North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新の記事

マッチング
at 2018-02-21 16:22
次の世代に残していくために
at 2018-02-20 09:32
お陰様で8年目になりました
at 2018-02-19 15:24
WEB限定ブランク特価セール..
at 2018-02-14 14:10
今年も出展します!Keep ..
at 2018-02-13 16:34
SOW:間違い探し
at 2018-02-10 11:14
SOW:ほぼ答えは出ました(..
at 2018-02-05 17:04
アメリカ流(契約更改)
at 2018-01-31 09:09
アメリカ流(ボヤキ)
at 2018-01-30 09:44
SOW:前略、順調です(番外編)
at 2018-01-29 15:00

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

カテゴリ:グッズ( 34 )

PFD

最近、アメリカンなバスフィッシング好きにPFDと呼ばれている日本名ライジャケ。PFDとはPersonal(パーソナル)、Floating(フローティング)、Device(デバイス)の頭文字で、中身は何にも変わっていないんだけど、最近じゃあ、そんな風に呼ばれています。

a0183304_1862946.jpg


と、言っても、アメリカと言えども、釣りをしないフツーの人とか、もしくは、釣りはするんだけど、そんなに流行りモンに敏感じゃない人にとっては、やっぱりフツーにライフベスト(Life Vest)なんです。

例えば、空港のチェックインカウンターで、「PFDをバッグの中に入れているけど、大丈夫だよね?」なんて言うと、大概は「PFD?」って聞き返されます。そうすると「えーっ、と最近、Personal Floating Deviceって呼ばれているんだけど、要はライフベスト」って説明するんですね。つまり、それだけPFDって呼び名が一般化していないってことです。

因みに、海外釣行時には、自前のライジャケを持っていくことになるかと思いますが、各航空会社ともに、基本、一人一つまでだったら、機内持ち込みでも、預け入れでもOKです。

僕も最初は不思議に思っていたんです。何故なら、あんなボンベが付いていて、気圧で破裂する可能性があるモノをホントに持ち込んでいいのかって?

でも、調べてみたら納得。

つまり、洋上で、もし何かがあった場合、機内に備え付けられているライフベストではなく、自分が信用しているものを使いたい、そう願う顧客の意思を無視することは出来ない、って考え方なんですね。

なので、一人一つまでであれば持ち込める、って訳です。

まぁしょうがないですけど、勿論釣りなんて想定外ですよ。

そんなPFDなんですが、はてさてPFDという呼び名は今後一般化するんでしょうか?

うーん、たぶん、ビミョーかと
by bluepeaks | 2015-11-09 18:17 | グッズ

夏のオススメグッズ

今日は、最近お気に入りのサマーグッズを紹介。

a0183304_14365487.jpg


まず、トロピックシャツ。サラサラ素材の長袖シャツで、コレ自体特に新しいものじゃないと思います。勿論、素材の進歩はありますけど。基本、昔からあるヤツで、シムスとか、パタゴニアとか、コロンビアとか、フライフィッシャー向けのアパレル製品を提供しているメーカーなら夏の定番アイテムとして必ずラインナップしていると思います。定かじゃありませんが、もともとはバハマとかフロリダとかのフラットでボーンフィッシュを釣るフライフィッシャーのためだった様な・・・でも何で今流行りのピタッとしたロンTじゃなくて、これなの???って一応ちゃんとした理由があるんです。それについては追って。

それとバックフラップ付きのハット。あの後ろに垂れ下がった布付きの帽子です。アレはバックフラップと呼びます。ファッショナブルさから行くとキャップとかの方が格好良く写ると思いますが、1日使えばその良さがわかるはず。有名どころで言えば、アーロン・マーテンスが毎年被っているヤツです。

それから日焼け止め。まぁ、これはフツーにドラッグストアで売っているヤツ。

最後にハッカ油。虫除け用です。蚊くらいだったら、ドラッグストアでフツーに売っている虫除けスプレーでも効くと思いますが、ブユになると、あの程度じゃもう・・・全然効かないと思います。場所によっては、時期によっては、これがないと全く釣りにならない・・・なんてこともあるかと思います。入手方法は、これもドラッグストア。使い方はいたって簡単で、帽子からシャツ、パンツ、そして、時としてシューズに垂らして使います。そう、だからトロピックシャツなんですね。

ただし・・・これにも効力があって、だいたい有効時間は1時間くらい。その位、マメに塗らないと効きませんね。そして、塗り方にも一工夫が必要。明日は、この虫対策をもう少し掘り下げたいと思います。

きっとコレって、皆さん困っていると思うんですよね~
by bluepeaks | 2014-07-06 15:10 | グッズ

PCR71MHEP出荷のお知らせ

Jカスタム2.0に標準添付する新ロッドソックスがやっとこさ入荷しました。と言っても、PCR71MH Extra Powerに添付する分だけなので、オプションとして販売することは無理なんですが、これでやっとExtra Powerが出荷出来ます!

