North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

NFX C66モデル出荷開始..
at 2017-04-27 18:04
オフショアGO! GO!
at 2017-04-26 09:09
NFXの商品紹介ページを公開..
at 2017-04-20 17:01
バードルアー
at 2017-04-19 15:57
マテリアルの差
at 2017-04-17 15:05
ランカークラブ
at 2017-04-17 11:19
EDGE PACEMAKER..
at 2017-04-13 16:03
2.1バットデザイン
at 2017-04-07 12:23
NFXスペック(その3)
at 2017-03-31 16:49
ご注意下さい;ソルトでの利用時
at 2017-03-30 11:13

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

タグ:ブランク ( 297 ) タグの人気記事

パンダ

バサクラ会場を聞かれたことその1。

「あのパンダみたいなブランクは出さないんですか?」

ん???

一瞬何のことを言っているのかわからなかったのですが、どうやらティップセクションにのみハイブリッドS2を使ったブランクのことを言われているようで。

なるほど、言われてみれば白と黒がはっきりしているので、パンダと言えばパンダかも。

a0183304_1551302.jpg


回答は「クランキング用のブランクとしては出しません」になります。

ポイントはクランキング用のブランクとしては出さない、というところで、

じゃあ何用か?と言えば、

今、進めているのは、

まず、

ソルトのタイラバ用のブランク、

それから、

食い込み重視のシューティング用ブランク。

そんなかなり用途を絞り込んだスペシャリティ・ブランクで考えています。

何れにしても、これからのプロジェクトなので、商品化は、まだまだ先のことになりますが、スローなリカバリースピードと、ティップを常に下向きにしている釣り、この辺が活かしどころじゃないかと思う次第です。
by bluepeaks | 2016-11-01 16:18 | ブランク

Advanced CB703-1(HS2)提供開始のお知らせ

先日リリースしたハイブリッドS2を使ったミディアムヘビーパワーの巻き物ブランクCB705-1(HS2)に続き、シャロークランク専用ブランク、ミディアムライトパワーのCB703-1(HS2)の提供準備が整いましたので、お知らせ致します。

<スペック>

ファミリーネーム;Advanced Cranking(アドバンスト・クランキング)
マテリアル;Hybrid S2
パーツナンバー;CB703-1(HS2)
推奨ライン;8-16ポンド
推奨ルアーウェイト;1/8 - 3/8オンス
レンクス;7'
アクション;Mod-Fast
パワー;Med. Light
ティップ径;2.0mm
バット径;16.2mm
自重;57g
標準価格(税別);16,800円

a0183304_17314883.jpg


先日リリースしたCB705-1(HS2)がチャターベイトやスピナーベイト、テキサスのスイミング、スイムジグなど、シングルフックの巻き物、もしくは、ミディアムダイバーやディープダイバー向けであったのに対して、今回リリースするCB703-1(HS2)のスイートスポットはシャロークランク。

ブランクとして販売する長さは7フィート。カーボンと比べるとやはり復元スピードが遅いので、恐らく多くのお客様が数インチカットして使うことになるのでは、と思っています。

グラスコンポジットであるが故、エンドの外径など、物理形状的な理由からブランクスルー構造を選択する必要があると思うので、好みの長さに調整して使ってもらうことを想定し、敢えて長めの7フィートに設定しました。

残すはミディアムパワーのCB704-1(HS2)。

年内中には全3モデルを揃える予定です。

スペックの詳細はプライスリストで、ご注文はNFC Web Shopで承っています。
by bluepeaks | 2016-10-06 18:01 | ブランク

Hybrid S2 Now ON SALE!!

プライスリストへの掲載に合わせ、CB705-1(HS2)の販売をNFC Web Shopにて開始させて頂きました。

http://nfc.shop-pro.jp/

a0183304_10303595.jpg


なお、出荷は9/26以降とさせて頂きます。

それでは皆様のご注文をお待ちしております!
by bluepeaks | 2016-09-24 10:29 | ブランク

フレックスプロファイル;Advanced CB705-1(HS2)

Hybrid S2マテリアルを使ったクランキングブランクCB705-1(HS2)のフレックスプロファイルをプライスリストにアップロードしました。

a0183304_1073542.jpg

by bluepeaks | 2016-09-24 10:25 | ブランク

Hybrid S2ブランク提供開始のお知らせ

2016年9月26日よりS2グラスファイバーと中弾性カーボンIMマテリアルをコンポジットとしたHybrid S2カスタムロッドブランクの提供を開始させて頂きます。

a0183304_948518.jpg


今回リリースするHybrid S2ブランクは、SWB80X-1、MB79X-DHと同様、日本市場向けにデザインし、製品化したオリジナルブランクになります。その第一段として提供開始するのが、7フィート、ミディアムヘビーパワーの汎用性に富んだCB705-1(HS2)です。アクションはモデレイトファースト。仕上げは一見カーボン???と思わせるご覧のアンサンドフィニッシュ。

