North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

フィニッキー
at 2017-07-21 11:09
NFX S66ML出荷予定に..
at 2017-07-20 17:25
NFX 7フィートキャスティ..
at 2017-07-20 17:21
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-07-20 11:04
ミドスト in CANADA
at 2017-07-20 10:54
SOW : Smile On..
at 2017-07-19 09:13
カナダ人凄腕ガイドがミドスト..
at 2017-07-15 11:56
ハイブリッドS2のチカラ(そ..
at 2017-07-11 16:29
スクリーンショットコンテスト
at 2017-07-10 17:09
ハイブリッドS2のチカラ
at 2017-07-09 09:12

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

タグ:Jカスタム ( 271 ) タグの人気記事

2gの差がもたらすメリット

さて、ステンレスフレームのガイドを取り外して、マイクロガイド+に乗せ換えてみた結果がこちらです。

a0183304_18522557.jpg


皆さんがガイドのアライメントを確認する時の目線で撮ってみたのですが、今一これだけではわかりにくいと思いますので、至近距離で見ると、バットガイドでこれだけの差があります。

a0183304_18533149.jpg


そして、さらに、ティップセクションだとこんなにも差があります。

a0183304_18552341.jpg


よく小口径のガイドに変更すると同時に、ガイドの数を増やしてしまいがちですけど、ブランクそのものの性能を引き出すことを考えるなら、やはりガイドの数は、必要にして十分な範囲に留めたいもの。だから、ガイド数は、既存のものから変えず全部で10個としました。

これで、軽さといい、振り抜き感といい、フィーリングは抜群です。しかも、ローカーボンなので、旧ガイドの跡は一切なし。

わずか2gですが、1/3となったフィーリングの差はそれ以上です。
by bluepeaks | 2011-11-04 19:16 | ガイドシステム

嬉しい限りです

Jカスタム1.0のセカンドリリースの予約受付開始してからおよそ3週間が過ぎようとしています。そんな中、非常に嬉しく思うのは、ファーストリリースでお買い上げ頂いたお客様からリピートオーダーを頂けている点です。フィールドでブランク性能を体感頂いた結果、セカンドリリースで、さらにもう1本お買い上げ頂ける・・・こんなに嬉しい話はありません!皆様に感謝です。そんな皆様のご期待に沿えるよう、一生懸命頑張ります!
by bluepeaks | 2011-11-03 14:08 | Jカスタム

アイクが語るフロッグ・ロッド

bassmaster.comでマイク・アイコネリ(通称アイク)がフロッグのチューンの仕方と、ロッド選択のキモについて語っています。面白いので、要点を抜き出してみました。

1.まず、フックポイントは完全に隠すのではなく、ほんのちょっとだけ出しおくこと。フッキング率が全然違うぞ。

2.レッグは適度に切ってから使うべし。オレは、だいたい1インチ、真上から見て4時から11時位の角度で斜めにカットして使っている。カットすることにより、フロッグそのものがコンパクトになるだけじゃなく、ラバーがより綺麗にフレアするようになる。結果、オープン・ウォーターでウォークもさせやすくなる。使い勝手を向上させるキモだ。

3.ラインは、パロマーノットでダイレクトにラインアイに結べ。オレ様はスパイダーワイヤーの65ポンドを使っているぞ。とにかくラインアイに対して真っ直ぐ結ぶこと。こうすることにより、ロッドの動きに対してフロッグがリニアに動くようになる。

4.ロッド選択については一言言わせて欲しい。巷で言われているようなフロッグロッドに求められる要素はデタラメだ。フロッグの釣りに、ガチガチなスーパー・ヘビーロッドなどいらない。ほうきの柄は、床掃除に使うのであって、フロッグを投げるために使うのではない。オレは、しなやかなティップを備えた7フィート6インチ、ミディアム・ヘビー・パワーのABUガルシア・ヴェリタスを使っている。ティップがしなやかであるからこそフロッグを繊細に動かすことが出来るし、ラインスラックがうまく利用出来るんだ。

とまぁ、非常にざっくりと、ノリを重視して訳すと、こんな感じになります。特に興味深いのは4番。やっぱりガチガチなロッドなど必要なかったんですね。しなやかなティップを備えた、曲がる、強い竿こそがフロッグ向きと言えます。NFCのブランクで言えば、MB668/MB669、J Custom 1.0で言えばMB718がお奨めです。
by bluepeaks | 2011-10-21 16:20 | ブランク

