North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

ブランク入荷のお知らせ
at 2018-04-17 14:43
SOW:サンデーアングラー道..
at 2018-04-16 14:46
SOW:霞のスペシャルゲスト
at 2018-04-09 11:28
SOW:パワーフィッシャー誕生
at 2018-04-07 09:07
SOW:残雪のミドストフィッシュ
at 2018-04-05 08:51
運動方程式
at 2018-04-04 15:59
これがグラスコンポジットの力
at 2018-04-03 16:17
SOW:サクラサク
at 2018-04-03 09:57
SOW:七転び八起き
at 2018-03-31 11:06
今年もやってますSOW
at 2018-03-30 18:08

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

スモールの口がスモールな訳

以前にもこのブログで触れましたが、僕は、スモールマウスバスの口がラージマウスバスに比べて小さいのは、ラージよりスモールの方が捕食能力に優れているから、と思っています。このラージとスモールの関係に留まらず、捕食能力が高くなればなるほど、それに応じて口は小さくなるもの、と思っています。でないと生態系のバランスが崩れてしまう。もし仮にスモールの口がラージ並に大きかったら、それこそ瞬時に餌を食べ尽くしてしまうはず。そして、この法則はきっと海の魚にも当てはまるんだろう、と思っています。

つまり、神様が捕食能力が高い種の口は小さく、そうでない種族はきっと苦労するだろうからと大きな口を与えたに違いない、と思っています。そう考えていくと、捕食能力×口の大きさ×個体の大きさ×個体数×・・・=種としての繁殖能力、みたいな式が出来るかも?

結局、コレだ!と言うところまで掘り下げられていないんですが(出来る訳もないんですが)、スモールのスモールな口を見ていると、そんな風に感じるのです。

写真は春先の赤に反応しちゃった虎子さん。

a0183304_1611313.jpg

by bluepeaks | 2012-04-18 16:25 | 四方山