<スペック>

ファミリーネーム;Advanced Cranking(アドバンスト・クランキング)
マテリアル;Hybrid S2
パーツナンバー;CB705-1(HS2)
推奨ライン;12-20ポンド
推奨ルアーウェイト;1/4 - 3/4オンス
レンクス;7'
アクション;Mod-Fast
パワー;Med. Heavy
ティップ径;2.3mm
バット径;17.5mm
自重;67g
標準価格(税別);18,800円

a0183304_9535826.jpg


エポキシで下地処理をしていないので、イマイチ綺麗に見えませんが、デカールは比較的扱いが容易な白文字のシールタイプにしました。

IMマテリアルのMB705-1(IM)の平均自重が約57g、SMマテリアルのMB705-1(SM)が65g。これに対して、グラスコンポジットであるCB705-1(HS2)の平均自重は67g。もちろん、テーパーデザインが違うので、一概には比較出来ませんが、7フィートでわずか67g、しかも、ミディアムヘビーパワーです。グラスのようなゆったりとしたリカバリースピードを、カーボン並みのウェイトに収めたグラスコンポジットブランク。

注文と違う数をフツーに送ってきたり、散々お願いしてしたことをすっかり忘れてしまったり、まぁまぁ普段から色々とヤラかしてくれるアメリカンですが、こういうモノを作らせると・・・・・いやいや、素晴らしいモノに仕上げてきます。


カーボンじゃない、グラスでもない、ハイブリッドS2ならではの味わいを是非!!


詳しくはプライスリスト
by bluepeaks | 2016-09-23 10:33 | ブランク

新規HMブランク提供のお知らせ

2016年9月末日より以下のHMブランクの提供を開始致します。

CB7111-1(HM)
DS6102-1(HM)

a0183304_16404871.jpg


CB7111-1(HM)は、今日まで提供して来ましたCB7111-1をHMマテリアルで巻いたブランクとなります。

そして、

DS6102-1(HM)は、今日まで提供して来ましたDS6107-1(IM)をHMマテリアルで巻き、且つ、パワー表記を実際のパワー感に合わせLightパワーへと表記変更した新ブランクとなります(そもそも何でMag. Lightにしたのか今となっては不明。だいたい他の7パワーと比べりゃわかるもんだろうに)。

また、このスペック変更に合わせ、今日まで7パワー(Mag. Light)として提供してまいりましたDS6107-1(IM)を、このタイミングでDS6102-1(IM)へとリニューアルさせて頂くこととしました。

双方とも既に国内在庫を用意しておりますので、月末より出荷を開始させて頂きます。

詳しくは

プライスリスト

にてご確認頂けます。
by bluepeaks | 2016-09-22 16:34 | ブランク

新規ブランクパートナーのお知らせ

滋賀県長浜市に新たに工房をオープンさせたCrazyBassStudioさんにてノースフォークコンポジットのブランクをお取り扱い頂けることとなりました。

お近くの皆様、どうぞよろしくお願い致します。

CrazyBassStudio
〒529-0701 滋賀県長浜市西浅井町塩津浜1224-1
090-9265-8247

全国のNFCブランク・パートナーはこちらで確認可能です
by bluepeaks | 2016-09-22 14:51 | パートナー

ハイブリッドS2(その4)

ハイブリッドカーの普及で今や誰もが知る言葉となった「ハイブリッド」。意味は「2つの異なる要素を組み合わせたもの」。

今回のハイブリッドS2は、S2グラスとカーボンの組み合わせになります。ですので、より馴染みある言葉で言い換えれば「カーボン・コンポジット」もしくは「グラス・コンポジット」ってことになります。ただ、常に人と違うことばかり考える会社なので、ノースフォークコンポジット的にはハイブリッドS2と呼ぶことにしている次第です。

で、今回はブレンドする理由について解説します。

a0183304_1640244.jpg


グラスにカーボンをブレンドする理由には、もちろんフィーリングの向上がベースにはある訳ですけど、物理特性的な理由もあります。一つは軽量化。グラスだけで巻いたらそれは重くなる訳で、いくらゆったりした復元スピードが欲しいと言ってもキャスティングをベースにした釣りの場合、結局はお蔵入りすることも・・・

生粋のクランカーっぽくてカッコいいとか、有名プロが愛用しているとか、新たなる感覚を求めてとか、そんな理由で、グラスロッドに手を出して来た人はまぁまぁいるかと。しかし、これがなかなかどうして使い続けられない。気持ちが高ぶっている導入直後はいいんです。でも、2ヶ月、3ヶ月と経ってきて・・・だんだん重さや、だるさや、飛距離や精度が気になってきて、気が付けば元のカーボンロッドばかりで釣りしてた・・・

っていうのがグラスあるあるじゃないですか?

