人気ブログランキング |


North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新の記事

ブランク入荷のお知らせ
at 2020-01-29 10:50
フェルール
at 2020-01-24 17:29
ショーティー始めました
at 2020-01-23 18:09
リールグローブ入荷しました!
at 2020-01-23 17:55
2020 US NFCメッシ..
at 2020-01-23 17:45
年末年始休業のお知らせ
at 2019-12-24 14:34
完売しました:リールグローブ
at 2019-12-18 10:20
釣りフェスティバル2020に..
at 2019-12-17 14:19
臨時休業のお知らせ
at 2019-12-07 14:17
久しぶりに入荷しました:リー..
at 2019-11-13 16:58

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
アクセサリー
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

ジャークならショートハンドル

お昼休みにfacebookをチェックすることが多いのですが、今日見てたのがコレ。ケビン先生による"The most important thing with Jerkbaits"、つまり、ジャークベイトのキモってところでしょうか。既に何回か見たことあるビデオなんですが、ついつい見てしまうビデオ(というか、この時期になると始まる「仕込み」の一つ?)

順序は良くわからないのですが、全部で3部から構成されていて、まず、"How to Fish a Jerkbait More Effectively"。言って見れば「ジャークベイトでもっと効果的に釣る方法」(ってか、そのまんまじゃん)。簡単に紹介すると、「ジャークベイトは春だけのものじゃないぜ。オールシーズン使えるルアーだぜ。特に、透明度が高い場合ではとても良く効くんだぜ。なぜなら、オレ様の故郷ミシガンじゃあ・・・」って感じで進んでいきます。



次が"The Most Critical Part of Fishing Jerkbaits"、つまり、ジャーキングのキモってところです。ここではルアーの動かし方について語っていて、要約すると「ジャークするスピードが早いとか、遅いとか、1回だとか、2回だとか、ショートだとか、ロングだとか、そんなことは重要じゃないぜ。重要なのはラインスラックを利用して、ルアーを大きく左右へダートさせることだぜ。だから、ロッドは、ジャークしたら必ず元の位置に、つまり、振り始めの位置に戻すことだぜ。ジャーキングでリールで巻いている奴をたまに見かけるけど、あれはダメだぜ。リールは単に余ったラインを巻き取るだけだぜ。スラックを作りながらロッドを煽ることで、ストライクゾーンの中で、移動距離を抑えつつ、より大きく左右へルアーを動かすことが出来るんだぜ」と。



で、最後が"Choosing the Right Tackle for Jerkbait Fishing"で、文字とおり「ジャークベイトのための正しいタックル選び」。先生曰く「ティップがしなやかで、バッドがしっかりしたロッドが使いやすいぜ。グリップは断然ショートグリップだぜ。オレ様は6'10"、ミディアムヘビーのショートハンドル、スピナーベイトロッドを使っているぜ。でも、もっと大事なことはライン選びだぜ。伸びの少ないフロロカーボンが一番だぜ。リールはラインスラックを巻き取るだけなんで、何でもいいぜ」と。



あれだけ上背のあるケビン先生でさえ、ショートハンドルなんです。勿論、ショートと言ってもシングルではなくて、ダブルのショートです。ショートである理由は、ズバリ、衣服にあたってロッド操作の妨げになるから。そりゃそうです。春だけじゃない、と言いつつも、春先から登板回数が増えるので、どうしたって防寒着を着ながらの釣りになるので、バサバサ当たっていたのでは、リズムが狂ってしまいますからね。

そんなこんなジャーキングとクランキングと言う違いこそありますが、来年リリースする予定のユーティリティロッド含め、遠投性、キャストの精度、ロッドの操作性・・・と、突き詰めていった結果としての220mmのTCRグリップなのでした。
by bluepeaks | 2013-12-20 14:57 | ルアー