North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

SOW:エクストラパワー
at 2017-11-21 09:10
SOW:ライトTX
at 2017-11-20 16:10
ノースフォークコンポジットっ..
at 2017-11-06 15:48
ノースフォークコンポジットっ..
at 2017-11-04 15:52
ノースフォークコンポジットっ..
at 2017-11-02 17:55
SOW:スクールボーイズ
at 2017-10-31 14:21
SOW:Dスプーンフィッシュ
at 2017-10-23 16:07
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-10-20 13:43
リペアサービスの提供から1年..
at 2017-10-17 15:19
グラスコンポジットと低弾性カ..
at 2017-10-17 11:39

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

マイクロガイド(part 2)

2011年に国内でもリリースされた富士工業のマイクロトップガイド。リング径が4.5で、パイプ径が1.6から2.6まで選択できるものです。それまでにもリング径が4.5のトップガイドは数多く製品化されていました。しかし、そのいずれもがパイプ径が0.7から1.5と細く、バス用にデザインされた多くのブランク、少なくともミディアム・パワー以上のブランクには、パイプ径が細過ぎて使うに使えなかった・・・。そこに登場したのがこのマイクロトップガイド。

このガイドの新規性は、リング径が単に4.5であるという点にあるのではなく、リング径に対して、パイプ径が太く、しかもバリエーションが豊富であるという点にあります。従来までの考え方は、リング径はブランク径に準じて選ぶもの、ブランク径が細ければリング径は小さいものを、ブランク径が太ければリング径は大きいものを、という考え方。そんな中、登場したマイクロトップガイドは、この従来の構図から完全に外れた存在と言えます。まさに富士工業のキャッチコピーをして「ありそうでなかった」もの。

思い起こせばニューガイドコンセプト登場前夜、ライン抵抗を低減するために、ガイド数は出来る限り減らし、そのかわりにリング径は出来るだけ大きくすることが良し、とされていました。これに対して、ニューガイドコンセプトは、まさに真逆の発想。ガイド数を増やし、その代わりにリング径を小さくする。勿論、ベースには、リングとフレームのマテリアルの技術革新があった訳ですが、この変化の構図って、今のマイクロガイドシステムにもピッタリ当てはまる様な気がします。つまり、今のマイクロガイドシステムは、突然現れた特別なものではなく、既存のニューガイドコンセプトをさらにもう一歩進化させたもの、言ってみればNGC 2.0(New Guide Concept 2.0)。こう捉えるのが正しいように思います。
# by bluepeaks | 2011-08-02 12:28 | ガイドシステム

マイクロガイド(part1)

決して早いペースではないものの、確実に普及し続けているマイクロガイド。このマイクロガイドを世に広めた立役者と言えばご存知テキサスのキスラー社。1999年に設立されたキスラー社は、新しいテクノロジーには非常に敏感で、変化をいち早く捉え、見極めた上、それを取り込み、成長してきたロッド・メーカー。キスラー社自体は、設立から日が浅く見えるものの、社長のTrey Kistlerの父である会長のBill Kistlerは、All Star Rodsの共同創立者であり、Castaway Rodsの創業者。つまり、1999年に創業したただの新興ロッド・メーカーではないのです。

そのキスラーが主力商品において積極採用したことがきっかけとなって、一気に広まったのがマイクロガイド。その後数多くのフォローワーをアメリカ市場で生み出し、今日に至っている訳です。

マイクロガイドのアドバンテージは、なんと言ってもその軽さと感度。ビルダーならわかると思いますが、ガイド、ガイドを留めるためのスレッド、スレッドを固定するためのエポキシの総和が与える影響は非常に大きく、特にティップ・セクションにおいては、ロッド全体のフィーリングさえも決定付けてしまうほど。バスロッドと言えども決して無視出来るものではありません。

従来に比べ小さく軽いマイクロガイドは、つまり、ブランクが本来持ち合わせている性能を、より活かすためのガイドシステム。ノース・フォーク・コンポジットで採用するロー・カーボン・フィニッシュもその一つですが、フォーカスは、ここでもブランクの良さを引き出すこと。ブランクあってこその、ロー・カーボン・フィニッシュであり、マイクロガイドなのです。
# by bluepeaks | 2011-08-01 10:40 | ガイドシステム

急造の危うさ

連日メディアで報道されている中国の高速鉄道の事故。あの痛ましい事故を見ていると、急造することの危うさを感じます。追いつけ追い越せで、ハードウェアからソフトウェアまで、果ては運行ノウハウまで買い揃え、短期間で急拡大して来たものの、雷一撃であのような惨事を招いてしまう・・・。

結果に至るまでの試行錯誤を自ら経験していないため、ひと度、例外的な対応を迫られると、呆気ないほど簡単に瓦解してしまう。そんな急造の危うさを露呈してしまった惨事のように見えます。

