North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新の記事

フリッピングの誕生(その1)
at 2018-02-23 14:41
SOW:北の国から(番外編)
at 2018-02-22 11:31
マッチング
at 2018-02-21 16:22
次の世代に残していくために
at 2018-02-20 09:32
お陰様で8年目になりました
at 2018-02-19 15:24
WEB限定ブランク特価セール..
at 2018-02-14 14:10
今年も出展します!Keep ..
at 2018-02-13 16:34
SOW:間違い探し
at 2018-02-10 11:14
SOW:ほぼ答えは出ました(..
at 2018-02-05 17:04
アメリカ流(契約更改)
at 2018-01-31 09:09

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

シンキングPEがベスト

以前、この場で紹介した8フィート8インチのサーモン&スチールヘッド用ロッド(SSP881-2(IM))を、琵琶湖の陸っぱり用ロッドとして愛用頂いているお客様の話です。曰く、琵琶湖での88ロッドと相性がいいラインは、何と言ってもシンキングPEなのだとか。なるほど!

ロッドが長くなれば、キャストの距離が延びます。ティップの可動領域も広がるため、フッキング率も上がるでしょう。そして、殊、陸っぱりにおいては、ランディング率も上がるはずです。まさにロングロッドの恩恵と言えるのですが、代わりに出ているラインが常に長い分、リトリーブ中に、風の影響を受けやすくなります。いくら感度の良い竿で、PEを使っていたとしても、糸フケがあったのでは、アタリもボヤケるというもの。この風による糸ふけの影響を最小限に抑えるため、より水馴染みの良いシンキングPEが登場、という構図なのです。

88にシンキングPEとなると、なんかすっかりエギングみたいですが、このコンビネーションが今のところベストとのこと。この冬、88ロッドをデビューさせるお客様、是非とも参考にして下さい。
by bluepeaks | 2011-12-03 22:58 | タックル