North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

EDGE PACEMAKER..
at 2017-05-18 18:56
価格変更のお知らせ:EDGE..
at 2017-05-17 15:04
Jカスタム2.1出荷開始
at 2017-05-15 17:44
再生能力
at 2017-05-15 09:38
ウェルカムバック!
at 2017-05-13 09:45
NFX 7フィートキャスティ..
at 2017-05-12 17:33
テンパウンダー
at 2017-05-10 09:13
ハイブリッドS2
at 2017-05-09 14:27
いつもと違う季節の進行?
at 2017-05-02 09:27
バルサならわかるロッドの復元力
at 2017-04-29 14:19

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

<   2015年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ハイブリッド?ブレンド?

今年のTHE KEEP CAST会場でお客様に尋ねられた問いに「HMとIMのハイブリッドブランクってあるんですか?」というものがありました。答えはNOです。そんなブランクはありません。でも、もしそんなHMとIMをブレンドしたブランクがあれば、一発で見極めることが出来るはずです。

その前に、そもそもカーボンブランクにおける素材のブレンドってどういうことでしょうか?

ブランクの場合、「ブレンド」と一言で言っても、塗料や薬品のように混ぜ合わせる・・・なんてことが出来ません。何故ならブランクは、紙状のカーボンシート(専門用語で言うところの「プリプレグ」)から作られているからです。「百聞は一見にしかず」、下の写真を見て下さい。

a0183304_1034150.jpg


これがいわゆるカーボンシートと呼ばれているものです。そう、その名の通り紙状のシートです。こんな紙状のシート2枚を1枚の紙にすることって出来ますか?フツー出来ませんよね。だって紙ですから。そう、ブランクメーカーだって出来ません。じゃあ、どうやって複数の異なるシートをブレンドしているか、というと、セクション毎に素材を使い分けるのです。下の図を見て下さい。

a0183304_10345572.jpg


アングラーが望むパワーとアクションを作り出すために、ブランクというものは、だいたい上の図のように、複数のカーボンシートから構成されています。これら複数のカーボンシートを1本のマンドレルと呼ばれる鉄製の芯に巻き付けていくのですが、異なる素材をブレンドする時は、これら複数あるセクションのうち、どれか一つにその素材を使うことになります。これがブランクにおける素材のブレンドということです。まぁ大概は、バットセクションの補強に使われるので、上の例で言うとCの部位にAとBとは違う素材を使ったりするものです。

理論的には、同じセクションを違う素材で二重巻きにすることも考えられますが(例えばCの二重巻き)、この方法は現実的とは言えません。何故ならそのセクションを不用意に重たくするだけで、もし本当にそのセクションを強化したいのであれば、より硬い素材をより多く巻けば良いからです。なので、選択という意味ではあり得ますが、コストも高くなるし、製造プロセスもより複雑になるので、現実的ではない訳です。

ここまでの説明で異なる素材をブレンドする方法については、理解頂けたと思います。

ではここからはHMとIMのブレンドについて、説明したいと思います。

まず、これがIMにメインに使われているマテリアルになります(もう古いのでレジンが劣化して使えませんけどね)。

a0183304_11173097.jpg


そして、これがHMです。

a0183304_11183417.jpg


写真でも十分わかる通り、両者はその構造からして全く異なるものです。一目でわかる違いは、HMの表面には、写真のように不織布のような薄—い膜状のカーボンの繊維が乗っている点です。IMにはこうした繊維がありません。この薄い膜が乗っているからこそ、HMのブランクの表面には、独特とも言えるマダラ模様が現れるんです。つまりです、もし仮にHMとIMのハイブリッドブランクがあるのであれば、きっとそのブランクの表面の一部には、HMにのみ現れているあの独特のマダラ模様が出ているはずで、ローカーボンフィニッシュであれば、それが視認出来るはず。だから、HMとIMのハイブリッドブランクがあれば、一発で見極めることが出来るはず・・・なんです。

