North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新の記事

フリッピングの誕生(その2)
at 2018-02-25 11:34
フリッピングの誕生(その1)
at 2018-02-23 14:41
SOW:北の国から(番外編)
at 2018-02-22 11:31
マッチング
at 2018-02-21 16:22
次の世代に残していくために
at 2018-02-20 09:32
お陰様で8年目になりました
at 2018-02-19 15:24
WEB限定ブランク特価セール..
at 2018-02-14 14:10
今年も出展します!Keep ..
at 2018-02-13 16:34
SOW:間違い探し
at 2018-02-10 11:14
SOW:ほぼ答えは出ました(..
at 2018-02-05 17:04

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

NFX S70MHの推奨ライン

PEラインの使用を想定したミディアムヘビーパワーのスピニングロッドNFX S70MHなんですが、そのため、推奨するラインの表記も以下の通り従来品とは異なっています。

a0183304_14142271.jpg
PEは0.8から2号、リーダーは8ポンドから16ポンド

もちろん、この範囲内じゃなきゃ絶対ダメ、って訳じゃありません。テストしてきた中で、誰でも無理なく使えるS70MHのロッドとしての強さに適合したライン、という意味で記載しています。

因みに日本では「PEライン」と呼んでいますが、アメリカでは「ブレイドライン」もしくは省略して「ブレイド」と呼ばれています。

「ブレイド」と言えば、車輪が4個から5個、場合によってはそれ以上縦に配列されたローラースケートの進化版「ローラーブレイド」とか、10年くらい前に流行った子供のおもちゃの「ベイブレード」とか、仮面ライダー「ブレイド」なんかがありますが、ここで言っている「ブレード」もしくは「ブレイド」は、PEラインの英語圏名「ブレイド」と全然意味が違います。

日本で言う「ブレード」とか「ブレイド」は9割9分「刃」の意味で使われていて、スペルは"Blade"

一方、英語で言うPEラインのこと「ブレイド」は"Braid"で意味は「編んだ糸」とか「組紐(くみひも)」

もう、そのまんまPEです。

カタカナにするとどちらもただの「ブレイド」であり「ブレード」なんですが、一方は「刃」で、もう一方が「くみひも」。よりによって「刃」ですからね。「刃」なんてラインにとってみたら天敵みたいなもんです。

さらに、細かいこと言えばカタカナでは「ブレイド」ですが、英語では"Braid Line"じゃなくて、「よられた」って意味で"Braided Line(ブレイデッド・ライン)"になる訳です。

カタカナにしてしまうと、その瞬間、本来の意味が消え去ってしまうという例の一つでした。

釣り人同士の小ネタにどうぞ


by bluepeaks | 2017-12-01 10:37 | NFX