North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新の記事

フリッピングの誕生(その1)
at 2018-02-23 14:41
SOW:北の国から(番外編)
at 2018-02-22 11:31
マッチング
at 2018-02-21 16:22
次の世代に残していくために
at 2018-02-20 09:32
お陰様で8年目になりました
at 2018-02-19 15:24
WEB限定ブランク特価セール..
at 2018-02-14 14:10
今年も出展します!Keep ..
at 2018-02-13 16:34
SOW:間違い探し
at 2018-02-10 11:14
SOW:ほぼ答えは出ました(..
at 2018-02-05 17:04
アメリカ流(契約更改)
at 2018-01-31 09:09

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

ポーズ中の姿勢

水平姿勢がいいとか、頭を下げた姿勢がいいとか、サスペンドジャークベイトのポーズ中の姿勢についても諸説ある訳ですけど、そんなポーズ中の姿勢に関して、ふーんなるほどなぁ、と思ったのがコレ。

ご存じエリートプロ、マーク・メネンデスによるジャーキングの解説なんですが、曰く「45度で頭を下げているのが理想。なぜならアンナチュラル(不自然)だから。普通、そんな姿勢でいるシャッドなんていないだろ?だから喰ってくるんだよ。だいたいデカイバスほど怠け者で、よりイージーに捕食出来る餌を常に探しているんだ」と。

色も形もそうですが、フツーの釣り人って、兎角よりナチュラルなものを好む傾向があるけど(特に僕ら日本人は)、エリートプロは全然違うことを考えているって事実。

因みにラインは8ポンドか10ポンドのフロロだそうだ。これ、日本で「ベイトフィネス」って呼ばれている細さ。勿論、ここまで細くする理由は、より深い層にジャークベイトを送り込みたいから。

そう思って今までフロロの12ポンドでやってきたけど、今年はもう一段細くしてみるかな・・・


by bluepeaks | 2015-03-13 14:43 | ルアー