North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ヒートマップ
at 2017-08-11 14:24
SOW:ハネモノ
at 2017-08-10 14:48
SOW:福岡から頂きました
at 2017-08-09 16:31
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-08-08 11:20
SOW:BOON
at 2017-08-08 11:03
SOW:金砂湖
at 2017-08-07 17:53
SOW:サマーパターン
at 2017-08-03 10:06
これぞスマイル・オン・ザ・ウ..
at 2017-08-02 11:03
投稿ありがとうございます
at 2017-08-01 11:48
SOW:キャストが決まれば・・・
at 2017-08-01 11:34

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

NFX 7フィートキャスティングモデル出荷予定について

長らく欠品しておりましたNFXの7フィートキャスティングモデルC70M、C70MHですが、新モデルC70Hと合わせ7月下旬もしくは8月上旬より出荷可能となる見込みです。お待ち頂いております皆様には大変ご迷惑をおかけしておりますが、今しばらくお時間を頂きたく、お願い致します。

a0183304_1721598.jpg

# by bluepeaks | 2017-07-20 17:21 | Jカスタム

スマイル・オン・ザ・ウォーター(SOW)

全国的にも梅雨明けしたようで、いよいよ夏本番

週末はどこに行こうか、そわそわしているそこのあなた

魚が釣れたら是非、

釣った魚と笑顔自慢のフォトコンテスト「スマイル・オン・ザ・ウォーター」

まで写真を投稿下さい

a0183304_1111523.jpg


http://northforkcomposites.jp/smile-on-the-water

皆様の投稿をお待ちしております!
# by bluepeaks | 2017-07-20 11:04 | イベント

ミドスト in CANADA

スモールマウス天国のオンタリオでミドストやったらどうなるの?って話を取り上げてみたいと思います。

まず釣れるか釣れないかで言えば、何ら問題なく日本と同じ様に釣れます。

a0183304_1020185.jpg


じゃあ、他の釣りと比べてどうか?というと、今回試した範囲内では特にミドストだけが爆発的に釣れたとか、狂ったように反応した、なんてことは残念ながらありませんでした。簡単に言うとミドストで釣れるところでは、ジャークベイトでも釣れるし、フットボールジグでも釣れる。なので、ミドストしか効かないようなシビアな状況には出会いませんでした。

a0183304_1023978.jpg


因みにカナダで試したミドストタックルはコレ。

ロッド:Jカスタム2.0 SSR64UL(初期テストモデル)
リール:シマノ2500番
ライン:フロロカーボン4lb.
ジグヘッド:ケイテックスーパーラウンドジグヘッド1/16オンス
ルアー:NLW DSミノー

止水では1/20オンスを使うことが多いのですが、写真のナイアガラリバーはまぁまぁ流れが強いので、1/16オンスを使用しました。場所にも依りますが、だいたいミンコタの出力60でもステイ出来ないくらい流れています。そして、下流にはあのナイアガラの滝が待ち構えている訳で・・・怖っ

で、ミドストじゃなきゃ喰ってこないシビアなシチュエーションというのもカナダにもあって、それがポールさんの言う「8月とか、9月とか、魚がフィニッキ―な時」、つまり、水温が年間最高レベルに達する時、もしくは、その直前なんだと思います。

なので結論を言えば、カナダでもミドストの出番はありますし、十分楽しめます。ただ、効率(キャッチ数)を求めるのであれば時期を選ぶ必要がある、と思います。

a0183304_10271788.jpg


それともう一つの問題は、ライトラインを使うが故(ベイトを動かすため、ライン選択はとても重要)、ランディングにそこそこの時間を要するってことです。

a0183304_10273254.jpg


なので、極めて当たり前な結論ですが、出しどころが大事ってことです。

あと捕食しているベイトがとても小さい時も爆発するかも知れませんね。
# by bluepeaks | 2017-07-20 10:54 | バス

SOW : Smile On the Water

徳島県のぶぅさんからSOWを頂きました。

まずは・・・

a0183304_98176.jpg


「PFR71MHでシャローフラットをヘビキャロで獲ったナイスフィッシュです。2,500g有りました。アタリは小さかったのですが、感度が良いのでシッカリ解り、フッキングも決まります。カバー撃ちだけじゃもったいない竿、手放せません(^^)予備にもう一本買っちゃいました(^^)」

いつも投稿ありがとうございます。
今回はシャローフラットでのヘビキャロですか!
毎度のことですがいい魚ですね〜

追加導入も頂いたとのこと、重ねてありがとうございます。

続きまして・・・

a0183304_9102182.jpg


「新調したUTR68Hで入魂しました!
タフな旧吉野川でフリック9.8のベイトネコ、上流部のカバー撃ちからのドリフトで枝に巻かれましたがキャッチできました。UTRシリーズは自分の釣りでは欠かせない相棒です(^^)」

魚もナイスですが、何より写真がいいですね。

ナイスフィッシュにナイスショット

素晴らしい!
# by bluepeaks | 2017-07-19 09:13 | SOW

カナダ人凄腕ガイドがミドストロッドをどう使うか

度々このブログにも登場するカナダ人フィッシングガイド、ポールさん。

テレビや雑誌など、メディアには表立って登場しないものの、トロント界隈で彼の名前を知らない釣り人はいないと言われるほど、名の知れ渡った凄腕フィッシングガイド(注釈:トロント在住の匿名日本人アングラーによれば、テレビに出ているメディアプロの撮影をサポートしている、とか)

a0183304_1136641.jpg


別に「試す」訳じゃありませんが、そんなポールさんに、使い方やリグなど、一切説明せずJカスタムのミドストロッドSSR64ULを渡してみました。

そう、日本で生まれ、日本で育った釣りとされるミドストのためのロッドをカナダの凄腕ガイドがどう使うのか、一人の釣り人として単純に見てみたかったから(注釈:きっと北米にもローカルな釣りとしてミドストライクな釣りはあると思います。ただ、それが効く時期が限られていたり、他の釣りで代用出来たりするなど、そんな理由で、単に全米規模になっていないだけだと思います)。

因みに、彼の釣りに対する信条は「オープンマインド」。

固定観念を捨て、柔軟に考え、良いと思えるものは何でも取り入れる、ってこと。

兎角僕ら日本人って、このルアーはこう使うべき・・・とか、この釣りはこうするべき・・・と、形を追いかけがちなんだけど、その日、その時の状況にアジャストすることに常に重きを置き、結果を出し続けているガイドがミドストロッドをどう見るのか、それを見て見たかった、というのが理由。

で、結果はこうでした

a0183304_11462582.jpg


「8月とか、9月とか、魚がフィニッキ―な時に4ポンドぐらいのフロロで軽量ジグ、フェザージグなどで使いたい」

これ、僕らの言うミドスかと。

つまり、機能特化したスペシャリティロッドとして正しく製品化されている!

と自信を深めた次第です。

近々、カナダでミドストやったらどうなるの?

って話題も取り上げてみます。
# by bluepeaks | 2017-07-15 11:56 | Jカスタム