a0183304_22145272.jpg


ということで、本日、ご注文頂いております各販売パートナー様向けに出荷させて頂きました。早ければ週末にはお手元にお届け出来ることと思います。長きに渡り、お待ち頂きました皆様、誠にありがとうございました。
by bluepeaks | 2013-07-30 22:15 | グッズ

マイクロ・アンカー

既に各所でアップされているので、目新しさはないかも知れませんが、お聞きの通り、今年のICASTのBest Of Showは、パワーポール社のマイクロアンカー。パワーポールがバスボート向きであるのに対して、今回リリースされたマイクロアンカーは、それよりももっと小さいサイズのボートを対象にしたもの。具体的には、30馬力前後のエンジンを載せたアルミボートとか、小型のFRPボート、それに今アメリカでも流行っているカヌーの類。

会場でハードウェアそのものを見た時、「ん・・・、何だコレ?」な訳だったのですが、パッケージ裏面にある写真を見て、「ははぁ~ん」となりました。それがコレ↓

a0183304_1301919.jpg


魚的にはたまったもんじゃないんですが、写真を見ればわかるように、コレ、日本のフィールドにバッチリじゃないですか?ローボート+エレキもそうですが、干潟でシーバスを狙うカヌーフィッシャーとか、カヌーの上に立ってキャストしたい・・・なんて考えていたフライフィッシャーにも選ばれるはずです。既にプロダクト紹介ページも公開されているので、興味のある方は是非。

そうそう、面白かったのは、パワーポールがより小さいボートを対象としたマイクロアンカーをリリースしたのに対して、ライバルのミンコタが12フィートもあるより深場用の超長いタロンをリリースしてたこと。

ビジネス的にはより顧客数の多いマイクロアンカーに歩がある様に思うのですが、さてさて、どうなるのか?

いずれにしてもボートオプションがバイヤーから最も支持された製品という形で閉幕した2013 ICASTでした。

いやしかし、暑かったです・・・
by bluepeaks | 2013-07-14 13:34 | グッズ

3/4インチを1/8インチ間隔で

日々の医薬品開発の恩恵により、作業も無事再開です。お待ち頂いている皆様、大変申し訳ありませんでした。頑張ってます!

さて、以前この場で紹介したフレックスコートのトリセツ。あの時はコーティング剤、所謂「ハイビルド」のトリセツを取り上げましたが、今回は、同社が提供するエポキシグルーのトリセツを紹介。作業の合間にまたしても「おぉ、ちゃんとマニュアルに書いてあるんだ」と思った事を発見。

因みに、グルー(glue)とは、日本語で言う糊の意で、同じ意味で私たちも良く使っているボンド(bond)がありますが、英語で目にする機会はグルーの方が何故か多い様な気がしています。

a0183304_1647526.jpg


このフレックスコート社が提供する2液性エポキシグルーのトリセツには、1対1で混合しろ、とか、しっかり混ぜろ、とか、表面を綺麗にしてから使え、とか、そんな誰しもが知っている様な事に加え、「お役立ち情報」として・・・

a0183304_1701329.jpg


リールシートや、グリップの嵩上げをする時には、マスキングテープを使え。テープの幅は3/4インチ、つまり、19mm程度がオススメ。テープとテープの間には、必ずギャップ(隙間)を設けること。その間隔はだいたい1/8インチ、つまり、3mm程度が望ましい。何故なら、このギャップにグルーが入り込んでより高い接着強度が期待出来るから・・・

なんて事がちゃんと書かれていたりします。因みに、5分硬化型はティップトップ用(日本語で言うトップガイド)で、その他のコンポーネントの接着には30分硬化型、って言うのが彼らの使い分けポイント。

いやいや、さすがにあれだけ大雑把な人達を相手に、こういう取り扱いがビミョ~な製品を売っているだけあって(しかもすぐに訴訟に発展する社会だけあって)、これまたしっかりと書いてあるもんです。基本、日本のホームセンターで売られているエポキシ系接着剤も同じなので、ビルドの参考にして頂ければと思います。
by bluepeaks | 2013-02-03 17:10 | グッズ

オンラインストアにアップしました

写真を撮ったり、解像度を調整したりと、一つ一つの作業はそんなに大変じゃないのですが、コレがたまにしかやらないので、スコーンと頭から抜け落ちてたりします。なので、思いの外時間がかかったりするオンラインストアのメンテンス、ならびに、新商品のアップロードが完了しました。

今回は、2012 Basser All Star Classicで販売開始したBTFフーディー、BTF Tシャツ、両舷ステッカー、それから、長い間、お問い合わせベースで細々と販売してきました2ピース用のロッドソックス(竿袋)をアップしました。

