North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新の記事

SOW:救世主!
at 2017-12-11 09:14
SOW:サイレントブレイカー
at 2017-12-09 10:54
カタログ外ブランクの個別取り..
at 2017-12-08 15:20
年末年始休業のお知らせ
at 2017-12-08 09:48
冬の釣り
at 2017-12-08 09:37
ハイブリッドS2のフィニッシュ
at 2017-12-07 18:48
NFX S62Lプロジェクト..
at 2017-12-02 16:47
2017 Thank YOU..
at 2017-12-01 16:58
NFX S70MHの推奨ライン
at 2017-12-01 10:37
S70MHガイドセッティング
at 2017-11-30 11:16

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

<   2015年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

MOD

たまーにMODって何ですか?と聞かれることがあるので、解説させて頂きますと、MODはMODERATE(モデレイト)の略で、「モッド」なんて呼びます。

で、MODERATE(モデレイト)って何のこと?っていうと、「適度な」とか、「フツーな」とか、「穏やかな」っていう意味です。なので、MOD-FASTとくれば、「穏やかなファースト」、もしくは、英語的にはアウトだけど「マイルドなファースト」ってこと。つまり、日本で言う「レギュラーファースト」のことです。

と、脈略なし、写真なしの思いつき小ネタエントリーでした。
by bluepeaks | 2015-09-26 14:14 | ブランク

2015 Basser Allstar Classic

復活!


a0183304_15162580.jpg


・・・という訳じゃないですけど、

10月24日、25日と水の郷さわらで開催される Basser Allstar Classicに、mibroの塚本謙太郎さん、room'sの畑中さんと共に、出展することになりました。J Custom 2.0のラインナップもほぼほぼコンプリート状態となって来ましたので、今年は尖りに尖ったEDGEをご覧頂きたい、と思っています。詳細については、追い追いこの場で、またはfacebookで、お知らせしていきたいと思います。

Basser Allstar Classicの詳細はこちらで

皆様、どうぞよろしくお願い致します。
by bluepeaks | 2015-09-25 15:19 | イベント

臨時休業のお知らせ

9/27から10/4までの間、ウッドランドの工場へ出張するため、臨時休業とさせて頂きます。そもそも電波状況があまりよろしくないアメリカの田舎町の、それも外れに滞在するため、問い合わせ等、返信は休業明け以降に対応させて頂きますので、ご了承下さい。

ネットワーク・コネクション次第ですけど、今回は、FBページも立ち上げたので、小ネタはそっちにアップしていきたいと思っています。
by bluepeaks | 2015-09-25 09:39 | お知らせ

B7 Deepが復活とな!

釣具屋さんではほとんど見ることがないルアーなんだけど、キャリアの長い人のボックスを見ると、少なからず一つや二つ入っているルアー、KTWのB7 Deepがまもなくリリースされるとか。水温が徐々に降下していくこれからの季節がまさに出し時。シダーウッドならではのキャスタビリティといい、しっとりとしたサイレントで控えめ動きといい個人的にも大好きなルアーの一つ。水温が下がれば下がるほど手が伸びてしまう頼れるアニキです。

a0183304_1435233.jpg


リザーバーのドロップをゆっくりと舐めるようにトレースしていくならTCR610M、遠投して広いフラットをスピーディーに効率良く探っていくならPCR71MHがオススメです。

なんかね、使っていて感じるのは、中空構造のプラ製ルアーによる軽快な水押しと全然違うんですよ。中まで繊維がぎっしりと詰まった質量のあるウッド製ルアーによる水押すしって。ぜんぜんね。だから時に大当たりすることがあるんだと思うんです。

ウッドのクランクベイトを試したことがない方は是非この機会に。

詳しくは塚本謙太郎さんのブログで

a0183304_14511090.jpg

by bluepeaks | 2015-09-15 14:58 | ルアー

Facebookページを開設しました

あーでもない、こーでもないと、背景やら、理由やらの説明含め、お知らせするのは、このブログを利用するとして、もっとライトな、ちょっとした話題、例えば、「釣れたー」とか、「こんなもん作ってみたー」とか、「大失敗・・・」なんていうそんな写真やら駄文を載せる小ネタ場として、Facebookページを開設しましたので、是非、ご登録を。