ベイトフィネスをお使いのお客様から

今回は、J Custom 1.0のベイトフィネスモデルをカスミ水系でお使いのお客様から頂いたインプレッションを紹介したいと思います。

「今回の釣行で一番使用頻度が多かったのはベイトフィネスモデルのロッドでした。今回カスミでは8ポンドのラインを使用しましたが、表記されているポンドテスト以上の10ポンドでも問題なく使用できそうです。カスミでは3インチセンコーのノーシンカーを小場所へ入れ、スローに誘うような釣り方を多用するのですが、そうした場所には鉄杭であったり、アシであったりと、何かしらカバーの絡む場所なので、どうしても多少太めのラインとパワーのあるブランクが必要です。(操作性だけであれば6ポンドのラインと柔らかめのロッドとの組み合わせでいいのですが...)

a0183304_17461450.jpg


小貝川では流れのある浅いエリアをライトキャロや常吉リグのようなリグで、流れの中を流すような釣り方をするのですが、流れの影響を受けにくい細めの6ポンドを使用し、強引気味にランディングでき、非常に使い勝手がよかったです。

また小型プラグの早引きも行え、小貝川上流部のオカッパリではこのベイトフィネスモデル1本で十分だという印象を受けました。

J Custom 1.0のベイトフィネスロッドは、軽いウェイトをしっかり乗せられ、魚を引っ張るトルクもあり、私のなかでは今のところ、ベイトで太いラインを使い、ライトウェイトのルアーを扱う釣りにおいて、非常に理想に近いロッドと感じています」

プログレッシブ・テーパー・デザインならではのメリットを感じていただけた様でなんとも嬉しい限りです。
by bluepeaks | 2011-10-19 17:47 | Jカスタム

セカンドリリースに向け予約受付開始

North Fork Composites DESIGNO Tuned J Custom 1.0のセカンドリリースの予約を受付開始しました。ご予約の受付は、最寄りの販売店様でご予約頂く方法と、ウェブからご予約頂く方法の2つとなります(前回と同様です)。

ウェブからご予約頂く場合は、まず最初に、予約申し込みフォームを入手頂く必要があります。フォームは、以下まで空メールを送信して頂くことにより、返信させて頂きます。

form@bluepeaks.co.jp

申し込みフォームに記載頂く内容は、以下の通りです。

――――――――――――切り取り線――――――――――――
題名:セカンドリリース予約申込

■お名前:
■メールアドレス:
■電話番号:
■郵便番号:
■ご住所:
■ご予約モデル:
■ご希望のお支払い方法:銀行振込/商品代引
――――――――――――切り取り線――――――――――――

既に何回か、このブログでもお伝えしておりますが、現在、サイトのリニューアルを進めております。主な変更点は以下です。

1.利便性を高めるため、オンラインストアの機能を盛り込む
2.携帯のメールアドレスであっても製品登録可能なよう修正する
3.各ブランクのフレックス・プロファイルを100g進度に変更する
4.保証請求のプロセスをよりわかりやすく、簡素なものにする
5.部分的な更新により乱れたコンテンツの整合性を修正する

本来であればセカンド・リリースの予約受付開始と同時にリニューアル・サイトをオープン・・・
と行きたかったのですが、これも叶わず、近日中のお知らせという形になってしまいました。
鋭意準備を進めておりますので、もう少々時間を下さい。

なお、ご予約等については、サイトのリニューアルとは関係なく、随時、お受けしたいと思いますので、まずは申し込み書を入手頂ければと思います。

皆様のご予約をお待ちしております!
by bluepeaks | 2011-10-15 23:12 | Jカスタム

チャプター福島ボンバー・ファクトリー・カップ

今週末、NFCブランク・パートナーの一つである福島のロッド・ビルディング・ファクトリーBOMBER FACTORYさんが冠スポンサーとなったチャプター福島BOMBER FACTORY CUPが福島県曽原湖で開催されます。

当日は、曽原湖に隣接するさざなみ荘さん内のBOMBER FACTORY展示ブースにおいて、BFカスタムロッド、デジーノ・カスタムロッドに合わせ、ノース・フォーク・コンポジットJ Custom 1.0も展示させて頂きます。

a0183304_8545065.jpg


チャプター参加者だけでなく、一般の方も対象とした展示となりますので、皆様、どうぞお越し下さい。

東北各県のフィールドで実釣テストを重ねてきたBOMBER FACTORYさんが見たノース・フォーク・コンポジットの魅力に是非耳を傾けてみてください。Check it out!
by bluepeaks | 2011-08-26 08:55 | ブランク

