North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

リペアサービスの提供から1年..
at 2017-10-17 15:19
グラスコンポジットと低弾性カ..
at 2017-10-17 11:39
ネコリグもスピナーベイトも
at 2017-10-13 11:14
試投会@H1グランプリ最終戦
at 2017-10-08 17:59
SOW:きゃービトロン!
at 2017-10-08 11:49
ハイブリッドS2新ブランク提..
at 2017-10-06 17:29
退職後の収入源
at 2017-10-06 12:01
SOW:秋を満喫!
at 2017-10-06 09:20
SOW:ファーストフィッシュ!
at 2017-10-05 11:24
SOW:秋のシャローゲーム
at 2017-10-04 08:52

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

巻きの秋到来

秋は巻きって昔から言われていますけど、湖上に出ると、実際にはそんなに巻いている人って見かけませんよね。相変わらずごく一部なのかも知れません。でも、そんな秋に巻いている人って、つまるところ、実は、普段から巻いている人。ただ、巻きだけで釣りが成立させられない時期とか、状況とかがあるから、巻きの釣りをベースにしながらも、撃ちの釣りも織り交ぜたりするって感じではないでしょうか?他人はその人のことをもしかしたらバーサタイルアングラーと言うのかも知れません。

そんなバーサタイルアングラーであるフルタイムガイド舞木くんから秋っぽいお知らせ頂きました。

a0183304_1011597.jpg


a0183304_10121821.jpg


ここで質問。そもそも何故秋は巻きの季節なのか?

湖全体が適水温で魚は何処にでもいられる。だから、場所を絞りにくい。つまり、限られた時間の中で、より広範囲を探れる巻きに分があるから?

春に生まれたベイトフィッシュが成長し、秋になるとより大きな群れを作って、そこかしこを泳ぎ回る。これにより、バスもよりフィッシュイーター化して、横の動きにいつも以上に反応するから?

などなど・・・諸説ありますが、まぁ、本当のところは水中にでも潜らないとわからない訳です。

でも、湖が年間最高水温を迎える夏の間、全く釣れていなかったところが、秋になると釣れ出すことは紛れもない事実で、その理由の究明は生物学者さんにお願いするとして、釣り人ならとりあえず巻いとけ、ってところじゃないでしょうか。

先日のバサーオールスタークラシックでも、北選手が巻きを貫き通して、勝ちましたし!

いやいや、格好良かったです。痺れましたwwwww

さぁ、いよいよ秋本番

スキルアップを図るなら今です。

巻きの釣りの扉を開けたいなら一度ガイド船に乗ってみることをお薦めします。巻きの釣りで狙う場所、ルアー選び、巻くスピード、レンジコントロール、フッキング、ランディングと学べること沢山。

a0183304_1019915.png


舞木ガイドはこちらから
http://mougimasakazu.com/
# by bluepeaks | 2017-10-03 10:24 | Jカスタム

SOW :クローラー祭り

愛媛県のタイソンさまからまたまたSOW頂きました。

「先日、SOWに掲載されていましたイソっちさんの「夜明けのクローラーベイト」でお馴染み?のヤマトクローラー(ヤマト屋さんオリジナルクローラーベイト )での1匹です!」

a0183304_943795.jpg


残すところ1ヶ月で40アップから50アップになってしまう自称ベテランバサーとしては、クローラーベイトと言えばクレイジークローラーくらいしか思いつかないんですが、こうしてSOW投稿を見ると、ジャイアント・クローラーベイトってもはやフツーの選択肢なんですね。

・・・ってことはまだまだ出来ることあるってことですね。

アレとか、アレとか、アレなんか・・・

いやいや、バスって言う魚に感謝しないと行けません。

これだけ楽しませてくれるのですから

投稿ありがとうございます!
# by bluepeaks | 2017-10-03 09:43 | SOW

Thank you and see you next year!!

2017 Basser Allstar Classicsも無事に終了しました。

a0183304_1721060.jpg


2日間ノースフォークコンポジットブースにお立ち寄り頂きました皆様、誠にありがとうございました。

バサーオールスタークラシック、通称バサクラに参加させて頂いてから今年で5年目。

お客様と直接会話出来る数少ない機会だけに今後も大事にしていきたいと思います。

a0183304_17194586.jpg


さて、そんなお客様との会話の中から印象に残ったものを幾つか、これからの課題という意味でも、この場に記載しておきたいと思います。

1.最近釣りが変わってきて、もう少しだけ短いクランキングロッドがあったらなぁ、と思うことが間々ある・・・

→クランキングロッドに限らず、不思議なことに「長くしたい」って人はほぼゼロ。これって土地柄でしょうか?

2.今の竿のグリップをちょっとだけ長くしたい

→グリップを今以上に短くしたい、という人はほぼゼロ。つまり、今のサイズは必要にして最もコンパクトなサイズということか?

