North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

SOW:救世主!
at 2017-12-11 09:14
SOW:サイレントブレイカー
at 2017-12-09 10:54
カタログ外ブランクの個別取り..
at 2017-12-08 15:20
年末年始休業のお知らせ
at 2017-12-08 09:48
冬の釣り
at 2017-12-08 09:37
ハイブリッドS2のフィニッシュ
at 2017-12-07 18:48
NFX S62Lプロジェクト..
at 2017-12-02 16:47
2017 Thank YOU..
at 2017-12-01 16:58
NFX S70MHの推奨ライン
at 2017-12-01 10:37
S70MHガイドセッティング
at 2017-11-30 11:16

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

<   2013年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

PCR71MHEP出荷のお知らせ

Jカスタム2.0に標準添付する新ロッドソックスがやっとこさ入荷しました。と言っても、PCR71MH Extra Powerに添付する分だけなので、オプションとして販売することは無理なんですが、これでやっとExtra Powerが出荷出来ます!

a0183304_22145272.jpg


ということで、本日、ご注文頂いております各販売パートナー様向けに出荷させて頂きました。早ければ週末にはお手元にお届け出来ることと思います。長きに渡り、お待ち頂きました皆様、誠にありがとうございました。
by bluepeaks | 2013-07-30 22:15 | グッズ

ディープ速攻

梅雨明け宣言の後に梅雨がやって来るという、良くあると言えばある、落ち着かない天候の日々が続いていますが、そろそろディープクランキングの季節がやってまいります。ディープクランキングというと、ビュ~ンと遠投して、グリグリとひたすら巻き続ける・・・、修行の様な釣りで、僕ら日本人のみならず、アメリカ人の多くも苦手意識を持っている釣りかと。そんな肉体的にも、精神的にもタフさが求められるディープクランキングですが、ご存じの通り、ただ闇雲に巻いている訳じゃありません。ボトムノックの最中も釣れるけど、やっぱりルアーが向きを変える瞬間こそが集中時。具体的には潜りきった後のファースト・コンタクトと、ボトムをトレースしていたルアーが上方向に向きを変える瞬間。つまり、ディープクランキングもリアクションバイトなんですね。

B.A.S.S. Times7月号に記載されているケリー・ジョーダンによれば、ルアーがボトム付近を横方向に移動している時、魚はその後ろについてきて、ルアーが上方向に向きを変えた瞬間、バイトするんだとか。見たわけじゃないので、本当に追尾しているかどうかはわかりませんけど、確かにそう思わえることって、なるほど多い気がします。

a0183304_9312491.jpg

そして、ケリー曰く、ボトムをトレースするとは言え、リアクションの釣りなので、リトリーブスピードは、ルアーがちゃんと泳ぐ範囲内で出来る限り早く巻くことが肝心と。なるほど納得!だから、ロッドは、

1:ロングキャストが効き、
2:ファーストリトリーブに耐えられ、
3:自らリアクティブにフッキング出来ること、

が必要で、このため、カーボン製のクランキングロッドが求められる訳です。

これ、まさにPCR(パワークランキングロッド)のコンセプトそのものなんですね。

日本でもこの時期、春に生まれたワカサギが、シャローでもなく、スーパーディープでもなく、丁度、ディープクランクで届く範囲で集結しだします。そんなワカサギボールを見つけたら、群れの向こう側にルアーをキャストして、ハイスピードリーリングでワカサギの群れを撹乱。すると、それまでの無反応が嘘の様に、マルマルと太った個体がドカンと。特に、大雨が降った後がチャンス。なぜなら、濁りが入ることにより、少なからず水中の視界が悪くなりますので、ワカサギボールの密度がいつも以上に増すからです。そんなオドオド状態のベイトの近くにはギラギラのヤツが必ずいるんです。

そんなパワークランキングを楽しみながら、製品化に着手したのが去年の夏。そして、もう間もなくPCR71MH Extra Powerのリリースによって、まずはJ Custom 2.0 クランキングロッドの第一フェーズが完結します。
by bluepeaks | 2013-07-23 09:38 | B.A.S.S.

