North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-06-24 14:37
知られているようで知られてい..
at 2017-06-18 10:49
クローフィッシュ?クレイフィ..
at 2017-06-16 11:36
知られているようで知られてい..
at 2017-06-16 09:02
知られているようで知られてい..
at 2017-06-15 15:50
文字の色を変えました
at 2017-06-14 09:41
知られているようで知られてい..
at 2017-06-14 09:32
ソコヂカラ
at 2017-06-13 17:46
知られているようで知られてい..
at 2017-06-13 15:38
知られているようで知られてい..
at 2017-06-11 15:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

<   2013年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

入荷しました

先週末のことですが、やっと・・・、やっと・・・、工場から荷物が届きました。お待ち頂いております皆様、もう少々お待ち下さい。検品が終わり次第、順次出荷させて頂きます!

a0183304_827152.jpg


なるほど、着弾ネタって更新がラク
by bluepeaks | 2013-05-28 08:27 | ブランク

色の省略

夏ボックスをチェックしていたらポッパーのフェザーフックがサビサビで、先っぽマルマルだったので、新たに巻いてみました。

a0183304_1775451.jpg


チャッチャッと巻いたので、超雑なんですが、まぁ、こんなもんでいいと思っています。

ところで、この写真、実物のフラッシャーは、もっとキラキラして見えるのですが、どうやってもそれが上手く写らないんです。勿論、撮り方が良くないってのもあるのでしょうけれど、どうもカメラのせいの様な・・・。

たぶん・・・です、カメラに搭載されている画像処理の回路が、フラッシャーによる乱反射をうまいこと自動補正しているのだと思うんです。なので、写真を良く理解している人ならきっとマニュアルモードで調整して、撮ってしまうのだと思います。こう考えると、微妙なニュアンスの塊だったりするルアーの色を、限られた解像度で収め、ウェブとかのメディアに載せるのって、難しい事なんだな~、と改めて認識。

そんなこんなで、とてもマニュアルな世界に足を踏み入れたくなってきました。
by bluepeaks | 2013-05-25 17:34 | 四方山

海外釣行に向けて・・・

「海外釣行に向けてグリップ着脱式のロッドを探しています・・・」なんて問い合わせを頂くことがあるのですが、ノースフォークコンポジットのブランクは、一部を除き、大半のものがワンピースなので、なかなかこういったリクエストにお応えすることが出来ずにいます。そんな中、先日、ふとしたことから「グリップ着脱式にしたら本当にOKなのか?」と思い、調べてみました。ここで言うOKとは、空港のチェックインカウンターで追加料金を支払わずに、通常の運賃の範囲内で荷物として預かってもらえるか?、って事です。

調べてみたのはデルタ航空とユナイテッド航空。理由は、このアメリカ系2大キャリアをおさえておけば、だいたい他社にも当てはまるはずだから。それに、そもそも各社同じ機体を使っている訳ですから、荷物を収納するあの銀ピカのカーゴだって規格モノのはず。ならば路線が多いアメリカ系、ってことで、この2社を選択した訳です。

で、結果はというと・・・

a0183304_10512734.jpg


ということで、良く皆さんが言われている様に、単にグリップを着脱式にしただけでは不十分で、結局のところは追加料金を支払うことになるはずです。1ドル100円で計算するとデルタなら17,500円、ユナイテッドなら20,000円です。しかも、これは片道料金。確かに、日常的な感覚から言えば大きな負担と言えます。ですが、そもそも海外まで釣りをしに行く訳で、そこにコダワル?とも思えなくない。

追加料金なしに預かって貰えるのは62インチ、つまり、157cmまでです。荷物のサイズ計算は、縦、横、高さの3辺の合計なので、ケースを加味すると、ロッド長はだいたい130cm前後にせざる得なくなるはずです。

と、言うことは、追加料金を発生させずに、且つ、釣り味を重視するのであれば、仕舞寸法が130cm程度のマルチピースロッドが有力候補。でも、130cm程度のマルチピースロッドであったとしても、本数が増えれば当然嵩張るので、イケて3本か4本のはず。

4本程度まで絞れ込めればいいんですけど・・・
大切なお金と時間を使って、海外にまで釣りをしに行くとなると、自ずと荷物は大きくなる訳で・・・、
勿論、荷物が増えると、別の追加料金がかかって来るので・・・
だったら・・・って事で、追加料金を支払って、制約を一気に取り去るか・・・

昨今の国内の運送料といい、送料、運賃の類って、何かと悩みのタネだったりします。
by bluepeaks | 2013-05-19 11:58 | タックル

DFTGにお邪魔してきました

大阪市北区にあるダイコーさんのギャラリーにお邪魔してきました。って言っても実は4月の事なんですが・・・

a0183304_9212156.jpg


新旧様々な製品が展示される中、ギャラリーの再奥に「お手を触れないで下さい」と展示されているスピードスティックを発見。そこにはSGグラファイトとともに、散々お世話になったグリップ着脱式のスピードスティックも。すっかり記憶の彼方に追いやられていたロッドですが、探してみたら・・・ちゃんと出て来ました。

a0183304_9505724.jpg


a0183304_9512583.jpg


当時の他のロッドと比べても、決して軽くはなく、中学生のヤワな手首には負担が大き過ぎて、正直、登板回数は多くありませんでした。ですが、今再び、勉強させて貰ってます。僕はコレクターではありませんが、やっぱりロッドとか、リールとか、ルアーとか、濃密な一時代をともに過ごした大切な道具は売らない方がいい様に思うのです。
by bluepeaks | 2013-05-18 09:55 | 四方山