皆様のご利用をお待ちしております。

そうそう、ブランクを選んで、Jカスタムグリップを選んで、さらにカーゴにステッカーを加えようとすると、注文出来ない例の1件も修正しました。これで大丈夫だと思います。
by bluepeaks | 2012-11-07 15:28 | グッズ

ニューステッカー準備中

新しいバージョンのロゴステッカーを制作中です。

新しい・・・って言ってもロゴを変える訳じゃなくて、こういうこと(↓)です。

a0183304_16342323.jpg


ちょっと見づらいかも知れませんが、上のステッカーと下のステッカーを比較すると、ロゴの向きが逆になっています。これ、ボートの両舷、または、車の両側に貼って頂くことを想定したもの。ロゴの丸みを帯びた部分が進行方向に向いていないと、やっぱりなんかシックリ来ないよね・・・という声を頂き、今回バージョンアップしてみました。販売も2枚1組とする予定です。
by bluepeaks | 2012-10-06 16:44 | グッズ

意外に好評なマニュアルのノリ訳

そんなこんなで検品も一段落し、明日からまた通常業務の再開です。今回はもう90点あげてしまいます。なんせHMが数本、入っていなかった「だけ」ですから・・・。こうなると、次の便に乗せてもらうことになるのですが、毎回、その次の便でも、これまた必ず数本欠品する訳です。

ん!

な・る・ほ・ど!
こうやって絶え間なく注文を取る作戦か!
やるなNFC

・・・てな冗談はさておき、最近、お問い合わせ序でに、「あのフレックスコートのノリ訳、助かってます」と嬉しいお声を頂いています。過去の経験だったり、人づてに聞いた「定説」だったり、そんなモヤモヤとした情報をもとに、皆さん、今日までエポキシと格闘していた様で(自分も間違いなくその一人ですね)、そんな皆さんに喜んで頂いている様です。尤も、絶対数は少ないんですけど。

なので、今後も折を見て、この手の情報を取り上げて行きたいと思います。
by bluepeaks | 2012-09-26 23:09 | グッズ

結構撹拌してます

かなりニッチな話題かも知れませんが、フレックスコート社のエポキシの混合に関するビデオ、コレ、お奨めです。英語なんで、音声はとりあえず流してもらって、映像を見て頂ければと思います。文字が書かれたカタログみたいな紙面の上で撹拌が進められていくのですが、時間の経過とともに、下の文字が段々とクリアに読めるようになってきます。結構な量なので、撹拌にそれなりの時間を要するのは当たり前、と言えば当たり前なのですが、それでも結構しっかりと撹拌しています。

きっと皆さんもかなり意識してしっかりと撹拌してきたと思いますが、へぇ~、ここまで必要なんだ、と認識を新たにする良いキッカケになるかと思い取り上げてみました。

因みにレジンと硬化剤は少なくとも各々2cc以上と推奨しています。となると合計で4ccになる訳ですが、4ccとなるとロッド1本分には充分過ぎる量なので、ついつい1ccずつ・・・なんてケチりがち。でも、エポキシ本来のクリアな仕上がりを求めるのであれば、たとえ無駄になったとしてもそれなりの量が必要、ということなのだと思います(全体の量を増やすことで、誤差を出来るだけ小さくし、正しく化学反応させるためですよね)。
by bluepeaks | 2012-09-13 09:32 | グッズ

ちょっとしたエポキシの除去に

この夏、かれこれ20年以上にわたりジュエリー・デザイナーをやっている学生時代からの友人に会いました。弾む会話の中、話はなぜか接着剤へと移り、聞けばジュエリーの接着にも殆どエポキシが利用されているとか。石、金属、プラスチックという多様なマテリアルを、しかも、超小さい接点で、しっかりと接着するのに無くてはならない存在なのだとか。いやいやホント広範囲に渡って使われているスーパーな存在です。

そんな中、特に興味深かったのは、サンプルで作ったジュエリーの分解方法。接点が極々小さいものであっても、正しく混合され、完全硬化したエポキシは、滅多なことでは剥がれないもの。でも、サンプルで作ったものを再利用する場合なんか、一度組んだものをバラす必要がある。そんな時、どうしているのか?なんとこれが煮ているのだそうです。

なるほど~

で、早速、エポキシが付着した状態のワインディング・チェックを煮てみたところ、これがまた綺麗に取れるんです。見た目と質感が全てとも言えるジュエリーの世界で採用されている方法なんで、当たり前と言えば当たり前なんですが、軽く感動!

ワインディング・チェックとか、金属系パーツの再利用時にお試しを。
by bluepeaks | 2012-08-23 10:37 | グッズ