North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

フィニッキー
at 2017-07-21 11:09
NFX S66ML出荷予定に..
at 2017-07-20 17:25
NFX 7フィートキャスティ..
at 2017-07-20 17:21
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-07-20 11:04
ミドスト in CANADA
at 2017-07-20 10:54
SOW : Smile On..
at 2017-07-19 09:13
カナダ人凄腕ガイドがミドスト..
at 2017-07-15 11:56
ハイブリッドS2のチカラ(そ..
at 2017-07-11 16:29
スクリーンショットコンテスト
at 2017-07-10 17:09
ハイブリッドS2のチカラ
at 2017-07-09 09:12

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

<   2016年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ファイバーグラスか、グラスファイバーか?

ファイバーグラスか?

グラスファイバーか?

人によって呼び方が違います。

人に聞いても「いやいや、昔からファイバーグラスだからファイバーグラスなんだよ」と、実はその本当の理由を知らなかったりします。

a0183304_1846467.jpg


カーボンファイバーとは言うけれど、ファイバーカーボンとは言わない訳で、同じロジックで考えれば、やっぱりファイバーグラスはおかしいだろ、って話です。英語の語順的にもね。でも、これも同様に根拠がない訳です。あるにはあるけど弱い(語順だけではね)。それに世の中全般を見渡すと、むしろ「ファイバーグラス派」が主流であるような気がします。そう、あのゲイリーもその一人で6月に工場に行った時、インタビューの中でずーっと「ファイバーグラス」と言ってました。

とは言え、多くの場合、英語の名前には、常にそれらしい意味があるので(そう信じているので)、大ボスであるゲイリーがたとえ「ファイバーグラス」と言っているからと言って、それをそのまま鵜呑みにすることも出来ず、悶々としていたのですが、wikipediaを良く読んでみれば・・・

「コレが原因じゃね?」と思える説明があるじゃありませんか!

"Glass fibers have been produced for centuries, but mass production of glass strands was accidentally discovered in 1932 when Games Slayter, a researcher at Owens-Illinois, directed a jet of compressed air at a stream of molten glass and produced fibers. A patent for this method of producing glass wool was first applied for in 1933.[3] Owens joined with the Corning company in 1935 and the method was adapted by Owens Corning to produce its patented "fibreglas" (one "s") in 1936. Originally, fibreglas was a glass wool with fibers entrapping a great deal of gas, making it useful as an insulator, especially at high temperatures."

Source from https://en.wikipedia.org/wiki/Fiberglass

簡単に訳すと、

「グラスファイバーが作り出されてから数世紀が経つ。しかし、ガラス糸の大量生産は1932年に偶然にも発見されたものだ。それは、オーウェン・イリノイ(社名)の研究者であったゲイムス・スレイターが融解したガラスに圧縮した空気をジェット噴射することで繊維を作り出したものだった。このガラスウールの製造方法は1933年に特許認定を受けた。オーウェンズ(社名)はその後コーニングカンパニーの一部となり、この製造方法は、1936年にオーウェンズ・コーニング(社名)によって特許"fibreglas(ファイバーグラス)"と命名された。ファイバーグラスとは、大量のガス放射により繊維状となったグラスウールであり、とりわけ高温下における絶縁体として活用されている」

ということで、"fibreglas(ファイバーグラス)"とは、特定企業の特許の名称。だから敢えて"glass"から意図的に最後の"s"をとって"glas"とし、"fibreglas"としたかと。第一、最初の一文、冒頭に"Glass fibers"とある訳で、グラスファイバーを説明する文の中に"fibreglas"が出てくるってところが決定的。

たぶん、製品とともに、このファイバーグラスという特許の名前が世の中の広く普及していき現在に至る・・・

ってところかと。

こうしたことは革新的な製品の場合、他分野でもよくあることで、例えば、かつてコピー機のことをゼロックスと呼んでいたり、ティッシュのことをクリネックスと呼んでいたり。まぁ、今じゃ、誰も「ゼロックス」なんて言わないけど。だから、今を生きる僕らとしては、やっぱりここは「ファイバーグラス」じゃなくて、「グラスファイバー」なんじゃないのと個人的には思う訳ですが、どうですか?

そんなことどうでもいい?

それを言ったら

おしまいよ。
by bluepeaks | 2016-06-30 19:03 | ブランク

個別取り寄せリクエスト

細々ではありますが、日本では標準品として通常在庫していないブランクを、アメリカの工場から定期便に同梱して、個別にお取り寄せする個人ビルダー向け個別取り寄せリクエストも継続提供しております。もし、そんなご要望がありましたら、以下必要事項を記載の上、

