North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

オフショアGO! GO!
at 2017-04-26 09:09
NFXの商品紹介ページを公開..
at 2017-04-20 17:01
バードルアー
at 2017-04-19 15:57
マテリアルの差
at 2017-04-17 15:05
ランカークラブ
at 2017-04-17 11:19
EDGE PACEMAKER..
at 2017-04-13 16:03
2.1バットデザイン
at 2017-04-07 12:23
NFXスペック(その3)
at 2017-03-31 16:49
ご注意下さい;ソルトでの利用時
at 2017-03-30 11:13
NFXスペック(その2)
at 2017-03-29 11:41

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

カテゴリ:未分類( 18 )

ハイブリッドS2(その1)

S2グラスを使ったハイブリッドグラスファイバーロッドの話について前回この場で取り上げたのが2016年6月24日。早いものでもう2ヶ月も経ってしまいました。その間、着々と準備も進み、だいぶ先が見通せる状態になって来ましたので、そろそろS2グラスの素材特性の話など、少々突っ込んだ話を公開していきたいと思います。

さて、まずはS2グラスと言う素材ですが、これをバスロッドに使用するのは、今回、ノースフォークコンポジットが世界初になります。このビミョーな表現・・・「バスロッド」ってところが実はポイントで、他の魚種(正確には釣法)では既に実績アリです。気になる方はググってみて下さい。きっと数分内で答えに到達出来ることでしょう。

そんなまだまだ珍しいS2グラスですが、素材としてこんな特性を持ち合わせています。

a0183304_17415290.jpg


この図は縦軸がストレス、つまり、外的に加えられる圧力の大きさを表し、横軸がその力による素材の変形率を表したものです。ご覧の通りS2グラスは、カーボンに比べ、同じ力で3倍変形する素材と言えます。

例えば、ストレス値2.5付近で見れば、カーボンの変形率はだいたい1.0%。これに対して、トラディショナルなグラスファイバー素材であるEグラスだと3.8%くらい、S2グラスだと3%くらいです。

これを釣り人的な言葉で言い換えれば、

カーボンロッドほどの張りは感じないけど、従来のグラスロッド(Eグラス)みたいなダルンダルンさはない、

となります。

そう、まさにこの特性を最終的にはロッドの形に落とし込みたいと思っています。何故なら、カーボンにはカーボンの良さがある訳で、これは既に皆さんに十分過ぎるほど理解して頂いていると思っています。じゃ、なんで今グラスよ?と言われれば、時としてカーボンほどの張りはなくてもいいから、同じパワー感で、もうちょっとだけ乗りのいいロッドがあったなら、あの時期の、あの釣りに使えるのに・・・なんて声に答えを出したい、と思っている訳です。

因みにテスト段階でのデータになりますが、HM、IM、SM、そして、S2で同じアクションで、同じようなパワーを出した時、ブランク重量はどうなるか?って言うとこんな感じになりました。

a0183304_1838292.jpg


ただ、今回リリースしようとしているS2グラスのロッドならびにブランクは、ティップからエンドまで、全て純粋なS2グラスで巻いているものではありません。具体的には、S2とカーボンとのいわゆる「コンポジット」になります。従って、この表の正しい読み方は、S2で重量が増えた分、カーボンがリカバーして、トータルでSMと同じくらいの重量に収まっている、と捉えて頂きたいと思います。

またまた話が長くなってきたので、今日のところはこの辺で。

次回はマテリアルのコンポジットについて
by bluepeaks | 2016-08-29 18:49

新規Jカスタムディーラー

2016年新製品のリリースにあわせ、福岡県飯塚市のくまがいさんにおいて、Jカスタム2.0をお取り扱い頂くことになりましたので、お知らせ致します。

a0183304_17203221.png


明後日にはPFR610MLも、CQR60Mも店頭に並ぶことになるかと思いますので、お近くにお住いの皆様は是非お立ち寄り下さい!
by bluepeaks | 2016-05-23 17:21

タンドラ?ツンドラ?

バスマスターマガジンの見開きにあったTUNDRAの広告。

a0183304_16474955.jpg


ご存じの通りトヨタが北米市場で販売するフルサイズピックアップトラックのブランドですが、気になったので調べてみたらやっぱり英語じゃなくてもとはロシア語。地理の教科書に載ってた永久凍土の「ツンドラ」、この英語読みです(何でも英語読みにしてしまう強引な人達ですよね)。でも、そもそもロシア語ってアルファベットを使っていないんで、確認のしようもないんですが、きっと音は「ツンドラ」なんでしょう。

2006年の登場時には、伝統的にフォードとシェビーががっちり押さえていた市場だけに、「トヨタがフルサイズピックアップ市場に参入」というようにCNNが朝のニュースで取り上げるほどのインパクトがあった訳ですけど、今や定着した感さえあるTUNDRA。凄いっすね。企業努力の賜物です。

まぁそんなこんな、日本の会社が、アメリカの会社が牛耳る市場に新規参入するにあたり、ロシア語を使うという、慎重かつ大胆な戦略を感じさせるネーミングな訳です。

やっぱりネーミングは大事
by bluepeaks | 2015-03-09 12:10

やっと上がって来ました!

