North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

入荷のお知らせ:SWBブランク
at 2018-12-10 16:06
工場出荷のお知らせ:SWBブ..
at 2018-12-07 11:52
年末年始休業のお知らせ
at 2018-12-06 11:24
The Keep Cast ..
at 2018-12-05 17:02
ジャパンフィッシングショー2..
at 2018-11-29 18:34
工場出荷の目処が立ちました:..
at 2018-11-26 16:08
フィールドテストでしかわから..
at 2018-11-24 17:07
テスター
at 2018-11-22 16:58
ロッド長とキャスティングアキ..
at 2018-11-07 09:47
出荷遅延のお知らせ:SWBブ..
at 2018-11-07 09:15

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

カテゴリ:四方山( 206 )

フィールドテストでしかわからないこと

仕上がったブランクを見てニンマリ

天井に押し当ててニンマリ

早速グリップ付けて、ガイド巻いて、コーティングしていざフィールドへ

で、キャスト、キャスト、キャスト・・・

全てが想定通りに完璧に出来上がっていて、この段階でOKが出てしまうこともあるかと思いますが、

そんなことは稀

と言うかほぼゼロ

キャストはあくまでもキャストで、ルアーフィッシングはキャスト、リトリーブ、フッキング、ランディングと様々な動作から構成されるもの

だから、実際に使い込んで、様々な状況で魚を釣ってみないとわからないことがたくさん

幸いにもノースフォークコンポジットの場合、ブランクそのものの出来は非常に高くて、OEM案件含めて、全てのケースでファーストサンプルからかなりのレベルのものが出てきます

まさにゲイリーが築き上げてきたノウハウの結晶です

ブランクはロッドの命

でも、ブランクだけじゃないことも事実

ロッドはガイド、リールシート、グリップなど、様々なパーツとの調和によっては機能する道具

だから、新しいパーツを採用する時や、接着剤とか樹脂を変えたりする時は、必ず相応の時間をかけてテストするようにしています(反省も踏まえ)

なぜなら、データや見た目だけじゃわからないから

無理して急いで作ると最終的にはお客様に迷惑をかけてしまうので、とにかく焦らないように

なので、長いものでは丸1年かけています

ビジネス的には辛いんですが、ココをショートカットしては絶対にダメ

格好付けて言うと「釣り道具は釣り場で作るもの」だとホント最近痛感させられています

そんなテストサンプル(ボツ)が役目を終えて戻ってくる季節になりました
a0183304_16560856.jpg

by bluepeaks | 2018-11-24 17:07 | 四方山

テスター

ロッドのテストばかりやっていると魚が釣れなくなります

ゼロって意味じゃなくて、かつての半分以下・・・みたいな感じです

何故ってシーズナルパターンとか、ベイトの動きとか、その日の状況とか、魚を釣るために何よりも重視しなければいけない要素を軽視して、テストの目的を優先させるから

コレってノースフォークコンポジットに限った話じゃなくて、たぶんあらゆるメーカーのテストを担っている人達すべてに共通するんじゃないでしょうか
a0183304_16533900.jpg
ハードルアーのテストなんて、それはそれは大変でしょうね

だって、特定のルアーが効く期間ってそんなに長くないでしょ?

たぶん2週間とか、長くても1ヶ月とか

もともとテスターになんかになる人たちはそれこそ三度の飯より釣りが好きな無類の釣り好きで、みんな釣りうまさん達

そんな人達でも条件に縛られると思うように釣れなくなって、時として自分のフィッシングスタイルが崩壊したりするもんです

だからフルタイムガイドさんの中には、期待に応えられるだけのフィードバックも出来ないかも知れないし、何よりも自分の釣りのバランスが崩れてしまうので、断るようにしてる、って人もいる程です

