North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

スマイル・オン・ザ・ウォータ..
at 2017-06-24 14:37
知られているようで知られてい..
at 2017-06-18 10:49
クローフィッシュ?クレイフィ..
at 2017-06-16 11:36
知られているようで知られてい..
at 2017-06-16 09:02
知られているようで知られてい..
at 2017-06-15 15:50
文字の色を変えました
at 2017-06-14 09:41
知られているようで知られてい..
at 2017-06-14 09:32
ソコヂカラ
at 2017-06-13 17:46
知られているようで知られてい..
at 2017-06-13 15:38
知られているようで知られてい..
at 2017-06-11 15:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

<   2012年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

日照時間とシーズナルパターン

一年を通じて釣り人的に一番気になる変化は水温だと思います。特に、春は気になるもの。魚は変温動物なので、水温が大きな要素であることは事実。でも、水温と同じくらい実は日照時間も重要なんじゃないか?と思っています。なぜなら、植物性プランクトンもウィードも光合成している訳で、彼らにとってみれば日照時間が一番の大きな要素で、その植物性プランクトンやウィードの生育が魚の動きに大きな影響を与えている、と思えるからです。

水温が低いからハードルアーでは釣れない、とか、早い動きにはついてこれない、とか、表層では釣れないとか、そんなのは人間の勝手な思い込み。先日の早春のクランキングを読んでいて改めてそう思いました。

いよいよ3月。日に日に日照時間も長くなってきました。水温以外の要素にも目を向けてみると今まで見えなかったものが見えてくるかもしれません。
by bluepeaks | 2012-02-29 23:39 | 自然

PCS

「クモの糸の様な微細なカーボン繊維からなる・・・」と表現しているHMのマテリアルPCS(Paper Carbon Scrim:ペーパー・カーボン・スクリム)。このちょっと多くの人には聞きなれないであろうマテリアルを使っているのがHMです。

日頃から感じていたのですが、カーボン・ペーパー(プリプレグ)を見たことがある人ならまだしも、全く見たことがない人に、いくらPCSの説明をしても、やっぱり伝え切れないと思うのです。だいたい普通に生活していたらカーボン・ペーパーなんてまず見る機会などない訳ですし・・・。

ということで、今回、名古屋のバスフェスタに持って行こうかと考えています。ただ、静展示しておく程の一般性も、インパクトもある訳ではないので、過去にHMを購入頂いた方とか、購入を検討されている方とか、ちょっと見てみたい方とか、触ってみたい方なんて方がいらっしゃいましたらお声掛け下さい。

これまた写真では全く違いがわからないと思いますが、手前がPCSです。でも、これ、手に取れば一発で違いがわかるのです。

a0183304_2154877.jpg

by bluepeaks | 2012-02-28 22:09 | ブランク

久々にシビレタ

2012バスマスタークラシックのツィキャストby雨貝健太郎さん、面白かったですね。テレビとか、DVDとか、釣りを題材としたコンテンツは既に数多くあるものの、編集なしのライブ映像、プラス、視聴者がその時々感じた質問や疑問、コメントに送信者がリアルタイムに答えていくという双方向性。一般受けを潔く捨て、マニア受けを徹底的に追求したコンテンツ。いやいや久々に面白いと思えるコンテンツでした。

時差の関係で深夜になると思いますが、エリート・シリーズも配信していくとのこと。お奨めです。

10分も見ていると、一緒になって息を殺している自分に気付くはずです。
by bluepeaks | 2012-02-27 23:16 | B.A.S.S.

