North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

修正完了:お問い合わせ窓口
at 2017-03-25 15:00
お問い合わせ・・・デキズ
at 2017-03-24 16:56
NFX受注開始のおしらせ
at 2017-03-20 11:43
スイムベイト
at 2017-03-20 08:55
自重わずか123g
at 2017-03-14 15:41
Ready To Ship
at 2017-03-11 14:12
ソフトウェアアップデート
at 2017-03-04 11:03
3/4オンスのダブルウィローで
at 2017-03-01 18:32
マグバス(その2)
at 2017-02-25 08:44
マグバス(その1)
at 2017-02-23 14:37

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

タグ:タックル ( 50 ) タグの人気記事

ソフトウェアアップデート

魚探の話です。ローランスのウェブページで製品登録しておくと定期的にお知らせメールが送られてきます。時に新製品情報だったり、時にプロモーション情報だったり。基本的にはアメリカ市場向けのお知らせなので、魅力的に映るプロモーションも大半は対象外だったりするんですけど・・・

で、そんなお知らせの中にソフトウェアアップデート情報があります。スマホが一般に普及した今、解説の必要などないかと思いますが、中身は機能の向上だったり、バグの修正だったり。

で、そのお知らせメールの中に、アップデートの内容が英語でツラツラと書かれているんですが、多分これを読んで即理解出来る人はソートー少ないかと思います。魚探にすごく精通している人か、英語に相当精通している人か、もしくは、コンピュータに相当精通している人か・・・。それがどんなものかと言うとこんなもんです。

a0183304_958313.png


まぁ、フツー読んでもよくはわからんと思います。

で、ここからが本題なんですが、今日は、そんな時に役立つ情報を一つ。そのメール本文の一番下にこんな文があります。

a0183304_1033146.png


要するにアップデートをダウンロードするのはこちらへ、ってことなんですが、このリンクをクリックするとダウンロードページへ移動します。

a0183304_1013548.png


で、該当するモデルをクリックすると、各ソフトウェアアップデートのダウンロードサイトに移動します。

a0183304_1033985.png


で、そのページをスクロールすると、一番左の一番下に"Release Note(リリースノート)"って書かれたリンクがあります。

a0183304_1055154.png


このリンクをクリックするとpdfドキュメントが表示され、ここにアップデートの中身が図解されています。これなら英語が読めなくてもアップデートの中身が理解出来るかと思います。

a0183304_1019213.png


因みにこの「リリースノート」とは、コンピュータ業界で広く一般的に使われている用語の一つで、アップデートの中身を説明する解説書のこと。なので、言って見ればアップデートをインストールする前に誰しもが必ず読んでおくべきドキュメント。これを読めば、そのアップデートをインストールする必要があるのか、ないのか、放置しても問題ないのか、などなどを判断することが出来る訳です。だから、とっても詳しくわかりやすく書いてあるので、とても有益な情報な訳です。

でも、ローランスの場合、ちょっとした問題がありまして・・・

問題は、USのサイトからダウンロードしたアップデートを適用してしまうと、表示言語が英語になってしまうということ。機能的には問題なく使えるんですけど、日本語が表示されてなくなってしまう(らしい)。僕個人は日本で買った魚探を、英語表示で使っているので問題ないんですけど。

ローランスに限らず、スマホ、PC含め、あらゆる電子機器の場合、日本語の表示ってコンピュータリソース的には結構な負担なので、同じ機器、同じバージョンでも英語の方がサクサク動くものです。ローランスも然り。でもまぁ、やっぱり皆さん日本語がいいんですよね。特に何か困った時に安心ですもね。わかりますけど。

なので、ここまで書いといて何ですが、アップデートをインストールするかしないかは自己責任でお願いします。

って言うか、リリースノートには毎回目を通した方がいいですよ、って話でした。
by bluepeaks | 2017-03-04 11:03 | タックル

NFCロッドベルト提供開始のお知らせ

NFCウェブショップにてNFCロッドベルトの提供を開始させて頂きます。色は黒、長さ295mm、幅40mm、厚さ3mm。2本1組のペアにて税抜きジャスト1,000円。単体での発送時は定型外郵便として発送しますので、全国一律120円でございます。

a0183304_11144356.jpg


ご注文はNFC Web Shopにて。
by bluepeaks | 2016-10-18 11:15 | グッズ

ロッドグローブ始めました!

