North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

怖くて電源入れられません・・・
at 2018-10-19 18:08
プラクティスプラグ
at 2018-10-18 10:27
at 2018-10-17 14:22
出荷遅延のお知らせ:SWBブ..
at 2018-10-16 16:16
今年も出展します:バサーオー..
at 2018-10-10 18:36
提供開始のお知らせ:X-Ra..
at 2018-10-09 16:42
新ブランク提供開始のお知らせ..
at 2018-10-06 11:36
アメリカっぽい魚探
at 2018-10-05 09:24
提供開始のお知らせ:SMPブ..
at 2018-10-03 18:04
新製品のお知らせ:ソルト&ス..
at 2018-10-02 18:33

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

NFX S70MH提供開始のお知らせ

PEラインの使用を想定した7フィート、ミディアムヘビーパワーのスピニングロッドNFX S70MHの提供を開始します。
a0183304_14142271.jpg
メーカーによって多少異なるもののアメリカでスピニングロッドと言えば、6フィート10インチ前後のドロップショット用の竿か、7フィートのミディアムヘビーパワーのシェイキー用の竿っていうのがスタンダードな存在。なので、今回リリースしたS70MHもそんな感じの、どちらかと言うと大雑把な釣りのためのロッドか、と言うと、これがむしろ逆で、長さとパワーこそ同じなのですが、S70MHはもっともっとフィネスな釣りを想定したものです。

そもそも7フィートミディアムヘビーパワーのスピニングロッドに対する要求はテスターから寄せられたもの。プレッシャーが極限まで高まり、ちょっとやそっとのことでは口を使わなくなっている千葉のリザーバーで、バスを効果的に釣る方法として、一部の猛者どもの間で試行されていた釣りがチョウチン釣り。湖面に覆いかぶさるオーバーハングの下にスッキピングでスモラバをねじ込み、枝にラインを意図的に引っ掛けて、スモラバを水面付近でシェイク・・・、ちょっと水中に入れてシェイク・・・これを繰り返してオーバーハングの下でじっとしているバスに口を使わせる・・・というもの。「それじゃ、バイトがあっても獲れないんじゃないの?」となるのですが、猛者はフッキングと同時に糸を張り、ラインテンションを維持したままボートをオーバーハングの中に突っ込み、バスを取り込みます。だから微妙なシェイクを効果的にルアーへ伝達するために伸びのないPEラインが必要とされ、枝越してであってもフッキングが効き、且つ、ラインを張り続けることが出来るパワーのあるロッドが必要とされる訳です。既にこの釣りは各所で取り上げられているので、もはや目新しさはないかと思いますが、この釣りがNFX S70MHのきっかけになったことは事実。

まとめれば「プレッシャー対策のためのミディアムヘビーパワーのスピニング」だったんです。

でも、こうしたヘビースピンに対する要求は千葉のリザーバーだけじゃなくて、実は琵琶湖からも挙げられていました。アプローチこそ全然違うもののこちらも超フィネス。1/16オンスくらいのネイルシンカー入れた4インチのワームを、ウィードエリアでフワフワ〜っと使う釣り。重めのシンカーでスットーンって落とすのもアリですけど、この釣りは可能な範囲で極限までウェイトを落とす釣り。でも、小さいワームを使っているからと言って喰ってくる魚が小さいか?、と言うと、そんなことはなくてゴーマル、ロクマルは当たり前。だから、そんな繊細なリグが操作出来て、ガッチリとフッキングが出来る、ウィードに巻かれても多少のことでは負けない竿が欲しい、ってことになり、それがミディアムヘビーパワーのスピニングロッドに行き着いた訳です。

「そんなデカイやつが来るのがわかってるなら最初からベイト使っておけばええヤン」って話ですけど、やっぱりね、1日のバイト数が全然違うんです。今の琵琶湖のバスさん、そんなに簡単に口使ってくれません。だから、極限までウェイトを落とすんです。なので、このケースもやっぱり「プレッシャー対策」が根底にあるんです。加えて「大型化する魚への対応」ってのもありますけど。そんな要求に応えていくため、デザインされたロッドがNFX S70MHな訳です。

対応するルアーウェイトはスピニングならではの特性を活かし1/32オンスから3/4オンス

メインラインはPEの0.8から2号

リーダーは8ポンドから16ポンド

そう、NFX S70MHはPEラインの使用を前提にしていますので、バッドガイドからトップガイドまでPE対応セッティングとなっています。
a0183304_15535619.jpg
ということで、本日よりNFX S70MHの提供を開始させて頂きました。

スペックにつきましては、以下を参照下さい。

http://northforkcomposites.jp/j-custom-nfx/s70mh/

a0183304_16361316.jpg


by bluepeaks | 2017-11-28 16:09 | NFX