North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新の記事

SOW:北の国から(番外編)
at 2018-02-22 11:31
マッチング
at 2018-02-21 16:22
次の世代に残していくために
at 2018-02-20 09:32
お陰様で8年目になりました
at 2018-02-19 15:24
WEB限定ブランク特価セール..
at 2018-02-14 14:10
今年も出展します!Keep ..
at 2018-02-13 16:34
SOW:間違い探し
at 2018-02-10 11:14
SOW:ほぼ答えは出ました(..
at 2018-02-05 17:04
アメリカ流(契約更改)
at 2018-01-31 09:09
アメリカ流(ボヤキ)
at 2018-01-30 09:44

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

フィールドテスト

写真は工場スタッフによるフィールドテストの一コマです(なので、ボートの後ろに立てかけてあるロッドが簡素極まりないこと・・・)。

a0183304_15432348.jpg


ボートを使っているとは言え、こうした20ポンドクラスのスチールヘッドを6ポンドラインで釣ります。この釣りにおける釣果アップのキーは、なんと言ってもナチュラルなドリフトです。で、そのために糸の抵抗を出来るだけ抑えたく、6ポンドな訳です。季節が進行するとこのクラスの魚にも4ポンドで臨むのだそうです。だから、彼らに、日本のスモールマウスバスフィッシャーは、2ポンドだよ、と言っても、普通に「ふーん」と納得するんです。

どんな竿でも細糸を使うことは出来ると思います。でも、それが有効なのはフッキングまで。釣りは、ランディングしてこそ釣りな訳で、スチールヘッダーでもあるゲイリーがプログレッシブ・テーパーに拘り続ける理由の一つがこれなんだと思います。

イイ魚を釣って来たお客様から聞く感想の一つ、「同じリールなのに、ドラグの出方が違った・・・」
by bluepeaks | 2012-04-16 16:25 | ブランク