一方で、メーカーのテスターになりたい、って人も世の中にはたくさんいるようですが、釣行機会が限られているのであれば、自由に気ままにその日、その時の釣りを楽しんだ方が釣り人としてはハッピーだと思うんですけどどうなんでしょう


by bluepeaks | 2018-11-22 16:58 | 四方山

ロッド長とキャスティングアキャラシーの関係

先日のバサクラでのこと

「短いロッドを使うと本当にキャスティングの精度って向上するんですか?」

というご質問

ショートロッド=アキャラシー向上

みたいな定説があって、何となく精度が上がりそうな気もするけど、本心ではイマイチ実感がない、と言うのが正直なところじゃないかと思います

個人的にも「劇的に変わったなぁ」と感じたことは・・・一度もありません

このロッド長とキャスティングの精度の関係を科学的に立証するのはまぁまぁ面倒

キャスティングに覚えのある複数の被験者に参加してもらって(初心者だと実験中に習熟しちゃうから除外)、長さが違うロッドを用意して、複数の日にわけて、何百回も目標物に向かってキャストしてもらって、毎回落下点を計測して、その平均値を出して・・・

なんてことする必要があるから

でも、このロッド長とキャスティングの精度の関係を、「傾向を知る」と言う意味で、うまく説明してくれるのが写真の鉛筆
a0183304_09285401.jpg
ここで問いです

Q:もし鉛筆が極端に長かったらあなたはいつも通りに字がかけますか?

書けるかもしれないけど、少なくともいつも通りには書けないはずだし、小さい字などはメチャクチャ書きづらいはずです

つまり、鉛筆の長さ次第で「書く」という動作がしやすくなったり、しにくくなったりする訳です

と言うことは、キャスティングも然りで、ロッドの長さ次第で、キャスティングという「動作」がしやすくなったり、しにくくなったりする訳です

じゃあ短くすればするほどキャストの精度は上がるのか?

先の鉛筆の例に置き換えて考えてみると

ゴルフのスコアカードをつけるあの10センチくらいの短い鉛筆

アレでうまく字が書けますか?

書ける人もいると思うけど、多くの人はいつもの通りには書けなくなるはず

と言うことは、短過ぎてもキャスティングの精度が下がる、ってことになるかと思います

つまり、ショートロッドにすればキャスティングの精度が上がるのではなく、その人にあった「適当な長さ」がある、ということになります

なので、冒頭の問いに戻れば「短いロッドを使うとキャスティングの精度は向上する」は全てのケースにおいては正しくない、と言えます



釣り人にとってのロッドとは書道家における筆のような存在だと思います

勢いのある太くて大きな字を書く時の筆と、細く流れるような繊細な字を書く時の筆

毛の量も違うし、毛の長さも違うし、柄の太さも違うし、柄の長さも違う

1本の筆で全ての状況に対応することは無理

状況に応じて使い分ける

自分が使いやすい長さは自分で見つける

最終的にはこういうことになるかと思うのです

ならば、メーカーとして出来ることは、その選択肢をユーザに提示することじゃないか、とツラツラ考えている日々でございます





by bluepeaks | 2018-11-07 09:47 | 四方山

セーフ

先日水没したカメラが問題なく動作した
a0183304_11344036.jpg
セーフ



by bluepeaks | 2018-10-20 11:39 | 四方山

怖くて電源入れられません・・・

北風ビュービュー、波ザブザブの中、釣りを続けること1時間

バウを超えて波が入ろうが普段はあんまり気にしないんですが、

ふと振り返ればストレージの蓋が半開きに!

慌てて中を見てみたら水でタップタップ

で、なんとそのストレージの中にはマイカメラが!

その日からこんな風に密封して、乾燥剤入れて、天日に晒して、1週間
a0183304_17544547.jpg
もういいかな?

いや、あともう1日だけ乾かそう

翌日:もういいかな?

翌日:いや、あともう一日だけ

翌々日:もういいだろ?