ご好評につき、今月より米国ロッドグローブ社のロッドチューブの取り扱いを大幅に拡大することにしました。

今ならキャスティング用、スピニング用ともに全色取り揃えております。

a0183304_1810530.jpg

a0183304_18222321.jpg

a0183304_1823754.jpg

a0183304_18232261.jpg


さらに・・・

合わせてロッドグローブ社が提供する「リールグローブ」の取り扱いも開始しました。

キャスティング用と・・・

a0183304_18234661.jpg


そしてスピニング用。

a0183304_18125699.jpg


一度使えばなるほど納得!

従来まではロッドチューブと言えばバスボートユーザ向きのもの?と考えられがちでしたが、その使い勝手はむしろオカッパリのランガンでこそ生きるもの。

是非、この機会にまずはお一つお試し下さい。

お求めはNFC Web SHOPまで

a0183304_18255056.jpg


http://nfc.shop-pro.jp/

なお、今回販売を開始しましたロッドチューブはロッドグローブ社オリジナルのチューブであり、NFCロゴはプリントしておりません。

また、価格はキャスティング用が税別1,200円、スピニング用が税別1,400円となります。

詳しくはhttp://nfc.shop-pro.jp/で、
by bluepeaks | 2016-08-22 18:26 | グッズ

受注再開のお知らせ:ロッドチューブ

大変長らくお待たせしました。本日よりNFCロゴ入りロッドチューブの受注をNFC Web Shopにて再開しました。

a0183304_1041624.jpg


ご注文はNFC Web Shopから

NFC Web Shop
by bluepeaks | 2016-06-24 10:05 | パーツ

NFCロゴ入りロッドチューブ入荷のお知らせ

長い間欠品しておりましたオプション販売するロッドグローブ社製NFCロゴ入りオリジナルロッドチューブが入荷しました。

a0183304_10234153.jpg


本日よりパッケージングを開始し、来週よりNFC Web Shopにて販売を再開させて頂く予定です。

長きにわたりお待ち頂き、誠にありがとうございました。
by bluepeaks | 2016-06-23 10:25 | ツール

スパイダーズ

The Keep Castの会場で意外にもお問い合わせが多かったのが大好評NFCロゴ入りロッドチューブとアジャスタブルロッドソックスの在庫状況。

皆様から「超使えますよ」と評価頂き、嬉しい限りでございます。

ロッドチューブについては、キャスティング用を黒から写真のブルースパイダーへ、スピニング用を赤からレッドスパイダーへと変更させて頂きました。現在、ホ−フに在庫を持ち合わせておりますので、是非、この機会にご用命下さい。

キャスティング用

a0183304_9164082.jpg


スピニング用

a0183304_917457.jpg


そして、アジャスタブルロッドソックスについては、遅れに遅れてしまったのですが、4月にはお届け出来るかと思います。申し訳ありません。

今後、Jカスタム2.0に標準添付する竿袋は、上記のRod Glove社製のロッドチューブとさせて頂き、アジャスタブルロッドソックスについては、別途、オプション品として販売させて頂きますので、ご承知置き下さい。

お求めは

a0183304_9253215.jpg



もしくは全国の販売店様にご相談頂ければと思います。
by bluepeaks | 2016-02-23 09:25 | グッズ

ちょっとした違いなんですけど

ロッドチューブネタが続いて、誠に恐縮ではありますが、もう一丁イカせて頂きますと・・・

凄いちょっとしたことなんですが、どうしてJ Custom 2.0に添付するロッドチューブをロッドグローブ社のチューブにしたか、って言うと、理由はコレ。

a0183304_15433674.jpg


上がロッドグローブで、下は某社の製品なんですが、先っぽがテーパー処理されていると何がいいか、というと

1.複数のロッドをベルトで束ねた時、収まりがいい
2.バスボートのストレージの中(あの穴ね)に入れた時、引っかからずにサクッと抜ける

ということ。

特に1は、今やロッドを複数本使わない人なんて、オカッパリの人でもいないと思うので、これが決め手になった訳でした。

ホントちょっとした差なんですけどね、やっぱりこういうところなんですよね。大事なのって。
by bluepeaks | 2015-11-18 15:54 | グッズ