そんな遠のいてしまう理由にはいろいろあるかと思いますが、やっぱりなんだかんだ言って「重さ」が一番の理由かと。それ故、カーボンを上手いことブレンドして、ゆったりとしたグラスならではの復元スピードを、1日無理なく使い切れる重さの範囲内でまとめる、ってところを追求して来たのがいわゆるコンポジットと呼ばれる竿。

そして、もう一点が手元の強化。実はこれがとても重要です。特に、巻き物ロッドの場合。なぜならグラスは素材特性的に際限なくどこまでも曲がってしまうもの。ということは、つまり、カーボンをミックスしておかないと、リールをガッチリホールドしたい手元まで曲がってしまうことになるんです。カーボンロッドだって、LとかMLパワーだとビッグフィッシュがかかると曲がってしまうものです。ロッドに対して下向きに固定されるスピニングなら問題も限定的ですが、上向きに固定されるキャスティングリールだと、それこそファイト中にリールがグラついたりするものです(僕は昔これが原因でリールを湖に落としたことがあります。で、100mくらい糸を手繰ってリールを回収しました。。。)この理由から大概はエンドに向けて徐々にカーボンの使用率を増やしていくようデザインされています。

繰り返しになりますが、ベースにはフィーリングの向上があります。しかし、こうした物理的な特性も考慮した上で、わざわざ手間のかかる二つの素材のブレンドが選ばれている、

それがハイブリッドでございます。
by bluepeaks | 2016-09-03 17:41 | Jカスタム

ハイブリッドS2(その3)

ハイブリッドS2の続きです。今日は素材とか、製法とか、そういった話じゃなくて、商品としてのハイブリッドS2について。

すでに何回か触れていますが、今回のハイブリッドS2は、ロッドとしての販売のみならず、より多くの人にS2という素材の素晴らしさを体感頂きたく、他のマテリアルと同様、ブランク単体での販売も検討しています。

長さは全て7フィート。IMとのハイブリッドとは言え、なんせグラスなのでエンドの径がまぁまぁ太くなります。MHだとエンド径がだいたい17mm前後。従って、必要に応じて長さを調整し、ブランクスルーでビルド頂くことを想定しています。

おそらくスタート時は諸般の事情から、MLとMHでスタートさせて頂くことになるかと思います。準備もほぼほぼ目処が立ってきましたので、近日中には詳細をお知らせ出来るかと思います。

因みにロゴはこんな感じになる予定です。

a0183304_165597.jpg


check this OUT!!
by bluepeaks | 2016-09-01 19:05 | ブランク

ハイブリッドS2(その2)

今日はコンポジットパターンの話。以前もこのブログで触れたと思いますが、特性の異なる二つ以上のマテリアルを使ってブランクを作る場合、塗料や粘土のように、二つの素材を混ぜ合わせて・・・なんてことが出来ません。何故なら使っている素材がシート状だからです。白と黒、二つの異なる色紙を混ぜて灰色の紙を作る・・・なんてこと、できませんよね!これと同じで、織り交ぜ方には幾つかのパターンがありますが、要するに重ねて巻く他、融合させることが出来ないんです。

今回テストしたのは、S2グラスをベース素材とし、その上にカーボンを巻き重ね、エンドに向かって徐々にカーボンの使用率を高めていくレイヤーブレンドパターンと、ティップはピュアなグラスとし、エンドに向かって徐々にカーボンの使用率を高めていくグラスティップパターン。

上の写真がレイヤーブレンドで、下の写真がグラスティップになります。

a0183304_16144036.jpg


外見の差は写真の通り。レイヤーブレンドの場合、S2はあくまでのベース素材として使われているので、表面だけ見るとアンサンドフィニッシュのカーボンのよう見えます。これに対して、グラスティップは、ティップは100%グラスなので、白。そこから徐々にグレーになり、そして黒くなっていく・・・そんな感じです。

外見以外にも違いがあって、まずは重さ。

同じ長さ、同じパワーのブランクであっても、グラスティップだと約64g。

a0183304_16441497.jpg


対してエンドに向かって徐々にカーボンの使用率を高めていくレイヤーブレンドだと約60g。

a0183304_16172462.jpg


この4gの差はまさにティップのグラスの量に依るものとなります。

なので、当然のことながらブランクの支点も若干異なって来て・・・

a0183304_16572761.jpg


だいたい50mmから60mmくらいグラスティップの方が支点が前寄りになります。

ただ、フィーリングは、どちらとも甲乙つけがたい出来・・・ではあるのですが、今後リリースする予定のハイブリッドS2グラスロッド、ならびに、カスタムロッドブランクには、レイヤーブレンドを採用することにしました。

理由は単純明快。

今までのグラスになかったS2グラスならではの素材としてのアドバンテージは「軽さ」にこそあるから。

アングラーに愛されるグラス特有のノリの良さを、今までのグラスでは出来なかった軽さで実現する

これが最も軽いグラス素材であるS2の素材特性を活かしたコンポジットパターンではないのか、と考えた訳です。

だから・・・ハイブリッドS2グラスロッドのティップセクションには、ガイドもより軽いチタンフレームを使う予定です。

つづく・・・
by bluepeaks | 2016-08-30 17:45 | ブランク