明が出来るんです

例えば、今、弾性率が違う二つの素材で、同じ強さのロッドを作ろうとしているとします

ここで言う「強さ」とは、曲げられた状態のロッドが元の状態に戻ろうとする時に発生する力のこと。これがfです

このfを引き出すために使われた素材の量がm、

そして、

その素材が本来持ち合わせている弾性をaに置き換えて考えることが出来ます

量mについては説明の必要はないと思うので、割愛します

一方、聞いたことあるけど、説明しろって言われるとイマイチわかっているようでわかっていないのが弾性かと思います

物の本には「弾性とは、物体の変形のしにくさを表す物性値」とあります

変形のしにくさって何?」ってことかと思いますが、言い換えれば素材としての「硬さ」ってことです

つまり、弾性が低い素材とは素材として「柔らかく」、逆に、高いとは「硬い」ということです

だから、同じ力を出すためには、柔らかい素材だとより多くの量が必要となり、硬い素材だとより少ない量で済む訳です。

使う素材の量が違えば重さが違います

重さが違えばフィーリングが違う訳です

どうして同じMHパワーなのに、素材が違うとこうもフィーリングが違うんだろうか・・・

と、釣り人が感じているフィーリングの違いを f=ma が見事に説明してくれるのです

力は素材の量と弾性率の積

どうですか、スッと落ちてきませんか?


by bluepeaks | 2018-04-04 15:59 | ブランク

FW601-1(IM)完売しました

2月14日から開始したWEB限定ブランク特価セールのお知らせですが、対象商品のうちFW601-1(IM)につきましては、完売しましたので、本日を以って終了とさせて頂きます。ご利用頂きました皆様、ありがとうございました。

なお、デタッチャブルMAG BASS(着脱式マグバス)については、若干数在庫が残っておりますので、ご検討中の皆様は是非この機会にお求め下さい。

NFC WEB SHOP


by bluepeaks | 2018-03-02 16:50 | ブランク

WEB限定ブランク特価セールのお知らせ

NFC WEB SHOP限定の在庫限りの特価セールをお知らせ致します!

対象商品は伝統のマグバステーパーブランクを着脱式グリップにしたマグバスDHブランク

MB797-1(DH(IM)
MB798-1(DH(IM)
MB799-1(DH(IM)

3モデルを定価の50%でご提供!

さらに、バスならミドストに、ソルトならアジング、メバリングに最適な

FW601-1(IM)

を28%引きの特価9,800円で提供させて頂きます。

いずれもNFC WEB SHOP限定の、現在庫を対象としたものになりますので、完売となり次第終了とさせて頂きます。

詳しくは

NFC WEB SHOP


by bluepeaks | 2018-02-14 14:10 | ブランク

入荷のご案内

昨年末から長きにわたり欠品していたブランクが本日入荷致しました。順次、NFC Web Shopに反映していきますので、お待ち下さい。
a0183304_16354906.jpg
なお、2018年に新たに製品化したブランクも幾つかありますので、追って紹介させて頂きます。

長い間、お待ち頂きました皆様、ありがとうございました!


by bluepeaks | 2018-01-24 16:37 | ブランク

カタログ外ブランクの個別取り寄せリクエスト

前回のお知らせから約1年経ちましたので、改めてお知らせします。

弊社では標準品として通常在庫していないカタログ外ブランクを、アメリカの工場から定期便に同梱して、個別にお取り寄せする個人ビルダー向け個別取り寄せリクエストも継続提供しております。もし、そんなご要望がありましたら、以下必要事項を記載の上、

1.パーツナンバー
2.本数
3.お名前
4.郵便番号
5.ご住所
6.電話番号

メールで、

kobetsu@bluepeaks.co.jp

までご注文下さい。

リードタイムは、タイミング、そして、工場在庫の有無次第ではありますが、概ね2ヶ月ほど頂いております。

知る人ぞ知る的な存在ですが、これもかれこれ5年くらい続けていること。

コアなお客様あってのノースフォークコンポジットである訳で、改めてこの場で取り上げさせて頂きました。

次便は年初になると思います。
a0183304_15193866.jpg

by bluepeaks | 2017-12-08 15:20 | ブランク

ハイブリッドS2のフィニッシュ

最も硬いグラスファイバー素材であるS2と、張りと粘りが絶妙なバランスで調和した中弾性カーボンIMとを重ね合わせ結合させたコンポジットブランク、ハイブリッドS2ブランク。
a0183304_18102338.jpg

写真の通り、表面がツルっとしているので、中には「クリアペイントを吹いている?」と思われている方がいるようですが、何も吹いていません。これがいわゆる「アンサンドフィニッシュ」と呼ばれる「仕上げ」で、焼き上がったままの状態。「アンサンド」とは削っていない、ってこと。通常、HM/IM/SMとして販売しているカーボンブランクの場合、この状態からさらにひと手間かけて、表面の凸凹を削って出荷しているのですが、グラスコンポジットの場合は、その工程を省き、アンサンドフィニッシュで出荷しています。

じゃあ、なぜグラスコンポジットだけアンサンドフィニッシュなのか?

その理由は、グラスコンポジットの場合、グラスシートとカーボンシートを折り重ねて作っているため、表面を削ると予期せぬ形でグラスとカーボンの積層面が露出し、それが縞々模様となって見え、意匠的に非常に感性に訴えるものとなってしまうから。言ってみればコントロールしがたい木目のようなもので、同じ工程で同じにように作っても縞々が時にきつかったり、ゆるかったり、まっすぐだったり、曲がっていたり、間隔が空いてたり、空いていなかったりと、パッと見の差が大きくなってしまいます。そこで、製品としての意匠性を均一化するため、グラスコンポジットでは削らない選択をした次第。

そんな訳でのアンサンドフィニッシュです。


by bluepeaks | 2017-12-07 18:48 | ブランク

ハイブリッドS2新ブランク提供開始のお知らせ

本日よりハイブリッドS2を使用した7フィート6インチ、ミディアム・ヘビーパワーブランクCB765-1(HS2)の提供を開始させて頂きます。

a0183304_179366.jpg


バイブリッドS2は現在世界で販売されているグラス素材のうち、最も弾性率の高い(最も硬い)グラス素材であるS2と、張りと粘り、軽さと感度が高い次元で調和した中弾性カーボンIMとを積層し、結合させたグラスコンポジットブランクです。

グラスとは思えない軽さと、グラスならではのゆったりとしたリカバリースピードが1本のブランクの中で共存する、まさにベストバランスを狙った1本。

釣り人目線で見たハイブリッドS2のアドバンテージは、例えばこんなところ

7フィート超でも1日無理なく投げ続けられる軽さのグラス
向かい風に負けず、低い弾道でキャスト出来るグラス
振り抜いた時、カーボンの如く振動が収まるグラス
ウィードの中から余裕で魚を引き出せるグラス
トレブルフックのみならず、シングルフックの全てのファーストムービングルアーにも対応するグラス

ノースフォークコンポジットならではのR&Dの成果を是非体感して下さい。

a0183304_1725597.jpg


お求めは、各販売パートナー様、もしくは、NFCウェブショップで
by bluepeaks | 2017-10-06 17:29 | ブランク