North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

SOW : パンチ&フリップ
at 2017-09-20 18:32
SOW:ファットイカ aga..
at 2017-09-16 11:22
ほぼベイトフィネス
at 2017-09-16 11:04
JCB、AMEXでの決済もス..
at 2017-09-12 11:54
SOW:楽しさ再確認
at 2017-09-12 11:44
入荷のご案内
at 2017-09-11 10:36
あなたが知らないバスに関する..
at 2017-09-09 12:25
SOW :夜明けのクローラー..
at 2017-09-09 09:08
入力時に画面が勝手にスクロー..
at 2017-09-07 16:50
更新にはちょっと時間がかかります
at 2017-09-05 10:33

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
SOW
NFX
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

カテゴリ:ブランク( 219 )

ロードという考え方

昨日のブログの中でちょっとだけ触れた「ロード」。スペルは"load"で、「道」の意味の"road"とはちょいと異なります。重さとか、積載量とか、負荷とか、荷重とか・・・コンピュータの世界で使われるロードもその一つ。

で、ブランクを設計する時は、ベンディングカーブを見たり、ベンドした状態から戻る時の復元力や復元時間を見るのですが、そんな時、写真のように負荷をかけるんです。これを彼らアメリカ人は「ロードをかける」とか、「ロードテストする」なんて言ったりします。なので、ブランク設計の現場でロードという言葉は頻繁に耳にする言葉の一つ。

a0183304_11381569.jpg


写真はアクションジーニアス(action genius)、つまり、「天才」と呼ばれるデザイナーと、ゲイリーからアクションサック(action suck)と呼ばれてしまった某社員がディスカッションしている図。

因みに、サックってスラングで、この場面で言えば、アクションの違いがまるで感じ取れない「ボンクラ野郎」ってとこ。

なので、ジーニアスとサックだけに、ここで一体何を話しているのか・・・

きっと双方頭の中で全く別のことを考えているに違いありません。
by bluepeaks | 2016-05-07 12:03 | ブランク

どちらの方が感度がいいでしょう?

モデレイトファースト(日本ではレギュラーファーストと言われる調子)と、エクストラファーストを比べると、同じ素材で、同じような長さ、そして、ガイド含め、同じような仕立てだったら、釣り人的に感度がいいと感じるのはどちらの竿でしょうか?

答えはモデレイトファースト。

実はエクストラファーストよりもモデレイトファーストの方が感度が高い、って感じるんです。これも多くの皆さんが勘違いしていることの一つかと。ところどころに石が点在しているような砂地のスポットでフットボールジグをズル引けば違いがよーくわかります。

理由はティップが硬い方が振動をより減衰させずに伝えるから。柔らかいものと、硬いもの、どっちが振動を伝えるか、これを考えれば容易に理解できるかと。

a0183304_15185857.jpg


ナイロンに比べてフロロの方が感度がいい・・・

これは経験的にわかっているはずなのに、どういう訳か、ティップが入るエクストラファーストの方がティップが入らないモデレイトファーストよりも感度がいい・・・、と勘違いしている人って、結構いるんだなぁ、と先日のThe Keep Castで思った次第です。

写真はUTR68XHでフットボールジグをズル引く総帥。

この時、「いいよ、いいよ、この感じ」と、盛んにつぶやいておられました。
by bluepeaks | 2016-03-03 15:21 | ブランク

テーパーとアクション

内外を問わず、そして、プロアマを問わず、混同され使われていることの多い用語の一つに「アクションとパワー」がある、って話を以前取り上げましたけど、今日は同じ話題で他のケース。そう、タイトルにある「テーパーとアクション」、これについて取り上げてみたいと思います。

釣りに限らず、こうした日常的に使われているんだけど、いざその意味は?って聞かれると、わかっているようで、わかっていない外来語って結構あると思います。外来語であるが故に、本来の意味を知らずに、人づてに聞いた言葉や、書籍で目にした言葉を、話の前後関係からなんとなーく推測して、そのまま使い続けちゃう・・・、で、周りもみんなそんな感じだから、お互いに突っ込むこともなく、疑問に思うこともなく、使い続けて早数十年・・・というのは外来語あるあるでしょうか。

でも、そもそも言葉には必ずちゃんとした意味がある訳で、逆に言えば、ちゃんとした意味がなければ言葉として人々の間に広まっていくこともないはず。英語であれ日本語であれ。