アドレスは以下です

https://www.facebook.com/northforkjp

皆さん、どうぞよろしくお願いします。
by bluepeaks | 2015-09-15 10:41 | お知らせ

FIRST STRIKE

ノースフォークコンポジットが北米市場で展開するロッドブランド"EDGE"。
その第一弾として日本市場でリリースするロッドはバスロッドのFIRST STRIKE(ファースト・ストライク)シリーズです。

a0183304_1816313.jpg


各モデルの詳細については、別途、回を設けて説明するとして、簡単にラインナップだけ紹介すると、

セブンフッターのマグバステーパーロッド4モデル(ML/M/MH/H)
フリッピングロッド2モデル(H/XH)
ディープクランキングロッド1モデル
フィネス1モデル

の計8モデルになります。

言ってみれば、現代のアメリカン・バスフィッシングで求められている要素を整理し、他のロッドでは代用の効かない、必要にして十分なロッドのみを抽出して、製品化した感じ。特定の釣りに最適化させたロッド・・・というよりも、パワー、アクション、レンクスの違いをアングラーが使いこなして、その場その場の状況にアジャストするロッドです。

まぁ、そうですね・・・アメリカ的職業バス釣り師のためのロッド、と言えばいいのかも。

中にはガッチガチのロッドもあり、見事なまでにJカスタム2.0と重なる部分が一切ないんだな、これが。
by bluepeaks | 2015-09-10 18:30 | EDGE

痴虫@ビームス広島店

たぶん準備で超テッパていて本人は告知どころじゃないのかもしれませんが、JC2.0 JPR65のテストに随分と長いこと参加してもらっていた松本痴虫さんが、今週末、ビームス広島店でワークショップ(個展?)を開催します。

ルアービルダー松本光弘による「痴虫放浪記 〜広島編〜」

で、その中、彼がデザインに携わったJPR65のビームス広島店用痴虫ワンオフカスタムを販売します。ベースモデルはJPR65LとJPR65ML。

ただ・・・

どうせやるならちょっと違った味付けで行こう!、ってことでコスメを変更。

a0183304_11542232.jpg


で、さらに、画伯がグリップ周りに味を加えた作品がコレ!

a0183304_11595520.jpg


全景は是非会場で。

量産?

もちろん、そんなこと出来ません。

でも、ローカーボンフィニッシュと、このビビッドなスレッドの配色、

悪くないでしょ!
by bluepeaks | 2015-09-10 12:07 | Jカスタム

NFCロッドチューブのオプション提供を開始しました

ロッドグローブ社製NFCロゴ入りロッドチューブのオプション提供をNFC WEB SHOPで開始しました。

ロッドチューブはベイトキャスティング用(黒)とスピニング用(赤)の2種類です。ベイトキャスティング用については、多くの場合、複数本を同時にご利用頂くことから3本1組とした3パック、そして、5本1組とした5パックを、単体提供時よりもお得な価格でご用意させて頂きました。

a0183304_17373863.jpg


a0183304_17543151.jpg


また、これに合わせて、予てからご要望を頂いておりましたアジャスタブルロッドソックス(現行製品に添付する標準ロッドソックス)のオプション提供も開始しました。使い方は既にご存知かと思いますが、キャスティングロッド、スピニングロッドともに1本から、写真のように複数本まで束ねて使うことが出来ます。キャスティングロッドであればガイドの種類にも依りますが、最大7本から8本程度まで束ねられます。ロッドグローブ社のロッドチューブを被せた上、さらに、このアジャスタブルロッドソックスで束ねることも可能です。

a0183304_17432493.jpg


販売はNFCオンラインストア、もしくは、弊社の販売パートナー様までお問い合わせ下さい。

皆様のご利用をお待ちしています。

a0183304_17514958.jpg


by bluepeaks | 2015-09-09 17:52 | パーツ

Made In USAなアメリカンロッド

EDGEは今となっては珍しい存在とさえ言えるMade in USAのアメリカンロッド(コレ自体、ミョーな表現だよね)。アメリカには今も大小様々なロッドメーカーがありますが、アメリカ国内でブランクを焼き、ビルドしているメーカーとなると、ほーんの一握りかと(だいたいそんな数じゃ握るっていうか、摘まむじゃね?って話もありますけど)。多くのメーカーが利益と経営効率を求め、海外に生産拠点を移す中、ゲイリーは、プライドをもってアメリカ国内でロッドを作り続けたい、と。

