North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

修正完了:お問い合わせ窓口
at 2017-03-25 15:00
お問い合わせ・・・デキズ
at 2017-03-24 16:56
NFX受注開始のおしらせ
at 2017-03-20 11:43
スイムベイト
at 2017-03-20 08:55
自重わずか123g
at 2017-03-14 15:41
Ready To Ship
at 2017-03-11 14:12
ソフトウェアアップデート
at 2017-03-04 11:03
3/4オンスのダブルウィローで
at 2017-03-01 18:32
マグバス(その2)
at 2017-02-25 08:44
マグバス(その1)
at 2017-02-23 14:37

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

<   2011年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

コルクグリップ

天然素材ならではのしっとりとした質感がたまらないコルクのグリップ。機能云々もさることながら、その風合いが愛される理由ではないでしょうか。コルクは、コルク樫と呼ばれる樫の木の樹皮を原料とするもので、ポルトガル、スペイン、イタリアと言った、いわゆる「地中海性気候」の土地で産出されるものです(詳しくはこちらで)。

コルクは、品質に応じて細かく等級分けがなされていて、木目が細ければ細かい程、品質は良いものとされています。コストと流通量から決してマスプロダクション品には採用されることはないと思いますが、中にはAAAAA(ファイブエー)などと呼ばれる高級コルクも流通していて、カスタムロッドであればこれを使うことも可能。一般に使われているコルクとどの位違うかと言うと、以下のような感じです。

a0183304_2159136.jpg


写真ではちょっとわかりにくいかも知れませんが、左側が通常日本で入手することが出来るコルク。これでもAAAとして販売されているものです。パテ埋めの跡も見て取れると思います。

そして、右側がAAAAAです。このロッド、誇張なしに既に10年以上使用しているものです。にも関わらず、この木目の細かさを維持し続けています。勿論、パテ埋めの跡など一切ありません。なので、いわゆる「目抜け」なんてものは何年経っても出て来ません。

ロッド1本分、AAAAAのコルクを使用した場合、コルク代だけで軽く5千円は超えてしまうので、複数のロッドを常に使い続けるバス・フィッシングには、あまりに贅沢過ぎると思います。しかし、やろうと思えばこうしたAAAAAを使うことも出来ます。まぁ普通は、高価なフライロッドですけど。

因みにコルクは、オランダ語だそうです。スペルは"kurk"。これが英語になると"cork"で、発音は、コカ・コーラの英語読み"coke(コーク)"と一緒。日本に伝わってきたルートによって、いろいろな国の言葉が生活の中に入り込んでいるので、いざ外国人とコミニュケーションしようとすると、これが凄い面倒。
by bluepeaks | 2011-08-31 22:50 | カスタムロッド

パワーもアクションも相対的なもの

先日とあるお客様から「SBシリーズのFastとFWシリーズのFastは同じですか?」とのご質問を頂きました。なるほど、パワーについては解説済みですが、アクションについては、触れていなかったので、今日のエントリーで取り上げることにしました。

答えは異なります。アクションもパワーと同じくシリーズ毎の相対表示となります。ただ、今回例に上げたSB(Spin Bass)とFW(Fresh Water)に限って言えば、双方とも大凡6フィートから7フィートとなりますので、雰囲気的には似た傾向と言えます。しかし、それでもSBで言うFastと、FWで言うFastではフィーリングが異なります。やはり指向するフィッシング・カテゴリーの中での、Ex-Fastであり、Fastであり、Moderateと理解頂きたいと思います。

ところで、最近FW(Fresh Water)シリーズが人気です。本国では、トラウト/パンフィシュ用としてデザインされたFWシリーズ。その最大の特徴は、食い込みの良さです。勿論、チューブラー構造なので、ソリッドの様な持ち重り感はありません。そして、フッキング後の魚を寄せる力も十分です。バスならその食い込みの良さを活かして、ミドスト用として、または、シャッドテールワームの表層引き用として威力を発揮してくれことと思います。弾かれがちなスモールマウスバスの電撃バイト封じに使いたい!
by bluepeaks | 2011-08-30 22:53 | ブランク

バス釣りの原点を発見!

先日、実家の納戸を整理していた時、自分にとってのバス釣りの原点とも言えるルーのスピード・スティックを発見しました。

a0183304_10265472.jpg


写真の1本に合わせ着脱式グリップのスピード・スティック、スミスのスーパー・ストライク、ウエダのスーパー・パルサーが当時の僕の一軍タックルだったのですが、登板回数は断然このスピード・スティックが多く、何処に行くのも一緒。当時から「タックルバランス」という概念はあったものの、今ほど選択肢はなく、こんなシングルハンドの5'6"のミディアム・パワーの竿でダブルコロラドのスピナーベイトや、クランクベイトを引いていたものです。

a0183304_10394985.jpg


スピード・スティックは、アメリカのフィッシング・メーカー、ルーが販売していたもののですが、そのブランクは日本のダイコーさんによるもの。そんなバス釣りの楽しさをコレでもか!というほど、僕にもたらしてくれた、モノ作りに今もコダワリ続ける日本のブランク・メーカーであり、ロッド・メーカーでもある「ダイコー」さんも今年で創業60年を迎えられたそうです。おめでとうございます。そして、今まで大変お世話になりました。ありがとうございます。