そんな日常的に使っているんだけど、イマイチ理解出来ていない英語の用語に出会った時、本来の意味を知る上で超使えるのが「英英辞典」。何と言っても英語を英語で説明しているので、英語を母国語としている人たちがどういう意図で、その言葉を使っているのか、そんな気持ちもわかったりするもんです。なので、目線を同じくするという意味でオススメです。まぁ、最初はしんどいでしょうけど。

で、そんな英英辞典にはこう書いてあります。

Taper(テーパー)とは、

a0183304_167188.jpg


"a gradual decrease in the width of a long object"、つまり、長い物体の幅が徐々に減少していくこと、とあります。

なので、これをロッドの話に置き換えると

「徐々に径が細くなっていく物理的な形状、もしくは、細くなることそのもの」

これをTaper(テーパー)って呼んでいることになります。

もう一方のAction(アクション)は

a0183304_1614190.jpg


"the way in which something such as a chemical or process has an effect on something else"とあります。ちょっと面倒くさい感じですが、ザックリ訳せば「科学物質とか、工程とかによる影響および作用」ってこと(actionには多くの意味があるので、最も適当と思えるeffectの意を抜粋)

なので、同様に、これをロッドの話に置き換えると、

「外的な負荷に対して、そのロッドがどのような曲がりを見せるのか」

これをAction(アクション)って呼んでいることになります。

まとめると、Taper(テーパー)とは先が細くなっていく物理形状のことであり、Action(アクション)とは外的な負荷に対して描くベンディングカーブ、もしくは、その負荷により発生する復元力、ってこと。

でも、なんで急にこんなことを話題にしているのかって?

それは、なかなか会えないけど、この業界の中で働く大先輩からお電話を頂いたから。

ごっつあんです。
by bluepeaks | 2016-02-26 16:24 | ブランク

販売中止のお知らせ

今日までカスタムロッドブランクとして提供してまいりました以下FWブランクの販売を、現在庫の完売を持ちまして、即日終了とさせて頂きます。

ご愛用頂き、誠にありがとうございました。

以後の対象製品向けの保証につきましては、弊社製品保証規定に準じ、製品登録日より指定期間、対応させて頂きます。

FW461-1 (HM)*
FW501-1 (HM)
FW561-1 (HM)*
FW601-1 (HM)
FW662-1 (HM)
FW701-1 (HM)
St 960-2 (HM)*

*カタログ外商品

本件は、米国ノースフォークコンポジット社の販売方針に従うものであり、国内のみならずワールドワイド共通の対応となります。

なお、OEM対応につきましては、この対象外となります。

当該ブランクをご愛用頂いておりました皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど、よろしくお願い致します。
by bluepeaks | 2016-01-13 14:23 | ブランク

新ブランクリリースのお知らせ:SWB807-1(IM)

先鋭化し、細分化するスイムベイトの釣りに応えるべく、6パワーと8パワーの間を埋める日本市場向けオリジナル新ブランクSWB807-1(IM)を用意させて頂きました。ルアーウェイトは2オンスから8オンスになります。6パワーが1から5オンス、8パワーが3から10オンスになりますので、丁度、真ん中。ド・ストライクになります。

フレックスプロファイルについては、準備が整い次第アップさせて頂きますが、まずはスペックを参照頂ければと思います。

プライスリスト

a0183304_1535184.jpg


出来ることなら11月末にリリースしたかったんですが、なんだかんだありまして、結局、年末になってしまいました。フレックスプロファイルはまだですが、オンラインストアには早速アップさせて頂きました。お待ち頂きました皆様、大変お待たせしました!

NFC Web Shop
by bluepeaks | 2015-12-22 15:40 | ブランク

アクションとパワー

前回のエントリー「エクストラヘビー」で思い出したのですが、日本、アメリカ、さらにはプロアマ問わずロッドに関して間違った使われ方をしているナンバーワンの用語と言えばアクションとパワーでしょうか。

a0183304_1632596.jpg


アクション(action)とは「動き」です。じゃあ、ロッドの動きって何だ?って話ですが、それはティップに負荷をかけた時のロッドのしなり具合、つまり、ベンディングカーブ、その特性を意味している訳です。具体的には、

エクストラファースト
ファースト
モデレイト(ミディアムも「中間」という意味で表現としては可だよね)
スロー

などです。これらの表現は、いずれも負荷のかかった状態から元の状態に戻るまでの時間の長短を表したものです。つまり、ファーストは元の状態に戻るまでの時間が「早い」、スローは「遅い」、モデレイトはその「中間」ってことです。

