North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

EDGE PACEMAKER..
at 2017-05-18 18:56
価格変更のお知らせ:EDGE..
at 2017-05-17 15:04
Jカスタム2.1出荷開始
at 2017-05-15 17:44
再生能力
at 2017-05-15 09:38
ウェルカムバック!
at 2017-05-13 09:45
NFX 7フィートキャスティ..
at 2017-05-12 17:33
テンパウンダー
at 2017-05-10 09:13
ハイブリッドS2
at 2017-05-09 14:27
いつもと違う季節の進行?
at 2017-05-02 09:27
バルサならわかるロッドの復元力
at 2017-04-29 14:19

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

カテゴリ:ブランク( 214 )

新規スタンダードブランクのお知らせ

新規ニーズとして最近感じているのが、

B.A.S.S.のレギュレーション変更に端を発するロングロッドに対する需要の高まり。

そして、これまた全く「ま逆」なんですが、

6フィートもしくは6フィート未満のショートロッドに対する重要の高まり。

まぁまぁ、ま逆です。

不思議なんですが、明らかな動きとして感じています。

で、そんな皆様のご期待に応えていくため、2017年からHMのみならずIMについても8フィートのマグバスブランクをスタンダードブランクとして取り扱うことにしました。

MB805-1(IM)
MB806-1(IM)
MB807-1(IM)
MB808-1(IM)
MB809-1(IM)

そしてさらに、ゲイリー伝統のトラディショナル・キャスティングブランクの取り扱いも開始します。

ちょっとだけ解説すると、キャスティングブランクとは、頭文字がCで始まる6フィート、もしくは、5フィート6インチのブランク。かつての完成品で言うとCR723などの名称で販売されていたロッドで、このロッドに使われていたブランクになります。

C562-1(IM)
C564-1(IM)
C565-1(IM)
C601-1(IM)
C602-1(IM)
C603-1(IM)
C604-1(IM)
C605-1(IM)
C606-1(IM)

マテリアルはIMのみとなります。

まだところどころ穴が空いてますけど、まずは上記のブランクから提供を開始します。

初回の入荷は2月を予定しています。

入荷の期日が確定しましたら価格含め、詳細をお知らせする予定です。

Check this OUT!
by bluepeaks | 2017-01-13 11:44 | ブランク

10フィートのバスロッドいよいよ登場!(その1)

2017年からB.A.S.S.トーナメントサーキットにおいて10フィートまでのロッドが使用可能となる・・・というトピックスを以前取り上げましたが、今回のレギュレーション変更を推し進めた推進派の一人、スキート・リースが改めてその思いを、B.A.S.S.に寄稿しているので、日本語に訳してみようかと思っています。

a0183304_16304362.jpg


source from http://www.bassmaster.com/skeet-reese/birth-10-foot-bass

では、まず第一パラグラフから

At the end of the summer, I contacted the Elite Series Angler Advisory Board and our Tournament Director Trip Weldon. I wanted to bring up some thoughts about our maximum rod length rule. I’ve often wondered why we were limited to 8-foot rods. I know why we have the rule, but I wondered if it was something that we could improve upon. It’s not just because I am a rebel and wanted to make a change, it’s because I know how much more efficient longer rods can make all of us as anglers.

「トーナメントで利用出来るロッドの長さについて、幾つか提案したかったので、夏の終わりにエリートシリーズのアングラーアドバイザリーの役員と、トーナメントダイレクターであるトリップ・ウェルデンにコンタクトしたんだ。どうして8フィートまでという制限があるのか、常々不思議に思っていた。何処かでルールを設けないといけない、その必要性についてはわかる。でも、それは同時に修正することも出来るはずだ。別に物議を醸したい訳じゃない。ただ、変えたいだけなんだ。なぜならロングロッドがどれくらいの効果を僕らアングラーにもたらすのか、わかってるいるからね」

They unanimously decided to increase the length to 10 feet. I didn’t suggest a length but asked the question. After the discussions, they all voted unanimously to adopt longer rods, and they settled on 10 foot as the length. Here’s why I’ve thought about this for so many years.