いくら何でも多過ぎじゃない!?

かつてアメリカのロッドメーカーと言えば、ほぼ全てのメーカーが、自社でブランクを焼き、ロッドを作っていました。しかし、今では、自社でブランクを焼いているメーカーの方が少ない。その代わりブランク生産から何から、ロッド製造の全てを請け負ってくれる工場がアジアには沢山。結果、ロッド製造に関わる初期投資額は、格段に縮小し、市場にはかつてない程多くのプレイヤーが存在している現在。

資本主義経済の中で、経営の効率化を求めた結果・・・なんでしょうけど、やっぱりロッドの個性を決めるのは、ブランク。だからこそコダワリたい。生産委託による徹底した効率化に生き残りの道を見つけるか、一見しただけでは良し悪しがフツーにわからないブランクの質を高めるために経営資源を費やすか・・・。論理的に説明しやすいのは、少なくとも株主から理解が得やすいと思われるのは、間違いなく前者。だから、確固たる技術を持っていない限り、後者の様なビジネスモデルにはお金が集まりにくく、資金的に厳しくなりがち。だから、時間の経過と共に、数が減っていったのでしょう。

でもですよ、かつてそうしてアジアでの生産委託に活路を見出そうとした名門ロッドメーカーが沢山ありましたが、今も健在なのは、仮に場所が変わったとしても、やっぱり自社でブランクを作っているメーカー。つまり、一見しただけでは良し悪しが非常にわかりにくい「ブランク」ではあるものの、使い手である釣り人にはちゃんとブランクの良し悪しは伝わっている、ってことじゃないでしょうか。そうであって欲しいし、そういった感性をもったユーザーがもっともっと増えることに期待したい。

マーケットの規模に対して、余りにも多いように見えるアメリカ市場のロッドメーカーをICASTで見ていて、そんなことを考えていました。

a0183304_8303026.jpg

by bluepeaks | 2013-07-22 08:34 | タックル

説明責任!?

ICASTが開催されていた灼熱のラスベガスから無事帰国し、昨日より業務を再開しました。ご注文頂いておりました皆様、お待ち頂き、ありがとうございます。

さてさて、ここ数年、アメリカ便に乗ると必ずと言っていいほど何かハプニングがあるのですが、今回もありました。

まず往路。今回は、初めて羽田発のシアトル便に乗ったのですが、何と羽田で離陸前に、飛行機の中で2時間も待たされました・・・。結果、この2時間の遅れを引きずったまま太平洋を渡ったので、シアトルに着いた時には、乗り継ぎ便は既に遥か彼方へ・・・。で、航空会社が用意したホテルに1泊して、翌朝、ラスベガスに向かった次第です。また、帰国時には、ラスベガスの空港で約1時間半待たされ、あわや羽田行きの国際線に乗り遅れそうになる事態に・・・。いずれも大したことじゃないのですが、ここ数年、何もなく平穏無事に、定刻通りに飛んだ記憶がない。

で、本題の説明責任なんですが、恐らく訴訟社会であるが故の自己防衛策の一つだと思うのですが、実は、トラブルの発生時における、英語での説明と、日本語での説明にはかなり差があります。簡単に言うと、英語では初期から詳しく説明されているのに対して、日本語では端折られています。

今回の例を上げれば、羽田での2時間の遅延を英語では「エンジンの不良により、エンジンを乗せ換えますので(マジか!)、時間がかかります・・・」であったのに対して、日本語では「機体の調整のため、もう少々お時間を頂戴します・・・」ってな感じです。

ラスベガスでの遅延については、英語では「フライトアテンドがまだ来ていないので、離陸の準備は整っていますが、米国航空法に従い、離陸することが出来ません。再三、携帯に電話をしていますが、いまだ連絡が取れません。繰り返し連絡していますので、もう少々お待ち下さい(マジか!)」と。そこまで説明するぅ?って言うくらい、細部まで説明するのですが、一方の日本語では「離陸準備が遅れています。もう少々お待ち下さい」で終わり。勿論、その後、時間が経つにつれ、不安を感じた人達が問いかけるので、日本語でも詳しい説明がなされたのですが、初期段階においては、これだけ違う訳です。

