North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

ヒートマップ
at 2017-08-11 14:24
SOW:ハネモノ
at 2017-08-10 14:48
SOW:福岡から頂きました
at 2017-08-09 16:31
スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-08-08 11:20
SOW:BOON
at 2017-08-08 11:03
SOW:金砂湖
at 2017-08-07 17:53
SOW:サマーパターン
at 2017-08-03 10:06
これぞスマイル・オン・ザ・ウ..
at 2017-08-02 11:03
投稿ありがとうございます
at 2017-08-01 11:48
SOW:キャストが決まれば・・・
at 2017-08-01 11:34

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

<   2016年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

モギハノン

モギハノンことボレアススタッフであり、NISHINE LURE WORKSのテスターであり、琵琶湖をベースにするフルタイムガイドである舞木くん

木が舞うと書いて「もうぎ」と申します・・・

と、本人が言ったかどうか知りませんけど、「モウギ」くんでございます。

a0183304_16164858.jpg


そんな舞木くんが今月号のバサーで8ページにわたって大暴れしてます。

なんと取材中に命題のチャターベイトでロクマルを釣るという、なんともシビれる釣りを披露。

a0183304_16194931.jpg


文中にも書いてありますが、実はこの取材、昨年の4月のことです。

つまりですよ、再現性があるってことです。

a0183304_16201573.jpg


ほら、もう満面の笑みです。

さらに、今月号は塚本総帥がコブラチャターについて語り・・・

a0183304_1629653.jpg


さらには、チャターのブレードが付いたトップウォータープラグ、イジリーを今年リリースする痴虫がその開発コンセプトについて語るという・・・

a0183304_16292231.jpg


ちょっとしたノースフォークコンポジット祭りでございます。

チャターを食わず嫌いの人とか、今シーズン、チャターの竿をどうしようかな?と思われている方は是非!
by bluepeaks | 2016-02-27 16:37 | Jカスタム

テーパーとアクション

内外を問わず、そして、プロアマを問わず、混同され使われていることの多い用語の一つに「アクションとパワー」がある、って話を以前取り上げましたけど、今日は同じ話題で他のケース。そう、タイトルにある「テーパーとアクション」、これについて取り上げてみたいと思います。

釣りに限らず、こうした日常的に使われているんだけど、いざその意味は?って聞かれると、わかっているようで、わかっていない外来語って結構あると思います。外来語であるが故に、本来の意味を知らずに、人づてに聞いた言葉や、書籍で目にした言葉を、話の前後関係からなんとなーく推測して、そのまま使い続けちゃう・・・、で、周りもみんなそんな感じだから、お互いに突っ込むこともなく、疑問に思うこともなく、使い続けて早数十年・・・というのは外来語あるあるでしょうか。

でも、そもそも言葉には必ずちゃんとした意味がある訳で、逆に言えば、ちゃんとした意味がなければ言葉として人々の間に広まっていくこともないはず。英語であれ日本語であれ。

そんな日常的に使っているんだけど、イマイチ理解出来ていない英語の用語に出会った時、本来の意味を知る上で超使えるのが「英英辞典」。何と言っても英語を英語で説明しているので、英語を母国語としている人たちがどういう意図で、その言葉を使っているのか、そんな気持ちもわかったりするもんです。なので、目線を同じくするという意味でオススメです。まぁ、最初はしんどいでしょうけど。

で、そんな英英辞典にはこう書いてあります。

Taper(テーパー)とは、

a0183304_167188.jpg


"a gradual decrease in the width of a long object"、つまり、長い物体の幅が徐々に減少していくこと、とあります。

なので、これをロッドの話に置き換えると

「徐々に径が細くなっていく物理的な形状、もしくは、細くなることそのもの」

これをTaper(テーパー)って呼んでいることになります。

もう一方のAction(アクション)は

a0183304_1614190.jpg


"the way in which something such as a chemical or process has an effect on something else"とあります。ちょっと面倒くさい感じですが、ザックリ訳せば「科学物質とか、工程とかによる影響および作用」ってこと(actionには多くの意味があるので、最も適当と思えるeffectの意を抜粋)

なので、同様に、これをロッドの話に置き換えると、

「外的な負荷に対して、そのロッドがどのような曲がりを見せるのか」

これをAction(アクション)って呼んでいることになります。

まとめると、Taper(テーパー)とは先が細くなっていく物理形状のことであり、Action(アクション)とは外的な負荷に対して描くベンディングカーブ、もしくは、その負荷により発生する復元力、ってこと。

でも、なんで急にこんなことを話題にしているのかって?

