North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-06-24 14:37
知られているようで知られてい..
at 2017-06-18 10:49
クローフィッシュ?クレイフィ..
at 2017-06-16 11:36
知られているようで知られてい..
at 2017-06-16 09:02
知られているようで知られてい..
at 2017-06-15 15:50
文字の色を変えました
at 2017-06-14 09:41
知られているようで知られてい..
at 2017-06-14 09:32
ソコヂカラ
at 2017-06-13 17:46
知られているようで知られてい..
at 2017-06-13 15:38
知られているようで知られてい..
at 2017-06-11 15:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

タグ:英語 ( 18 ) タグの人気記事

ファイバーグラスか、グラスファイバーか?

ファイバーグラスか?

グラスファイバーか?

人によって呼び方が違います。

人に聞いても「いやいや、昔からファイバーグラスだからファイバーグラスなんだよ」と、実はその本当の理由を知らなかったりします。

a0183304_1846467.jpg


カーボンファイバーとは言うけれど、ファイバーカーボンとは言わない訳で、同じロジックで考えれば、やっぱりファイバーグラスはおかしいだろ、って話です。英語の語順的にもね。でも、これも同様に根拠がない訳です。あるにはあるけど弱い(語順だけではね)。それに世の中全般を見渡すと、むしろ「ファイバーグラス派」が主流であるような気がします。そう、あのゲイリーもその一人で6月に工場に行った時、インタビューの中でずーっと「ファイバーグラス」と言ってました。

とは言え、多くの場合、英語の名前には、常にそれらしい意味があるので(そう信じているので)、大ボスであるゲイリーがたとえ「ファイバーグラス」と言っているからと言って、それをそのまま鵜呑みにすることも出来ず、悶々としていたのですが、wikipediaを良く読んでみれば・・・

「コレが原因じゃね?」と思える説明があるじゃありませんか!

"Glass fibers have been produced for centuries, but mass production of glass strands was accidentally discovered in 1932 when Games Slayter, a researcher at Owens-Illinois, directed a jet of compressed air at a stream of molten glass and produced fibers. A patent for this method of producing glass wool was first applied for in 1933.[3] Owens joined with the Corning company in 1935 and the method was adapted by Owens Corning to produce its patented "fibreglas" (one "s") in 1936. Originally, fibreglas was a glass wool with fibers entrapping a great deal of gas, making it useful as an insulator, especially at high temperatures."

Source from https://en.wikipedia.org/wiki/Fiberglass

簡単に訳すと、

「グラスファイバーが作り出されてから数世紀が経つ。しかし、ガラス糸の大量生産は1932年に偶然にも発見されたものだ。それは、オーウェン・イリノイ(社名)の研究者であったゲイムス・スレイターが融解したガラスに圧縮した空気をジェット噴射することで繊維を作り出したものだった。このガラスウールの製造方法は1933年に特許認定を受けた。オーウェンズ(社名)はその後コーニングカンパニーの一部となり、この製造方法は、1936年にオーウェンズ・コーニング(社名)によって特許"fibreglas(ファイバーグラス)"と命名された。ファイバーグラスとは、大量のガス放射により繊維状となったグラスウールであり、とりわけ高温下における絶縁体として活用されている」

ということで、"fibreglas(ファイバーグラス)"とは、特定企業の特許の名称。だから敢えて"glass"から意図的に最後の"s"をとって"glas"とし、"fibreglas"としたかと。第一、最初の一文、冒頭に"Glass fibers"とある訳で、グラスファイバーを説明する文の中に"fibreglas"が出てくるってところが決定的。

たぶん、製品とともに、このファイバーグラスという特許の名前が世の中の広く普及していき現在に至る・・・

ってところかと。

こうしたことは革新的な製品の場合、他分野でもよくあることで、例えば、かつてコピー機のことをゼロックスと呼んでいたり、ティッシュのことをクリネックスと呼んでいたり。まぁ、今じゃ、誰も「ゼロックス」なんて言わないけど。だから、今を生きる僕らとしては、やっぱりここは「ファイバーグラス」じゃなくて、「グラスファイバー」なんじゃないのと個人的には思う訳ですが、どうですか?

そんなことどうでもいい?