「彼ら、トーナメント・ダイレクターとアドバイザリーは、満場一致で10フィートまで延長することを決めた。特に具体的な長さについては提案しなかった。でも、質問はされた。その後、議論を重ねたのち、彼らは満場一致でより長いロッドの使用を受け入れることに投票したんだ。で、最長10フィートという長さに落ち着いたんだ。これこそが、長い間、思いを巡らせてきたことさ」

First things first. Why did we even have the rule in the first place? The answer to that question is the one and only Dee Thomas – the Godfather of Flippin’. When Dee was just getting into bass fishing tournaments in the 70s, he was known for using 10- to 14-foot cane poles and “Tule Dippin” in the Delta.

「まず第一に、どうしてルール化しておかなくてはいけなかったのか、ってことだけど、その答えは、後にも先にもフリッピングのグランドファーザーこと、ディ・トーマスにある。70年代、ディがバスフィッシングトーナメントに参戦し始めた当時、彼は10フィートから14フィートの竹竿を使って、トゥール・ディッピング(注釈)をデルタでやっていたんだ」

注釈;"Tule Dippin(トゥール・ディッピング)”の"Tule(トゥール)"は日本語で「ホタルイ」と呼ばれるカリフォルニア周辺の水辺でよく見られる水性の植物(ガマっぽいかも)。"Dippin(ディッピング)"は英語の"dip"で「浸す」とか「浸ける」という意味。例えば、トルティーアチップスをサルサに「浸ける」時なんかこの"dip"を使います。なので、おそらくは延べ竿の先にジグをつけて、それを葦際に落としていく・・・そんなことをやっていたものと思われます。恐ろしく釣れそうですね・・・

When he decided to start fishing tournaments, the tournament directors started getting complaints about him having an unfair advantage, so they limited the rods to 8 feet. That’s making a short story out of a long one, but that’s the basics of it. We’ve fished under those regulations since then.

「ディがトーナメントに本格参戦することを決めた時、トーナメント・ダイレクターは、ディだけがアンフェアなアドバンテージを有しているとの、不満を周囲から聞かされていた。だから、ダイレクターはロッドの長さを8フィートまで、と制限したんだ。これは長ーい話の一部だけどさ、基本的にはこういうこと。で、それ以来、僕らはそのレギュレーションのもとで釣りをしてきたって訳さ」

と、既に結構な文字量になってきたので、今日はここまで。

続きは明日以降に
by bluepeaks | 2016-12-05 16:40 | ブランク

北の国から

海に、川に、湖にと、北海道で釣りを楽しまれているNFCユーザー様からレッドバンドが美しいワイルドレインボーの釣果報告を頂きました。

a0183304_9534519.jpg


雪原に横たわるワイルドレインボーって、まさに北海道なワンショット。

カッコイイ魚です。

このお客様、以前は千葉県にお住まいで、バスフィッシングを楽しまれていたとか。

そんなバックグラウンドもあって、旧来のトラウトフィッシングの枠にとらわれない、柔軟な釣りで、とにかく釣ることを楽しまれているようです。

例えば、

倒木周りにクランクベイトを通すカバークランキングから、

バイブレーションをアップにキャストして、底を転がしながら誘う釣りとか、

ウチダザリガニのイミテートにラバージグを使ったり、

そんなとても柔軟な釣りで、北海道のワイルドレインボーを楽しまれているそうです。

因みに今回ご購入頂いたのはCB701-1(SM)、そう、クランキングロッド。

カレントがある中での倒木周りのカバークランキングってオモ難しそう。

しかも釣れる魚がデッカイし。

a0183304_1031845.jpg

a0183304_1033085.jpg


皆さまからの釣果報告、お待ちしております。
by bluepeaks | 2016-11-07 10:32 | ブランク

パンダ

バサクラ会場を聞かれたことその1。

「あのパンダみたいなブランクは出さないんですか?」

ん???