セカンドリリースに向けて

大変ご好評頂きましたNorth Fork Compositesデジーノ・チューンド・Jカスタム1.0のセカンドリリースに向け、本格的に始動しました。詳細決まり次第、皆様には、この場でお伝えしていきたいと思います。差し当たりプロダクト・ラインナップは、ファースト・リリースと同じ製品、同じ仕様で、進めていきたく考えています。ご期待下さい。
by bluepeaks | 2011-08-20 23:48 | Jカスタム

マイクロガイド(part3)

マイクロガイド向けに富士工業からマイクロトップガイドが2011年にリリースされた話は昨日触れました。そんな中、デジーノとのコラボレーション・カスタム・ロッド"J Custom 1.0"においては、このマイクロトップガイドではなく、別名スーパーオーシャントップこと、MNトップを採用。理由は、ざっとこんなところです。

1.ナイロン、フロロ、PEと多様なラインに幅広く対応可能なこと
2.ラインの絡みにくさ、とりわけPE使用時における絡みにくさには定評があること
3.最小リング径5.0ながら、パイプ径は2.4mmまでと幅広く選択可能なこと
4.ティップセクションの小口径KTガイドと相性がいいこと
5.MNトップは、構造上重くなりがちだが、リングサイズが5である限り、フレームは純チタン製であり、十分な軽量化が図られていること

特に、Kガイドと総称される傾斜フレームのガイドは、部分的に採用したのでは効果が半減してしまうため(何処か一箇所で絡んだのでは意味なし)、ティップセクションがKTガイドであれば、より親和性が高く、実績も豊富なMNトップ、というロジックです。このリングサイズ5のMNトップを軸に、ティップセクションをKTの4.5、ベリーセクションで5から6まで拡張し、チョークガイドをリングサイズ7と設定したのがJ Custom 1.0のマイクロガイド+。

重さの割に体積の大きいバルサ製のシャッドなど(今やシャッドラップラパラくらいでしょうか?)、空気抵抗により失速しやすいルアーの場合、飛距離に影響が出ることもありますが(ラインを引き出す力が弱いもの)、比重が高いルアーである限り、この設定で何ら問題ありません。むしろ問題ないどころか、軽く、感度も高く、振り抜き感も良く、ブランクそのものの良さが引き出されていて、まさにNGC2.0と言った感じ。気になるデータは富士工業のサイトで公開されています。
by bluepeaks | 2011-08-03 23:02 | ガイドシステム

Feel NFC

個人ビルダー向けに提供しているブランクの無償貸し出し評価プログラムFeel NFCの適用範囲を拡大しようかと検討中です。

貸し出すのはブランクでなく、Jカスタムのサンプル・ロッド。数に限りがあるので、ブランクと同じ条件での貸し出しは無理ですが、いつものリールと、いつものラインで、想定するルアーを、通いなれたフィールドで実際に投げてみることが出来たなら、それはもう納得の1本に出会って貰えることだろう、と思うからです。試投会もナイスなアイディアですが、場所と時間が限られる上、告知から実施まで、調整事に多くの時間を費やすことになりそう予感ムンムン。ならば、思い切ってFeel NFCを応用出来ないか?と考えているところです。

というのもFeel NFCを利用頂いているお客様から、利用後、非常にポジティブなフィードバックを多く頂いており、この延長線上でJカスタムも知って貰えた・・・と考える次第。でも、本日現在、在庫がないので、あくまでもサンプルロッドでの試投しか出来ないんですけど・・・

出来たら皆さんの声を直接聞きたいので、もし、そんなサービスがあったら是非利用したい!という方がいらっしゃいましたら以下までメール送信下さい。

info@bluepeaks.co.jp
by bluepeaks | 2011-07-24 22:32 | Jカスタム

サンプルロッドを展示します!

明日の午後から連休最終日(7/18)まで、福島県の岸波/北福島店さんにおいて、ベイトフィネスモデルMB662 IM J+を除く、Jカスタム1.0全モデルのサンプルロッドを展示させて頂くこととなりました。
金属的な張りと軽さばかりが強調されてきた従来の日本製ロッドとは一線を画す、「曲がる強い竿」の意味を、是非ともこの機会に体感頂きたいと思います。東北のフィールドが豊かであるからこそ、Jカスタムもより一層、輝けるものと信じています。
by bluepeaks | 2011-07-11 22:38 | Jカスタム