North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

EDGE PACEMAKER..
at 2017-05-18 18:56
価格変更のお知らせ:EDGE..
at 2017-05-17 15:04
Jカスタム2.1出荷開始
at 2017-05-15 17:44
再生能力
at 2017-05-15 09:38
ウェルカムバック!
at 2017-05-13 09:45
NFX 7フィートキャスティ..
at 2017-05-12 17:33
テンパウンダー
at 2017-05-10 09:13
ハイブリッドS2
at 2017-05-09 14:27
いつもと違う季節の進行?
at 2017-05-02 09:27
バルサならわかるロッドの復元力
at 2017-04-29 14:19

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

<   2016年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

製品保証規定の一部改訂

2016年4月1日より弊社製品保証規定の一部を以下の通り改訂させて頂きます。



免責金額

1修理、交換対象部位につき、修理受付時点での国内標準価格(税込)に以下の料率を乗じた金額を免責金額とします。複数セクションの場合は、各セクション毎の免責額を加算させて頂きます。

1ピースの場合:50%(現行45%)
2ピースの場合:45%(現行40%)
3ピース以上の場合:40%(現行35%)
by bluepeaks | 2016-03-24 15:46 | お知らせ

イラストTシャツ

痴虫が描いたゲイリーの似顔絵をモチーフにしたNFC Tシャツですが、こんな感じでお届けします。

a0183304_17101668.jpg


ただし、色は見本の黒ではなく「グラファイトの父」になぞらえてチャコールグレー。

まもなく完成予定です。
by bluepeaks | 2016-03-23 17:13 | アパレル

ご来場頂きありがとうございました!

西日本つり博、mibro & North Fork Compositesブースにお立ち寄り頂きました皆様、誠にありがとうございました。

今回は、お祭り的な雰囲気を加速させるべく、お隣さんのジーコ長谷川さん率いるボレアスとのパーティションを急遽取っぱらい2コマの通しへ変更。

a0183304_18243787.jpg


ちょっとAWAYかもと、最初は不安も抱いていたのですが、蓋を開けてみれば・・・

そんな不安もぶっ飛び、

a0183304_18221860.jpg


多くのお客様にお立ち寄り頂き、

a0183304_1819537.jpg


お祭りムードに誘われて、骨折から復帰したばかりのスペースコブラも現れたり・・・

a0183304_18194066.jpg


宇宙繋がりでこんなコラボもしちゃったり・・・

a0183304_1828214.jpg


mibro三兄弟が現れたり・・・

a0183304_1820283.jpg


さらには新たなキャラが加わったり・・・

a0183304_18212360.jpg


ボレアスガールも陽気に誘われて悪ノリに乗じてきたり・・・

a0183304_18292375.jpg


まぁまぁ賑やかにお祭りを満喫させて頂きました。

それもこれも皆様のご支援の賜物と思っております。

改めてまして御礼申し上げます。

ご来場頂きました皆様、誠にありがとうございました。

a0183304_18312365.jpg


で、結論。

車で九州に行くのはタイヘンでした・・・
by bluepeaks | 2016-03-22 18:36 | イベント

西日本釣り博に出展します!

今週末、九州は小倉で開催される西日本釣り博に塚本謙太郎さんのインジェクションルアーブランドmibroと共同で、ノースフォークコンポジットも出展します。弊社製品をご愛用頂いている九州地区の皆様と、直接会話出来る貴重な機会だけに片道900キロの陸路を走破します!

しかも、THE KEEP CASTに引き続き、痴虫松本と良忍和尚のサポートも得られましたので、西日本でも総帥含め、全4人で接客させて頂きます。

a0183304_15433286.jpg


お近くにお住まいの方は是非この機会にお立ち寄り下さい。

ただ運転してもつまらないので、900キロの道のりを活かして、

合間合間でデジオを撮ったり、動画を撮ったり・・・

・・・そんなこと・・・しないだろうな・・・

きっと。
by bluepeaks | 2016-03-14 15:52 | イベント

クラシックベイト

B.A.S.S.のサイトに2016バスマスタークラシックで各コンテンダーが使っていたベイト(ルアー)が写真でまとめられています。

a0183304_8574817.jpg

source from http://www.bassmaster.com/slideshow/all-classic-baits-and-patterns/

しかも、各コンテンダーがどういう狙いでそのベイトを使っていたのか、その意図が書いてあって、これがとても面白い!

