North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ヒートマップ
at 2017-08-11 14:24
SOW:ハネモノ
at 2017-08-10 14:48
SOW:福岡から頂きました
at 2017-08-09 16:31
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-08-08 11:20
SOW:BOON
at 2017-08-08 11:03
SOW:金砂湖
at 2017-08-07 17:53
SOW:サマーパターン
at 2017-08-03 10:06
これぞスマイル・オン・ザ・ウ..
at 2017-08-02 11:03
投稿ありがとうございます
at 2017-08-01 11:48
SOW:キャストが決まれば・・・
at 2017-08-01 11:34

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

タグ:トーナメント ( 12 ) タグの人気記事

ブラックレーベルタックル

意外と知られていないようなので、EDGE PACEMAKER(エッジペースメーカー)をデザインしたB.A.S.S.エリートプロ、クリフ・ペイスが作るルアー、「ブラックレーベルタックル」について取り上げてみたいと思います。

まず、クリフは1980年5月23日生まれの37歳、
ミシシッピ州在住、
参戦したトーナメントは本日現在128戦、
優勝3回、
トップテンフィニッシュが26回、
生涯獲得賞金が$1,493,140(約1億7千万円)
2013年のバスマスタークラシック・チャンピオン
趣味はボウハンティング(弓矢によるハンティング)と料理とルアー作り

で、この趣味からスタートしたルアー作りが「ブラックレーベルタックル」に発展、

と言う流れになります。

では「ブラックレーベルタックル」ブランドでどんなルアーを作っているのか、

というと、

例えば写真のスクエアビルとか、

a0183304_9354271.jpg


フラットサイドとか、

a0183304_932449.jpg


ディープダイバーとか、

a0183304_9331427.jpg


さらには、スイッシャーとか、

a0183304_9362672.jpg


土地柄が明確に反映された如何にも南部のバスカントリーって感じのラインナップです

アメリカでさえどこでも買えるってモノじゃありません

でも、驚くべきは日本のプロショップでも何回か目にしたことがあるってこと

なので、既に日本にも愛用者がいるのではないでしょうか?

そんなルアーを作っているエリートアングラーがクリフ・ペイスで、

そんなクリフがデザインしたロッドがEDGE PACEMAKER(エッジペースメーカー;通称EPM)な訳です

ブラックレーベルタックルのウェブサイトは以下

https://www.blacklabeltackle.com/

通販もやっているようなので、興味のある人は「ポチッ」とお一つ如何でしょうか!?

All of the photos above come from https://www.blacklabeltackle.com/
by bluepeaks | 2017-06-05 09:51 | EDGE

経験と判断力

釣りの上手い下手を決める要素には、技術やら道具やら経験やら・・・さらには科学的にはうまく説明出来ない勘なんてものまでいろいろあるけど、そのうち経験が占める割合ってどんなもんだろう?と、フツーな人間である僕は思う訳です。

8割?

5割?

3割?

よく「アイツはセンスがある」とか言うけど、そもそもそんなセンスだって、最初から備わっていた訳じゃなくて、経験を積み重ねる中で、習得していったもの。もちろん、そこには習熟にかかる時間の早いか、遅いかはあるけど、スポーツや楽器、習字や生け花、語学など、あらゆるものがそうである様に、まずは一定以上の時間を費やさない限り、つまり、経験を積み重ねない限り、人より上手になることはない、というのが全ての人がまさに経験的に知っている事実。

特に釣りの場合は、幾つかある要素のうち、「経験こそが一番大事」などと言われて久しい訳ですが、その一方でトーナメントアングラーの場合、若い頃、または、生涯のとある時期、それこそ他を圧倒するような強さを見せていた選手が歳を追うごとに勝てなくなっていく・・・というのも良くある話。

つまり、殊、トーナメントの世界においては、先の前提である「経験こそが一番大事」は正しくない、ってことです。

日頃から抱いていたそんな漠然とした疑問に対して、答えを明示してくれたのが今月号のバサーで

a0183304_9565775.jpg


雨貝さんによる大森さんのインタビュー記事"ON THE ROAD"の一節。

a0183304_111521.jpg


「よくさ、釣りは経験が大切とか言うけど、アレ違うと思う。ジョーダン・リー(25歳)に対して自分がアドバンテージを持っているとはまるで思えない。長くやってると、過去の経験なんてむしろ忘れることのほうが多い。 結局、経験に助けられることなんてなくて、1試合1試合グラインドして(歯を食いしばって)やっていくしかないと思う」

ここで言っている「釣り」って、ただの釣りじゃなくて、「トーナメントでの釣り」のことを言っていると思うので、言い換えれば、経験があるのは当たり前、その上で、瞬間、瞬間を感じて、判断して、行動して、必死にやらないと勝てない、ってことかと。

つまり、他のスポーツと一緒で、トーナメントフィッシングはフィッシングである前にスポーツ、ということ。

ここの数年、自分も本当忘れっぽいので、他人様ことなど全く言えたものじゃないのですが、大森さんもやっぱ忘れちゃうんだ、過去の経験・・・

お坊さんとアメリカで会うってのも、かなり稀な経験だと思うんですけど・・・
by bluepeaks | 2017-02-01 11:25 | B.A.S.S.

