North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

SOW:ダブルウィロー
at 2018-06-20 09:17
SOW:4000オーバー
at 2018-06-19 09:14
ナナマル対応
at 2018-06-15 12:35
フレックスプロファイル
at 2018-06-14 08:57
SOW:ポストスポーンフィッシュ
at 2018-06-09 09:24
イジリースティック95特注N..
at 2018-06-08 16:37
2018 US NFC メッ..
at 2018-06-08 16:16
ビルド完了のご案内:ACR6..
at 2018-06-05 16:18
入荷のご案内:ロッドグローブ
at 2018-06-04 18:10
カバーボーイ
at 2018-05-31 16:49

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

復元力

曲がる竿の話です

曲がる竿と曲がらない竿、同じ人がキャストしたらどっちが遠くにルアーを飛ばせると思いますか?

答えは簡単、曲がる竿

曲がらない竿の場合は、釣り人がスイングした分だけルアーが飛びます

ところが

曲がる竿なら釣り人がスイングしたエネルギーに、竿が元の状態に戻ろうとする復元力がプラスされます

だから、曲がる竿の方が飛ぶんです



スイングによるエネルギー < スイングによるエネルギー + 竿の復元力



曲がったものが元の状態に戻ろうとする時に発生する復元力

これをうまく利用すればルアーはもっと飛ぶし、魚はもっと楽に寄せられる

竿は曲がってこそ機能するもの

でも、ただ曲がればいい訳じゃなくて、曲がったら曲がった分だけの復元力を発生させなきゃダメ

より少ない素材の量でより強い復元力を得ようとする時、作り手として何が出来るのか?

高圧で巻く

これに尽きるのです

a0183304_09051254.jpg




by bluepeaks | 2018-05-19 09:10 | ブランク