a0183304_9574294.jpg


「アメリカンロッド」と言えども、今や海外生産が常識とされる時代。でも、当たり前ですけど、かつては全てのメーカーがアメリカ国内でロッドを作っていた訳です。実は、ゲイリー、そんな時代にあって、誰よりも早く海外生産に取り組んだ一人でもあったのでした。

以下は、IGFAのサイトに掲載されるゲイリーの今日まで功績を記した一文ですが・・・

"In 1980 he started Loomis Composites which launched his own career in the fishing industry, and a year later helped establish Loomis Franklin, a Taiwanese company that became the world’s largest producer of graphite fishing rods."

source from https://www.igfa.org/Museum/HOF-Loomis.aspx

こんなことが書かれています。

「1980年、彼(ゲイリー)は、"ルーミスコンポジット社"を立ち上げ、彼自身のキャリアをスタートさせた。そして、その1年後、彼は、世界最大規模のグラファイトロッド生産工場となる台湾の会社、ルーミス・フランクリン社の立ち上げに尽力した」

そう、つまり、ゲイリーこそがグラファイトロッドの生産技術をアジアへ伝えた張本人だった訳です。だから時として「グラファイトロッドの父」なんて言われたりするんですね。ちゃーんと理由があるんです。

で、その後は、皆さんが想像するように、この世界最大規模の生産能力を持つ会社から、中国を始めとする多方面へと技術が移転されていき、今日に至る・・・という次第。

そんな技術移転に積極な時代を経て、今のゲイリーがある訳ですが、かつてこの台湾の工場の設立に関して、ゲイリー本人にその理由を尋ねたところ、返ってきた答えがコレ

「当時は、とにかく注文が多過ぎて、自分のところの工場だけじゃ回らなかった。それに、台湾ならリーズナブルなロッドを数多く生産することが出来る。そうすれば、結果的には釣りという遊びをより広めていくことが出来るし、そのうちの何%かは将来必ず自分のお客さんになってくれるはず、と考えていた」

そして、その後は、これまた皆さんのご想像通り、その他多くの提携話と同じように、この関係は解消されるのですが、成功云々はさておき、この技術移転は、その後、より多くの人たちに釣りを楽しんでもらう礎になった、と評価出来るのではないでしょうか。

そんなこんなグラファイトロッドの誕生から普及、発展、進化まで、一時代を作り上げてきたゲイリーがかつての創業の地であるワシントン州ウッドランドの街で、再びプライドをもってMade In USAにこだわり作っているロッド、それがEDGEです。

バットの星条旗にはそんな想いが込められている・・・ように見えてきたでしょ!
by bluepeaks | 2015-09-02 10:46 | EDGE

9月になりました

早いものでもう9月です。PFRの出荷と同時に行き倒れるかのようにブログの更新からも遠ざかってしまいました。その間、長〜い夏休みを頂いていた訳じゃあなくて、次を見据え、予てからチョイチョイ紹介しておりましたノースフォークコンポジットが北米市場で展開するロッドブランド"EDGE"の提供開始に向けた準備に取り掛かっておりました。

a0183304_9205771.jpg


実は今年のICAST以降(ICASTって言うのはアメリカ最大級のスポーツフィッシングの業者向け見本市)、パワー設定やアクションが変わったり(つまり、ブランク変更ね)、グリップ長が変わったり、新モデルが加わったり、ガイドがステンレスフレームのSiCに変わったり・・・と、マイナーチェンジと呼ぶには余りにも多岐にわたる変更が加わったため、これらの仕様変更がなされた後の最終製品版の入荷を待っていた次第。

さてさて、撮影も無事終わったし、ウェブサイト含め、徐々にオープンにして参ります。
by bluepeaks | 2015-09-01 12:50 | EDGE