North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

SOW:Dスプーンフィッシュ
at 2017-10-23 16:07
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-10-20 13:43
リペアサービスの提供から1年..
at 2017-10-17 15:19
グラスコンポジットと低弾性カ..
at 2017-10-17 11:39
ネコリグもスピナーベイトも
at 2017-10-13 11:14
試投会@H1グランプリ最終戦
at 2017-10-08 17:59
SOW:きゃービトロン!
at 2017-10-08 11:49
ハイブリッドS2新ブランク提..
at 2017-10-06 17:29
退職後の収入源
at 2017-10-06 12:01
SOW:秋を満喫!
at 2017-10-06 09:20

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

タグ:その他 ( 173 ) タグの人気記事

退職後の収入源

昨日のSOWに投稿頂いた愛知の小出さまのような個人ビルダーさん達にご利用頂いているノースフォークコンポジットのブランクですが、ビルダー人口って、釣り人口を母数とするならば、その割合は極々わずかなものです。それこそ数パーセントの世界ではないでしょうか?

a0183304_1212791.jpg


多くの人にとってロッドビルディングは、

やったことがないから何から始めて良いかわからない・・・とか、
周囲を見渡しても誰一人としてビルディングをやったことがある人がいない・・・とか、
カスタムロッドショップという存在は知っているけど、家の近くにはない・・・とか、
何となく敷居が高い・・・とか、
釣りに行く時間さえ確保出来ないのに、ビルドなんて考えられない・・・とか、
そもそもビルドする時間があるなら釣りに行きたい・・・とか、
初期投資がそこそこ必要だし、そんなお金があったらフツーに竿買うし・・・とか、
家の中にスペースが確保出来ない・・・とか、

パッと想像するだけでも、マイナスな要素満載な訳です。

a0183304_1234233.jpg


そういうことがわかった上で、

「だからこそやるんだよ」って人とか、
「他人がどう思おうが関係ないね」って人とか、
「とにかく作ることが好き」って人とか、
「ビルドせずロッドを語ることなかれ」って人とか、
「最大公約数から作られている既製品ではどうしようもないから面倒だけど自分で作る」って人とか、

そういう人たちが集まって、先の数パーセントを構成しているのがカスタムロッドビルダー人口なんだろうと思う訳です。

でも、アメリカにはもう一つ、面白い切り口があるらしくて・・・

それは

退職後の収入源。

ロッドを作ることから始まり修理や改造などを有償のサービスとして請け負うもの。

事実、ビルディング関連グッズ会社、例えば、フレックスコートとかのホームページを見るとたいがいは「スモールビジネスキット」なんていうセットが販売されていたりするんです。

さすがは何でも自分でやっちゃうDIY大国アメリカなんですが、近隣にある大手チェーン店の下請けの仕事とかが取れれば、退職後の収入源として、そこそこ成立してしまうのかも知れません。

釣りが家族単位で楽しむ遊びとして定着しているアメリカなら十分アリなんでしょうね。
by bluepeaks | 2017-10-06 12:01 | 四方山

Thank you and see you next year!!

2017 Basser Allstar Classicsも無事に終了しました。

a0183304_1721060.jpg


2日間ノースフォークコンポジットブースにお立ち寄り頂きました皆様、誠にありがとうございました。

バサーオールスタークラシック、通称バサクラに参加させて頂いてから今年で5年目。

お客様と直接会話出来る数少ない機会だけに今後も大事にしていきたいと思います。

a0183304_17194586.jpg


さて、そんなお客様との会話の中から印象に残ったものを幾つか、これからの課題という意味でも、この場に記載しておきたいと思います。

1.最近釣りが変わってきて、もう少しだけ短いクランキングロッドがあったらなぁ、と思うことが間々ある・・・

→クランキングロッドに限らず、不思議なことに「長くしたい」って人はほぼゼロ。これって土地柄でしょうか?

2.今の竿のグリップをちょっとだけ長くしたい

→グリップを今以上に短くしたい、という人はほぼゼロ。つまり、今のサイズは必要にして最もコンパクトなサイズということか?

3.やっぱりバールコルク(以前使っていた黒いコルク)が好き

→素材としての特性や変えた経緯などを説明すると一様に理解は得られるものの、それでもやっぱり前のあの黒いコルクが好き、って言う声が多数。確かにあの風合いは捨てがたい・・・しかし・・・

4.シェイプがかかったコルクLOVE

→ポジティブなコメントばかりでした。コメントというか、ほぼ感想?

5.今使っている竿よりもうちょっとだけパワーを落とした竿が欲しい

→これも不思議なことにパワーを上げたいって人はほぼゼロ。やっぱり土地柄でしょうか?関西だったら絶対「もうちょいパワー」って言われると思うんだけど。

6.実際に手に取れる機会が少ないので、困る

→これは一番大きな課題。試投会?イベント参加?レンタルロッド?店舗への在庫のお願いか?