3.やっぱりバールコルク(以前使っていた黒いコルク)が好き

→素材としての特性や変えた経緯などを説明すると一様に理解は得られるものの、それでもやっぱり前のあの黒いコルクが好き、って言う声が多数。確かにあの風合いは捨てがたい・・・しかし・・・

4.シェイプがかかったコルクLOVE

→ポジティブなコメントばかりでした。コメントというか、ほぼ感想?

5.今使っている竿よりもうちょっとだけパワーを落とした竿が欲しい

→これも不思議なことにパワーを上げたいって人はほぼゼロ。やっぱり土地柄でしょうか?関西だったら絶対「もうちょいパワー」って言われると思うんだけど。

6.実際に手に取れる機会が少ないので、困る

→これは一番大きな課題。試投会?イベント参加?レンタルロッド?店舗への在庫のお願いか?


これらが全てではありませんが、強く印象に残っているところがこんなところです。
もちろん全てに対処することは現実的には難しいですが、出来るところから一つ一つ対応していきたいと思います。

そんな訳で、改めましてお立ち寄り頂きました皆様、ありがとうございました。

また来年、お会い出来る時を楽しみにしています。
# by bluepeaks | 2017-10-02 17:44 | イベント

SOW:マグナムクランク

滋賀県の山本さまからSOW頂きました。

「水深のあるエビ藻エリアで船長がバズベイトを巻きまくっている中、エビ藻群の際にさしかかったタイミングで自家製のマグナムクランクを投入。狙い通り、エビ藻の中からナイスなお魚が食いついてくれました!」

a0183304_841448.jpg


「ロッドはS2グラスMHブランクのオリジナルロッド。エビ藻に巻かれても根っこから魚ごと抜き上げるロッドパワーはこれまでのグラスコンポジットの概念を覆した全く違うモノだということを実感させられますね」

山本さま、貴重なコメントありがとうございます。

そう、ハイブリッドS2ですが、従来のグラスコンポジットの概念を覆す全くの別物、と言っても過言ではないかと思っています。

ハイブリッドS2を手にした瞬間、まず感じるのが軽さじゃないかと思います。

多くのアングラーが一度はハマるのがグラス

理由は、グラス特有のあのゆったりとした復元スピードを活かしてキャッチレートを上げたいから

釣り人としては非常に健全な動機ですけど、恐らく9割以上のアングラーが最終的にはあの「重さ」に負けて、時間の経過とともに徐々にグラスを使わなくなっていくのではないかと思います。

そこで、ノースフォークコンポジットがデザインテーマとして取り組んだのが、

グラス特有のあのゆったりとした復元スピードを、カーボン並みの軽さの中で実現すること。

このデザインゴールを達成するために、探しまくり、試しまくった末に行き着いた素材がS2で、S2という素材としての良さを引き出しつつ、より軽く仕上げるために選んだ道がS2とIMをブレンドするというオプション。

だから7フィートを超えるロングロッドにおいても自重は120gそこそこ

そうして生まれたのがACR73MHで、個人的にも大のお気に入りで、今ではフツーにこんな組み合わせで使っています。

a0183304_9371938.jpg


そしてそして、最近のロングロッドに対する需要の高まりに応えていくため、いよいよ来月から7フィート6インチのハイブリッドS2グラスコンポジットブランクの一般販売も開始する予定です。

ご期待下さい。
# by bluepeaks | 2017-09-27 09:54 | SOW

つりマラソン

個人的な話ですが、この土日はつりマラソンをしてました。

まず、朝7時から琵琶湖でバスを追いかけて、3人でこんなの投げまくって、巻きまくって・・・

a0183304_1647417.jpg


船中10匹くらい

で、一番大きい魚がコレで

a0183304_16272895.jpg


結局、ネコリグっていう・・・

こうやって見ると小振りに見えますが、ジャスト50

で、そのまま富山まで400キロ走って日の出とともに海上へ

a0183304_1631106.jpg


穏やかな日本海を40分くらい走って・・・

a0183304_16354883.jpg


ミンコタのiパイロットを駆使して、ドピンに浮き、潮を読んで200gくらいのデッカいジグを落とすと・・・

a0183304_16391025.jpg


久しくご無沙汰だった青いヤツらが台風とともに北の海から戻ってきたようで、ズドーンと掛かって

a0183304_1641572.jpg


それを見た神戸の商人が「それナンボ、ナンボ?」と価格交渉を始めて・・・

a0183304_16422728.jpg


全部釣れた魚を買い取って、

月曜日の夜、

華やかなる神戸の街で宴が開かれるという・・・

a0183304_16451789.jpg

a0183304_16452968.jpg
a0183304_16454137.jpg
a0183304_16455310.jpg
a0183304_1646299.jpg


週末でございました。

個人的な釣果は・・・

子バス:2匹
アマダイ:1匹
アオハタ:1匹
キジハタ:1匹
エソ:?匹
フグ:?匹

全走行距離900キロ

睡眠時間5時間くらい(船上含む)

いくらスポーツの秋とは言え、つりマラソンは50の体にはキツイっす

皆さんもほどほどに
# by bluepeaks | 2017-09-26 17:02 | 四方山