North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

EDGE PACEMAKER..
at 2017-05-18 18:56
価格変更のお知らせ:EDGE..
at 2017-05-17 15:04
Jカスタム2.1出荷開始
at 2017-05-15 17:44
再生能力
at 2017-05-15 09:38
ウェルカムバック!
at 2017-05-13 09:45
NFX 7フィートキャスティ..
at 2017-05-12 17:33
テンパウンダー
at 2017-05-10 09:13
ハイブリッドS2
at 2017-05-09 14:27
いつもと違う季節の進行?
at 2017-05-02 09:27
バルサならわかるロッドの復元力
at 2017-04-29 14:19

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ルーナーカレンダー

ルーナーカレンダー(luner calender)、つまり、月齢カレンダーのことです。

これを見るとやっぱり新月と満月の日が「釣れる」ってことになっているんだけど、もう20年以上も意識しているんですけど、「これかよー」と実感したことがないという事実。周りの釣りキチ君たちに聞いてもみんなそう、実感したことがない、って。その代わりみんな判で押した様に言うのが「なんか他の事考えているみたい」ってこと。例えば、産卵に向けたパートナー探しとか、縄張り争いとか、大移動とか、そんなこと。それに、昼間は全く動いていない気がします。そう思って、大潮の日の夜に湖上に出たことだって何回もありますが、それだって「こんなものか?」な反応だけ。

a0183304_971077.jpg


source from : http://www.bassmaster.com/astro-tables/

やっぱりコレみても、新月と満月なんだけど・・・特定の時間帯にはまるとボコボコだけど、ちょっとでも外れるとまるでノーってことなんだろうか?それに、これって全魚種に当てはまることだよね?

うーん、ますますミステリアスガール
by bluepeaks | 2014-06-27 09:13 | 自然

アメリカ版電気ショッカー

登録しているBassmasterから"This Technique is Shocking!"というタイトルのメールが・・・「ムム、Aリグに次ぐ新たな釣り方か!」と思い、いそいそと見てみるとカリフォルニア州クリアレイクでのいわゆる日本で言うところの「電気ショッカー」による生態調査のレポートの話。電気ビリビリなんで、それにかけて"Shocking"ってこと。

What electroshocking really looks like

中身は、全36枚からなるフォトレポート。なので、注釈が読めなくとも何となく雰囲気はわかるかと思います。ただ、是非、チャレンジして欲しい。100%はわかる必要などないので、出来る範囲で。

話がちょっと逸れますが、そもそも100%、日本語と同じ様に理解しようとするから面倒になる訳で、諸外国の人みたいにもっとおおらかに考えたら良いと思うのです。まぁ、それを許せない、全ての物事をキッチリこなしたいのが日本人なのかも知れませんけど。

とは言っても、より多くの人に感心を持ってもらいたいので、「導入」という意味で、何点か興味深く感じた点を列挙します。

P2 : まず、生物学者が生態系調査のためにやっているということ
P3 : このボートに乗っている時の唯一のルールは、直接水に触れないこと・・・(感電するからね)
P15 : クリアレイクの在来種は9種。でも今ではバスも含めて、27のノンネイティブが生存している・・・(それを許容しているんだ・・・)
P17 : 8pmから1amのシフトが一番バスが捕れる時間(この時間帯云々よりも、こうしてシフトを組んで夜の魚の動きも見ていることに感心!)
P18 : 良く捕れるポイント(へぇー、昼も夜も同じなんだ・・・)
P23 : 捕れた魚は全部体長、重さ、そして、特徴などが記録される
P27 : (当たり前かもしれないけど)痺れているからどの魚も静かで測量は楽チン
P30 : 在来種の一つがコレ、クリアレイクヒッチ
P33 : 鯉もリリース(鯉は全米各地で急繁殖している外来種で、問題視されている種。でも、繁殖=即駆除ではなく、まずは調査。結論はそれから・・・)
P35 : これは1回目の調査。夜また同じ調査をする。それまでの間は、レポート作り・・・

とまぁ、こんな感じです。

最も興味深い点は、全米各地で問題視されている鯉さえも結論の出ていない現段階では調査のみとし、リリースすること。こうやって、断片的な情報ではなく、24時間、365日、生態を調査をして、実態を把握した上、きっと何が自分たちにとって一番有益な選択なのかを議論し、最終的にアクションを取るのでしょう。

