North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-06-24 14:37
知られているようで知られてい..
at 2017-06-18 10:49
クローフィッシュ?クレイフィ..
at 2017-06-16 11:36
知られているようで知られてい..
at 2017-06-16 09:02
知られているようで知られてい..
at 2017-06-15 15:50
文字の色を変えました
at 2017-06-14 09:41
知られているようで知られてい..
at 2017-06-14 09:32
ソコヂカラ
at 2017-06-13 17:46
知られているようで知られてい..
at 2017-06-13 15:38
知られているようで知られてい..
at 2017-06-11 15:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

フィニッシュの違いがもたらすもの

当初は「毎日更新する!?」などと幻想も抱いていたのですが、現実は厳しく、営業に出たり、何だかんだと外出が重なると落ち着いてPCの前に座る時間も確保出来ず(座ることは出来ますが、考えをまとめられず)、今ではすっかり不定期エントリーが定着してしまいました(えぇ、言い訳です)。「ユルイ」とお叱りを受けるかも知れませんが、毎日更新を課してしまうと、思わぬ方向へ進んでしまう可能性があるので、今のような感じで、当面は、不定期エントリーで回していきたいと思っています。ご承知置き下さい。

さて、以前このブログでアンサンド・フィニッシュについて触れました。その際は、フィニッシュについて取り上げたというよりも、ブランクの製造プロセスを説明する中で、結果として現れるブランク表面の凸凹のワケについて説明した、という流れだったと思います。そこで、今日は、ブランクのフィニッシュ、つまり「仕上げ」について取り上げてみたいと思います。

「アンサンド・フィニッシュ」とは、前回触れたように、加熱により膨張するカーボン・ペーパーを、加熱により収縮するセロファンで抑え込んだ結果として生まれる凸凹、それを削らずに(サンドせずに)残したもの、と説明しました。

a0183304_9185510.jpg


表面の凸凹を研磨していないため、「アンサンド・フィニッシュ」は、「ローカーボン・フィニッシュ」に比べると必ず重くなります。結果、ロッドは、慣性の影響をより受けやすくなります。ロッドを操作する釣り人の意識としては、ロッドを「止めた」と思っていても、自重により、ロッドはなお動き続けようとします。これを釣り人は、いわゆる「ダル」と感じるのです。

因みに、ダルは英語の"dull"から来ていると思うのですが(「ダルい」じゃないですよねぇ?)、コレ、決して良い意味ではありません。切れ味が悪いとか、飲み込みが悪いとか、つまらないとか、面白くないとか、そんな散々な意味で使われる言葉です。要注意です。

話が逸れましたが、この自重の増加によりもたらされる慣性の影響を逆手にとろうとするのが近距離のキャスティングに特化したフライ・ロッド。ラインが出せない近距離のキャスティングにおいても、自重でロッドを曲げて、コントロールする、という具合です。

そして、この表面の凸凹を研磨するとノース・フォーク・コンポジットで採用している仕上げ「ローカーボン・フィニッシュ」になります。

a0183304_9275247.jpg


さらに、「ローカーボン・フィニッシュ」にペイントを施したのが「ペインテッド・フィニッシュ」。市販されているほとんどのロッドで採用されている仕上げになります。

a0183304_9375979.jpg


実際それがどの程度の効力を持つものなのかわかりませんが、機能的には「ペインテッド・フィニッシュ」により耐衝撃性が増すと言われています。しかし、耐衝撃性と引き換えに、ペイントにより、ブランクの重量は確実に増えます。たかがペンキと思うなかれ!ブランク本体の重さに対するペンキの重さの割合を考えれば、アングラーとして、それは決して無視出来るものではなくなるはずです。

マテリアルにも依りますが、平均的な6フィートのブランクの重さが40g前後。このブランクに2回塗りした時のペンキの量は10g前後となるはず。美しく仕上げるためには粘度を上げることになりますので、実際にはもっと多いかもしれません。この仮定が正しければ、なんとブランクの総重量(50g)に占めるペンキの割合は20%。ブランクそのものが軽ければ軽いほど、ペンキの影響は大きくなることになります。

ということは・・・本来感度が良いとされる高弾性マテリアルを使っていたとしても、その良さの2割り近くは、ペンキの重さで打ち消されていることになります。

ノース・フォーク・コンポジットのミッションは、全てのアングラーに釣りの楽しさを提供すること。一見無骨にさえ見えるローカーボン・フィニッシュは、実は、Garyのブランク哲学を最もわかりやすい形で表しているものなのです。
# by bluepeaks | 2011-05-10 11:52 | ブランク