コレ、別に「日本人を舐めてる」とか、そういう話ではなく、恐らく何かがあった場合、ちゃんと説明していたのか否か、が裁判で大きな争点になる、説明していなかった場合、大きなペナルティを課せられるアメリカの司法事情によるものだ思うんですが、あまりにも情報の開示レベルが違うので、驚くやら、呆れるやら、イラつくやら・・・

しかし、「フライトアテンダントが時間になってもゲートに来ない」とか、「携帯に電話してるけど、全然出ない」とか、面白過ぎるんですけど、アメリカ人。

今回も貴重な経験をしました。
by bluepeaks | 2013-07-17 09:53 | 四方山

Jカスタム2013ロッドソックス

PCR71MHEPのリリースからJカスタム全機種に標準添付するロッドソックスを写真のモノへ変更する予定です。実は、この新ロッドソックスの生産に少々手間取ってしまい、PCR71MHEPのリリーススケジュールを6月下旬から7月下旬へと変更せざるを得なかった・・・と、言うのが言い訳です。

a0183304_9135016.jpg


竿袋って全く不思議なアイテムです。あるユーザさんに言わせれば「絶対に付けて欲しい」となるのですが、違うユーザさんに聞けば「別に要らない」となります。反応がまるで真逆なんです。何でこうも真逆になってしまうのか・・・、理由は良くわかりませんが、たぶん日頃からの管理の仕方とか、整理整頓が好きだとか、無頓着だとか、そんな超パーソナルな事が理由なんだと思います。

でも、ロッドソックスって、特に、ワンピース用の長いモノは、素材選びから裁断から縫製から、とってもとっても手間がかかります。なのに・・・なのに・・・現場で使われていなかったりする(泣)。これ、力の使い方という点で大変勿体無い訳です。

ならば、と一念発起し(ちょっと大袈裟過ぎますね)、どうせ作るなら少しでも多くの皆さんに使って貰えるものしよう!、と思い、福岡のルアービルダーさんとあーでもないこーでもないとやって、行き着いたのが今回のロッドソックス。使い方はこう(↓)。ティップに被せて、ゴムをリールに引っ掛けるだけ。

a0183304_953491.jpg


超シンプル・・・なんですが、こうすることで、車からの抜き差しは容易に出来るし、移動中、竿と竿がぶつかりあって、ガチャガチャと音を立て続けることもなくなるし、ましてや、ボートストレージの中にロッドソックスだけを置き去りにしてくる・・・なんてこともなくなる訳です。それに紐とか、ジッパーで封をしてしまう訳ではないので、一目でロッドがわかる訳です。

そんなこんな企画、生産を進めていたために、ロッドの方のリリースが遅れてしまった、という長ーい長ーい言い訳?でした。

・・・ではなくて、説明でした。
by bluepeaks | 2013-07-15 10:09 | Jカスタム

マイクロ・アンカー

既に各所でアップされているので、目新しさはないかも知れませんが、お聞きの通り、今年のICASTのBest Of Showは、パワーポール社のマイクロアンカー。パワーポールがバスボート向きであるのに対して、今回リリースされたマイクロアンカーは、それよりももっと小さいサイズのボートを対象にしたもの。具体的には、30馬力前後のエンジンを載せたアルミボートとか、小型のFRPボート、それに今アメリカでも流行っているカヌーの類。

会場でハードウェアそのものを見た時、「ん・・・、何だコレ?」な訳だったのですが、パッケージ裏面にある写真を見て、「ははぁ~ん」となりました。それがコレ↓

a0183304_1301919.jpg


魚的にはたまったもんじゃないんですが、写真を見ればわかるように、コレ、日本のフィールドにバッチリじゃないですか?ローボート+エレキもそうですが、干潟でシーバスを狙うカヌーフィッシャーとか、カヌーの上に立ってキャストしたい・・・なんて考えていたフライフィッシャーにも選ばれるはずです。既にプロダクト紹介ページも公開されているので、興味のある方は是非。

そうそう、面白かったのは、パワーポールがより小さいボートを対象としたマイクロアンカーをリリースしたのに対して、ライバルのミンコタが12フィートもあるより深場用の超長いタロンをリリースしてたこと。

ビジネス的にはより顧客数の多いマイクロアンカーに歩がある様に思うのですが、さてさて、どうなるのか?