それは、なかなか会えないけど、この業界の中で働く大先輩からお電話を頂いたから。

ごっつあんです。
by bluepeaks | 2016-02-26 16:24 | ブランク

スパイダーズ

The Keep Castの会場で意外にもお問い合わせが多かったのが大好評NFCロゴ入りロッドチューブとアジャスタブルロッドソックスの在庫状況。

皆様から「超使えますよ」と評価頂き、嬉しい限りでございます。

ロッドチューブについては、キャスティング用を黒から写真のブルースパイダーへ、スピニング用を赤からレッドスパイダーへと変更させて頂きました。現在、ホ−フに在庫を持ち合わせておりますので、是非、この機会にご用命下さい。

キャスティング用

a0183304_9164082.jpg


スピニング用

a0183304_917457.jpg


そして、アジャスタブルロッドソックスについては、遅れに遅れてしまったのですが、4月にはお届け出来るかと思います。申し訳ありません。

今後、Jカスタム2.0に標準添付する竿袋は、上記のRod Glove社製のロッドチューブとさせて頂き、アジャスタブルロッドソックスについては、別途、オプション品として販売させて頂きますので、ご承知置き下さい。

お求めは

a0183304_9253215.jpg



もしくは全国の販売店様にご相談頂ければと思います。
by bluepeaks | 2016-02-23 09:25 | グッズ

Tシャツ作ろうかなぁ

今回、The Keep CAST用に痴虫が用意してくれたGive Awayティッシュ。

a0183304_167957.jpg


さすがのクオリティでございます。

今年はスターウォーズイヤーということもあり、

"May the north be with you!"

ってことで、こうしたり・・・

a0183304_1681824.jpg


"I am your farther"でこうなったり・・・

a0183304_169867.jpg


ちょっと恵比寿さんっぽいけど、これなんかゲイリーに超似ているんですけど、

a0183304_1612020.jpg




で、只今、この夏に向けてTシャツ化のプロジェクト進行中でございます!
by bluepeaks | 2016-02-22 16:14 | 四方山

HUGE THANK YOU!!

NORTH FORK COMPOSITES & mibroブースにお立ち寄り頂きました皆様、大変ありがとうございました。事務局に発表によると来場者は例年並みとのことでしたが、両日ともに昨年を上回る多くの皆様にお立ち寄り頂き、中部、関西地区において着実に評価頂いているように感じております。

a0183304_1615231.jpg


Jカスタム2.0の既存モデルにつきましては、3月一杯までには全モデルともに出荷可能となるよう、現在、生産を進めております。そして、それに合わせ新モデルの生産を進めていきますので、準備が整い次第、ブログにてお知らせする予定です。今回、発表した新製品につきましては、順次この場で出荷開始時期、価格等をお知らせしていきます。

a0183304_1623583.jpg


a0183304_1631878.jpg


a0183304_1634647.jpg


それでは皆様、今年もNORTH FORK COMPOSITES & mibroブースにお立ち寄り頂き、ありがとうございました。
by bluepeaks | 2016-02-22 16:04 | イベント

キープキャストに向けて(その7)

そして最後になってしまいましたがEDGE First Strikeです。

a0183304_943217.jpg


こちらに関しては・・・

ちょっとした事件がありまして・・・

なんと新ロゴの展示品が間に合わなかった・・・orz

なんでも昨年末より各国からの引き合いが急増したため、この展示品さえ間に合わなかった・・・という訳でございます。

ということで、昨年と同じモノになりますが、旧ロゴのEDGE First Strikeを今年も展示させて頂くことになりました。

特に、EDGE First Strikeについては、年内に新モデルが追加されるとの情報は得ておりませんので、既存のモデルを継続販売していくことになるかと思います。

と、いうことで、全7回にわたり取り上げてきたキープキャスト展示品の事前告知も今日で終了となります。

それでは皆様のお越しを会場でお待ちしております!
by bluepeaks | 2016-02-19 09:13 | イベント

キープキャストに向けて(その6)

そして、さらに今回参考出品するのが、こちらのスピニングロッド。

a0183304_9273393.jpg


7フィート、ミディアムヘビー、ファーストアクションのスピニングロッドです。こちらもJカスタム2.0とは別に新プロダクトラインとしてリリースすることを予定しているものです。先日、このブログで取り上げたティップのパイプ径が2.2のロッドです。

a0183304_955455.jpg


用途はヘビーなスピニングの釣り全般。

手返しこそベイトキャスターに劣るものの、

スピニングならではの利点、

つまり、

キャスタビリティとフォール性能を活かして、

よりフィネスなリグを今までベイトキャスターでしか攻められなかった濃いカバーに中に入れてデカイ魚を強引に引きずり出す釣りとか、

1/2oz.クラスのジグやヘビーウェイトなネコリグ、チューブワームなどを、ディープに、より早くに、そして、よりダイレクトに落として、リアクションで食わせる釣りとか、

今までベイトキャスターでやっていたことを、スピニングでやることで、タフ化が進行するフィールドにリアクションで対応しようとする、ハイパーリアクションフィッシングのためのヘビースピニングロッドです。
by bluepeaks | 2016-02-18 10:01 | イベント

キープキャストに向けて(その5-1)