2ポンドライン用

昨日工場から「2ポンドライン用にデザインしたトラウト&スチールヘッド用ブランクがあるんだけど、日本で欲しい人いる?」との連絡を受けました。日本のトラウト・フィッシングと言えば、主流は、ミノーイング。故に、張りのあるブランクがマストだと思うので、とりあえず「ちょっと思いつかないなー」と、回答したものの、もしかしたら凄いアイディアを持った人がいるかもしれない・・・と思い、本日のブログで取り上げた次第です。

パーツナンバーは、日本未発表のFW701-1とStN 1161。FW701-1は、Fresh Waterシリーズの一つで、7フィート、Ultra Lightパワー、ルアーウェイトは、1/32-1/8、テーパーは、Fastです。1ピースです(長っ!)。StN 1161は、Steel Head Noodle(スチールヘッド・ヌードル)シリーズの一つで、11フィート6インチ(長っ!)、Ultra Lightパワー、ルアーウェイトは、1/16-1/8、テーパーは、Slowです。安心して下さい2ピースです。

初耳の方が多いと思うので、「ヌードル・ロッド」についてちょっと解説します。「ヌードル・ロッド」とは、Float and Jigメソッドに使われるロッドで、ちょうど1/16から1/8程度のラウンドタイプのジグヘッドを使うためのものです。ジグヘッドには、ソフトベイトではなく、ピンクや赤のマラブーなどを巻きます。つまり、フェザージグです。これにFloat、つまり、「ウキ」を付けて、川底を舐めるように転がしながらスチール・ヘッドを誘う、アメリカ西海岸では超メジャーな釣り方。丁度、フライフィッシングで言う「ルースニング」みたいなものです。

2ポンドラインである必要性は、ドリフトの質を高めるためです。糸が細ければ細いほど、フェザージグは、よりナチュラルに川底をドリフトすることになります。特に、水位が下がった状態では、魚の警戒心が高まりますので、このドリフトの質が釣果を大きく左右するのです。

2ポンドラインにより、ドリフトはナチュラルになるのですが、ラインが細くなった分、ランディングに苦労することになります。スチールヘッドは、フッキング後、ダッシュやら、ジャンプやら、首振りやらを繰り返すので、それらをかわして無事ランディングするためには、ショック吸収力に優れたプログレッシブで、スローなテーパーが求められます。結果、この釣りのためにデザインされたロッドは、長くて、そして、とても柔らかなまるで麺のようなロッドとなり、それを「ヌードル・ロッド」と呼んでいるのです。

ゲイリーの7つのエピソードでも取り上げましたが、この「ヌードル・ロッド」の有効性にいち早く気付き、製品化したのが何を隠そうGary Loomis。最近では、2ポンドラインが標準?なんだとか。こんなブランクに興味がある方、いらっしゃいましたら、以下までお知らせ下さい。今なら1本から取り寄せ可能です。

info@bluepeaks.co.jp

でも、この何とかして釣ってやろうという釣り人の欲って日本もアメリカも一緒ですね。これがあるから道具も進化する訳ですね。
# by bluepeaks | 2011-05-07 19:26 | ブランク

水を作る

昨日に引き続きアメリカでのゲームフィッシュの保護の話です。

今日はサーモンです。サーモンの個体数を増やす方法として一般的なのが人工授精。遡上してきたサーモンを捕獲して、卵を取り出し、受精させた上、稚魚を川に戻すという日本でもお馴染みの方法。言ってみればこれは、孵化率を高めるためのものです。

アメリカの取り組みで感心したのは、孵化率を高めるだけでなく、さらにもう一歩踏み込み、孵化した稚魚が海に到達出来る生存率をも高めようとする試み。最初は、私もそんなこと一体どうやってやるの?と思いました。でも、その方法は至ってシンプル。

具体的には、産卵後に死んだサーモンの死体を他の川から集めてきて、それを復活させたい川の上流に放置します。こうすることにより、そのサーモンの体に含まれている自然にとって必要な様々な栄養素が水中に溶け出していき、その水域全体が豊かになる。結果、生態系はより健全なものとなり、放たれた稚魚の生存率が高まる、という具合です。

言ってみれば農業で言うところの「土作り」みたいな「水作り」です。こうした土台からの再構築を数年繰り返すことにより、その川は見違えるように復活し、それこそ川面を覆い尽くすばかりのサーモンが遡上してくるようになるのだそうです。

