North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

SOW:エクストラパワー
at 2017-11-21 09:10
SOW:ライトTX
at 2017-11-20 16:10
ノースフォークコンポジットっ..
at 2017-11-06 15:48
ノースフォークコンポジットっ..
at 2017-11-04 15:52
ノースフォークコンポジットっ..
at 2017-11-02 17:55
SOW:スクールボーイズ
at 2017-10-31 14:21
SOW:Dスプーンフィッシュ
at 2017-10-23 16:07
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-10-20 13:43
リペアサービスの提供から1年..
at 2017-10-17 15:19
グラスコンポジットと低弾性カ..
at 2017-10-17 11:39

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

<   2017年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

SOW:ラバジ

愛媛県のタイソンさまからラバジでのSOWを頂きました。

ハネモノからの〜、ギルルアーからの〜、ラバージグでございます。

「8/16お盆休み最終日のこの日は久々に使用したラバジが良かったです‼︎NFCブランクのプログレッシブアクションを体感し感動しました‼︎」

a0183304_1542273.jpg


さらに今回はご質問も頂きました。

「1つ質問です。NFCロゴに込められた意味を教えて下さい。僕にはゲーリー・ルーミス氏がこれまで歩んで来た険しい道、これから歩んで行く未来への明るい道に見えます」

なるほど道ですか!

今まで歩んで来た道、そして、これから進んで行く道。なるほど、言われて見ればそんな風にも見えます。

でも、実はあれ、道ではなくて川で、ノースフォークリバーをモチーフにしたものなんです。

このブログやNFCのオフィシャルウェブサイトでも各所で使っていますが、ノースフォークリバーとはゲイリーの家の前を流れる川で、この写真はゲイリーの家の敷地の中から撮ったものです。

a0183304_1548919.jpg


無類の釣り好きであるゲイリーが家の前の川の魚を放っておく訳がなく、当たり前の如く、ゲイリーの家にはボートを降ろすためのプライベートランプがあります。

なので、釣りに行きたくなったら、まず、ボートを引っ張り出して来て・・・

a0183304_15573285.jpg


そのままバックで下がって、ザブーンです。

a0183304_16131639.jpg


で、そのままブィーンと走って・・・

a0183304_1643676.jpg


誰に邪魔をされることもなく、夕方までとっぷり釣りが出来ると言う・・・

a0183304_165725.jpg


なんともまぁ、僕ら日本人からすると想像を絶するレベルの恵まれた環境で釣りを楽しんでいる訳です。

そんな創業の地に思いを込めたロゴなんです。

因みにあのロゴの二筋のうちの一つがノースフォークリバーで、もう一つがイーストフォークリバーで、この二つの川は合流してルイスリバーとなって、大河コロンビアリバーへと流れ込み、最後は太平洋へと流れ込みます。

まぁ、なんにしろスケールが大きいです。
by bluepeaks | 2017-08-31 16:33 | SOW

SOW:フロッグフィッシュ

またまた福岡県のテッペイさまからSOW頂きました。

今度はフロッグフィッシュです。

「ロッドはNFXC66MH です。遠賀川でフロッグフィッシュ。自分にとってフロッグに最高のロッドです。」

ありがとうございます。

NFXC66MHは

スピナーベイト、チャターベイト、スイムジグ、スイムベイトなど、3/8オンス以上のシングルフックのファーストムービングルアーの釣りに、

テキサスリグ、ジグ、フロッグなどで、6フィート6インチと言う取り回しの良さを活かしたカバーの釣りに

さらには、3/8オンス以上のテキサスリグ、ラバージグなどでボトムをトレースする釣りに最適なロッド。

この1本があればオカッパリのショートレンジの釣りにはオールシーズン対応可能です。

a0183304_92503.jpg


しかし、キャップがシブい

カッコイイっすね、SA
by bluepeaks | 2017-08-30 09:26 | SOW

SOW:ファットイカ

霞探RのメンバーさまからSOW頂きました。

ファットイカ!

ロッドはUTR68M

6フィート8インチ + 220mmショートハンドル = ショートディスタンスのピッチングにバッチリ

a0183304_93390.jpg

by bluepeaks | 2017-08-29 09:03 | SOW

SOW:マグナムスーパーフルーク

千葉県松戸の佐藤さまからカスタムロッドでのSOW頂きました!