それを言ったら

おしまいよ。
by bluepeaks | 2016-06-30 19:03 | ブランク

テーパーとアクション

内外を問わず、そして、プロアマを問わず、混同され使われていることの多い用語の一つに「アクションとパワー」がある、って話を以前取り上げましたけど、今日は同じ話題で他のケース。そう、タイトルにある「テーパーとアクション」、これについて取り上げてみたいと思います。

釣りに限らず、こうした日常的に使われているんだけど、いざその意味は?って聞かれると、わかっているようで、わかっていない外来語って結構あると思います。外来語であるが故に、本来の意味を知らずに、人づてに聞いた言葉や、書籍で目にした言葉を、話の前後関係からなんとなーく推測して、そのまま使い続けちゃう・・・、で、周りもみんなそんな感じだから、お互いに突っ込むこともなく、疑問に思うこともなく、使い続けて早数十年・・・というのは外来語あるあるでしょうか。

でも、そもそも言葉には必ずちゃんとした意味がある訳で、逆に言えば、ちゃんとした意味がなければ言葉として人々の間に広まっていくこともないはず。英語であれ日本語であれ。

そんな日常的に使っているんだけど、イマイチ理解出来ていない英語の用語に出会った時、本来の意味を知る上で超使えるのが「英英辞典」。何と言っても英語を英語で説明しているので、英語を母国語としている人たちがどういう意図で、その言葉を使っているのか、そんな気持ちもわかったりするもんです。なので、目線を同じくするという意味でオススメです。まぁ、最初はしんどいでしょうけど。

で、そんな英英辞典にはこう書いてあります。

Taper(テーパー)とは、

a0183304_167188.jpg


"a gradual decrease in the width of a long object"、つまり、長い物体の幅が徐々に減少していくこと、とあります。

なので、これをロッドの話に置き換えると

「徐々に径が細くなっていく物理的な形状、もしくは、細くなることそのもの」

これをTaper(テーパー)って呼んでいることになります。

もう一方のAction(アクション)は

a0183304_1614190.jpg


"the way in which something such as a chemical or process has an effect on something else"とあります。ちょっと面倒くさい感じですが、ザックリ訳せば「科学物質とか、工程とかによる影響および作用」ってこと(actionには多くの意味があるので、最も適当と思えるeffectの意を抜粋)

なので、同様に、これをロッドの話に置き換えると、

「外的な負荷に対して、そのロッドがどのような曲がりを見せるのか」

これをAction(アクション)って呼んでいることになります。

まとめると、Taper(テーパー)とは先が細くなっていく物理形状のことであり、Action(アクション)とは外的な負荷に対して描くベンディングカーブ、もしくは、その負荷により発生する復元力、ってこと。

でも、なんで急にこんなことを話題にしているのかって?

それは、なかなか会えないけど、この業界の中で働く大先輩からお電話を頂いたから。

ごっつあんです。
by bluepeaks | 2016-02-26 16:24 | ブランク

ニコリグ

今やドロップショットを凌ぐフィネスリグの代表格、ネコリグ。

僕ら日本人は「ネコリグ」って呼んでますが、この日本発のリグをアメリカ人は「ニコリグ」って呼んでます。先日の「ツンドラ」と全く同じなんですが、スペルが"neko"なんで「ニコ」と呼んでいるという、これまた外来語の強制アメリカ読みです。

wired to fishの動画を見ると、もうみんなニコニコ言っています。

http://www.scout.com/outdoors/wired2fish/story/1614992-neko-rigging-tips-and-tricks

そんなニコリグなんですが、ヘェ〜、うまいこと紹介しているな、と思ったのは、ただのフィネスリグとしてではなくてゼブラマッスルの対策リグとして紹介しているところ。ドロップショットもそうですが、湖底に接しているのは基本ネイルシンカーのヘッドな訳で、よほど凸凹した地形でない限り、直接ラインが湖底に触れる機会はそうそうない訳で、イコール、ラインブレイクの可能性が低い、っていう見せ方です。

ドロップショットと同じく、スモールマウスレイクで流行る予感アリアリです。
by bluepeaks | 2015-11-24 11:00 | バス

やっぱりツンドラでした

今世の中を騒がしているからって訳じゃないんですけど、ふと思い出したので、以前取り上げたTUNDORAのロシア語での発音の話。

忘れてしまった人はココを見て!

やっぱりロシア語では「ツンドラ」でした。よりそれらしく書くと「ツゥンドラ」みたいな感じ。ロシア生まれのアメリカ移民に確認したので、間違いなし。やっぱりアメリカ人は、何でもかんでもアメリカ英語読みする、っていうもう一つの事例になりました。

なので、ここは敢えて"TUNDORA"を「ツゥンドラ」と呼び、"BMW"を「ベンベー」と呼び、"PARIS"を「パリ」と呼んで、差を見せつけてやろうじゃありませんか!