翌々日:うーん、あと1日

と1週間

怖くてなかなか電源が入れられないヘタレでございますが、明日あたり結論を出そうかと思っています


by bluepeaks | 2018-10-19 18:08 | 四方山

プラクティスプラグ

36ドルの物に35ドルも送料を掛けて輸入するという猛烈な無駄の果てにだいたい各ウェイトのプラクティスプラグも集まりました
a0183304_10191118.jpg
ところで最近ではプラクティスプラグって言うんですね

キャスティングシンカーとか、ラバーシンカーとか、かつてはそんな名前でも呼ばれていたかと思いますが、バスプロでもプラクティスプラグだし、
a0183304_10213053.jpg
日本のスミスさんでもプラクティスプラグ

a0183304_10213905.jpg
まぁ、これだけあれば問題ないでしょ!







by bluepeaks | 2018-10-18 10:27 | 四方山

いきなりですけど、皆さんには軸となる自分の釣りがありますか?

例えばクランクベイトとか、スピナーベイトとか、ドロップショットとか、

春夏秋冬、季節とは関係なく、何処に行っても、その釣りを中心に、その日の釣りを組み立てる

極端な話、釣れようが釣れまいが関係ない(正確に言うと関係あるんだけど)

水域が小さくて、魚の数に対して、アングラーの数が多いとされる日本だととにかく釣ることを優先するあまりハードベイトからフィネス、果てはビッグベイトまで何でも卒なくこなしちゃう「釣うま」を目指しがち

事実、日本のトーナメンターと言われている人たちがそうかと

でも海の向こうのアメリカでは、

カバー撃ちが釣れるとわかっていても一切手を出さず、オープンウォーターでひたすら巻き続けるケビン・バンダムがいたり、

沖の釣りが超イージーだとわかっていてもひたすらカバーを打ち続けるトミー・ビッフルがいたり、

収入に直結する試合に負けるとわかっていても、それでも「オレの釣り」しかしないプロアングラーが沢山います

かと思えば、ドロップショットからフリッピング、クランキングまで何でも卒なくこなすマイク・アイコネリみたいな英語で言うところの「ジャンク・フィッシャーマン」もいたりする訳ですが

先日、とあるベテランのプロフィッシャーマンが

「オレはさ、仕事ってのもあるけど、あれもやって、これもやってさ、いろんな釣りに手を出す訳。で、そうするもんだからだんだん自分の釣りがわからなくなってきてさ、ここ数年は一体自分の釣りが何なのか、サッパリわからない。もうかれこれ5年くらいずーっと悩んでいるんだけど、今だにわからない。だからさ、釣りしててキツイんだよね」

と、こぼしていたのですが、とてもわかる気がするんです

一言で言えば器用貧乏なのかも知れません

ドロップショット投げたり、ネコリグ投げたり、ジグ投げたり、スピナーベイト投げたり、

どの釣りも卒なくこなすことが出来る

でも、一体自分の釣りって何なのかわからなくなってくる

魚の数が少ないフィールドで、少しでも多く釣ろう釣ろうとしていると、だんだん釣りが崩壊してくるのかも

どっちがいいんでしょう

少しでも釣果を上げるべくジャンクに行くべきか、

釣れようが釣れまいがただただ己の道を進むべきか、

因みに力士は、いろいろな技を習得すべく日々稽古をしているのでなく、自分の得意な技に磨きをかけるために、日々汗を流しているのだとか



by bluepeaks | 2018-10-17 14:22 | 四方山

アメリカっぽい魚探

ローランスというボートで釣りをする人なら誰でも知っているアメリカ合衆国オクラホマ州にある魚探メーカーがあります。同じくアメリカの魚探メーカー「ハミンバード」と創業以来凌ぎ削りあってきた老舗魚探メーカーの一つ

通過しただけ等深線付きの湖底図をリアルタイムにサクサク描く機能を実装した魚探やら、まるでサイトフィッシングの如く、水中の、それも前方の様子が見渡せちゃう機能を実装した魚探にここのところ押されっぱなしだったそんな老舗の魚探メーカーが「逆襲」とも言える機能向上版(HDS LIVE)を先日発表したのですが、そんな新たに実装された機能の一つ一つをチェックする中、如何にもアメリカっぽいな〜、と感じたのがコレ

LiveCast Smartphone Integration(ライブキャスト・スマートフォン・インテグレーション)
a0183304_08525810.png

注目は中央の赤枠

コレ、魚探の画面にスマートフォンで受信した映像を表示出来る機能です

説明文の冒頭には

"You no longer have to choose between watching the big game and spending a day on the water with LiveCast™ smartphone integration."