一瞬何のことを言っているのかわからなかったのですが、どうやらティップセクションにのみハイブリッドS2を使ったブランクのことを言われているようで。

なるほど、言われてみれば白と黒がはっきりしているので、パンダと言えばパンダかも。

a0183304_1551302.jpg


回答は「クランキング用のブランクとしては出しません」になります。

ポイントはクランキング用のブランクとしては出さない、というところで、

じゃあ何用か?と言えば、

今、進めているのは、

まず、

ソルトのタイラバ用のブランク、

それから、

食い込み重視のシューティング用ブランク。

そんなかなり用途を絞り込んだスペシャリティ・ブランクで考えています。

何れにしても、これからのプロジェクトなので、商品化は、まだまだ先のことになりますが、スローなリカバリースピードと、ティップを常に下向きにしている釣り、この辺が活かしどころじゃないかと思う次第です。
by bluepeaks | 2016-11-01 16:18 | ブランク

Advanced CB703-1(HS2)提供開始のお知らせ

先日リリースしたハイブリッドS2を使ったミディアムヘビーパワーの巻き物ブランクCB705-1(HS2)に続き、シャロークランク専用ブランク、ミディアムライトパワーのCB703-1(HS2)の提供準備が整いましたので、お知らせ致します。

<スペック>

ファミリーネーム;Advanced Cranking(アドバンスト・クランキング)
マテリアル;Hybrid S2
パーツナンバー;CB703-1(HS2)
推奨ライン;8-16ポンド
推奨ルアーウェイト;1/8 - 3/8オンス
レンクス;7'
アクション;Mod-Fast
パワー;Med. Light
ティップ径;2.0mm
バット径;16.2mm
自重;57g
標準価格(税別);16,800円

a0183304_17314883.jpg


先日リリースしたCB705-1(HS2)がチャターベイトやスピナーベイト、テキサスのスイミング、スイムジグなど、シングルフックの巻き物、もしくは、ミディアムダイバーやディープダイバー向けであったのに対して、今回リリースするCB703-1(HS2)のスイートスポットはシャロークランク。

ブランクとして販売する長さは7フィート。カーボンと比べるとやはり復元スピードが遅いので、恐らく多くのお客様が数インチカットして使うことになるのでは、と思っています。

グラスコンポジットであるが故、エンドの外径など、物理形状的な理由からブランクスルー構造を選択する必要があると思うので、好みの長さに調整して使ってもらうことを想定し、敢えて長めの7フィートに設定しました。

残すはミディアムパワーのCB704-1(HS2)。

年内中には全3モデルを揃える予定です。

スペックの詳細はプライスリストで、ご注文はNFC Web Shopで承っています。
by bluepeaks | 2016-10-06 18:01 | ブランク

Hybrid S2 Now ON SALE!!

プライスリストへの掲載に合わせ、CB705-1(HS2)の販売をNFC Web Shopにて開始させて頂きました。

http://nfc.shop-pro.jp/

a0183304_10303595.jpg


なお、出荷は9/26以降とさせて頂きます。

それでは皆様のご注文をお待ちしております!
by bluepeaks | 2016-09-24 10:29 | ブランク

フレックスプロファイル;Advanced CB705-1(HS2)

Hybrid S2マテリアルを使ったクランキングブランクCB705-1(HS2)のフレックスプロファイルをプライスリストにアップロードしました。

a0183304_1073542.jpg

by bluepeaks | 2016-09-24 10:25 | ブランク

Hybrid S2ブランク提供開始のお知らせ

2016年9月26日よりS2グラスファイバーと中弾性カーボンIMマテリアルをコンポジットとしたHybrid S2カスタムロッドブランクの提供を開始させて頂きます。

a0183304_948518.jpg


今回リリースするHybrid S2ブランクは、SWB80X-1、MB79X-DHと同様、日本市場向けにデザインし、製品化したオリジナルブランクになります。その第一段として提供開始するのが、7フィート、ミディアムヘビーパワーの汎用性に富んだCB705-1(HS2)です。アクションはモデレイトファースト。仕上げは一見カーボン???と思わせるご覧のアンサンドフィニッシュ。