って、使う場面がないっすね。

a0183304_16452830.jpg


ということで、只今絶賛世界をお騒がせ中のロシアネタでした!
by bluepeaks | 2015-11-11 17:02 | 四方山

自動翻訳

面白半分でウェブの自動翻訳を使ってみた結果がコレ。

「棒の選択は低音釣の重要な部分ですが、overcomplicated する必要はありません。ここでは知っている必要があります。」

皆さん、この意味わかります???

ここで、ヒント。

棒はロッドで、低音はBASSです。

原文はコレ。

"While rod selection is a critical part of bass fishing, it doesn't need to be overcomplicated. Here's what you need to know."

つまり、

「ロッド選択はバスフィッシングの重要な要素の一つですが、複雑に考え過ぎる必要はありません。知っておくべきことはこれです」

ってことです。

このシンプルなたったわずか二行の文章ですら、このレベル。
もし、アメリカのバスフィッシング情報をいち早くゲットしたいと思うのであれば、自動翻訳には頼らない方がいいと思うんだけどね・・・これじゃ、暗号だろ
by bluepeaks | 2015-04-06 16:27 | 四方山

スカンク

スカンクってご存じですか?たぶん誰しもが知っていると思いますが、あの臭ーい分泌液を出す小動物です。

a0183304_14111149.jpg


source from wikipedia

アメリカでキャンプなんかしていると普通に出て来るので、特に珍しい動物ではないと思いますが、それはそれは臭いので、ここから転じて英語のスカンク(skunk)にはいろんな意味があります。

例えば、「超イヤなヤツ」とか、試合でこてんぱんに負けた「完敗」とか。そして、我々釣り人の場合は、1匹も釣れない状況、そう、日本語で言う「坊主」とか、「おデコ」と同じ意味です。使い方は、こう、

「昨日、ジョンはスカンクだったみたいだぜ。」

あーイヤだ、スカンクとは呼ばれたくないもんです。
by bluepeaks | 2014-09-24 14:32 | 四方山

スルー?ジカ?N?

昨日のエントリー「リグの変化につれて」でもはてさてどう書いたものかと一瞬迷ったスルーリグであり、ジカリグであり、Nリグと呼ばれているリグ。気になった序でにググって見た結果がコレ。

Nリグ=438,000
ジカリグ=27,500
スルーリグ=1,870

現時点では「Nリグ」が独走しています。でも、このまま定着していく様にはどうも思えないので、呼び名が今でも幾つかある「ドロップショット」を例にググってみた結果がコレ。

ドロップショット=1,560,000
ドロップショット 釣り=751,000
ダウンショット=690,000
ダウンショット 釣り=429,000
常吉 釣り=305,000
常キチ 釣り=246,000
ツネ 釣り=163,000

「ドロップショット」単独キーワードだと1,560,000ヒットもあるんですが、大半はテニスの「ドロップショット」の様です。少なくとも最初の1ページは全部テニスの「ドロップショット」でした。なので、これに「釣り」というキーワードを加えてみたところ751,000ヒット。「ドロップショット」+「釣り」の∩集合の方が「ダウンショット」単独で引いた時よりも多いと言う、個人的には驚くべき結果。きっと皆さん「ダウンショット」って呼んでいるのだろう・・・とばかり思っていたんですが、実はここも既にグローバリゼーション!?

因みに英語ならどうなるかと言うと・・・

"drop shot fishing"=1,480,000
"down shot fishing"=28,200

これはもう想像通りの結果で、数が全然違います。

つまりです。今後もきっとこれと同じ様な事が起こるはずで、スルーリグとか、ジカリグとか、Nリグとか呼ばれているリグも、最終的にはアメリカでどう呼ばれるか、というところに大きく依存している様な気がします。

で、これは僕の予想ですが、国土が大きくて、多民族から構成されているアメリカの場合、定着する言葉は少なからず「名が体を表している」もの、と思っています。なので、今後、デファクトスタンダードになりそうなのは、3つの中では「スルーリグ」かな、と思っています。
by bluepeaks | 2013-10-12 09:52 | タックル

説明責任!?