長らくお待たせ致しました

長い間お待ち頂いておりましたブランクが本日入荷致しました。現在、この検品作業を進めています。ご予約頂いておりますお客様につきましては、検品が終わり次第、順次、発送させて頂き、その他の商品については、在庫状況をオンラインショップにアップさせて頂きます。形ばかりではありますが、何とか2月中に間に合わせることが出来ました。

a0183304_21161676.jpg

by bluepeaks | 2012-02-27 21:18 | ブランク

想定外の使い方

大方の予想通り、昨日も僅差の戦いが繰り広げられていた様です。はい、2012バスマスタークラシックの話です。

トップ5のインタビューを読む限り、「明日の事は明日決める」とか、「ニュー・ウォーターが必要になるだろう」とか、「明日になってみないとわからない」と言った言葉が目立つ様に思います。それだけ状況が読みにくいのでしょう。でも、前線の通過後、安定した天候により、既にベッドに入った魚もいるようで、予報通り、このまま天候が安定し続ければ、これまた変わった展開にもなりそうです。

1発のキッカーで順位が大きく変動するような状況ですので、やっている選手は大変でしょうけれど、見応えのあるトーナメントと言えるのではないでしょうか。そんな中、我らが大森選手は、25位で最終日に残った模様です。どこまで差を縮められるのか?シャロー・クランキングの大爆発!なんて展開を望みたいところです。

さてさて、昨日と同じくB.A.S.S. Timesから。今日は、「へぇー、こうやって使えるんだ」と思った英語表現について。

a0183304_2365744.jpg


写真の記事は、ルアーデザイナーを含め、誰しもが想定していなかった使い方で、驚くべき成果を挙げた事例について取り上げたもの。古いところでは、ゼル・ローランドのポップRの話から、新しいところでは、イッシュ・モンローのフロッグの話まで。そんな「目から鱗」系の話を取り上げ、それらをルアーのラベルには書いていない想定外の使いとして"Off-Label(オフ・ラベル)"と表現しているのです。なるほど!"Off-Label(オフ・ラベル)"とは、何となく自由な感じがして、しかもクレバーな感じがして格好イイ。

バス・マスター・クラシックの最終日に、誰もが知っているルアーを、誰もが考えもしなかった"Off-Label(オフ・ラベル)"な使い方で、逆転優勝!なんて事になると、そりゃもうシビレまくりです。

おっと、そういえばそもそもトローリング用として開発されたアンブレラリグを投げて釣るというアイディア、アラバマリグもこの"Off-Label(オフ・ラベル)"の一つと言えますね。
by bluepeaks | 2012-02-26 23:17

早春のクランキング

バス・マスター・クラシックがいよいよ始まりました。僅差の戦いで、ちょっとした変化への対応次第で順位が大きく変わりそうな展開。記事を読む限り、度重なる異常気象による水位の変動と、この水位変動に伴い発生した濁りがキーファクターの様で、とにかく水の良いところを探すことが第一の条件の様です。そんな中、日本人唯一のクオリファイアーである大森さんは、トップから4ポンド差の14位といい位置に付けています。明日も目が離せません。ガンバレ!

さて、長い間「積ん読」状態にあったBASS Timesを読んでいたら、これからの季節、即実戦出来そうな記事が掲載されていたので、これを取り上げてみたいと思います。

記事は、厳冬期におけるスモールマウスを狙ったクランキングの有効性を説くもの。氷が溶け出したばかりのまだ水温が4度とか、5度とか、誰しもがまずはジグとかワームを結びたくなる状況下においても、実はクランクベイトの方がずっと釣れる、という説。勿論、感覚的なものでも、1回や2回の大当たりの結果でもなく、長い間、煮詰めて来た攻め方として紹介されています。

ただ、使うタックルが少々変わっていて、ロッドは、7フィートのミディアム・パワーのスピニング・ロッド。これに6ポンドラインを巻いたスプール径の大きいスピニング・リールを使うのだとか。なぜスプール径の大きいスピニング?、というと、その理由は、キャスタビリティと潜行深度。狙いどころは、越冬エリアとスポーニングエリアを繋いだ動線上のちょっとした変化。この記事を書いている本人も、最初は、4度とか、5度とか、そんな水温でクランクで釣れるわけがない、と考えていたのだけれど、ジグやワームと比較しても、クランクの方が釣れる、のだとか。まさに目から鱗(Eye-opener)だった、と書いています。

僕自身、毎年春先にはクランクベイトで良いスモールを安定して釣っているので、記事を読んで、「だよね~」と頷くものの、正直、8度位を目安としてきたので(超感覚的なんですけど)、もしかしたらもっと冷たい時でも普通に効くのかも、と記事を読んで、考えを改めているところです。