と、申し上げた次第なのでした。

久々のブランクネタでした。
そろそろ釣りネタにしたいなぁ・・・
by bluepeaks | 2015-03-20 10:37 | ブランク

JPR65商品紹介ページを追加しました

2015年3月14日にリリースしました2015年の新製品「ジャーキング&プラッギング・ロッド(JPR65)」の製品紹介ページを追加しました。毎度の事ながら、製品のリリースに同期出来ず、反省。・・・って言うか、写真撮影が天候に左右されたりするんですよね・・・、まぁ、言い訳ですけど。

http://northforkcomposites.jp/jc20/jpr

a0183304_17183411.jpg

by bluepeaks | 2015-03-16 17:18 | Jカスタム

この人も8ポンドフロロだって

ご存じ暴れん坊将軍ジェラルド・スウィンドルもジャークキングにおいては、フロロの8ポンドか10ポンドを使っているそうだ。もしかしたら早春限定なのかもしれないけど、エリートの皆さん、殊ジャーキングについては、細糸を使っているようです。まぁ、とにかく早口なので、聞き取ることが難しいかと思いますが、このビデオの中ではそんな事を言ってます。

なので、ロッドもライトなものを使っているようで、G曰く「6フィート6インチから7フィートがジャーキングには向いている。長過ぎる竿ではうまく動かせない。でも逆に短すぎる竿じゃ、十分なフッキングパワーが得られない(たぶんストロークのことじゃないかな。何故ならスラックを出しているから)。アクションはライトなものがいい(パワーってことだと思います)。具体的にはミディアムか、ミディアムライトだ」と。

「いいこと言ってるじゃねぇか!」なーんて上から目線ではとてもじゃないけど言えませんが、出来ることなら字幕を付けたいくらいJPR65寄りの内容だ。


by bluepeaks | 2015-03-14 12:02 | Jカスタム

ポーズ中の姿勢

水平姿勢がいいとか、頭を下げた姿勢がいいとか、サスペンドジャークベイトのポーズ中の姿勢についても諸説ある訳ですけど、そんなポーズ中の姿勢に関して、ふーんなるほどなぁ、と思ったのがコレ。

ご存じエリートプロ、マーク・メネンデスによるジャーキングの解説なんですが、曰く「45度で頭を下げているのが理想。なぜならアンナチュラル(不自然)だから。普通、そんな姿勢でいるシャッドなんていないだろ?だから喰ってくるんだよ。だいたいデカイバスほど怠け者で、よりイージーに捕食出来る餌を常に探しているんだ」と。

色も形もそうですが、フツーの釣り人って、兎角よりナチュラルなものを好む傾向があるけど(特に僕ら日本人は)、エリートプロは全然違うことを考えているって事実。

因みにラインは8ポンドか10ポンドのフロロだそうだ。これ、日本で「ベイトフィネス」って呼ばれている細さ。勿論、ここまで細くする理由は、より深い層にジャークベイトを送り込みたいから。

そう思って今までフロロの12ポンドでやってきたけど、今年はもう一段細くしてみるかな・・・


by bluepeaks | 2015-03-13 14:43 | ルアー

JPR65ファーストリリース出荷準備完了!

THE KEEP CASTで製品版を展示して、ご注文を受けて、第二週に出荷と、ここまではお陰様で予定通りに進行中です。で、いよいよ本日、初回生産分を出荷させて頂きます。週末には、ご予約いただいております各店様にお立ち寄り頂ければと思います。

3月と言えばまさにジャーキングな季節。まだまだ寒いし、常にイージーな展開は期待出来ませんが、あのポーズ中のコンッってのを感じとって、フッキング出来た時の楽しさは、代え難いもの。

ジャーキング、いつやるの?