PFD

最近、アメリカンなバスフィッシング好きにPFDと呼ばれている日本名ライジャケ。PFDとはPersonal(パーソナル)、Floating(フローティング)、Device(デバイス)の頭文字で、中身は何にも変わっていないんだけど、最近じゃあ、そんな風に呼ばれています。

a0183304_1862946.jpg


と、言っても、アメリカと言えども、釣りをしないフツーの人とか、もしくは、釣りはするんだけど、そんなに流行りモンに敏感じゃない人にとっては、やっぱりフツーにライフベスト(Life Vest)なんです。

例えば、空港のチェックインカウンターで、「PFDをバッグの中に入れているけど、大丈夫だよね?」なんて言うと、大概は「PFD?」って聞き返されます。そうすると「えーっ、と最近、Personal Floating Deviceって呼ばれているんだけど、要はライフベスト」って説明するんですね。つまり、それだけPFDって呼び名が一般化していないってことです。

因みに、海外釣行時には、自前のライジャケを持っていくことになるかと思いますが、各航空会社ともに、基本、一人一つまでだったら、機内持ち込みでも、預け入れでもOKです。

僕も最初は不思議に思っていたんです。何故なら、あんなボンベが付いていて、気圧で破裂する可能性があるモノをホントに持ち込んでいいのかって?

でも、調べてみたら納得。

つまり、洋上で、もし何かがあった場合、機内に備え付けられているライフベストではなく、自分が信用しているものを使いたい、そう願う顧客の意思を無視することは出来ない、って考え方なんですね。

なので、一人一つまでであれば持ち込める、って訳です。

まぁしょうがないですけど、勿論釣りなんて想定外ですよ。

そんなPFDなんですが、はてさてPFDという呼び名は今後一般化するんでしょうか?

うーん、たぶん、ビミョーかと
by bluepeaks | 2015-11-09 18:17 | グッズ

ポーズ中の姿勢

水平姿勢がいいとか、頭を下げた姿勢がいいとか、サスペンドジャークベイトのポーズ中の姿勢についても諸説ある訳ですけど、そんなポーズ中の姿勢に関して、ふーんなるほどなぁ、と思ったのがコレ。

ご存じエリートプロ、マーク・メネンデスによるジャーキングの解説なんですが、曰く「45度で頭を下げているのが理想。なぜならアンナチュラル(不自然)だから。普通、そんな姿勢でいるシャッドなんていないだろ?だから喰ってくるんだよ。だいたいデカイバスほど怠け者で、よりイージーに捕食出来る餌を常に探しているんだ」と。

色も形もそうですが、フツーの釣り人って、兎角よりナチュラルなものを好む傾向があるけど(特に僕ら日本人は)、エリートプロは全然違うことを考えているって事実。

因みにラインは8ポンドか10ポンドのフロロだそうだ。これ、日本で「ベイトフィネス」って呼ばれている細さ。勿論、ここまで細くする理由は、より深い層にジャークベイトを送り込みたいから。

そう思って今までフロロの12ポンドでやってきたけど、今年はもう一段細くしてみるかな・・・


by bluepeaks | 2015-03-13 14:43 | ルアー

3700

先週、超、超、超久しぶりにプラノの3700を購入したのですが、気付けばビミョーにサイズが変わっているじゃありませんか!

a0183304_927926.jpg


たまにポロッと取れてしまうことが多かったラチェット(ツメ)はヒンジに改善され、素材も何だかちょっとだけ柔らかくなり、各所にはラウンド加工が施され、いい感じなんですが、ビミョーにサイズダウン。仕切りもこの通りちょっとだけ小さい。

a0183304_9291812.jpg


プラノのタックルケースを店頭で見かけなくなって久しい訳ですが、その間にもこのシカゴの会社はコツコツと改良を重ねて来たということ(つまり、他にもっと大きい市場があるからで)。

既にいくつも持っているので、全体調和のためにも今さら他のタックルケースには変えられない訳で、これからもずっとお世話になっていくんだと思います。

多少形が変わっても僕は全然気にしません。
なので、3700だけは絶対に続けて欲しい。
お願いします、プラノさん!
by bluepeaks | 2014-09-30 09:42 | タックル