North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

オフショアGO! GO!
at 2017-04-26 09:09
NFXの商品紹介ページを公開..
at 2017-04-20 17:01
バードルアー
at 2017-04-19 15:57
マテリアルの差
at 2017-04-17 15:05
ランカークラブ
at 2017-04-17 11:19
EDGE PACEMAKER..
at 2017-04-13 16:03
2.1バットデザイン
at 2017-04-07 12:23
NFXスペック(その3)
at 2017-03-31 16:49
ご注意下さい;ソルトでの利用時
at 2017-03-30 11:13
NFXスペック(その2)
at 2017-03-29 11:41

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

<   2011年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

around the corner

いよいよ2011年も1時間を切りました。英語ではこんな時期"just around the corner"と言います。その先の角(コーナー)をちょっと曲がったところ、という意味です。

皆様、ありがとうございました。

そして、2012年もどうぞよろしくお願い致します。

2012年は、もう一歩踏み込み、フィールドとファクトリーの間を密に繋いで、新たな面白いモノを創り出す、そんなことをやって行きたいと思っています。

Field to Factory!
軸はここに!
by bluepeaks | 2011-12-31 23:41 | 四方山

300gで比較するとこうなります

昨日に続きSSPシリーズネタです。

300gの負荷をかけている時の曲がり具合が、ちょうど天井にティップを押し当てて自然な力でクイって曲げた時の曲がりに合っている様な気がします、と昨日に記述しましたが、それでは・・・ということで、その300gの負荷をかけた時の写真を重ね合わせみた結果がこれです。

a0183304_22404681.jpg


双方ともバットエンドの外径は同じです。さらに、2ピースということもあり、バットの強さはほぼ同じと言えます。違うのはやはりティップ。昨日の話と重複しますが、ここがこれらのブランクの使い分けのポイントと言えます。主観ですが、ビッグミノーやバイブレーションなど、引き抵抗の大きい大ぶりのルアーを主体にした釣りならば883、ソフトルアーを含め、より小さなルアーを遠投して、細糸で繊細なバイトをとっていく様な釣りには881、と行ったところが切り分けのポイントではないでしょうか。ただ、ULパワーの881でも、4o/zのルアーまで想定の範囲内ですので(キャスタビリティを落ちるでしょうけど)、「最初の1本」であれば881がお奨めですね。

最終的には感覚で確かめる必要があるかと思いますが、ブランクを絞り込む段階においては、こうした画像の比較も有効ですね。
by bluepeaks | 2011-12-30 22:56 | ブランク

SSPシリーズのフレックス・プロファイルをアップしました

出荷やら納品やら検品やらでブログの更新から遠ざかりつつある2011年の年末です。ここらで気持ちも新たに、気を引き締めて行きたいと思います。

さてさて、琵琶湖の陸っぱりアングラー、シーバス・ハンター、サクラマス・ハンターと広範囲に渡るお客様から引き合いを頂いておりますSSPシリーズのフレックス・プロファイルを、プライスリストと、NFC Web Shop上にアップしました。今回も負荷は0gから500gまで、100gおきとしています。感じ方は、人それぞれだとは思いますが、こうして写真を見返して見ると、ちょうど300g辺りがティップを天井に当て、普通の力でクイッと押した時のブランクの曲がりにマッチしている様な印象を受けています。

こちらが881で、

a0183304_22314898.jpg


こちらが883です。

a0183304_22322026.jpg


881も883もスペックだけ見ると剛竿という印象を受けるかと思いますが、強いのはあくまでもバットであって、ティップは繊細そのもの。特に881のティップなどは「エッ」と思わせるほど。来年は、このブランクをネタに、面白い事が出来るのでは、と期待しています。
by bluepeaks | 2011-12-29 22:33 | ブランク

やっとこさっとこ

当初の予定より随分と遅れてしまいましたが、個別にご注文頂いておりましたブランクが入荷しました。検品終了次第、明日より順次出荷させて頂きます。先日の臨時休業の余波と、今回の入荷など、諸々が重なり対応が遅れ、皆様にはご迷惑お掛けしております。急ぎ対応させて頂きますので、少々お時間を下さい。

いやしかし一日倉庫で検品していると手足がジンジンと痺れてきます。寒いですねぇ・・・
by bluepeaks | 2011-12-26 23:36 | ブランク

ドドーンと65cm、5750g

今月よりブランクのお取り扱いを始めて頂いた擬似餌屋さんから頂いたお知らせです。
65cm、5750g。
痺れます!