キープキャストに展示する予定のPFR71のグリップパーツがやっと上がってきました・・・出来栄えは期待以上です。

PFR71では、NORTH FORK COMPOSITESの刻印をエンドに持ってきました。ブラックラバーとのコンビネーションは上々で、従来の2.0グリップと形状は異なるものの、一貫した2.0の雰囲気はしっかりと受け継ぐことが出来たと自負しています。

そして、雰囲気のみならず形状を変えながらも徹底的に拘ったのはグリップ感。実は、コレ、セパレートにはなっているものの、TCR、UTRのグリップと同じ形状なんです。丁度、TCR、UTRの220mmシェイプドグリップを中央でカットし、それを前後に配置した感じです。だから、クランキングからパッと握り変えても、スピナーベイトからパッと握り変えても、全く違和感なくジグ撃ちに移行出来る・・・これが狙いです。

こんな微妙な調整が出来るのも国内で1本1本手で削っているからで、コスト面だけを考えると、非効率なんですが、やっぱりこういうところこそ手間をかけたい、と思っている訳です。

効率だけじゃない質感を求めてのメイド・イン・ジャパン

是非、キープキャストで!

a0183304_930029.jpg


a0183304_9302555.jpg

by bluepeaks | 2015-02-16 09:46

「+Rooms x mibro 」Gopro動画vol.3

そして、先日の狼男からの手紙でアップした50オーバーをKTWスナブノーズS5で仕留めた時の映像がコレです。

+Roomsの畑中さんが丁度九州に来ていた時の遠賀川釣行で、福岡の人気のショップ、ハニースポットさん、くまがいさんにもお邪魔してた模様。

今回は、ロードムービーっぽい仕立てです。


by bluepeaks | 2014-09-19 09:32

ユーティリティ68のご予約受け付けを開始しました

本日2014年3月10日より、NFC Jカスタムパートナー各店様において、ユーティリティ68全3モデルのご予約受け付けを開始しました。

ユーティリティ68は、アングラーの意図次第で、ハードベイトにも、ソフトベイトにも使える汎用性とキャスティング・アキャラシーにフォーカスした6フィート8インチのロッドです。各モデルは以下の通り。

UTR68M(ユーティリティ68M)

Power : Medium
Length : 6ft. 8in.
Line : 8 - 20 lb.
Lure Weight : 1/4 - 5/8 oz.

UTR68MH(ユーティリティ68MH)

Power : Medium Heavy
Length : 6ft. 8in.
Line : 12 - 25 lb.
Lure Weight : 1/4 - 3/4 oz.

UTR68H(ユーティリティ68H)

Power :Heavy
Length : 6ft. 8in.
Line : 12 - 25 lb.
Lure Weight : 1/4 - 1 oz.

全モデルともマテリアルは、軽さと張り、そして、トルクが調和したIMを使用しています。

a0183304_15234737.jpg


グリップはTCRと同じアキャラシー性を重視した220mmラディカルショートグリップ(仮称)。

a0183304_15241710.jpg


UTR68のトリムスレッド(飾り巻きのスレッド)はパープルです。実は、コレ、ブランクマテリアルに応じ、色分けしていまして、IMの場合、パープルで、TCR、PCRなど、SMの場合、レッドになります。じゃあ、HMは?・・・

追々考えます。

a0183304_15244317.jpg


ガイドは富士工業製チタンフレーム、SiCリングのガイドです。バッドガイドはリング径10番のKWガイド。

a0183304_15252497.jpg


ベリーからティップは、リング径5番の糸絡みを低減させるKTガイド。そして、ティップトップは、TCR、PCRと同じリング径5番のMNトップ。

コレ、分類上は「マイクロガイド」に該当するセッティングになるかと思いますが、実はこのリング径5番のガイド、TCRとPCRで使っているガイド径と同じです。そう、ただ前方に傾いているだけ。

a0183304_1525252.jpg


マイクロ・・・と聞くと、ラインがブランクに当たる・・・、とか、そのため、飛距離が落ちる・・・とか、ネガティブに考える向きもあるかと思いますが、より空気抵抗の大きいクランクベイト用ロッドで証明したように、リールから放出されたラインを段階的に、そして、スムースに絞り込んで行けば、ベリー以降でリング径を小さくしたとしても実釣性能に影響を及ぼすことはなく、それよりもむしろブランクそのものの特性をより素な状態で引き出すことが出来る訳です。

とまぁ、こんな風に、アングラーの意図次第でハードベイトにもソフトベイトにも使えるロッドを想定するが故、PE含めた様々なライン対応出来るガイド設定を選択した、と考えて頂ければと思います。

価格は税別48,000円。
皆様のご注文をお待ちしております。
by bluepeaks | 2014-03-10 16:05

クレジットカード決済が可能となりました

かねてからご要望を頂いておりましたクレジットカード決済が、今月よりNFC Web Shopにおいて利用可能となりました。大変お待たせ致しました。皆様のご利用をお待ちしております。
by bluepeaks | 2014-02-19 10:01