いずれにしてもボートオプションがバイヤーから最も支持された製品という形で閉幕した2013 ICASTでした。

いやしかし、暑かったです・・・
by bluepeaks | 2013-07-14 13:34 | グッズ

土用の丑の日、鰻の日?

2013年の土用の丑の日は7/22だそうです。土用の丑の日と言えば、もちろん鰻・・・な訳ですが、土用の丑の日だからと言って、鰻を食べた記憶など・・・、遥か彼方・・・。そう言えば、この1年、鰻を口にした記憶さえありません。でも、これって僕に限った話ではなくて、多くの、僕らの年代の人達に当てはまることだと思うんです。

これだけ縁遠い存在であるにも関わらず、報道によれば、鰻の稚魚の漁獲高は減少の一途だとか。

護岸により生息環境が奪われているとか、取水堰により上流に遡上することが出来ないとか、背景には様々あると思うのですが、やっぱり最大の原因は捕り過ぎ、つまり、食べ過ぎだと思うんです。

でもですよ、僕ら、この様に、鰻をふだん殆ど食べていない訳です。だから、メディアに「危機的状況だ!」と言われても、全く合点が合わないし、実感も沸かないと思うのです。

そこではたと気付いたのが鰻屋さんの光景。調べた訳じゃありませんけど、鰻屋さんで食事をしている人って、大半はお年寄りだと思います。理由は様々だと思いますが、最大の理由は値段でしょう。だって、1食に2,000円から3,000円もかけられるほど経済的に余裕のある若い人なんてそうそういるとは思えないし、仮にそんな余裕があったとしたら、たぶん鰻じゃないでしょう。

なので、主たる鰻の消費者は高齢者のはずです。つまりです、鰻の稚魚の漁獲高が激減している問題って、実は、その背後には、日本社会が抱える高齢者問題があるのでは?と思えてきます。こんな風に考えると、いろいろとツジツマが合ってしまう様な・・・。

さてさて、今年は鰻と対面出来るでしょうか?
by bluepeaks | 2013-07-08 21:11 | 四方山

PCR on alive

お待たせいたしました!パワークランキングロッド(Power Cranking Rod)の商品紹介ページをJ Custom 2.0の下で公開開始しましたことをお知らせ致します。遅れまして、申し訳ありません!

http://northforkcomposites.jp/jc20/pcr
by bluepeaks | 2013-07-07 21:39 | お知らせ

2013サマーセールについて

お待ち頂いております2013サマーセールですが、本年は、長期出張との重複、ならびに、為替レートをはじめとする諸般の事情により、時期を変え、そして、内容を変え、実施させて頂きたく、検討しております。本日現在、具体的に、いついつから・・・、こんな風に・・・、とは申し上げられない状況ではありますが、まずは、時期の変更につき、お知らせ致します。ご迷惑をお掛けしますが、ご理解の程、何卒よろしくお願い致します。
by bluepeaks | 2013-07-07 21:22 | お知らせ

臨時休業のお知らせ

明日2013年7月8日より7月15日まで、出張のため(1年振りのICASTへ)、臨時休業とさせて頂きます。期間中、オンラインストアにおいて、ご注文をお受け出来ますが、在庫の確認、ならびに、受注確認、その他の出荷に関連する業務、ならびに、ご質問対応などにつきましては、休み明けの7月16日より順次対応させて頂きますことをお知らせ致します。

暫しご迷惑をお掛けしますが、ご理解の程、お願い致します。
by bluepeaks | 2013-07-07 21:16 | 四方山