North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

NFX S66MLリリースス..
at 2017-08-21 19:00
ヒートマップ
at 2017-08-11 14:24
SOW:ハネモノ
at 2017-08-10 14:48
SOW:福岡から頂きました
at 2017-08-09 16:31
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-08-08 11:20
SOW:BOON
at 2017-08-08 11:03
SOW:金砂湖
at 2017-08-07 17:53
SOW:サマーパターン
at 2017-08-03 10:06
これぞスマイル・オン・ザ・ウ..
at 2017-08-02 11:03
投稿ありがとうございます
at 2017-08-01 11:48

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

<   2016年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

受注開始のお知らせ

当初は別々に進めてきたPFR610MLとCQR60Mですが、予期せね出来事が幾つか同時に起こった関係で、両モデルともに5月下旬にはリリース可能な目処が立ち、本日より、全国の販売パートナー様にてご注文を受け付け開始したく、お知らせします。

a0183304_1953888.jpg


Model : PFR610ML
Concept : Light Pitching
Material : HM
Action : EX-Fast
Power : Med. Light
Length : 6'10"
Pcs : 1
Grip Length : 220mm
Line : 6-14 lb.
Lure Weight : 3/16 - 3/8 o/z
Rod Weight : 110
Price : 57,000 (tax not included)
Web Site : http://northforkcomposites.jp/jc20/pfr71
Est. Delivery Date : End of May

Model : CQR60M
Concept : Close Quarters
Material : IM
Action : Mod-Fast
Power : Medium
Length : 6'
Pcs : 1
Grip Length : 180mm
Line : 8-20 lb.
Lure Weight : 1/4-5/8 o/z
Rod Weight : 105
Price : 48,000 (tax not included)
Web Site : http://northforkcomposites.jp/jc20/cqr
Est. Delivery Date : End of May

両モデルのウェブページも本日より公開させて頂きましたので、是非、ご覧下さい。

それでは皆様のご注文をお待ちしております。
by bluepeaks | 2016-04-25 19:17 | Jカスタム

PFR610ML & CQR60M

キープキャストに出展しました2016年のJカスタム2.0の新製品ライトピッチングロッドPFR610MLと、近距離戦用ショートロッドCQR60Mともに、その後、順調にビルドも進み、いよいよ最終段階に入りりつつあります。

a0183304_15351895.jpg


a0183304_15392444.jpg


a0183304_15394542.jpg


近日中(GW前までには)には詳しいことをご案内出来るかと思いますので、もう少しだけお待ちください。

a0183304_1541864.jpg


a0183304_15414434.jpg

by bluepeaks | 2016-04-23 15:42 | Jカスタム

バス天ぷら

そんな先日届いたバスマスターマガジンに日本におけるバスフィッシング事情が取り上げられています。

エェ、ご想像の通り、残念ですけど、決してポジティブな内容じゃないです。

でも、まずは、何が書かれているいるのか、知ることが第一歩だと思うので、全文を訳してみました。

a0183304_16254929.jpg


<以下日本語訳>

ブラックバスは、疑いなくアメリカで愛されているゲームフィッシュである。しかし、太平洋の向こう側、日本においては少々事情が異なる。USのトップカテゴリのトーナメントにアングラーをコンスタントに送り続けるほど、バスフィッシングは、日本で今もなお人気がある。しかし、2005年に侵略的外来種として指定されてからは、釣ったバスは処分するよう定められている(そこにはスポーツフィッシング以上にコマーシャルフィッシングを重視する文化的な、政治的な理由があるとも言われている)。最終的にどの種を有害な種として定めるかは議論によって決まる。

ディナーテーブルの上では、確かにそれは正しい。日本政府の一部は、種として根絶するため、バスを釣ったら食べるよう指導しているが、ロケットニュース24.comによれば、日本には、ブラックバスは「泥臭い」という通説があって、人々は一向に食べようとはしない、とか。

そこで、このウェブサイトのリポーターであるP.K.サンジュンは、栗田学氏が2009年にワールドレコードタイのラージマウスバスを釣った琵琶湖に出向き、この通説が正しいものなのか、確認を試みた。滋賀県立琵琶湖博物館内にあるレストラン「にほのうみ」ではバス天丼が880円で提供されている。

P.K.の結論はこうだ。「上品な白身で、食感はスズキやヒラメに似ている。泥臭さはなく、油の乗り具合もちょうど良い。こんな美味いのならバスフィッシングを是非趣味にしたい。そうすればいつでも食べられるからね」

<以上>

というところでこの記事は締めくくられています。

「ビミョー」ですが、こうした記事がアメリカのバスフィッシング愛好家を対象とした雑誌「バスマスターマガジン」に掲載されているということをまずは知った方が良いと思い、今回、取り上げてみました。

ロケットニュース24.comのバス天丼レポートは以下で確認出来ます。

http://rocketnews24.com/2015/12/01/672397/
by bluepeaks | 2016-04-21 17:24 | B.A.S.S.