これに対して、パワー(power)は「力」です。負荷のかかった状態から元の状態に戻ろうとする時のロッドの力、つまり、復元力の強弱を表しています。具体的には、

ウルトラライト
ライト
ミディアムライト
ミディアム
ミディアムヘビー
ヘビー
エクストラヘビー

などがあります。

こうやって整理すると「そんなの当たり前だろ」って聞こえるかも知れませんが、結構、皆さんテキトーに使っていたりします。

例えば、「ミディアムヘビーアクション」。「ミディアムヘビー」はパワーを表す言葉で、これに「アクション」を付けちゃうのは定義的にはNG(気持ちはわかりますがね)。なので、正しくは「ミディアムヘビーパワー」です。

「ったく、細けぇなぁ〜」って聞こえてきそうですが、より良いロッドに出会うためにも、自分の中にあるイメージは出来る限り正しく伝えた方が良いんじゃない・・・と、日々、応対する中で感じている次第。そんなことをふと思い出しました。
by bluepeaks | 2015-12-14 17:05 | ブランク

SWB808-1(IM)入荷のお知らせ

前回わずか数日で完売してしまいましたSWB808-1(IM)が再び入荷しましたので、お知らせ致します。

今回は、予定数に対して少々少なめの入荷で、前回の半分くらいになりますので、ご検討中の方はお早めにお求め下さい。

オンラインストアの在庫も更新させて頂きました。

a0183304_13491436.jpg

by bluepeaks | 2015-11-17 13:57 | ブランク

EDGE ROAD TOUR 2015今後の予定と特典

EDGE ROAD TOUR 2015ですが、本日現在確定している年内の予定をお知らせ致します。

11/1 - 11/3 : プロショップナイル
11/6 - 11/8 : Back Lash
11/13 - 11/15 : lure angle HAMA
11/21 - 11/23 : キャスティング南柏店
11/27 - 11/29 : つり具のブンブン柏店
12/4 - 12/6 : ルアーショップ キーワード
12/11 - 12/13 : ギル神田店

以上:敬称略

そしてそして、上記展示期間中、EDGE First Strikeをその場でご注文頂いたお客様にはもれなく以下のステッカーを進呈しております。

a0183304_1137153.jpg


とりあえず年内は以上となりますが、2016年以降も継続してロードツアーを展開していきますので、会期が迫り次第、また改めてお知らせしたいと思います。

ではでは、Enjoy!
by bluepeaks | 2015-11-01 11:42 | ブランク

SWB808-1(IM)入荷のお知らせ

欠品中に各方面からお問い合わせを頂いておりましたので、この場をかりてお知らせします。

お待ち頂いておりましたSWB808-1(IM)が入荷しました!

お待ち頂きまして、ありがとうございました。

ご注文はお近くのNFC販売パートナー様、もしくは、NFC Web Shopにてお願いします。

しかし、びっくりするほど多くの皆さんが、結構重たいもん投げているんですね・・・
by bluepeaks | 2015-10-20 16:48 | ブランク

ブランクの製造プロセス(その4)

その4です。

ブランクの製造プロセスですが、残された工程はなんと一つ・・・

何と間が悪いことか・・・

無計画というか・・・

行き当たりバッタリというか・・・

まぁ、いつも通りと言えばそれまでなんですが・・・

と、いうことで、残された工程がこのサンディング。この工程では旋盤を使って、表面に残る樹脂を削り取っていきます。シャッタースピードの調整に失敗しているので、写真的にかなりイマイチですが、丁度マシンの中央部からヒョコっと顔を出しているのがブランクの終端部。ここから先端に向かってブランクを送っていく訳です。

a0183304_11344611.jpg


で、この工程を経ると、下の写真の真ん中のようになる訳で、これがいわゆる「ローカーボンフィニッシュ」ということです。

a0183304_11392932.jpg


で、さらにペイントすると左側の良くある見慣れたブランクになる訳です。

という風にして作られたブランクは検品を経て、

a0183304_11512271.jpg


行き先ごとに振り分けられ、

a0183304_11452752.jpg


注文数が揃ったら、パッキングされ、海を渡る・・・という流れになります(揃っていないのに出されてしまう時もありますけど・・・)。

先細り感が漂っている気がしないでもありませんが、これをもってブランクの製造プロセスの最終回とさせて頂きます。関連する小ネタはおいおい取り上げていきます。
by bluepeaks | 2015-10-20 11:55 | ブランク