10フィートのバスロッドいよいよ登場!(その1)

2017年からB.A.S.S.トーナメントサーキットにおいて10フィートまでのロッドが使用可能となる・・・というトピックスを以前取り上げましたが、今回のレギュレーション変更を推し進めた推進派の一人、スキート・リースが改めてその思いを、B.A.S.S.に寄稿しているので、日本語に訳してみようかと思っています。

a0183304_16304362.jpg


source from http://www.bassmaster.com/skeet-reese/birth-10-foot-bass

では、まず第一パラグラフから

At the end of the summer, I contacted the Elite Series Angler Advisory Board and our Tournament Director Trip Weldon. I wanted to bring up some thoughts about our maximum rod length rule. I’ve often wondered why we were limited to 8-foot rods. I know why we have the rule, but I wondered if it was something that we could improve upon. It’s not just because I am a rebel and wanted to make a change, it’s because I know how much more efficient longer rods can make all of us as anglers.

「トーナメントで利用出来るロッドの長さについて、幾つか提案したかったので、夏の終わりにエリートシリーズのアングラーアドバイザリーの役員と、トーナメントダイレクターであるトリップ・ウェルデンにコンタクトしたんだ。どうして8フィートまでという制限があるのか、常々不思議に思っていた。何処かでルールを設けないといけない、その必要性についてはわかる。でも、それは同時に修正することも出来るはずだ。別に物議を醸したい訳じゃない。ただ、変えたいだけなんだ。なぜならロングロッドがどれくらいの効果を僕らアングラーにもたらすのか、わかってるいるからね」

They unanimously decided to increase the length to 10 feet. I didn’t suggest a length but asked the question. After the discussions, they all voted unanimously to adopt longer rods, and they settled on 10 foot as the length. Here’s why I’ve thought about this for so many years.

「彼ら、トーナメント・ダイレクターとアドバイザリーは、満場一致で10フィートまで延長することを決めた。特に具体的な長さについては提案しなかった。でも、質問はされた。その後、議論を重ねたのち、彼らは満場一致でより長いロッドの使用を受け入れることに投票したんだ。で、最長10フィートという長さに落ち着いたんだ。これこそが、長い間、思いを巡らせてきたことさ」

First things first. Why did we even have the rule in the first place? The answer to that question is the one and only Dee Thomas – the Godfather of Flippin’. When Dee was just getting into bass fishing tournaments in the 70s, he was known for using 10- to 14-foot cane poles and “Tule Dippin” in the Delta.

「まず第一に、どうしてルール化しておかなくてはいけなかったのか、ってことだけど、その答えは、後にも先にもフリッピングのグランドファーザーこと、ディ・トーマスにある。70年代、ディがバスフィッシングトーナメントに参戦し始めた当時、彼は10フィートから14フィートの竹竿を使って、トゥール・ディッピング(注釈)をデルタでやっていたんだ」

注釈;"Tule Dippin(トゥール・ディッピング)”の"Tule(トゥール)"は日本語で「ホタルイ」と呼ばれるカリフォルニア周辺の水辺でよく見られる水性の植物(ガマっぽいかも)。"Dippin(ディッピング)"は英語の"dip"で「浸す」とか「浸ける」という意味。例えば、トルティーアチップスをサルサに「浸ける」時なんかこの"dip"を使います。なので、おそらくは延べ竿の先にジグをつけて、それを葦際に落としていく・・・そんなことをやっていたものと思われます。恐ろしく釣れそうですね・・・

When he decided to start fishing tournaments, the tournament directors started getting complaints about him having an unfair advantage, so they limited the rods to 8 feet. That’s making a short story out of a long one, but that’s the basics of it. We’ve fished under those regulations since then.