1.パーツナンバー
2.本数
3.お名前
4.郵便番号
5.ご住所
6.電話番号

メールで、

kobetsu@bluepeaks.co.jp

までご注文下さい。

リードタイムは、タイミング、そして、工場在庫の有無次第ではありますが、概ね2ヶ月ほど頂いております。

先日も「フライのブランクが欲しいんだけど・・・」とお声がけ頂いたもので、こうしてお知らせしている次第です。まぁ、知る人ぞ知る的なサービスなんですが、そんなコアなお客様あってのノースフォークコンポジットである訳で、改めてこの場で取り上げさせて頂きました。

a0183304_1646272.jpg

by bluepeaks | 2016-06-28 16:48 | ブランク

SSR64ULファイナルテストでの一コマ

ミドストと言えばクリアウォーターのリザーバー・・・というのが一般的なイメージかと思いますが、条件さえあえば、ビッグレイク琵琶湖、それも南湖で、とても有効なアプローチになりうるって話をお一つ。

その条件ってのがベイトフィッシュの存在と水の色。その二つの条件が揃った時、ミドストがとても効果的なアプローチになります。そんな琵琶湖(というか南湖)の一面をファイナルテストでの1コマからご紹介。

a0183304_1125569.jpg


皆さんお馴染みに南湖の風景かと思います。今この時期、丁度、昨秋に生まれた稚鮎の群れが南湖にも落ちて来て、それを狙ってポストスポーナーもボディウォーター沿いに(トム)クルーズしてるので、そいつらをミドストでフワフワ〜っと狙う訳です。

で、SSR64ULを絞り込みながら上がってきたのが・・・コレ。

a0183304_11294491.jpg


ドドーンと、57センチ。

a0183304_11302974.jpg


ロッドはSSR64UL。ベイトは、ゲットネットのジャスターシャッドの3.5インチ、カラーは青ジャコ。ラインはクレハのR18フロロリミテッドの4ポンド。

そう4ポンドラインです。本当なら5ポンドを使いたいところですが、リグの操作性を重視し、また、フルベンドした状態で、さらに魚に絞り込まれた時の、ロッドの動きを感じておきたかった、という理由で敢えての4ポンドラインだった訳です。

アングラーは西のテスター近藤さん。

a0183304_11392426.jpg


近藤テスター曰く

「57㎝釣れました〜( ´ ▽ ` )ノ ロッドためてたら、勝手に上がってきて、ビックリ!バットのパワーもフルに使って、ロッド全体でしっかり魚とのやり取り出来ました〜」

a0183304_1128487.jpg


そう、写真の通り、SSR64ULは、ルアーを操作する時はティップセクションで、魚が掛かってからはロッド全体をフルベンドさせて、ロッド全体の力で魚を浮かせ、寄せる竿。なので、4ポンドラインでもこのサイズが獲れるんですね。

これぞプログレッシブアクション!

こうしたブランク特性は、ホント、ノースフォークコンポジットのDNAというか、ゲイリーが愛して止まないスティールヘッドフィッシングから来ているんです。

SSR64ULは近日中に受注開始予定です。

今しばらくお待ち下さい。
by bluepeaks | 2016-06-28 11:58 | Jカスタム

キャスティング南柏店バスフェスタ2016

今週日曜日はキャスティング南柏店にて開催されるバスフェスタ2016に出展します。リリース直前のSSR64UL最終プロトも展示させて頂きますので、お近くにお住まいの方は是非お立ち寄り下さい。

キャスティング南柏店

a0183304_7564317.jpg

by bluepeaks | 2016-06-25 07:57 | イベント

ハイブリッド・グラスファイバー(Hybrid Glass Fiber)

2016年5月31日、ゲイリーの75回目の誕生日に天然素材である「麻」を使った新素材「リネンファイバー」によるフライロッド"En.V(エンヴィー)"プロジェクトをアナウンスした訳ですが、このリネンファイバーに続き、現在、ノースフォークコンポジットが進めているもう一つのプロジェクト、それがハイブリッド・グラスファイバーです。

そう、グラファイトロッドの父と呼ばれるゲイリー・ルーミスが作るグラスロッドです。

a0183304_10251763.jpg


ゲイリーに「グラスを作って欲しいんだけど・・・」と、お願いしてから早3年(たぶん3年?もしかしたらもっと前だったかも?まぁなんせ忘れっぽいんで)、上の写真の様に、フィッシングロッドとして機能させていくために、異なる素材をどのように調和させていくのか、試行錯誤のフェーズもほぼほぼ終わりを迎え、この辺でプロジェクトの一端を披露したく、こうして取り上げている次第。

ただ、グラスロッドと言っても、ゲイリーが率いるノースフォークコンポジットが作るので、既に世の中に出回っているレシピをノースフォーク的な解釈で作り直す・・・なんてことはしません。

今回、ハイブリッド・グラスファイバーで採用したグラス素材はS2グラス。Eとか、Sとかある中で、最も硬い素材であるS2を使用しました。このS2グラスをベースに、ノースフォークコンポジットが誇るカーボンファイバーテクノロジーを融合したのが今回のハイブリッド・グラスファイバーです。

a0183304_10352213.jpg


実は、このプロジェクト、既にフィールドテスト段階にあります。そのフィーリングは、丁度、旧来のグラスロッドと、低弾性カーボンロッドの中間といった雰囲気。まさに最も硬いグラス素材であるS2の特性が現れていると言えます。