「積雪の多かった年には、魚が良く釣れる」と言われていますが、この説もサーモンの話と同じように、積雪により、自然の循環プロセスが一時的に健全化するからではないでしょうか。淡水の場合、どうしても即効性のある放流にばかり頼りがちですが、周辺環境の改善とか、それこそ、水作りと言ったものにも目を向けないと、いくら放流を繰り返しても効果は上がらない、と、実は皆さん、既に釣りを通して感じていたりしませんか?
# by bluepeaks | 2011-05-06 11:50 | 自然

GWならではの光景

昨日は、ちょっと時間が空いたので、久しぶりに湖上に浮いてきました(こんな風に書くと、レスが遅れているお客様に返って失礼ですね。申し訳ありません!遊んでました)。

巻き方とか、通し方とか、何が原因なのかわかりませんが、バイトはそれなりにあったものの、リアフック咥えるかのようなバイトで、ランディング出来たのは1本だけ(全部リアフックのみでした)。毎回の事ですが、バラした方が一回り大きかった!残念。この「残念」こそが釣り、というべきお約束のような展開。

さて、日本全国いろいろなところで、年を追うごとにバスが釣れなくなって来ている、と耳にします。自分も同じように感じています。でも、実は、コレ、バスに限った話ではないようです。聞くところによると、定期放流しているヤマメやイワナなどのトラウト類も釣れなくなって来ているのだそうです。もっと言えば海の魚でさえも。

釣りという遊びは魚が居て初めて成立するもの。原因は、汚染であったり、人為的な環境破壊であったり、乱獲であったりと、様々だと思いますが、このままでは、近い将来、釣りが遊びとして成立しなくなってしまうのでは・・・と、危機感を募らせています。余りにも釣れない釣り場になってしまうと、遊びとして不健康というか、良からぬ方向へ走ってしまう・・・と思うのです。折角の休日ですから、誰もお金と時間を費やして、殺伐とした釣れない釣り場になんか行きたいとは思わないでしょう。

スケールは全く異なりますが、スポーツ・フィッシングの先進国であるアメリカも同じような事態に直面しています。Garyもこうした事態を重く見て、早い時期から積極的に活動していて、今でも組織的な魚の保護活動を全米レベルで展開しています。

アメリカの場合、方法もダイナミックです。バスの場合は、一度壊れた生態系を再構築するため、湖の水を一度全部抜き、数年越しでゼロからつくり直すようなアプローチもあると聞きます。ある特定の水域に生息するゲームフィッシュに対する釣り人の割合を考えると、日本の方がはるかに高いはず。これが正しければ、こうしたアメリカの水抜きを上回るような抜本的な手段を取らないと、釣り場としては、改善して行かない事になります。でも、同時に、湖の周りには、直接的に、間接的に釣りを中心に生計を立てている人達がいる訳で、おいそれとは実行に移せない。こんな無限ループみたいな状況の中に自分達はいるのだと思うのです。釣り人の一人としてまず出来ることはと言えば、魚を慈しみ、労ること。

GWになると年に1回か、2回位しか釣りをしないような人達を湖畔で良く見かけます。「あの様子じゃ、ちょっと難しいよなー」と思う反面、でも、「あの人達にも釣れるような釣り場だったら、もっとずっと釣りそのものが盛り上がるのに」と思うのです。自分が釣りを始めたころがそうだったのかも知れません(津久井湖で散々叩かれたクチですけど)。昨日湖上に浮かびながらそんなことを考えていました。
# by bluepeaks | 2011-05-05 11:09 | 自然

ピーコックだけじゃありません!

何回かこのブログで取り上げたバーリトゥード。事あるごとに「ピーコックバス用」と紹介して来ましたが、その実釣ターゲットは、ピーコックバスを含む、あらゆるゲームフィッシュ全般です。中でも怪魚系!

これを実証するために、武石さんは、82cmの雷魚とか、85cmの鯉を相手に精力的にテスト中。詳細は、
BOMBER FACTORYさんのブログを参照して下さい。

超高圧巻きのトルクフルなブランクを売りとするノース・フォーク・コンポジットとしてはまさに望むところです。

a0183304_14203838.jpg


魚を釣る上で、ブランクに求められる本当の性能とは一体何なのか、Gary Loomisも過去、特定の魚にこだわらず、いろいろな魚を釣り、その様々な経験から竿というものを考え、ブランクをデザインしてきました。つまり、ノース・フォーク・コンポジットは、無類の釣りキチが40年間作り続けてきた結果、と言えるのです。因みに、Garyもピーコックバスが大好きです。

a0183304_1416355.jpg

# by bluepeaks | 2011-05-03 14:27 | パートナー