「ディがトーナメントに本格参戦することを決めた時、トーナメント・ダイレクターは、ディだけがアンフェアなアドバンテージを有しているとの、不満を周囲から聞かされていた。だから、ダイレクターはロッドの長さを8フィートまで、と制限したんだ。これは長ーい話の一部だけどさ、基本的にはこういうこと。で、それ以来、僕らはそのレギュレーションのもとで釣りをしてきたって訳さ」

と、既に結構な文字量になってきたので、今日はここまで。

続きは明日以降に
by bluepeaks | 2016-12-05 16:40 | ブランク

有罪

ご存知の方も多数いるかと思いますが、今年の5月、アメリカのガンターズビルで行われたナイトトーナメントにおいて(これ自体はとても楽しそうな響き)、不正を働いた輩が先だって有罪判決となったそうです。wired to fishの記事によれば・・・

"They were sentenced on Monday to a 1-year suspended jail sentence if they serve 30 days, complete 400 hours of community service at the Lake Guntersville State Park and pay $1,000 each plus court costs."

「月曜日に有罪が確定。その内容は、30日間の奉仕活動、のべ400時間のガンターズビル州立公園内でのコミュニティ活動、そして、1000ドルの罰金が課せられた1年間の執行猶予付き実刑判決。」

記憶が薄れつつあるところですが、そもそもどんな不正を働いていたかって言うと、こういうことです。

"the duo was actually using aquariums to pen up bass to later be used for weigh-ins in jackpots."

「ウェイン用に予め捕まえてきたバスを水槽の中でキープしてた」

ガンターズビルと言えばバスフィッシングの聖地みたいところな訳で、それ故、強烈なメッセージが込められた処分内容と言えますね。
by bluepeaks | 2014-09-18 10:14 | バス

臨場感溢れるツアーの現場

B.A.S.S.のサイトに結構インパクトのあるKVDとアイクの湖上でのやりとりがアップされています。ハンプとか、レッジとか、オフショアのスポットってフツーに釣りしてても、それなりに他のアングラーとバッティングする訳なんですが、USのツアーに参戦している日本人はこういう世界の中で戦っている訳で、そりゃ、苦労も多いかと思います。何と言っても、主張したり、かわしたりするのは言葉ですからね・・・。

立ち技、寝技を織り交ぜていかなきゃならないので、ビジネスの交渉よりも大変かも知れません。

頑張れ!ジャパニーズ

英語も磨け!


by bluepeaks | 2014-07-12 22:11 | トーナメント

硬派2013

硬派2013お疲れ様でした。106名(?)が出場し、ウェイインしたのが全25組、上位陣は全てトップウォーターで、ウイニングルアーはガウラクラフトのダブルスイッシャーという結果。

a0183304_16251046.jpg


因みに、ウェイインした25組中25番目だった開発クランクの開発学さんによれば、開発挺が丁度流し終えたところを、まさに背中越しに釣られてしまった魚が本大会の最大魚であり、その釣り人が優勝者だったとか・・・

バスフィッシング好きが年に一度集まって、皆でワイワイガヤガヤとやること自体が目的の半分の様な試合ということで、その目的は十分に果たせていたのではないでしょうか。

a0183304_16265228.jpg


出場者の皆様、そして、運営者の皆様、お疲れ様でした。
by bluepeaks | 2013-05-13 16:37 | イベント

ルアーフィッシングだよね

今年からスポンサー企業の1社として名を連ねさせて頂くことになりましたH1 GRAND PRIX会場にお邪魔してきました。最高気温が10度に届かない非常に厳しいコンディションの中繰り広げられた第一回大会。その戦いっぷりについては、別途各誌からレポートがあると思うので、ここでは割愛させて頂きまして、自分なりに感じたことを一つ。

ステージ上で魚が披露される瞬間のみならず、魚を持ち帰った選手の口からウイニングルアーが告げられる度に、会場からは「おぉ~」と声が上がるんです。これがとても新鮮。

3人が1匹ずつを持ち帰るという厳しい内容であったが故、その分盛り上がった、という一面もあるかとは思いますが、恐らくそこには、「同じ様なルアーを投げていたのに・・・」というモヤモヤ感があったり、「答えはそれだったのか・・・」という最後までやり切れなかった自分への苛立ちがあったり、色々だと思います。それにしても、釣れたルアーに、釣れた場所、釣れた時間帯、アプローチのしかた、動かし方、魚の出方などに、参加者のそれこそ全員が一喜一憂するその楽しみ方がとても印象的な大会でした。

懐かしいと言ったら大袈裟になるかも知れませんが、食性に訴えるだけでなく、魚そのものの習性を理解した上で、人間が智慧を絞って作り出した擬似餌で、より大きな魚を釣る、というルアーフィッシング本来の楽しみ方の一つを久しぶりに見た様な気がしました。