ゴロツキ野郎

アーカンソー(アラバマは間違い)のゴロツキ野郎ことログ(Rogue:ゴロツキ)。見るとついつい手が伸びしまうルアーの一つで、先日も釣具屋さんに「イッちゃってるねぇ」と呆れられる始末。でもまぁ、コレ、よくよく考えてみれば当たり前かも。

a0183304_17492244.jpg


何故ってログの場合、

ボディサイズ(大中小) ☓ 深度(リップの大きさ、普通/デッドスティッキング/普通よりちょっと大きい) ☓ 浮力(フローティング、サスペンド)

な訳で、もちろん全てが全て揃っている訳じゃないけど、ざっくり計算して、ざっと3 x 3 x 2の18通り、やろうと思えば作れる訳です。実際にはこれにカラーが要素として加わって来る訳で、18 x n通り・・・(実際にはそこまでのバリエーションはないですけどね)。

それもこれもルアーとしての完成度が高いからこそ出来る事なんですが、ジャーキングという一つのアプリケーションだけで、ここまで細分化出来るという典型かと。勝負の仕方という意味でとても男らしさを感じます。
by bluepeaks | 2013-12-17 21:42

「聞いてないよ」

日本語で言う「聞いてないよ」って、それを聞いたとか、聞いていないとか、そういう意味で使われることよりも、「おいおい、ちょっと待ってくれよ、最初の話と違うんじゃん?」という意味で使われることの方が多いと思います。つまり、自分が受けたビックリさ加減を相手に伝えるために、大袈裟に「聞いてないよ!」と言っている訳ですが、これをこのまま英語にしてしまうと、"I have not heard about it."となり、ただ単に「聞いてません」となります。これじゃ、憤りやビックリ感なんて、まるで相手に伝わらない訳です。

以前、これと全く同じシチュエーションで、起きた事件がありました(当事者ではないですけど)。

散々聞いて来たことと全く違う条件をいきなり提示してきた交渉相手のアメリカ人。そのアメリカ人に対して、「聞いてないよ」と、とても素直に、日本的に反応したのが日本企業の幹部。そこで英語がちょっと出来る社員の一人が、それをそのまま英語で「聞いてません」と訳してしまった・・・(たぶん、その場の雰囲気からテンパッて、他に思いつかなかったのだと思う)。そしたら、「それじゃ」とそのアメリカ人は、最初から、ゆっくーりと、しかも、超丁寧にとても受け入れられない様な条件の説明を始めたものだから、タイヘン。結局、その商談は決裂に終わったのですが、時として訳の違いがとんでもない事態を招いてしまう例です。

そんなことをオーストラリア戦の終了後に起きた誤訳にまつわるこの記事を読んで、改めて難しさを感じていました。

メディアでは取り上げられないことですが、アメリカのツアーを戦うアングラー達は、特に最初の1、2年、釣り以上に、実は、こうしたコミニュケーションに苦心することの方が多いのでは、と思うのです。だからこそ応援したいですね。
by bluepeaks | 2012-07-02 22:43

想定外の使い方

大方の予想通り、昨日も僅差の戦いが繰り広げられていた様です。はい、2012バスマスタークラシックの話です。

トップ5のインタビューを読む限り、「明日の事は明日決める」とか、「ニュー・ウォーターが必要になるだろう」とか、「明日になってみないとわからない」と言った言葉が目立つ様に思います。それだけ状況が読みにくいのでしょう。でも、前線の通過後、安定した天候により、既にベッドに入った魚もいるようで、予報通り、このまま天候が安定し続ければ、これまた変わった展開にもなりそうです。

1発のキッカーで順位が大きく変動するような状況ですので、やっている選手は大変でしょうけれど、見応えのあるトーナメントと言えるのではないでしょうか。そんな中、我らが大森選手は、25位で最終日に残った模様です。どこまで差を縮められるのか?シャロー・クランキングの大爆発!なんて展開を望みたいところです。

さてさて、昨日と同じくB.A.S.S. Timesから。今日は、「へぇー、こうやって使えるんだ」と思った英語表現について。

a0183304_2365744.jpg


写真の記事は、ルアーデザイナーを含め、誰しもが想定していなかった使い方で、驚くべき成果を挙げた事例について取り上げたもの。古いところでは、ゼル・ローランドのポップRの話から、新しいところでは、イッシュ・モンローのフロッグの話まで。そんな「目から鱗」系の話を取り上げ、それらをルアーのラベルには書いていない想定外の使いとして"Off-Label(オフ・ラベル)"と表現しているのです。なるほど!"Off-Label(オフ・ラベル)"とは、何となく自由な感じがして、しかもクレバーな感じがして格好イイ。

バス・マスター・クラシックの最終日に、誰もが知っているルアーを、誰もが考えもしなかった"Off-Label(オフ・ラベル)"な使い方で、逆転優勝!なんて事になると、そりゃもうシビレまくりです。

おっと、そういえばそもそもトローリング用として開発されたアンブレラリグを投げて釣るというアイディア、アラバマリグもこの"Off-Label(オフ・ラベル)"の一つと言えますね。
by bluepeaks | 2012-02-26 23:17