これらが全てではありませんが、強く印象に残っているところがこんなところです。
もちろん全てに対処することは現実的には難しいですが、出来るところから一つ一つ対応していきたいと思います。

そんな訳で、改めましてお立ち寄り頂きました皆様、ありがとうございました。

また来年、お会い出来る時を楽しみにしています。
by bluepeaks | 2017-10-02 17:44 | イベント

つりマラソン

個人的な話ですが、この土日はつりマラソンをしてました。

まず、朝7時から琵琶湖でバスを追いかけて、3人でこんなの投げまくって、巻きまくって・・・

a0183304_1647417.jpg


船中10匹くらい

で、一番大きい魚がコレで

a0183304_16272895.jpg


結局、ネコリグっていう・・・

こうやって見ると小振りに見えますが、ジャスト50

で、そのまま富山まで400キロ走って日の出とともに海上へ

a0183304_1631106.jpg


穏やかな日本海を40分くらい走って・・・

a0183304_16354883.jpg


ミンコタのiパイロットを駆使して、ドピンに浮き、潮を読んで200gくらいのデッカいジグを落とすと・・・

a0183304_16391025.jpg


久しくご無沙汰だった青いヤツらが台風とともに北の海から戻ってきたようで、ズドーンと掛かって

a0183304_1641572.jpg


それを見た神戸の商人が「それナンボ、ナンボ?」と価格交渉を始めて・・・

a0183304_16422728.jpg


全部釣れた魚を買い取って、

月曜日の夜、

華やかなる神戸の街で宴が開かれるという・・・

a0183304_16451789.jpg

a0183304_16452968.jpg
a0183304_16454137.jpg
a0183304_16455310.jpg
a0183304_1646299.jpg


週末でございました。

個人的な釣果は・・・

子バス:2匹
アマダイ:1匹
アオハタ:1匹
キジハタ:1匹
エソ:?匹
フグ:?匹

全走行距離900キロ

睡眠時間5時間くらい(船上含む)

いくらスポーツの秋とは言え、つりマラソンは50の体にはキツイっす

皆さんもほどほどに
by bluepeaks | 2017-09-26 17:02 | 四方山

スクリーンショットコンテスト

魚探メーカーのローランスが魚探映像のスクリーンショットによるコンテストをやってます

a0183304_16562827.png


画像を見ただけで釣れた気分になれる釣り人的ワクワクドキドキ画像を撮って送る、というもの

面白いことしますね

ただ、GPSのデータは写さない方がいいでしょうね

広大であるからこそなのかも知れませんが、アメリカにも結構いるそうです、そう、Facebookとかにアップされている写真の隅に写っているGPSを拡大して、それを頼りに次の日そのスポットに入る人

釣りたい気持ちはわかりますけどねぇ・・・

アメリカでさえそんな感じみたいです
by bluepeaks | 2017-07-10 17:09 | 四方山

クローフィッシュ?クレイフィッシュ?それともクローダッド?

クローフィッシュに関するトリビアです。

場所によって、人によって、呼び名が変わる淡水ロブスター、クローフィッシュ

クローフィッシュ?
クレイフィッシュ?
クローダッド?

一体どれが正しいんでしょう?

それぞれに違いはあるんでしょうか?

なので、調べてみました。

英語の文法や単語について解説するサイト"grammarist"によれば、

a0183304_1131627.png

source from http://grammarist.com/usage/crayfish-crawfish-crawdad/


クレイフィッシュ、クローフィッシュ、そして、クローダッドは淡水ロブスターに対して使える言葉で同じ意味。クローフィッシュはアメリカで好まれる表現。一方のクレイフィッシュはその他の英語圏で好まれる表現。そして、クローダッドは、アメリカの一部で好まれる表現。オーストラリアとニュージーランドではクレイとだけ表現することもしばしば

ってことで、言ってみれば、ザリガニをエビガニって言うのと一緒、ってことかと。
by bluepeaks | 2017-06-16 11:36 | 四方山

EDGE PACEMAKERの提供予定について

昨年のBasser All Star Classicで一部のサンプルを先行展示し、2017年のKeep Castで全モデルを展示したEDGE Pacemaker(エッジ・ペースメーカー)ですが、本日現在、米国工場側で出荷体制が整っておらずご注文をお受けすることが難しい状況にあります。引き続き工場側とは調整し、安定出荷が可能となりましたら改めてお知らせしますので、暫くお時間を頂きたく、お願いします。

工場移転の影響が未だ収束しておらず、EDGEロッドのみならず多方面にご迷惑をおかけしており、申し訳ございません。

a0183304_162366.jpg

by bluepeaks | 2017-04-13 16:03 | EDGE

修正完了:お問い合わせ窓口

先にお知らせしました問い合わせ窓口の不具合ですが、修正が完了しましたことをお知らせ致します。
by bluepeaks | 2017-03-25 15:00 | 四方山