次回以降は、大会参加者のみならず、より多くの皆様に試投頂けるよう、事前にこの場で告知した上、試投用ロッドを持参したいと思います。

a0183304_11203083.jpg


a0183304_1121145.jpg

by bluepeaks | 2013-04-22 11:25 | イベント

H1 GPX

疎らな更新間隔から抜け出せない今日この頃ですが、本年度より関東各地にて全5戦にてハードルアーのみで釣果を競い合うトーナメントH1グランプリ2013に協賛させて頂くこととなりました。第1戦も目前に控えた中、後手後手の対応にも関わらず、調整頂きました関係者の皆様、ありがとうございます(感謝)。

H1グランプリ2013の会場にて、いつもリールと、いつもラインで、そして、いつもルアーでノースフォークコンポジットを体感頂ける機会などを提供していきたく、考えています。たぶん・・・(ビルドの都合などで)全戦は難しいかと思いますので、準備が整い次第、追ってこのブログを通して、お伝えして行きたいと思います。
by bluepeaks | 2013-04-06 09:08 | トーナメント

ハリとノリの調和がもたらすアドバンテージ

Next IM(Intermediate Modulus:インターミディエイト・モデュラス)がもたらすハリとノリの絶妙なバランスがウィード絡みのクランキングで大活躍です。以前もブログで取り上げた琵琶湖のウィークエンド・アングラー"JITAさん"からの嬉しいお知らせを紹介します。

5月13日に開催されたマリーナの試合で優勝しました!当日は、シャロークランクをメインに釣りを組み立てました。風のタイミングや向き、太陽の角度などから移動を繰り返し、このランガンがうまいこと機能。良い魚を持ち込むことが出来ました。ロッドは、J Custom 1.0 MB716IM J+を使いました。今回は、この竿のポテンシャルを改めて認識させられる試合となりました。

私のクランキングは高速巻きを多用するのですが、これには適度なハリと粘りを伴ったノリが求められます。そこで肝となるのがハリとノリのバランス。

ノリばかりを重視すると、高速巻きの時、ウィードにスタックし、一瞬で「藻だるま」になります。勿論、レンジは細かく意識して、マメにクランクベイトを替えていきます。それでも藻面からヒョロヒョロと伸びるウィードを、意識的に切っていく作業が必要で、そのため、適度なハリが必要なんです。

でも、こうしたウィード対策ばかりに目を向けてしまうと、今度は、せっかく得たバイトも、そのハリがために、弾いてしまいます。「ゴンッ」で終わりです。仮に、うまくフッキング出来たとしてもランディングの過程で、魚の重さ+ウィードの重さ+寄せる距離が重なりあって、「身切れ」という何ともやるせない結果となるのです。

一見するとただ遠投して、ただグリグリと巻いているだけの様に見える琵琶湖のクランキング。良く言えばシンプル、悪く言えば雑にさえ見えると思うのですが、実はシビアな釣りだったりします。今回の試合を通して、そうした必要にして十分なハリとノリが高い次元で調和しているブランクがIMと認識しました。ウィードが絡んだ高速クランクキングに、バイブレーションにIMは最高のマテリアルです!」

とまぁ、これ以上ない嬉しいご報告を頂きました。

ウィークエンド・アングラーであるからこそ、限られた時間の中で、確実に釣果を上げたい・・・そんな超シビアな目で、今日まで数々のロッドを使い込んで来たアングラーから高く評価頂いています。
by bluepeaks | 2012-05-19 09:24 | ブランク

結論は使用禁止

B.A.S.S.エリート・シリーズならびにクラシックにおけるアラバマリグの使用は、禁止という結論で落ち着いた様です。予想通りと言えば予想通りの結論と言えるのではないでしょうか。

魚が激しく傷つくなど理由は様々あるようですが、なんと言っても1ファンとして言うならば、100名近くの超がつく釣りウマさん達が一斉にアラバマリグをキャストし続けるトーナメントなんてハッキリ言って「見たくない」し、「ツマラナイ」と思うのです。だから、今後もずっと永続的に禁止となるかどうかはさておき、まずは、一度使用禁止にして2012年をスタートさせるしかなかったのではと思っています。

・・・でもです、アラバマリグには、とても良い面もあると思うのです。兎角、フィッシング・プレッシャーが高くなるとフィネスに走る傾向がある中で、何でも闇雲に小さくすれば良い、ナチュラルにすれば良い、のではなく、本能を効果的に刺激出来れば、今まで捕れなかった魚もバイトさせることが出来る、という事を改めて全てのアングラーに気付かせてくれたリグだと思うのです。今後、そんな本能を刺激する新ジャンルのルアーが生まれるキッカケになるかも、と期待しています。
by bluepeaks | 2012-01-19 15:15 | B.A.S.S.