ZOOMのマグナムスーパーフルークでの釣果です。

フルークのみならずソフトジャークベイトの釣りのキーはフッキング。

出るものの乗らなかったり、一度は乗ったもののランディングでバラしたり・・・

とはフルークあるあるですが、写真では見事なガッチリフッキング

流石でございます。

a0183304_941512.jpg


「SJ705-1でパワーフィネスロッドを友人に製作してもらって使用しています。PEと組み合わせてこの54cmを掛けたと時も、琵琶湖でのデカバスを掛けた時もこのロッドパワーでゴリゴリ岸に寄せる事が出来ました。キャストが難しいロッドですが、感度もパワーも最高です。デザイン的にもノースフォークらしい渋い仕上がりになっており、
今日のロッドには無いかっこよさですね」

a0183304_944525.jpg


以前も取り上げましたがSJブランクはティップアクション(先調子)のブランクです。

多くの皆さんがファーストとか、エクストラファーストなど、初動に対してティップセクションがいち早く反応する先調子の竿を好まれる傾向に今なおありますが、ブランク全体の長さに対して初動で曲がる部分が限られている先調子の竿というのは、竿としてのスイートスポットが狭い、と言えます。そうした竿で釣りをする場合は、常にスイートスポットを意識しながら釣りをする必要があります。それを今回SOWを頂いた松戸の佐藤さまは、上で「難しいロッド」と表現しているのです(だと理解しています)。

では、どうしてそんな釣りをわざわざ難しくするような先調子の竿を好んで使うのか、と言えば、それは喰わせと寄せのバランスを考えた結果です。疑似餌であるルアーを魚に一定時間咥えさせ続けるためには(そうは言ってはそんな長い時間じゃないですけど。相対的なものと考えて下さい)、どうしても一定以上のしなやかさがティップには求められる訳です。しかし、フッキングした後は魚を一気に寄せるため、パワフルなバットパワーが欲しい。なので、こうしたティップアクションの竿が存在する訳です。

じゃあ、魚に一定時間、ルアーを咥えさせ続ける必要があって、且つ、フッキング後はグイグイと力強く寄せる必要がある釣りって何だ?というと、それはソフトベイトの釣りになる訳です(実は生き餌でも同じですけどね)。

繰り返しになりますが、先調子の竿というのは、初動で反応する部分(曲がる部分)が限定されるため、竿としてのスイートスポットは自ずと狭くなります。つまり、スイートスポットが狭い分、使い手にはキャスティングでも、フッキングでも、ランディングでも、シビアな扱いが要求される訳で、釣りは難しくなります。例えれば、芯に当たればもの凄く飛ぶんだけれど、芯を外したら手首がジーンと痺れてしまうゴルフクラブとか、野球のバット、そんな感じです。

僕自身の個人的な嗜好の話をすれば、かつてファーストばかりを志向する時代を経て、今ではワームでも、ジグでも、巻物でも、レギュラーアクションの竿を好んで使っています。テニスにおけるデカラケ、ゴルフにおける大容量チタンウッド、スキーにおけるカービングスキーなどなど。どの世界でも上級者と呼ばれる人達の中にはこうしたより楽にそのスポーツを楽しめる新しい道具に対して、少なからず否定的な人がいるものです。しかし、ここで挙げた例の如く、そうした最初は否定的だった人たちさえも、時間の経過とともに、より楽に、そのスポーツそのものを楽しむことが出来るスイートスポットが広い道具へと移行していく訳で、これはもう抗うことの出来ない摂理かと。

だから、と言う訳じゃありませんが、僕は、最近ではスイムジグも、1/2オンスくらいのジグヘッドも、スピナーベイトも、チャターベイトも、ファーストムービング系はグラスコンポジットでフツーに巻いています。NFCのハイブリッドS2ならカーボンと遜色なく飛ぶし、アタリもバッチリ感知出来るし、フッキングもバッチリ決まるし、寄るし、それにバレにくいし、といいことばかりですから。

経験はあるけど、体力、視力が衰えつつあるオーバーフォーティーズ(40歳以上)にオススメです!

a0183304_9351510.jpg

by bluepeaks | 2017-08-28 10:06 | SOW

SOW:テッペイさま

福岡のテッペイさまからSOW頂きました。

釣りますね〜

a0183304_8291857.jpg

by bluepeaks | 2017-08-26 08:31 | SOW

SOW:タイソンさま

ハネモノルアーで以前投稿頂いた愛媛のタイソンさま再びSOW頂きました。

今度はギルルアーです。

いい魚じゃないですか!