普段付き合うアメリカンは、ホント大雑把で、テキトーで、キッチリした日本のお客さんとの間で板挟みになることも多々あるんだけど、やっぱりこういう部分では見習うべき点が多いな、とほとほと感心したのでした。

時間のある時に是非。チェケラー
by bluepeaks | 2014-06-26 10:59 | 自然

絡め取るチカラ

日本全国アフター全開な今日この頃ですけど、そんな中でも条件さえ合えばクランキングで楽しめる訳です。がしかし、この季節、どうしたって増えるのがリアの1本掛かりとか、外掛かり。だからこそ、ガッツーンと喰ってくる時期では感じられないロッドの差というものが感じられたりする訳です。逆に言えば、そんなスローな時期だからこそ、クランキングロッドとしての真価が問われるというもの。

例えば・・・

フラットサイドでスローな魚の側線を刺激する釣り(TCR610ML)とか、

a0183304_1714574.jpg


ミッドランナーでサスペンドするスローな魚の目の前を通す釣り(TCR610M)とか、

a0183304_17155986.jpg


ヌ~とただ重くなる様な釣りでもTCR610が活躍しています。
by bluepeaks | 2014-06-12 17:32 | Jカスタム

定説ってやっぱり・・・

バショウカジキは時速100キロ以上で泳ぐ・・・とか、マグロは時速80キロで泳ぐ・・・とか、シャチは時速70キロで泳ぐ・・・とか、小学生向けの図鑑に載っている魚の遊泳速度の話・・・、魚に記録機を取り付ける研究手法「バイオロギング」の学者さんによれば、どうやらかなり怪しい「定説」なんだそうです。詳しくはこちらをご覧あれ。

釣りの世界にも洋の東西を問わず色々な「定説」がありますけど、あれもかなり怪しいと思った方が良いかも。なんと言っても陸地と違って、水の中は24時間、365日、安定して観察することが出来ない訳で、それが故に、断片的な情報を集めて、テキトーなところで最大公約数を纏めたくなるというもの。故に、怪しい定説が生まれ易いのかも知れません。まぁ、そんな不確実性の上にあるからこそ、釣りって遊びは楽しいのかも知れませんけど。

話はちょっと逸れますが、先日もこれに似たちょっとした目から鱗事件がありました。それは2液性エポキシ接着剤の話。コーティング剤の場合、巷では良く主剤よりも若干硬化剤を少なくした方が硬化不全になりにくい・・・などと言われていますが、殊、2液性の接着剤に限っては、まずこれは当てはまらないとか。某国産の接着剤メーカーさんによれば、接着剤の硬化不全の大半は、硬化剤の不足か、もしくは、撹拌不足で、硬化剤を少なくした方が硬化することなど、化学的にはまずあり得ないのだそうです・・・。そりゃそうです、言われてみれば、その通り、化学式で説明が付きませんよね。接着剤でそうなのに、コーティング剤だけは別・・・ってことも考えにくいので、この定説ももしかしたら「定説」なのかも知れません。時間に追われ、なかなか実験出来ずにいるんですけど・・・
by bluepeaks | 2014-06-06 20:11 | 四方山

釣果報告頂きました!PSR610ML

先日リリースしたばかりのパワースピン(PSR610ML)で早速釣果報告を頂きました。場所は千葉県の某リザーバー、リグはロボのファットストレートのテキサス。シンカーは5/16 oz.から、場合によっては1/4 oz.まで。なので「ライト」じゃなくて、テキサスと表現。切立ったリザーバーのバンクを重めのシンカーでストーンと落としてリアクションで喰わせる釣り。だから、ベイトじゃなくて、スピニングが生きる訳です。これまさに、パワースピン(PSR)のコンセプトのそのもの。

で、その記念のファーストフィッシュが写真の49cm。
49cmというところが持っているのか、持っていないのかビミョーなところですが、いずれにしても入魂するには十分過ぎるナイスフィッシュ。

a0183304_15291782.jpg


ありがとうございます。
嬉しいですね、こういうお知らせが一番励みになります。
記念に「入魂完了」という1000mm x 2000mmのシールを進呈させて頂きますので、ご住所をお知らせ下さい(ウソ)
by bluepeaks | 2014-06-01 15:41 | Jカスタム