カバーのエッジにつく理由

暫くなーんも音沙汰なかったのに、ある日突然まとめて2冊届く・・・

ってのがバスマスターマガジンあるある。

a0183304_1146842.jpg


で、なんだか今回は面白そうな記事が多い。

二冊届いたそのうちの一冊にToo MuchなCoverをアングラーとして如何に捉えるべきか、っていうテーマの記事があって、

a0183304_11474165.jpg


その中に・・・

「魚のみならず鳥獣含めたプレデター(捕食動物)が、なぜ、カバーの境界線や、際、エッジ、角を好むのか」っていう話が書いてあります。

a0183304_11475761.jpg


この記事によれば、

魚のみならず鳥獣含めたプレデター(捕食動物)がカバーの境界線、際、エッジ、角を好むのは、その双方に対して容易にアクセス出来るから。例えば、タカが平原と森の境界線に巣を作るのは、平原と森という全くキャラクターが異なる二つのエリアに対して、容易にアクセス出来るからであり、この結果として、より容易に、より多様な餌を確保することが出来るから・・・

と。

よく「捕食魚にとってカバーとは捕食のために身を隠す場所」とか言われているけど、確かに正しいように思えるんだけど、どうもこの考えが成立するのって変化に乏しい地形の中にいくつかのカバーが点在しているようなシチュエーションじゃないかと思うんです。だって、もし、そこらじゅうがカバーだらけだったら、この「捕食のために身を隠す・・・」って考え方ではなかなか魚に到達出来ないはず。それこそそこらじゅう撃ちまくって、ただただ時間ばっかりが過ぎていく典型的な釣れないパターンの一つかと。

それに対して、なんでもいいので、境界線、際、角だけを狙っていけば撃つべき場所もグッと限られてくるので、効率が一気にアップ。

たぶん、そんなことは今や誰しもがやっていることだと思うんだけど、理由を理解した上でアプローチするのと、訳もわからずただ境界線だけを撃つのではその次の一手も変わってくるんじゃないか、と思う訳です。例えば、なぜ今日は外側なのか、とか、なぜ今日は内側なのか、とか・・・という風に。

いやいや、流石でございます、ダグ・ハノン先生
by bluepeaks | 2016-04-20 12:40 | B.A.S.S.

か・ら・だ・ピーン

先日釣った53センチ。スモールだと、まぁまぁの確率でエビ状になることがあるけど、ラージマウスでも、たまーにこういう風に体がピーンとなっちゃう個体ってたまにいるけど、これは一体ナニ?

激昂して、怒りで体が硬直しちゃっているとか・・・

それとも・・・

イっちゃってるとか・・・

これ、何だろう?

a0183304_1710543.jpg

by bluepeaks | 2016-04-19 17:10 | Jカスタム

1時間53分

先日エリート戦が行われたウィンヤー・ベイ。

結果以上に各コンテンダーのロングランっぷりが話題になっていましたけど、この動画見る改めてスゲェなと思います。スタートから給油を挟み、航行時間なんと1時間53分。どんだけ〜、ってことなんですが、でも、何でそんなに片道2時間もかけて行くか、って言えば、それは魚影が濃いから。

で、そうなんだ〜、と思って動画を見ていると、釣れている魚は・・・

うーん、まぁまぁ、フツーのサイズ?

でもね、このため魚のためにコンテンダー達は片道2時間、往復4時間を費やしている訳です。

ってことはですよ、つまり、バスって魚はそれだけ生きていくための環境を選ぶ魚であり、「種」という点で考えれば決して強い魚じゃない、ってことかと。

だからね、せめて僕らアングラーが保護する意識を常に持っていないとアカンのだと思います。

特にこれからの季節はね(ところ構わず動画が始まってちょっとウザいのでダイレクトリンクに変更4/19/2016)

http://www.bassmaster.com/gopro-videos/video/gopro-day-1-hauls-winyah-bay-j-lee-and-palaniuk/
by bluepeaks | 2016-04-16 10:05 | B.A.S.S.

新規EDGEディーラー:スマイル様

2016年4月5日より、広島県福山市のフィッシングプロショップスマイルさんにおいてEDGE First Strikeをお取り扱い頂くことになりました。お近くにお住まいの方、是非お立ち寄り下さい。

フィッシングプロショップスマイル様

全国のEDGEディーラーについてはこちらで確認頂けます。
by bluepeaks | 2016-04-05 14:22 | EDGE

新規Jカスタムディーラー

2016年4月より、4/15に大阪摂津市にグランドオープンするフィッシングエイトアネックス様、および、兵庫県神戸市のフィッシングエイト玉津店様にて、Jカスタム2.0を販売頂くこととなりましたので、お知らせ致します。

お近くにお住いの皆様は是非お立ち寄り下さいませ。

フィッシングエイトアネックス
フィッシングエイト玉津店

<以上敬称略>

日本全国のJカスタムパートナーはこちら
by bluepeaks | 2016-04-04 16:34 | Jカスタム

新規EDGEディーラー:つりどうぐ一休寝屋川店様

2016年4月よりEDGE FIRST STRIKEのお取り扱い店として、大阪府寝屋川市のつりどうぐ一休寝屋川店様にご尽力頂けることになりましたので、ここにお知らせ致します。今ならこの3月末に出荷した全機種が揃っておりますので、お近くにお住いの方は是非。

http://edgerods.jp/dealers/
by bluepeaks | 2016-04-04 16:07 | EDGE

EDGEロッドソックス添付中止のお知らせ

昨年の新規リリース以降2016年3月末まで、EDGE First Strike各モデルに対して、標準添付されておりましたロッドソックスは、2016年3月31日の米国工場出荷をもちまして、提供中止となりましたことをお知らせ致します。

http://edgerods.jp/rods/

以降は、ロッド単体でのお届けとなります。ロッドソックスをお求めの際は、別途オプションとして提供するNFCロゴ入りロッドチューブをご利用下さい。

a0183304_8475426.jpg


http://nfc.shop-pro.jp/

a0183304_8462237.jpg

by bluepeaks | 2016-04-04 08:48 | EDGE