「今流行りのギル型ルアーでの嬉しい1匹♪ 素敵な一期一会、これからも大切にしたいと思います!」

a0183304_17374471.jpg


ナンバーワン!
by bluepeaks | 2017-08-25 17:38 | SOW

ウェブサイトリニューアル

現在ウェブサイトのリニューアルに向け作業進行中。何と言っても2010年の立ち上げから早7年。当時は正しかった記述もいつの間に事実と異なってしまっていたり、その後スマホなるものが世の中に出てきたりで、あれやこれやと進めていますが、写真を撮り直したり、文章を書き換えたり、加筆したり、修正したりとこれがタイヘンな作業の連続。

目標は9月初旬。

果たして終わるのか・・・

a0183304_18204744.png

by bluepeaks | 2017-08-22 18:22 | 四方山

NFX S66ML出荷準備完了

本日、無事にNFX S66MLの出荷準備が完了しました。
明日より出荷を開始させて頂きます。
長きに渡りお待ち頂きました皆様、誠にありがとうございました。

a0183304_16584450.jpg

a0183304_16585855.jpg
a0183304_1659892.jpg

by bluepeaks | 2017-08-22 17:00 | Jカスタム

NFX S66MLリリーススケジュール

2017年7月20日のエントリー 「NFX S66ML出荷予定」において、8月上旬とお伝えしておりました同製品のリリース予定ですが、その後のさらなる進行の遅れにより、本日現在、出荷に至っておりません。しかしながら、本日、週内に出荷可能な旨、お知らせ出来る段階となりましたことをここにご報告差し上げます。

長きに渡り、お待ち頂き、誠にありがとうございました。
また、このようにご連絡が遅れたことをお詫び致します。

a0183304_18571063.jpg

by bluepeaks | 2017-08-21 19:00 | Jカスタム

ヒートマップ

ローランスから新しいソフトウェアアップデート、アップデート5.0が出ました。

a0183304_1433645.png


いきなり話が逸れますが、コンピュータの世界では、2.Xが3.0になったり、4.Xが5.0になったりする先頭の数字が変わるようなアップデートをメジャーアップデートと呼び、2.3が2.4になるような下の桁の数字がちょっこっとだけ変わるアップデートをマイナーアップデートと呼びます。

なので、今回はメジャーアップデート。

因みに前バージョンは4.5.56

で、ローランスに限らず、こうしたメジャーアップデートには必ず大きな機能変更があるもの。時には新機能の追加だったり、時には既存機能のリファインだったりするんですが、今回のは前者。新機能の追加がありました。中でも個人的にオーッ、と思ったのがタイトルにあるヒートマップ。水温センサーで測った水温変化をチャートに重ねて表示するもの。百聞は一見しかず。どんなものかというと、こんな感じです。

a0183304_13532668.png


ほらね、このチャートを見れば、クリークの右岸よりも左岸の方が水温が高いってことが、一発でわかる訳です。

もちろん、今までだってわかってはいましたが、それはアングラー個人の記憶の話であって、「確かあの辺が22度でここが23度だから・・・」なんてレベル。だから湖全体を見渡して俯瞰的に比べることが難しかった訳です。が、そんな比較が一発で誰にでも出来てしまう訳です。

この機能があれば

周りと比べて水温が高いエリアを探したり、逆に、低いエリアを探したり、
水温が入り混じっているエリア、攪拌されているエリアを探したり、
ターンオーバーがいち早く収まっているエリアを探したり、

そんなこんな、重要な絞り込みのデータが得られる訳です。

個人的にパッと思いついたのが琵琶湖の南湖。

北湖から流れ込んだいわゆる「ボディーウォーター」と、南湖にある滞留した水とが混ざる場所を特定する時なんか・・・最高のはず。

あまり好きじゃない言葉ですけど、言って見ればこれも「見える化」ですよね。

これは試してみる価値ありかと。

早速アップデートしてみます。

おっと大切なことを言い忘れていました。

これ、英語版だけです。
by bluepeaks | 2017-08-11 14:24 | タックル