ロッドは、MB705-1(SM)をベースにした擬似餌屋さんによるカスタム。

トルクに溢れたノース・フォーク・コンポジットの筋肉質なブランクをお客様もご堪能頂き、大満足とのこと。

嬉しいクリスマスのご挨拶を頂きました。

詳しくはこちらで

a0183304_1528146.jpg
a0183304_15274192.jpg
a0183304_15272630.jpg

by bluepeaks | 2011-12-24 15:29 | ブランク

熱いエリア

営業+打ち合わせの旅から戻って来ました。今回、営業でお邪魔させて頂いたショップの一つ、千葉県柏のOPAさんでのこと。店主の小林さんと会話する中、ふと気付いたのは、東京都西部から神奈川県にかけた一帯に住んでいた昭和40年代生まれに、バス釣り好き、ルアー釣り好きがとても多いということ。小林さん曰く「あの時代、あそこら辺に居るとヤバかった」のだそうです。

近くには電車とバスで行ける修行の湖、相模湖があり、津久井湖がある。原付の免許を取ると奥多摩湖、丹沢湖、富士五湖が射程距離に入って来る。さらに、自動車の免許を取ると芦ノ湖、亀山ダムにも行ける。バスだけじゃない、マスだって狙えるところが沢山ある。

自分自身、今でこそ長野県安曇野市在住なのですが、2年前までは東京在住で、川崎、横浜時代があったものの育ったのは東京都日野市。そういえば、あの人も・・・この人も・・・と確かに思い当たります。同じ学区には(今は学区なんて考え方ないのかも)、なんと言っても日本人初のBASSクラシック・クオリファイヤーである並木さんもいる。

今までそんな風に感じたことはなかったのですが、言われてみれば確かにその通り。なるほど、密かに熱いエリアにいたのかも知れません。全てはフィールド。だから今この仕事をしているのか、と妙に一人納得したのでした。
by bluepeaks | 2011-12-23 22:21 | 四方山

相変わらずのインパクト

昨日からオンラインストアを臨時休業させて頂き、関東でパートナーさんと打ち合わせをしたり、営業したりしてます。出荷は、23日から再開させて頂きますので、ご迷惑をおかけしますが、少々お待ち下さい。

さて、昨日、渋谷を通過したのですが、岡本太郎の「明日への神話」、相変わらずのインパクトでした。画集を買ったり、本を読んだりする程度ですが、一人の太郎好きとしては堪らない訳です。いつも立ち止まり、見上げ、スゲぇ、と思わず声を上げてしまいます。

でも、そんな渾身の一作も渋谷駅を行き交う多くの人にとっては、ただの日常の一部で、言ってみれば壁紙と同じ訳で、残念。かつて自分もその一人だった訳で、致し方ないことだと思うものの、やっぱりちょっと寂しい気持ちになるのでした。それにしても太郎は凄い。

Sent from iPhone


a0183304_18242771.jpg

by bluepeaks | 2011-12-21 18:24 | 四方山

イヤーエンドセールをクローズしました

先ほど、2011イヤーエンドセールをクローズとさせて頂きました。
期間中、多数の皆様にご利用頂きまして、誠にありがとうございました。
感謝申し上げます。
本日現在、受注処理済みのご注文をイヤーエンドセールの対象とし、特別価格にて提供させて頂きます。
それでは、年末年始のお休みを活かし、心ゆくまでビルドをお楽しみ下さい!
by bluepeaks | 2011-12-19 00:26 | 四方山

残り1日となりました

12/3より開始しました2011イヤーエンドセールも残すところあと1日となりました。既に多くのお客様よりご注文を頂き、感謝感激です。一部の商品については、欠品につき、ご迷惑もお掛けしておりますが、是非この機会を新たな一歩のキッカケにご利用頂ければと思います。

それでは、あと24時間とちょっと、皆様のご利用をお待ちしています。
by bluepeaks | 2011-12-17 23:37 | 四方山

ジグロッドに求めるもの

Bassmaster.comに「エリートシリーズプロのマイク・マックリーランドが語るフットボールジグのチューン」という記事が掲載されています。原文のタイトルは、"McClelland on modifying football head jigs"。テーマは、フットボールジグでより釣果をアップさせるためのキモを紹介するものです。

好きなジグの話に始まり、好きなカラーの話、ロッドの話、リールの話、ラインの話、トレーラーの話と続くのですが、面白いな思ったのは、ジグロッドに求める要件。マイクが重視するジグロッドのポイントは、当たりが取りやすく、バラシにくいこと。中でも、フッキングした魚を確実に捕ることに完全にフォーカスしていて、彼が結論として導き出しているのが、パワフルなバッドをもつ、綺麗にベンドするパラボリック・テーパーの竿。なぜなら、ジグは、ヘッドに重さが偏っているため、エラ洗いで慣性が働き、バレやすいから。これはもう、全ての人が経験済みのことだと思います。

ジグロッドというと、バッドがガチガチで、ティップだけが曲がる竿を求める傾向が多少なりともあると思うのですが、1匹の存在が、それこそその後の人生をも左右してしまう世界に生きているプロが、実はパラボリック・アクションのロッドでジグを操作しているという事実。全ては捕ること。ここを起点に突き詰めて行った結果なのだと思います。
by bluepeaks | 2011-12-16 09:56 | ブランク