ソフトウェアアップデート

魚探の話です。ローランスのウェブページで製品登録しておくと定期的にお知らせメールが送られてきます。時に新製品情報だったり、時にプロモーション情報だったり。基本的にはアメリカ市場向けのお知らせなので、魅力的に映るプロモーションも大半は対象外だったりするんですけど・・・

で、そんなお知らせの中にソフトウェアアップデート情報があります。スマホが一般に普及した今、解説の必要などないかと思いますが、中身は機能の向上だったり、バグの修正だったり。

で、そのお知らせメールの中に、アップデートの内容が英語でツラツラと書かれているんですが、多分これを読んで即理解出来る人はソートー少ないかと思います。魚探にすごく精通している人か、英語に相当精通している人か、もしくは、コンピュータに相当精通している人か・・・。それがどんなものかと言うとこんなもんです。

a0183304_958313.png


まぁ、フツー読んでもよくはわからんと思います。

で、ここからが本題なんですが、今日は、そんな時に役立つ情報を一つ。そのメール本文の一番下にこんな文があります。

a0183304_1033146.png


要するにアップデートをダウンロードするのはこちらへ、ってことなんですが、このリンクをクリックするとダウンロードページへ移動します。

a0183304_1013548.png


で、該当するモデルをクリックすると、各ソフトウェアアップデートのダウンロードサイトに移動します。

a0183304_1033985.png


で、そのページをスクロールすると、一番左の一番下に"Release Note(リリースノート)"って書かれたリンクがあります。

a0183304_1055154.png


このリンクをクリックするとpdfドキュメントが表示され、ここにアップデートの中身が図解されています。これなら英語が読めなくてもアップデートの中身が理解出来るかと思います。

a0183304_1019213.png


因みにこの「リリースノート」とは、コンピュータ業界で広く一般的に使われている用語の一つで、アップデートの中身を説明する解説書のこと。なので、言って見ればアップデートをインストールする前に誰しもが必ず読んでおくべきドキュメント。これを読めば、そのアップデートをインストールする必要があるのか、ないのか、放置しても問題ないのか、などなどを判断することが出来る訳です。だから、とっても詳しくわかりやすく書いてあるので、とても有益な情報な訳です。

でも、ローランスの場合、ちょっとした問題がありまして・・・

問題は、USのサイトからダウンロードしたアップデートを適用してしまうと、表示言語が英語になってしまうということ。機能的には問題なく使えるんですけど、日本語が表示されてなくなってしまう(らしい)。僕個人は日本で買った魚探を、英語表示で使っているので問題ないんですけど。

ローランスに限らず、スマホ、PC含め、あらゆる電子機器の場合、日本語の表示ってコンピュータリソース的には結構な負担なので、同じ機器、同じバージョンでも英語の方がサクサク動くものです。ローランスも然り。でもまぁ、やっぱり皆さん日本語がいいんですよね。特に何か困った時に安心ですもね。わかりますけど。

なので、ここまで書いといて何ですが、アップデートをインストールするかしないかは自己責任でお願いします。

って言うか、リリースノートには毎回目を通した方がいいですよ、って話でした。
by bluepeaks | 2017-03-04 11:03 | タックル

インチ

ルアーフィッシャーマンならば誰もが聞いたことがある長さの単位インチ。でも、実は、それが2.54センチであることは意外と知らなかったりするもんです。

それにしてもメートル法に慣れしたんだ身としては、2.54とはホント中途半端な長さに感じられる訳です。

で、そもそも何で2.54センチ程度のものを単位として採用したのか、その経緯を調べてみました。

以下wikipediaからの引用です。

元々のインチは、男性の親指(爪の付け根部分)の幅に由来する身体尺だったとされている。古代ローマにおいて、フィートと関連づけられてその12等分した長さが1インチとされた。

インチ (inch) という言葉の語源は、ラテン語で「12分の1」を意味する uncia であり、質量の単位であるオンスと同一語源である。古英語の ynce(ユンチェ)を経て、inch となった。

また、親指の幅であることから「親指幅」とも呼ばれた。現在でも、多くの言語でこの単位は「親指」という言葉に似た、または同じ名称で呼ばれている。


だとか。

男性の親指(爪の付け根部分)の幅=1インチ

なので、自分の親指の爪の付け根の幅を測ってみたら2.3センチ。

あなたの1インチは何センチですか?

a0183304_11164360.jpg

by bluepeaks | 2017-02-08 11:17 | 四方山

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

キャスティング・ディスタンス(Casting Distance)
プレゼンテーション・アキャラシー(Presentation Accuracy)
センシティビティ(Sensitivity)
リフティング・パワー(Lifting Power)

この4つエレメントを核に、2017年も釣り人の感性に訴えるMade In USAなプロダクトをお届けしていきます!
本年もどうぞよろしくお願い致します。

a0183304_10292912.jpg

by bluepeaks | 2017-01-04 10:29 | 四方山