ちょっと整理しておきます。

a0183304_15172713.jpg


昨日取り上げた今年のキープキャストに参考出品するロッドですが、これらはJカスタム2.0の新モデル・・・ではなくて、別のプロダクトラインとして展開することを考えているロッドになります。

Jカスタム2.0はアメリカンブランクを日本の釣り合わせ最適化したロッドです。

投げる、掛ける、寄せると言ったロッドとしての基本性能は非常に優れているにも関わらず、ロッドそのものが長過ぎたり、グリップが長過ぎたり、さらには太過ぎたりして「いいんだけど、使いづらい・・・」、そんなアメリカンロッドを、日本のフィールド事情にあわせ、日本人の体格にあわせ、釣りから考えて最適化したロッド、それがJカスタム2.0です。

これに対して、現在進行中の新プロダクトラインは、もう少し従来のアメリカンロッド寄りの竿になります。例えば、長さは6フィート8インチや7フィート1インチと言った細かなレンクス調整は行わず6フィート6インチと7フィートのみ。パワーもミディアムからヘビーまでのスリーパワー。さらには、最大負荷時におけるリールのグラつきを抑えるため、採用してきたグリップ内ジョイントから、よりシンプルなブランクスルーへの変更など。

そんな中でも新プロダクトライン着手の大きなキッカケとなったのが写真のリールシートでした。かつてリールシートのデザインも手掛けた塚本総帥から「是非ともこのリールシートを採用したい」との熱いインプット。最初はどうしてそんなに惚れ込むのか今ひとつ?だったんですが、1本のロッドとして組み上げてみてなるほど納得。



握り変えた時に違和感なくファーストキャストに入れること、

これがJカスタム2.0のプロダクトバリューの一つであるならば、

Jカスタム2.0とは別のプロダクトラインで・・・

という風に考えています。

もちろん、Jカスタム2.0は、今後、2.1になったり、3.0になったりすることもあるでしょうが、販売は継続していきますので、ご安心下さい。

しなやかに、スムースに曲がり、曲がったら曲がった分だけリニアに復元力を発生させるノースフォークコンポジットの竿としての基本性能の高さを、より多くの人たちに体験してもらえるよう、そんな役割を担って欲しい、というのが、このプロダクトラインにかける想いでございます。
by bluepeaks | 2016-02-17 15:45 | イベント

キープキャストに向けて(その5)

そして、もう一つ今回参考出品するロッドがコレ。

a0183304_9312331.jpg


これから煮詰めていくモノなので、ちょっとばかり時期尚早な感がないとも言えませんが、逆に言えばこの機会を逃してしまうと皆様に見て頂くチャンスも極端に少なくなってしまう訳で・・・

2015年の・・・そう8月頃から、塚本総帥とあーでもない、こーでもないと進めてきた2016ADKDプロジェクトの一部を披露させて頂くつもりです。

a0183304_935334.jpg


今回、会場で展示するのは、6フィート6インチのミディアムパワーとミディアムヘビーパワー、それと、7フィートのミディアムパワーとミディアムヘビーパワー、さらにもう1モデルです。

アメリカンブランクを使ったアメリカンロッドが減少の一途を辿る中、かつてのスタンダードレンクスである6フィート6インチと7フィートに立ち戻り、余計なコスメを廃したアメリカンテイストで仕上げることを目指しています。

そうですね、ちょっとカッコ付けた言い方ですけど、

直球勝負!

って感じです。
by bluepeaks | 2016-02-16 09:55 | Jカスタム

キープキャストに向けて(その4)

昨日チョロっと触れたものとは別に、Jカスタム2.0のニューアイテムとして、ミドストに代表される中層のフワフワ〜としたノー感じな釣りのための6フィート4インチ、ライトパワーのロッド、Swim & Shake Rod 64L(SSR64L)をリリースする予定です。

a0183304_1623257.jpg


ミドストロッドなら低弾性カーボン?

みたいな考えがありますけど、そこはちょっと待てよ、ってことで、低弾性から高弾性まで、各マテリアルで巻かれたブランクをテストして、さらには、ガイドの大きさとか、種類とか、スペースとかをあーでもない、こーでもない、とテストしている間に、あっと言う間に時間が経ってしまった・・・というのが説明という言い訳なのですが、

軽過ぎるブランクだと、返りのスピードが速すぎて、シェイクすることに意識が囚われ過ぎてしまう・・・とか、

逆に、

重過ぎるブランクだと、ティップの振れ幅が自然と大きくなり過ぎて、繊細なアプローチのはずがいつの間に雑になりがち・・・とか、

そんなこんなを煮詰めて行った上でのファイナルサンプルを会場ではご覧頂きたいと思います。

a0183304_16322763.jpg


張らず緩めずのビミョーな抵抗を感じ取れ、且つ、それをキープすることが出来て、さらには、近年の大型化している魚体でも主導権を渡さずファイト出来る、そんなロッドに仕上がりました。
by bluepeaks | 2016-02-15 17:04 | Jカスタム