60周年を記念したスペシャル・コンテンツがウェブにアップされています。同じブランク・ビジネスに関わる者として、また、モノ作りに関わる者として、さらには、もっとシンプルに一人の日本人として、大変面白いコンテンツです。

9月にショールームもオープンされる様です。是非行ってみたい!
by bluepeaks | 2011-08-28 10:47 | ブランク

チャプター福島ボンバー・ファクトリー・カップ

今週末、NFCブランク・パートナーの一つである福島のロッド・ビルディング・ファクトリーBOMBER FACTORYさんが冠スポンサーとなったチャプター福島BOMBER FACTORY CUPが福島県曽原湖で開催されます。

当日は、曽原湖に隣接するさざなみ荘さん内のBOMBER FACTORY展示ブースにおいて、BFカスタムロッド、デジーノ・カスタムロッドに合わせ、ノース・フォーク・コンポジットJ Custom 1.0も展示させて頂きます。

a0183304_8545065.jpg


チャプター参加者だけでなく、一般の方も対象とした展示となりますので、皆様、どうぞお越し下さい。

東北各県のフィールドで実釣テストを重ねてきたBOMBER FACTORYさんが見たノース・フォーク・コンポジットの魅力に是非耳を傾けてみてください。Check it out!
by bluepeaks | 2011-08-26 08:55 | ブランク

りんご園の主人がついに退任

健康問題を理由に、遂にアップル・コンピュータの創業者であるスティーブ・ジョブズがCEOの職を退任することになったそうです。新聞にはさらーっとまとめられていますが、いやいや本当に凄い人です。何が凄いってその情熱が凄い。あまりに凄すぎて時に破壊的でさえある。簡単にスティーブの歩みをまとめると、こんな感じです。

1967年に友達とアップルを創業。その後、自分で創業した会社であるにも関わらず、あまりの情熱っぷりに周りがついていけなくなり、会社を追われるハメに・・・。さぞ無念だったことでしょう。アップルの退社後、コンピュータ・アニメーションの制作会社ピクサーを立ち上げ、以降、トイ・ストーリーを始めとする数多くのヒット作を世に送り出す。アップル1社だけだって凄いのに、さらにピクサーも育て上げてしまうのです。スティーブなき後、ビジネス・スクールで学んできたエリート集団によって、あーでもない、こーでもないと、弄り回されたりんご園はボロボロに。これを再生させるべく、再びリンゴ園に戻り、以降、iMacを皮切りに、iPod、iPhoneと次々と歴史的なヒット作を生み出し、先日、創業以来の最高益を達成。

スティーブと言えば、CEOであるにも関わらず、デザインやら、使い勝手やらを厳しくチェックしてきたことで有名。そんな最後まで情熱的にモノづくりに取り組んできたスティーブが、健康問題を理由に遂に引退となった訳です。どの世界にもこうした情熱的でカリスマ性に富んだ創業者っていると思いますが、大きな新しい潮流みたいなものを作り出せる人というのは、やはり自分のやりたいことをとことん追求してきた人ですね。

僕自身は、熱烈なアップル製品のファンではありませんが、こういう強烈なキャラの熱い経営者が一線を退いてしまうことが残念。と同時に、空いた穴を組織で如何に埋めていくのか、今後のアップルに注目してます。
by bluepeaks | 2011-08-25 12:33 | 四方山

sweetなブランク

以前このブログでお伝えした様に、国内で標準品として取り扱っていないブランクでも、取り寄せリクエストをお受けしています。とにかく品点数が多いので、一度に全てを揃えることも出来ず、主力から順次拡充しているのですが、そんな中でも個別に頂いたリクエストには出来る限り応えたい、という思いから、受けさせて頂いています。そんな個別リクエストの一つとして今回日本に上陸させたのが、このSt1302-2(HM)です。

a0183304_11164194.jpg


St1302-2(HM)は、日本では馴染みの薄いスチールヘッド用ブランクのハイエンドモデル。全長13フィート、ファースト・テーパー、Lightパワー、適合ルアーウェイトは、1/8~1/2オンス、ラインは6~10ポンド。実測値でティップ径が1.4mm、バッド径が12.6mm、自重が70.5g。2ピースで、継ぎはスリップド・オーバー

a0183304_11171642.jpg


アメリカ西海岸では、こうしたロングロッドでスチールヘッドを狙うのですが、その釣りでは、スプーンでもなく、プラグでもなく、マラブーを巻いたジグヘッドで使います。これにフロート、つまりウキを付けて、川底付近をドリフトさせながらスチールを誘うのです。