丸太じゃありません

ジャークベイトロッドのサンプルを叩いている中、新旧様々なジャークベイトを投げてみて、ログってやっぱりいいルアーだな、と改めて感じています(好みの問題かも知れませんけどね)。

フツーに引くと、ただヌボーンとしているので、何が良いの???って思うかも知れませんが、ストップアンドゴーとか、ポンプリトリーブとか、とにかく止めた時の反動に伴うサイドロール(横っ腹を反転させるロール)が素晴らしい、と思うのです。ラパラのF13なんかもそう。普通にリトリーブした時の動きはかなり控えめで、特に、左右へダートする訳でもない。でも、ルアーを急停止させた時のあのロールは他にはなかなかないと思うのです。

最近出番は決して多くないのですが、新旧こうやって投げてみて、やっぱりなんか妙にワクワクさせられます。

a0183304_2245559.jpg


因みに名前の"Rogue"は、ゴロツキとか、詐欺師とか、ハミダシモノって言う意味。実は、長いこと勘違いをしてまして、リトリーブしてもあんまりにもヌボーンとして動きが小さいので、自虐的ネーミングで丸太の"log"かと思っていました。
by bluepeaks | 2013-05-16 22:53 | ルアー

暑ッ

今日は倉庫の中で既に30度もあります。はっきり言って暑いです。H1 GPX第一戦が開催された4/21に雪が降った・・・なんてもはや信じられません。この暑さで樹脂の硬化時間はドンドン短縮。ただ、早くなったらなったで、1回に塗れる量が変わってくるので、効率が一気に高まるか?って言うとそうでもなかったりします。ビルディングって室内にいる割に、意外と季節に応じた動きが求められる仕事です。

a0183304_15593060.jpg

by bluepeaks | 2013-05-14 16:01 | 自然

硬派2013

硬派2013お疲れ様でした。106名(?)が出場し、ウェイインしたのが全25組、上位陣は全てトップウォーターで、ウイニングルアーはガウラクラフトのダブルスイッシャーという結果。

a0183304_16251046.jpg


因みに、ウェイインした25組中25番目だった開発クランクの開発学さんによれば、開発挺が丁度流し終えたところを、まさに背中越しに釣られてしまった魚が本大会の最大魚であり、その釣り人が優勝者だったとか・・・

バスフィッシング好きが年に一度集まって、皆でワイワイガヤガヤとやること自体が目的の半分の様な試合ということで、その目的は十分に果たせていたのではないでしょうか。

a0183304_16265228.jpg


出場者の皆様、そして、運営者の皆様、お疲れ様でした。
by bluepeaks | 2013-05-13 16:37 | イベント

34年で37種類

またまたBagley Taleネタです。

ジム・バグリーがデザインしたルアーの種類はなんと34年で37種類だそうです。ただ、全てにカラーバリエーションが存在する訳じゃなくて、多いもので40種類、少ないものだと1種類だとか。まぁ、そうしたバラツキがあるにせよ、もの凄い数です。

そんなジムのルアー作りを支えていたのが女性。1970年代のある時点で、全従業員に対する女性の割合は93%。ジムは、こうした女性従業員達とのコミニュケーションがとても上手だったようで、多くの女性がジムのもとで働くことに満足していたとか。

確かに34年間に37種類ものルアーを生み出す発想力も凄いとは思うのですが、実際にバルサという木片からルアーを作り出し、価値を生み出していたのは、他でもない女性従業員達。つまりです、バグリーの成長の源泉は、実は、ルアーをデザインする力よりも、ジムのこうした人柄にこそあった、と言えるのではないでしょうか。でなければ34年間支え続けてなんて貰えません。

女性労働力の社会的な活用が急務・・・なんて言われて久しい訳ですが、制度や環境の整備以上に、もっと大事なのは、ボスがコミニュケーション能力を磨くこと、なのでしょう。
by bluepeaks | 2013-05-11 10:53 | ルアー

ローガン

着々と進行しています、ローガンが。

普段から糸を巻いているので、加速しているのかも知れません。最初に「アレ?」と思ったのはラインアイに糸を通そうとしてた時。ある頃からか急に糸が通しづらくなり、気づくと無意識に手を離していたりした訳です。

それから数年・・・あれよあれよという間に老眼は進行し、今日に至ります。夕方とか、ローライト・コンディションでキャストが決まらない・・・これも視力が一因のはず(もともと大した事ない、ってのもありますけど)。そのうち船の上でバランスを取ることが難しくなって来るはずです。つまりです、釣りにも、他のスポーツと同じ様に、限界年齢というか、限界体力があるという事です。特に、ルアーフィッシングには。

そんなことを考えながら、より長く釣りを楽しんでいくために、冬の到来と共に止めてしまったジョギングを再会させました。
by bluepeaks | 2013-05-10 16:26 | 四方山

新規販売パートナー様の追加

Jカスタム2.0をお取り扱い頂けるパートナー様が追加となりました。なかなかタイムリーに製品をお届け出来ず、お待ち頂くことも多々あるのですが、そんな状況下でも販売にご協力頂けるとのこと。感謝です。
皆様、どうぞよろしくお願い致します。

キャスティング泉バイパス店様
キャスティング府中店様
キャスティング稲田堤店様
キャスティング市原16号店様
キャスティング水戸店様
ワイルドフィッシュ様
香西釣具店様
by bluepeaks | 2013-05-08 10:20 | Jカスタム