そして、もう一つ興味深かったのは、さらに突き詰めていった先のタックルとして、7フィート超のスチールヘッド用のロッドをこの釣りに使うと良い、と奨めていること。これってまさにゲイリーがデザインする7フィート11インチのクランクベイト用ブランク"CB7111"そのもの。記事ではスピニングとされていましたが、CB7111にベイトフィネス用のリールを合わせれば、何かとてつもなく良さそうな感じです。

因みにこの釣り向きのクランクベイトとして記事で推奨されていたのは、ラパラのファットラップ、ノーマンの小さい奴(「小さい奴」としか書かれていなかった(笑)、たぶんミドルだと思う)、ルーハー・ジェンセンの1/4 oz.ホットリップス、ボーマーの小さい方のファットフリーシャッド、それにダブル・ディープWee-R。とにかく小さめのクランクベイトが良いのだとか。国産なら一押しはスミスのDepthDo3。

今まで試したことがないのであれば、この春、ジグヘッドやダウンショットで手詰まり感を感じた時、気分転換も兼ねて是非お試しを。釣りがさらに楽しくなるはずです。

a0183304_23245610.jpg

by bluepeaks | 2012-02-25 23:25 | バス

アウトレット品(その1)

今日は、名古屋のバスフェスタに出品する予定のアウトレット品について紹介致します。

まずはカスタムビルダー向けに提供しているオプション・パーツであるJカスタム1.0のグリップ。このワケアリ品を出品します。位置の関係からどうしてもコルクのパテ埋めが目立ってしまう様なもので、機能上、使用に関しては、何ら問題ないのですが、それを説明なしで通常の商品の如く販売するとちょっと!?が付いてしまう様な所謂B級品です。数は決して多くのないのですが、良い機会ですので、販売させて頂きたいと思っています。

a0183304_22371987.jpg


その他にもアウトレット品を出品しますので、順次、この場で事前に紹介させて頂きたいと思います。
by bluepeaks | 2012-02-24 22:37 | イベント

決算やら申告やらで・・・

はい、言い訳ですが、決算書の作成やら申告やらで連日上へ下への大騒ぎだったのですが、本日、やっと落ち付けるようになりました。ほっ、と一息です。

そんな中、長い間お待ち頂いておりますご注文の品々ももうまもなく入荷する予定です。検品が終わり次第、順次お届けしますので、今しばらく時間を下さい。いやしかし今回は、彼らが"super busy"と言うだけあって随分と時間がかかりました。ハイシーズンでなくて本当に良かったです。日本もアメリカも、北半球が主たるマーケットであるが故に、この時期が一番忙しい・・・
by bluepeaks | 2012-02-23 23:56 | 四方山

いつの間にか1ヶ月を切ってました・・・

早いもので名古屋バスフェスタまで1ヶ月を切りました。今はまだ烈火の如く燃え盛っているアイテム(締め切りって言う意味です)はないのですが、早くもくすぶり出した火種がそこかしこに・・・。特に紙モノは危険。出品物についても、順次、このブログで紹介して行きたいと思います。
by bluepeaks | 2012-02-21 23:16 | イベント

グイングインに曲げてます

アップされてから随分と時間が経つので、既にチェックされた方も多数いるかと思いますが、トレイ・キスラー(キスラー・ロッドの社長)がNFC製のブランクであるLEシリーズをグイングインに曲げるテストをYoutubeで公開しています。稚拙な感じがして個人的にはあんまり使いたくない表現ですけど、「良い子の皆さんは真似をしないで下さい」って感じです。

ペーパー・カーボン・スクリムと呼ぶ微細なカーボン繊維からなる布状のシートを使うハイモジュラス・ブランクならではの軽くて、シャープで、しなやかな様が画像から見て取れるかと思います。

キンキン、パリパリとした金属的な感度を追求したブランクが多数を占める中、他とはちょっと違った方向を見てブランクを作ってます。


by bluepeaks | 2012-02-20 00:03 | ブランク