<スペック>

ファミリーネーム;Advanced Cranking(アドバンスト・クランキング)
マテリアル;Hybrid S2
パーツナンバー;CB705-1(HS2)
推奨ライン;12-20ポンド
推奨ルアーウェイト;1/4 - 3/4オンス
レンクス;7'
アクション;Mod-Fast
パワー;Med. Heavy
ティップ径;2.3mm
バット径;17.5mm
自重;67g
標準価格(税別);18,800円

a0183304_9535826.jpg


エポキシで下地処理をしていないので、イマイチ綺麗に見えませんが、デカールは比較的扱いが容易な白文字のシールタイプにしました。

IMマテリアルのMB705-1(IM)の平均自重が約57g、SMマテリアルのMB705-1(SM)が65g。これに対して、グラスコンポジットであるCB705-1(HS2)の平均自重は67g。もちろん、テーパーデザインが違うので、一概には比較出来ませんが、7フィートでわずか67g、しかも、ミディアムヘビーパワーです。グラスのようなゆったりとしたリカバリースピードを、カーボン並みのウェイトに収めたグラスコンポジットブランク。

注文と違う数をフツーに送ってきたり、散々お願いしてしたことをすっかり忘れてしまったり、まぁまぁ普段から色々とヤラかしてくれるアメリカンですが、こういうモノを作らせると・・・・・いやいや、素晴らしいモノに仕上げてきます。


カーボンじゃない、グラスでもない、ハイブリッドS2ならではの味わいを是非!!


詳しくはプライスリスト
by bluepeaks | 2016-09-23 10:33 | ブランク

新規HMブランク提供のお知らせ

2016年9月末日より以下のHMブランクの提供を開始致します。

CB7111-1(HM)
DS6102-1(HM)

a0183304_16404871.jpg


CB7111-1(HM)は、今日まで提供して来ましたCB7111-1をHMマテリアルで巻いたブランクとなります。

そして、

DS6102-1(HM)は、今日まで提供して来ましたDS6107-1(IM)をHMマテリアルで巻き、且つ、パワー表記を実際のパワー感に合わせLightパワーへと表記変更した新ブランクとなります(そもそも何でMag. Lightにしたのか今となっては不明。だいたい他の7パワーと比べりゃわかるもんだろうに)。

また、このスペック変更に合わせ、今日まで7パワー(Mag. Light)として提供してまいりましたDS6107-1(IM)を、このタイミングでDS6102-1(IM)へとリニューアルさせて頂くこととしました。

双方とも既に国内在庫を用意しておりますので、月末より出荷を開始させて頂きます。

詳しくは

プライスリスト

にてご確認頂けます。
by bluepeaks | 2016-09-22 16:34 | ブランク

ハイブリッドS2(その3)

ハイブリッドS2の続きです。今日は素材とか、製法とか、そういった話じゃなくて、商品としてのハイブリッドS2について。

すでに何回か触れていますが、今回のハイブリッドS2は、ロッドとしての販売のみならず、より多くの人にS2という素材の素晴らしさを体感頂きたく、他のマテリアルと同様、ブランク単体での販売も検討しています。

長さは全て7フィート。IMとのハイブリッドとは言え、なんせグラスなのでエンドの径がまぁまぁ太くなります。MHだとエンド径がだいたい17mm前後。従って、必要に応じて長さを調整し、ブランクスルーでビルド頂くことを想定しています。

おそらくスタート時は諸般の事情から、MLとMHでスタートさせて頂くことになるかと思います。準備もほぼほぼ目処が立ってきましたので、近日中には詳細をお知らせ出来るかと思います。

因みにロゴはこんな感じになる予定です。

a0183304_165597.jpg


check this OUT!!
by bluepeaks | 2016-09-01 19:05 | ブランク