ICASTが開催されていた灼熱のラスベガスから無事帰国し、昨日より業務を再開しました。ご注文頂いておりました皆様、お待ち頂き、ありがとうございます。

さてさて、ここ数年、アメリカ便に乗ると必ずと言っていいほど何かハプニングがあるのですが、今回もありました。

まず往路。今回は、初めて羽田発のシアトル便に乗ったのですが、何と羽田で離陸前に、飛行機の中で2時間も待たされました・・・。結果、この2時間の遅れを引きずったまま太平洋を渡ったので、シアトルに着いた時には、乗り継ぎ便は既に遥か彼方へ・・・。で、航空会社が用意したホテルに1泊して、翌朝、ラスベガスに向かった次第です。また、帰国時には、ラスベガスの空港で約1時間半待たされ、あわや羽田行きの国際線に乗り遅れそうになる事態に・・・。いずれも大したことじゃないのですが、ここ数年、何もなく平穏無事に、定刻通りに飛んだ記憶がない。

で、本題の説明責任なんですが、恐らく訴訟社会であるが故の自己防衛策の一つだと思うのですが、実は、トラブルの発生時における、英語での説明と、日本語での説明にはかなり差があります。簡単に言うと、英語では初期から詳しく説明されているのに対して、日本語では端折られています。

今回の例を上げれば、羽田での2時間の遅延を英語では「エンジンの不良により、エンジンを乗せ換えますので(マジか!)、時間がかかります・・・」であったのに対して、日本語では「機体の調整のため、もう少々お時間を頂戴します・・・」ってな感じです。

ラスベガスでの遅延については、英語では「フライトアテンドがまだ来ていないので、離陸の準備は整っていますが、米国航空法に従い、離陸することが出来ません。再三、携帯に電話をしていますが、いまだ連絡が取れません。繰り返し連絡していますので、もう少々お待ち下さい(マジか!)」と。そこまで説明するぅ?って言うくらい、細部まで説明するのですが、一方の日本語では「離陸準備が遅れています。もう少々お待ち下さい」で終わり。勿論、その後、時間が経つにつれ、不安を感じた人達が問いかけるので、日本語でも詳しい説明がなされたのですが、初期段階においては、これだけ違う訳です。

コレ、別に「日本人を舐めてる」とか、そういう話ではなく、恐らく何かがあった場合、ちゃんと説明していたのか否か、が裁判で大きな争点になる、説明していなかった場合、大きなペナルティを課せられるアメリカの司法事情によるものだ思うんですが、あまりにも情報の開示レベルが違うので、驚くやら、呆れるやら、イラつくやら・・・

しかし、「フライトアテンダントが時間になってもゲートに来ない」とか、「携帯に電話してるけど、全然出ない」とか、面白過ぎるんですけど、アメリカ人。

今回も貴重な経験をしました。
by bluepeaks | 2013-07-17 09:53 | 四方山

スプライン!?

たまに「スプライン」って言葉を耳にすることがあります。多くの場合、ブランクの張りが最も強く出る部位「スパイン」のことを指しているのですが、何故か・・・「スプライン」って呼ばれています(部位というよりも位相というべきかも)。たぶん何処かでちょっとしたボタンの掛け違いみたいな事があって、それが脈々と受け継がれているのかと。

もちろん、正しくはスパインです。スペルは"spine"で、意味は背骨。そう、まさにブランクの背骨にあたる部分です。他の言葉で言い表せば"backbone(バックボーン)"。

因みにWikipediaで「スプライン」って調べる見ると・・・

「スプライン曲線(スプラインきょくせん、英: spline curve)とは、与えられた複数の制御点を通る滑らかな曲線で、隣り合う点に挟まれた各区間に対し、個別の多項式を用いたものである。名前のもととなっているスプラインとは、金属や木材でできた細く長い定規で、その弾性による変形によって、自然な曲線を製図するのに使われていた。」

とのことで、スプラインとは、どうやら細くて、長くて、力を加えると曲がる「定規」のことらしいのですが、「細くて、長くて、力を加えると曲がる」なんてところがいかにもブランクを彷彿とさせる訳で、あながち大外れでもない様な気になるので厄介です。

でもまぁ、あの張りが出る部位はやっぱり「背骨」と表現するのが相応しいと思うので、「スパイン(spine)」でお願いします。そうそう、ロッドのアクション、テーパー、パワーも意外にゴッチャに使われていますよね。
by bluepeaks | 2013-04-15 23:23 | 四方山

BAGLEY TALE

JFLCCの原田さんからBAGLEY TALE(バグリー・テイル)という本を借りた。そう、あのバグリーの創業者であるジム・バグリーの伝記です。著者は奥さんのベラ・バグリーさん。

がしかし、全然落ち着いて本を開いている時間がなく、全く読めていない始末。この調子で行ったらいったいいつになったら読み終わるのか・・・、と言うか、いつになったら読み始めるのかって感じです。

因みに本のタイトルである「バグリー・テイル」のテイル(tale)は、フィッシャーマンが良く使う尻尾を意味する"tail"ではなくて、「物語」とか「話」と言った意味です。発音は全く同じ。でも、「バグリーさんの尻尾」じゃありません。

a0183304_0413795.jpg

by bluepeaks | 2013-03-21 00:43 | ルアー