ブランクそのものは、長ーいフライロッドと言った雰囲気です。余談ですが、スチールヘッドの釣りは、実に多様で、このFloat'n Jigから、ウィグルワートやフラットフィッシュを使ったプラグの釣り、スプーンの釣り、フライフィッシング、イクラを使ったライブベイトの釣りと多岐にわたっています。

日本には残念ながらメインターゲットになりうる程、スチールヘッドは生息していないので、Float'n Jigは、そのままではメソッドとして成立しないのですが、これをある釣りに応用してみたい、というのが今回頂いたリクエスト。聞けば納得の使い方です。詳細はおいおいレポートにまとめ公開していきたいと思います。

NFCのスチールヘッド狂に言わせれば、「こいつはまさに絶品。これ以上sweetなブランクにはお目にかかれないぜ」と。トロフィーフィッシュがPiggy(子ブタちゃん)で、絶品ブランクがsweet。こんなの日本で使ったら間違いなく煙たがられますね。
by bluepeaks | 2011-08-24 11:51 | ブランク

スモールは本当に捕食が下手なのか?

何処に根拠があるのかわかりませんが、「スモールマウスバスは捕食が下手」と聞くことがあります。でも、いつもこれを聞くと「本当か?」と思うのです。「下手」と言っているのは他の魚種、つまり、ラージに比べて下手、と言っているのだと思います。でも、スモールとラージが混在する湖において、最終的に優勢種となるのはほぼスモールです。本当にラージに比べて捕食が下手ならば、優勢種になどなれないはずです。

勿論、水温や主なベイトの種類、スポーンの水深、時期なども勢力図に大きく影響するものと思いますが、どう考えても「捕食が下手」だとは思えない。むしろラージよりスモールの方が捕食は上手だと思っています。さらに、用心深く、目が良いのだと。

恐らく「下手」と言っているのは、ルアーを喰い切れないから、フッキングしないから、フッキングしても良くフックアウトするからではないでしょうか?でも、これって、「釣ってやろう」と考えている釣り人の側から見た話だと思うのです。仮に、スモールがルアーにアタックする瞬間、バイトする衝動を止められないまでも、そのルアーをバイトの直前で見切り、吸い込む力を弱めていたとしたら、全く別のストーリーが成立すると思うのです。
by bluepeaks | 2011-08-23 11:43 | バス

子ブタちゃん

でっぷりと太った魚をアメリカでは子ブタちゃん(Piggy)というみたいです。

a0183304_9251581.jpg


この写真は、アメリカのNFCサイトに投稿されたチヌーク・サーモンですが、見事なまでのメタボ体型。こんな立派なサーモンが普通に遡上してくる川がそこかしこにある国がアメリカ。こういう自然の豊かさが身近にあるからこそ、遊びとしての釣りも盛り上がるし、遊びの質も高くなるのだと思います。

この投稿してきたユーザは、「こんなビッグ・チヌークでも、NFCのロッドならコントロール出来る。これは今まで使ってきたどのロッドでも感じることが出来なかった感覚だ」と、興奮気味にビックリマーク(!)4連発で投稿しています。

魚種は異なっていたりしますが、投げる、掛ける、寄せると言ったブランク本来の性能は、バスからトラウト、スチールヘッド、サーモン、ソルトウォーターまで、アメリカ中のあらゆるフィールドで、日々このように鍛え上げられている訳です。

日本なら差し詰め「モンスター(怪物)」などと仰々しく形容されるトロフィー・フィッシュを、「子ブタちゃん」扱いするところがなんともアメリカ的。まさに大陸の感覚です。
by bluepeaks | 2011-08-22 09:42 | ブランク

セカンドリリースに向けて

大変ご好評頂きましたNorth Fork Compositesデジーノ・チューンド・Jカスタム1.0のセカンドリリースに向け、本格的に始動しました。詳細決まり次第、皆様には、この場でお伝えしていきたいと思います。差し当たりプロダクト・ラインナップは、ファースト・リリースと同じ製品、同じ仕様で、進めていきたく考えています。ご期待下さい。
by bluepeaks | 2011-08-20 23:48 | Jカスタム

ブランク!ブランク!ブランク!

今日ブランクが入荷しました。写真で1/3パッケージなので、全部検品するのに結局、丸一日かかってしまいました。

a0183304_23103351.jpg


頼んだはずのブランクが入っていなかったり、数が足りなかったり、違うものが入っていたり、パッケージにミスがあったりと、毎回、何かしらの「事件」があるものなのですが・・・、やっぱり今回もありました。差し詰め75点って感じです。

ご注文頂いております皆様、準備が整い次第、来週より順次出荷させて頂きますので、もう少々お待ち下さい。
by bluepeaks | 2011-08-19 23:18 | ブランク