今でしょ!

a0183304_13511210.jpg

by bluepeaks | 2015-03-13 14:01 | Jカスタム

新規Jカスタムパートナーのご案内

2015年3月よりJカスタム2.0をお取り扱い頂けることとなりました新規パートナー様につき、お知らせ致します。皆様どうぞよろしくお願い致します。

スーパーブッシュ上野店
つりどうぐ一休/大阪狭山店
つりどうぐ一休/寝屋川店
つりどうぐ一休/葛の葉店

注意;つりどうぐ一休/守山店様ではお取り扱いがありませんので、ご注意下さい。
by bluepeaks | 2015-03-11 12:18 | パートナー

ルアーから見たJPR65

JC2プライムデザイナーである塚本謙太郎さんによる、ルアーから見たJPR65の解説記事がアップされていますので、ご紹介。

a0183304_16174272.jpg


JPR65は

そもそも何で2本なの?って話とか、

何でLなの?何でMLなの?って話とか、

TCRのLとJPRのLは同じパワーなの?って話とか、

どう使い分けるの?って話とか、

プラッギングって何?って話とか、

そんなこんな釣り人の視点からJPR65のポジショニングやコンセプト、機能をわかりやすく整理して頂いてます。多くのお客様との会話をベースにした、使いこなし方の解説。

流石は総帥と呼ばれる男
by bluepeaks | 2015-03-10 16:30 | Jカスタム

プラッギングロッドとしてのJPR65

ここのところ頻繁に登場頂いている痴虫松本さん。それでなくともルアー製作に忙しいのに、その合間を縫って積極的にメディアに情報発信する痴虫。

まぁ、たまーに何も反応しないサイレントピリオドもありますがね、

そんな痴虫によるお馴染み「スポニチコラム」。

今回は、先日の名古屋THE KEEP CASTと、プラッギングロッドとして見たJPR65の話です。季節柄というか、言葉の通りというか、今のところジャークベイトロッドと認識頂いているJPR65ですが、プラッギングのPをわざわざプロダクトネームに盛り込んだのには、開発に関わった皆の思いがそこにある訳で、そんなところにフォーカスした記事になってます。

松本光弘コラム - 名古屋ザ・キープキャストとノースフォークコンポジットJPR65のお話

a0183304_9292019.jpg

by bluepeaks | 2015-03-10 09:31 | Jカスタム

タンドラ?ツンドラ?

バスマスターマガジンの見開きにあったTUNDRAの広告。

a0183304_16474955.jpg


ご存じの通りトヨタが北米市場で販売するフルサイズピックアップトラックのブランドですが、気になったので調べてみたらやっぱり英語じゃなくてもとはロシア語。地理の教科書に載ってた永久凍土の「ツンドラ」、この英語読みです(何でも英語読みにしてしまう強引な人達ですよね)。でも、そもそもロシア語ってアルファベットを使っていないんで、確認のしようもないんですが、きっと音は「ツンドラ」なんでしょう。

2006年の登場時には、伝統的にフォードとシェビーががっちり押さえていた市場だけに、「トヨタがフルサイズピックアップ市場に参入」というようにCNNが朝のニュースで取り上げるほどのインパクトがあった訳ですけど、今や定着した感さえあるTUNDRA。凄いっすね。企業努力の賜物です。

まぁそんなこんな、日本の会社が、アメリカの会社が牛耳る市場に新規参入するにあたり、ロシア語を使うという、慎重かつ大胆な戦略を感じさせるネーミングな訳です。

やっぱりネーミングは大事
by bluepeaks | 2015-03-09 12:10

カナダからの手紙(その12)

毎回これ以上ないインパクトで皆さんの心をギュっと掴む西根さんカナダからの手紙その12です。と言っても今回は、このブログではなく、西根さんが西根さんのブログで、西根さんの言葉で語る「ノースフォークコンポジットとは」編です。

JC2プライムデザイナーである塚本謙太郎さんに間を取り持ってもらう形でテストをお願いしてからはや半年。ノースフォークコンポジットとの出会いからJPRの最終テストに至る過程の中で感じられたことを中心に、ブログで語って頂いてます。読み応え抜群の長編解説です。

是非!

http://beatour.exblog.jp/
by bluepeaks | 2015-03-03 17:15 | Jカスタム