例えば・・・

2位のジェイソン・クリスティーが使っていたのはブーヤーの1オンスのシングルコロラド・スピナーベイト。彼はこれを「ストライクゾーンで、ゆっくりと、そして、大きく水を動かすために使った」といい、

3位のアーロン・マーテンスが使っていたのはルーハージャンセンのスピードトラップ。彼はこのホワイト、ファイヤータイガークリスタル、ブラウンクローを使い分けていたとか。そして、キーは特定のエリアでスタックせずに、そして、早く巻けること、だったと。だからスピードトラップなんですね。


そんなこんなが書いてあります。

当たり前ですけど、ベイトありきじゃなくて、戦略ありきのベイトなんですよね。

ここがバスフィッシングの最も面白いところじゃないでしょうか!

あぁ、釣りに行きたい・・・

Visit http://www.bassmaster.com/slideshow/all-classic-baits-and-patterns/

あっ、因みに下位になるとそんなアングラーの意図について触れられておりません。
by bluepeaks | 2016-03-11 09:12 | B.A.S.S.

春爆でしたね

今年のB.A.S.S. Master ClassicはDay 3に春爆を見事捉えたエドウィン・イバースが勝ちました。

魚がもう他とは明らかに違う、って感じです。

そのウェイト、

なんと29ポンド3オンス、

約13キロ!

その爆発っぷりがフォトレポートとして上がっているので、是非。

a0183304_1721636.jpg

Source from http://www.bassmaster.com/slideshow/evers-epic-day-3-morning

午前中編

午後編

写真ではスイムベイトやスピナーベイトも投げていたように見えますが、ウェインショーでウイニングベイトとして挙げていたのはラバージグ。

まぁ、そんなルアーの種類はさておき、僕らが学ぶべきは彼が張り付いていた場所かと。

a0183304_16542162.png

Source from http://www.bassmaster.com/basstrakk/tournaments/2016-geico-bassmaster-classic

誰がどこで魚を釣ったのか、そんな軌跡がわかるB.A.S.S.のwebサービス"BASStrakk"で確認してみると良いと思います。

http://www.bassmaster.com/basstrakk/tournaments/2016-geico-bassmaster-classic

面白いと思うのは・・・

Day3(最終日)は、Day2までの成績上位者12名のみで行われたのですが、こんな猛者をもってしてても、この春爆の恩恵を享受出来たのがほぼエドウィンのみだったってところ。

つまり、春爆って、湖全体で一斉に起こるようなもんじゃなくて、特定のエリアで、しかも、特定のタイミングでのみ起こるってことかと。

いつもの通り釣りは、場所ありき、時合いありきってことです。

さて、そんな僕らはこの春、爆発を堪能出来るのでしょうか!
by bluepeaks | 2016-03-07 17:11 | B.A.S.S.

こんな感じで進めています

今年のTHE KEEP CASTで配布したGIVE AWAYティッシュ。その痴虫画伯によるイラストで題材にTシャツを作るかも、って話をしましたけど、その後、想定外のスピードで進む季節の進行に追いつくべく着々と進めています。

今回は、お腹の出たおっさんでも着られるように大きめも作って、との声を受け、サイズはM、L、XLで。色は・・・黒かな。

a0183304_1175243.jpg

by bluepeaks | 2016-03-05 11:10 | アパレル

どちらの方が感度がいいでしょう?

モデレイトファースト(日本ではレギュラーファーストと言われる調子)と、エクストラファーストを比べると、同じ素材で、同じような長さ、そして、ガイド含め、同じような仕立てだったら、釣り人的に感度がいいと感じるのはどちらの竿でしょうか?

答えはモデレイトファースト。

実はエクストラファーストよりもモデレイトファーストの方が感度が高い、って感じるんです。これも多くの皆さんが勘違いしていることの一つかと。ところどころに石が点在しているような砂地のスポットでフットボールジグをズル引けば違いがよーくわかります。

理由はティップが硬い方が振動をより減衰させずに伝えるから。柔らかいものと、硬いもの、どっちが振動を伝えるか、これを考えれば容易に理解できるかと。

a0183304_15185857.jpg


ナイロンに比べてフロロの方が感度がいい・・・

これは経験的にわかっているはずなのに、どういう訳か、ティップが入るエクストラファーストの方がティップが入らないモデレイトファーストよりも感度がいい・・・、と勘違いしている人って、結構いるんだなぁ、と先日のThe Keep Castで思った次第です。

写真はUTR68XHでフットボールジグをズル引く総帥。

この時、「いいよ、いいよ、この感じ」と、盛んにつぶやいておられました。
by bluepeaks | 2016-03-03 15:21 | ブランク