とあります

つまり「このライブキャスト・スマートフォンがあれば、もうあなたは、釣りに行くべきか、家でビッグゲームを観戦しているべきか、悩む必要はない」ってことです

そう、ここで言うビッグゲームとはスーパーボールとか、ワールドシリーズとか、写真のバスマスタークラシックとか、そんな全米規模の一大スポーツイベントのこと

こんな機能を魚探に盛り込んで、誇らしげにアピールしちゃうところが如何にもアメリカっぽいかと

日本のメーカーなら間違いなくこんなことしないでしょ

まぁ要するにそれだけスーパーボウルは人気があるってことです

2月だけどね



by bluepeaks | 2018-10-05 09:24 | 四方山

炭素繊維の取説

ちょっと気になることがあったので、ウェブサーフィン(完璧死語だよね)してたら炭素繊維協会のHPで以下の文面を発見。
大変興味深いので、備忘録として上げておきます。

  • 炭素繊維は細く、しかも破断伸びが小さい(高々2 %)ので、取扱いによっては折損したり毛羽となったりし、短くなった単繊維はフライや粉塵となり大気中に飛散し易い。

なるほど!炭素繊維を削る時はやっぱりマスクしなきゃダメです。皆さん気をつけましょう

  • 炭素繊維の弾性率は高いものが多く、また繊維径が細いのでショートファイバーは皮膚や粘膜に刺激を与え、痛み・かゆみを生じる場合が有る。皮膚の露出、防塵への注意が必要である。

やっぱり!フェルールの擦り合わせなんかを調整している時、チクチクしてきて、数日に渡り腫れるのはやはり炭素繊維のせい。手袋するとか、長袖を着るとか、予防策を講じないと

  • 炭素繊維は導電性を有するのでフライや糸くずが電気系統の短絡の原因になることがある。

これも大事。電気製品がショートします。スマホを近くに置いたままカーボンを削ったり、ブランクの長さ調整をしたりしない方がいいってことです。因みに購入したてのスマホをお釈迦にした知人がいます

  • 炭素繊維は綴密構造の炭素のため燃えにくい。廃棄物を焼却処理する場合は燃え残った短繊維が浮遊して電気障害を起こさぬよう注意が必要である。

うーん、これは良くわからないけど、捨てる時もちゃんとした処理を施さないと焼却炉の中でとんでもない悪さを起こしそう。まぁ、ゴミ箱に捨てる人はそうそういないと思うけど

  • 炭素は生体適合性が良いとされており、炭素繊維あるいはその複合材料は人工生体材料にも使用されている。

へぇー、ビックリ。体内に入れる医療機器として利用出来るってことですね

以下には困った時の対処法も書かれているので、気になる人は是非

出典はこちら



by bluepeaks | 2018-08-09 18:06 | 四方山

ナナマル対応

琵琶湖で魚を釣りまくっている方々からロクマルのメジャーでは用が足りんのです!とインプットを頂きましたので、フロアデッキ用のメジャーを作り直しました。
a0183304_12324334.jpg
個人的には大して必要性は感じていなかったんですが、皆さん、大きな魚の居場所が良く見えているようで・・・

ロクマルじゃ、用が足りんのですわ

なんて早く言ってみたいですわ、コンドーさん
a0183304_12344493.jpg








by bluepeaks | 2018-06-15 12:35 | 四方山