こうした特性を踏まえ、フィールドテストでも、トレブルフックの釣りとの相性を今さら検証するようなテストではなく、むしろ従来までカーボンロッドでやっていた類の「巻きの釣り」、そう、例えば、フックポイントがワーム内部に収められているテキサスのスイミングなどを中心に進めています。

a0183304_11275873.jpg


カーボンロッドの如く、軽く、軽快で、微かなウィードタッチも感じ取れ、ラインを出した状況でもガッチリとバスの上顎を貫けるパワーの持ち合わせたそんな巻き専用のグラスロッドを目指し、鋭意プロジェクト進行中でございます。

a0183304_17342351.jpg


a0183304_11322167.jpg


*:写真間違えた!ガッチリフッキングした写真を載せたはずなのに、良く見たら同じ日に釣った違う魚を載せてた。しかも、小さい方を載せてるし・・・。こりゃまたケンタローにイジられるゾ。クワバラクワバラ
by bluepeaks | 2016-06-24 12:06 | Jカスタム

受注再開のお知らせ:ロッドチューブ

大変長らくお待たせしました。本日よりNFCロゴ入りロッドチューブの受注をNFC Web Shopにて再開しました。

a0183304_1041624.jpg


ご注文はNFC Web Shopから

NFC Web Shop
by bluepeaks | 2016-06-24 10:05 | パーツ

SSR64ULのスペック

当初はマテリアルもHMから、レンクスも定番とも言える6'2"からスタートしたSSRプロジェクトだった訳ですが、その後、あーでもない、こーでもないの紆余曲折の結果、SSR64ULとなった次第。以下が最終的な公表スペック値になります。

Model : SSR64UL
Concept : Swim & Shake
Material : IM
Action : MOD
Power : Ultra Light
Length : 6'4"
Pcs : 1
Grip Length : 290mm
Line : 2-6 lb.
Lure Weight : 1/32 - 3/16 o/z
Rod Weight : 90g
Price : 48,000 (tax not included)
Est. Delivery Date : July

名前が示す通りまさに"Swim & Shake"、つまり、ミドストロッド。ニシネルアーワークスのDSミノーを始めとするこんなソフトベイトを中心にテストしてきました(個人的な趣向で、ジグヘッドはもっぱら何処に行ってもお気に入りのケイテック)。

a0183304_17432180.jpg


確かにミドスト・・・なんですが、

それと同時に絶対忘れちゃいけないのがこれ系のハードルアー。ラインスラックを出して、ラインの重さでスーッと泳がせる(漂わせる)アレね。

a0183304_17451461.jpg


なんせ開発期間が長期に及んだので、実は、日本だけじゃなく、アメリカにも持って行き、アメリカの釣り場で、いつも4ポンドラインで、ラージを相手に、スモールを相手にテストしてきたロッド。

因みに、超コテコテの和製英語だと思われる「ミッドストローリング(Mid Strolling)」も、モチロン時間はかかりますが、ちゃーんと説明すればネイティブスピーカーにも通じますよ。

そんなSSR64ULもいよいよ最終フェーズに入りました。

Here we GO!
by bluepeaks | 2016-06-23 18:12 | Jカスタム

NFCロゴ入りロッドチューブ入荷のお知らせ

長い間欠品しておりましたオプション販売するロッドグローブ社製NFCロゴ入りオリジナルロッドチューブが入荷しました。

a0183304_10234153.jpg


本日よりパッケージングを開始し、来週よりNFC Web Shopにて販売を再開させて頂く予定です。

長きにわたりお待ち頂き、誠にありがとうございました。
by bluepeaks | 2016-06-23 10:25 | ツール

これぞUTR(コンセプトプルーフ)

これぞUTR、とも言うべき、UTRのプロダクトコンセプトをテスター鈴木良忍くんがトーナメントで見事に証明してくれました。まだご覧になられていない方は是非ノースフォークコンポジットのFacebookページで。

https://www.facebook.com/northforkjp/

a0183304_134059.jpg

by bluepeaks | 2016-06-22 13:41 | Jカスタム

まずまず順調です(SSR64UL)

2016年にリリースする予定で進めていた3つ新製品の最後となるSSR64UL(Swim & Shake Rod)ですが、こちらのビルドもまずまず順調に進んでおり、来月には出荷を開始出来そうな見込みです。

a0183304_13112963.jpg


SSRはいわゆるミドスト用のロッド。1/16オンス前後のジグヘッドにミノーシェイプな3インチから4インチ程度のソフトベイトをセットし、ティップをシェイクしながら中層をふわふわ〜と釣るためのロッド。なので、ガイドのセッティングも今回ばかりは現在の主流である小口径ガイドではなく、敢えてワンサイズ大きいトラディショナルなガイドを採用。

a0183304_13282823.jpg


a0183304_13192410.jpg


a0183304_13195465.jpg


スペック含め、来週には詳しい情報をお届け出来る見込みです。
by bluepeaks | 2016-06-22 13:30 | Jカスタム