勿論、中国に限った話ではなく、ノウハウ移転は、日本、アメリカ、ドイツなど、あらゆる産業国で「賢い」とされるアプローチ。でも、やっぱりモノ造りには単なるノウハウの移転だけでは伝わらない肝というものが絶対にあると思うのです。それは移転出来ないもの、つまり、人なんだと思います。設計した人、製造した人、検査した人、出荷した人。そうしたモノ造りに関わってきた一人一人の知恵と経験は、勿論、目には見えないし、数字としても定量化することも出来ない。だから軽視される。でも、本当に窮地から救うのは、そうした人の力。

ただ良いものを作っているだけでは生き残れない世の中にあって、今の自分に出来ることは何か、と考えてみると、自分が良いと思うものを、良いと評価してくれるユーザとのコミニュケーションを密にしていくこと、これしかないのでは!、と思うのです。

サラリーマン時代の思いも重なり、かなり暑苦しくなってしまいました。まぁ、最近涼しいんでちょっとくらい暑苦しくても許してもらえるかな、と思いまして。しかし、釣りブログっぽくない・・・
# by bluepeaks | 2011-07-29 22:11 | 四方山

高弾性が全てじゃない

最近、NFCユーザーの一人になって頂いたお客様の話です。そのお客様、それまで、国産の高弾性ロッドの愛用者でした。愛用というレベルを超えているかも知れません。なぜなら、巻き物であろうが何であろうが常に使うのは高弾性ロッド。曰く「巻き物でバイトを弾いてしまうのは、それは吸い込む力が弱いから。だから、そんな小さな魚は狙わん」。求道者的には突き抜けていて超格好イイんですが、でも、もう少し違った世界も見て見ませんか?と言いたくなる様な徹底振り。

で、NFCのブランクでビルドしたロッドを使って貰った感想。やっぱり最初は違和感があったみたいです。それはそうです。だって、今まで国産のパリパリ系高弾性ロッドばかりを使ってきた人が、いきなりNFCの低弾性ブランクSMで組んだ竿を使ったのですから(しかし、このコーディネーションをした人の見る目が凄い。凄腕宣教師並です)。で、数匹をランディングしてからというもの、優れたそのキャスタビリティと、トルクに溢れ、走りをがっちりと止めるタメの効くブランクを体感し、今では溺愛頂いているとか(ありがとうございます!)。

そういえば怪魚ハンター武石憲貴さんも全く同じ事を言ってました。それまで使っていたロッドと比べると、しなやかなため、最初は違和感を感じた、けれど、慣れるに従い、そのブランク性能の高さにニンマリ。軽いルアーであっても、重いルアーであってもストレスなくキャスト出来、しかも距離が断然出る、と。相変わらず想定外のストレステストを日々精力的にこなしているようです。

キャストして、フッキングして、ランディングしてこそ体感出来るこの違い。使って貰える環境を少しずつでも整備していく必要性を改めて感じています。
# by bluepeaks | 2011-07-27 20:05 | ブランク

上を向いて歩こう

震災復興支援ソングとして故忌野清志郎さんがRCサクション時代に歌った「上を向いて歩こう」が明日2011年7月27日からリバイバル配信されるのだそうです。RCサクセション、忌野清志郎には、この場では語り尽くせない程のいろいろな思い出があり、普段ネット配信などには見向きもしない40過ぎのオッサンも今回ばかりは反応。

RCの曲を始めて聴いたのは、中学生の時。当時良く通っていた釣具店のおばちゃんが大のRC好きで、良く店に行っては、小上がりに上がって、ドでカホーンみたいな大きなラジカセで聴かせて貰ったものです(今考えると、今の自分よりも当時の「おばちゃん」の方が若かったかも。スマン、おばちゃん!)。

その店、店舗面積こそ小さいものの、品揃えは抜群でアンバサダー2500Cとか、5500Cとか、インスプールのカーディナル3とか4なども置いてあった。尤も、自分が買えたのはシマノのバンタムと、ダイヤモンド・リールだったけどね・・・

今考えると凄い店だったと思う。本業は印刷屋さん。名刺とか、ハガキとか、印刷の取次をやっていた。その傍らで釣具を販売。しかも、おばちゃんは釣りを一切しない。だから、どうやって仕入れ商品を選定していたのか不明。でも、あまりの充実振りに、たまに来る大人も「(カーディナルを指して)こんなところに、あったのかー」と思わず口に出してしまう程。「こんなとこ」ってあまりに失礼じゃない、とおばちゃんが文句言っていたのを思い出します。その通りです、失礼です。

そんなバス釣り少年全盛時代の思い出と、自分の中でセットになっているのがRCサクセションの曲。清志郎の歌声、それにあの歌詞にガツーンと中学生がヤラれてしまった訳です。因みに私、その後、忌野清志郎さんが卒業した高校に通うことになります。
# by bluepeaks | 2011-07-26 23:19 | 四方山